in 日常・つぶやき

胆振東部地震 ③

-14 COMMENT

今回学んだのは、地震による停電や断水が復旧し余震も少しずつ落ち着いたとしても・・。
それですぐに元通りの生活は送れないんだなってこと。物流が滞るとモノが入ってこない もしくは数が限られる。

停電のせいで冷蔵コーナーや冷凍コーナーの食品が1度ダメになったんだろうけど、店が営業再開したとしてもそのコーナーは空っぽなまま。あんなにガランとしたスーパーを見る日が来るとは・・。

180910 (13)

電気が復旧した日の翌日の8日。スーパーに野菜がなければ郊外の直売場はどうだろう。
ありがたいことに豊富に売っていました。農家さんも大変だっただろうに。
さらにお豆腐の工場直売場も営業してた。在庫がたくさんあるというのでご近所の分も買う。
最初の写真はさっきお隣のおばさんが分けてくれた野菜。お豆腐のお礼だって♪
少しずつ物流が戻ってきたけど「○○に卵あったよ。」とか「△△で牛乳買えた。」とか情報交換。

そもそも何故広い北海道の300万戸近い世帯全部が停電になってしまったのか。
全く揺れのなかった地域もいきなり停電という事態。こんなのおそらく誰もが人生初です。

専門家の方の説明は聞いたけど、それでも私はピンと来てなかった。
とてもわかりやすい説明をTVで見たサル吉くんが、私にも分かるようにさらにアレンジしてくれた。

今日はそれをさらに私好みにアレンジしてみましょう。

北海道村があるとします。外界から離れた場所にあるため、村人達の暮らしは選ばれし怪力の男たち数人がとても重たい大岩を持ち上げる形で水門を開けていなくては成り立たない仕組みでした。

中でも村一番の怪力「苫東」は、5人分はあろうかという力で頑張って働いていました。
ところがここでアクシデント。苫東が怪我をして「おら、もう働けねえだ。」とあっさり離脱。
いきなり持ち場を離れてしまったため、残った男たちにのしかかる重さは許容範囲を超えています。

「おいおいそれはねえだ。みんな、まず1度岩をおろすべ。」
それしか術はありません。

「このままでは村人達が生きていけねぇ。昔俺たちの前に働いていた爺さん達を呼んでくるべ。」

のんびり隠居生活を送っていた何人かの年寄りたちが、杖をつきながら招集され集まってきます。
「わしに出来るじゃろか。」「最近腰も痛いし昔ほど力は出んが・・じゃが何とかやってみるか。」

ようやく集まってきた年寄り達と協力しながらそろそろと大岩を持ち上げる男たち。

こうして2日かかって大岩は何とか持ち上がったというわけですね。
でもギリギリ。久しぶりに活躍してる年寄りの足腰はフラフラです。

今、私達に出来ることは「おじいちゃんたち頑張って」と祈りながら節電すること。
多くの電力を必要とする娯楽施設の皆さん お願いだから自粛してね。

今回感じたのは、この稀に見る大停電。でも、北海道全部がこうなってるって思う気持ちが逆に力になったところも正直あった。その証拠に「約半分の世帯の電気が復旧しました。」というラジオを聞いてから、そっとブレーカーを入れてみたけど電気が戻ってなかった時のほうがちょっと辛かったもんね。

我が家周辺がまだ真っ暗な夜 遠くに見える札幌中心部の灯りがチラチラ見えたり、藻岩山の頂上の灯りが見えたりすると「藻岩はまだいいだろう!」とか文句も言っちゃったしね。取り残されていく気持ちは人間を落ち込ませる。
だから今もなお電気も水も復旧してない震源地付近の方の気持ちを考えると本当に辛い。

あと、いろんなデマが拡散するからそれに気持ちが踊らされるってことも学んだかな。

「今日の18時半に電気が復旧するらしいです。市役所に問い合わせた人からの情報。」とかって流れてくると、そりゃ期待しちゃうよね。それはもしかしたらデマではなかったのかもしれない。その可能性は本当にあったのかもしれないけど、期待した後にがっかりするってやっぱり嫌なもの。

180909 (21)

「よし!今夜は熱燗だ!!」 キャンプ生活続行なら楽しもうって気持ちに切り替えた7日の夕方。

180909 (25)

どっちがよりお化けっぽい顔ができるか勝負とか・・。

180909 (22)

天井に向かって影絵が出来ると気づいて、影絵ごっこ。

180909 (26)

今なら思う。何があんなに面白かったんだろう。

180909 (23)

けっこうノってきちゃって

180909 (24)

ストーリー仕立てで影絵劇場しながらゲラゲラ笑ってたら・・。

「あっ!!街灯点いてる!!!!」と、サル吉くんが発見。すぐ分かるようにカーテン開けておいた。
ブレーカーを入れてまずテレビをつける。

180909 (1)

我が家の41時間の停電物語が終わった瞬間です。目が暗闇に慣れちゃって眩しかったなー。

現在1人暮らしのお姉ちゃんも、買い物行かないで家にあったもので何とかやれたと。
「パンが無くなったから朝はお雑煮作って食べた。」これを聞いても私は特に驚かなかったんだけど、同じく1人暮らしのお友達は、冷凍したご飯しかなくて電子レンジが使えなかったから食べられなかったと言ってたらしい。ガスで調理は出来たのに・・ですよ?

家にお餅もあった。でも煮て食べるという発想が出てこなかった。カチカチの冷凍ご飯だって雑炊やお粥にすれば美味しく食べれるのに「温められない」というところから先に気持ちがいかなかったんですね。

「買い出しに来たけど何にも売ってなくて。」とぼやく70歳の女性がインタビューされてた。
「冷蔵庫にあった肉は腐っちゃったし。」これを聞いて心底驚いた。腐る前にどうにかしろよ!でしょ?
こういう人が闇雲に買いあさって結局食べずに捨てるんだろうね。

年齢とか 主婦歴とか そういうのとはまた別の何かが欠けている人がいる。

シリーズ最後の教え

困った時こそなるべく気持ちをポジティブ方向にもっていく

「応用力」の鍛錬

私もここから気持ち新たに努力しようと思ってます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  • Share

14 Comments

よつば   

やっぱうにトラさんご夫妻、素晴らしい!
あの停電の中でポジティブに楽しんじゃってたなんて
よつば家では二人して電気が通らないことや
携帯会社に対する不平不満言ってたわ(;´▽`A``

冷蔵庫の中の物、一つも捨てることないように
6日にはアイスキャンディーやアイスクリーム計5個
よつば一人で食べつくしちゃった((^┰^))ゞ テヘヘ
捨てたものは、不必要なのに入れっぱなしだった付属のたれ類
小袋のタレ、いつのものか分からなくなってたしね(^▽^;
良い機会だと思って、冷蔵庫の掃除しちゃった♪
入れてて良かったと思ったものは保冷剤、あれ中々融けなくて役だったね!

2018/09/12 (Wed) 15:56 | EDIT | REPLY |   

chee  

今日買い物に行ったらいつもどおり牛乳がズラーッと並んでいて、なんか申し訳なくなりました。
他府県が品薄になるのはもう少し先なのかな。

素晴らしい!
もしお二人がキャッキャしてて、その声が外に漏れていたとして、それを通りかかった人が聞いたとしたら絶対に元気出ますね!
地震の日の昼間、近所の人たちで冷蔵庫の中身バーベキューしてる人いたけど、元気に前向きに過ごすって大事だなと思いました。
このあたりもそろそろかも…と思っちゃって怖い気持ちはあるけど、地震来たらどうしようより、地震のあとどう過ごそうかなのほうが大事なんですよねー
体験談、ためになりました!ありがとうございます!

今回北海道で大地震が起こってすぐ、うにトラさんのことが浮かび、ハッと気づいて防災バッグに追加したのは着圧ソックスでした^_^
そして上の方が書かれているように、捨てきれずに冷凍庫内に大量にある保冷剤も役に立つかも!

2018/09/12 (Wed) 19:58 | EDIT | REPLY |   

月うさぎ  

避難所に指定されている小学校がすぐ側だったから、お隣に老人ホームが建ってるから、だから通電が早かったのかな?
私もセコマに買い物行ったんだけど、あまりの列に戦意喪失して帰って来ちゃった。笑
当日は、お肉なかったからウインナーでカレー作りました。次の日は春菊と玉ねぎ、ベーコンでかき揚げ。
うにトラさんは日頃、給料日まであるものチャレンジしてるから、こーゆー時、メッチャ力発揮出来るよね!😁

2018/09/12 (Wed) 21:49 | EDIT | REPLY |   

うにトラ  

To よつば さん

こんにちは♪

忘れた頃にまだ揺れが来るね。そうするとハッとなって緊張する。
いつになったら落ち着くのか・・そしていつになったら納豆の個数制限が解除になるのか。
そうか・・アイスはそりゃ食べなきゃね。うちはそういえば前日にたまたま食べきってたからアイスの心配はなかった。今なら買って冷凍庫にしまっておくのに躊躇しちゃうよね。
そうそう!保冷剤ね。うちも何となくいれてあったものが最後まで溶けずにのこってたから多分あれがあるのと無いのでは中の食材の冷え具合が違ってただろうと思う。
停電2日目はあちこちの家で庭焼肉やってた。被災感ないけど、これぞ北海道だよね。
炭とコンロと肉はある!でも近所のご主人は「もやしが手に入らないんだよねー。ビールもぬるいし。」と、悔しそうだった。

今日イオンに行ったら、電源を使わない灯油ストーブがたくさん並んでたよ。
きっと今年はあれが売れるだろうね。うちも検討中です。この先停電したら寒さが辛い。引き続き頑張ろう~

2018/09/13 (Thu) 16:35 | EDIT | REPLY |   

うにトラ  

To cheeさん

こんにちは♪

牛乳は午前11時には売り切れる。ヨーグルトも1人1個とか2個まで。
納豆まで個数制限してるの。
そういうものも確かに欲しいんだけど、でもやっぱり今日はカセットボンベが買えた事が大きな安心となったかな。2本在庫があっても、日に日に寒くなってきたから何となく心細い。
それで暖を取れるわけではないんだけど、せめてお湯は沸かしたいものね。

そうなの。庭や車庫で焼肉(ジンギスカンのほうが多い)やってる家が多かった。
北海道あるあるなのかもしれないね。味付きジンギスカンが夏の名残りで冷凍庫に入ってる家が多かったんだと思う。

cheeさんのコメントで逆に今度は私のほうがハッとした!
そうだよね 私こそ着圧ソックスが命なのに持ち出し用のバッグに入ってなかった!
何があっても家で暮らせるとは限らない。さほど遠くない場所で液状化もあったことだし、私も先ほどソックス入れました。ありがとう!!

2018/09/13 (Thu) 16:42 | EDIT | REPLY |   

うにトラ  

To 月うさぎさん

こんにちは(^-^)

小学校・老人ホーム・・確かにそういうのも関係するかもね。
何しろ地下鉄も近いというのもポイント高いだろうし。
セコマの評判がこの地震で急上昇なんでしょう?
大きな天災を想定して、独自の燃料タンクとかスタンドとか自家発電装置を持っていたし、ホットシェフはそもそも電気を使ってないらしいじゃないの!
だから全国チェーンのコンビニがお弁当とか一切売れない時でもいち早く販売できたらしい。
全国規模だと規定が厳しくて、全ての食材が揃ってないとお弁当作れないんだってね。
臨機応変に動けるのはやっぱり地元企業ってことなんだろうね。ブラボー♪セコマ!

被災していながらかき揚げ作れる月うさぎさんも相当スキルが高いわ(^-^)

2018/09/13 (Thu) 16:49 | EDIT | REPLY |   

かんくろう  

おはようございます!
うにトラさんのレポート
参考にさせていただきます!
静岡では駿河湾地震の可能性が発表されて以来
57の私が小学生の頃から避難訓練をしていたような地域ですが
やっぱり被災された方のナマの声は違いますね!
もう一度、我が家の備蓄品を見直すことにします。
(我が家では、冬季はファンヒーターですが、鍋などをおける石油ストーブが一年中部屋の一角に設置してあります(汗))

2018/09/14 (Fri) 07:19 | EDIT | REPLY |   

チヨヨ  

あー、アホのチヨヨでも分かりやすかった!
ニュースもこんな感じで教えてくれるといいのに(笑)

影絵とか面白い遊びとか、こんな状況でも笑える相手がいて本当に幸せ!
私も相方さんを大事にせななーと思いました。

何事も工夫!
これ、別に災害にあってない私でも常に悩みを思ってます。
特に食料を腐らせたり無駄な買い物するやつがゆるせんのだ…。

2018/09/14 (Fri) 09:10 | EDIT | REPLY |   

じんべ  

>取り残されていく気持ちは人間を落ち込ませる

↑これ。解ります。
1条しか変わらない近くに住む妹の家が
停電解消したのに、我が家は停電のまま…
続々聞こえてくる(FB)電気点いた!のTweet。
ウチだけ…電気来ないんじゃね…というネガティブ思考。
けっこう気持ち沈んでました(;^_^A

あご下からライト当てるのやるよね~(笑)
もう、扇風機の『あぁーーー。』くらいやる(笑)
オジも真顔で『ほら。』ってやっててウケたもんw

実はジムも行ってみたのね。
やはりシニア世代の奥様が、デッカイ声で
『もうね~そこにあったの全部買い占めたわ!』と
自慢気に話してて、それは恥ずかしい行為だぞ?と
心でつぶやいておりました。

2018/09/14 (Fri) 10:29 | EDIT | REPLY |   

うにトラ  

To かんくろうさん

こんにちは

腰の調子はいかがですか?
予測もしないようなことが起きた時、健康体じゃない時点でかなり大変です。
調子の悪い時に仮に避難所の冷たい床で寝なくてはならない状況とか・・
もう想像しただけでしんどいですよね。
私の今回の被災なんて家は大丈夫だったし水は出たし緊迫感なかったはずなんですが、やっぱりそれなりにジタバタしてしまいました。
本当は訓練の段階や他の地域の方のご苦労を見て学ぶべきだったのに、甘かった自分がいます。
ホンの少しでもお役に立てたとしたら、嬉しいです。
鍋の置けるストーブ!それって実はとても重宝するものだと思います。
大事に取っておいてください♪

2018/09/14 (Fri) 13:50 | EDIT | REPLY |   

うにトラ  

To チヨヨさん

こんにちは

強力な力持ちがいるからといって、その人1人に依存しきっていると
こんなことになる 北海道全体が学んだ教訓です。
おじいちゃんたちが頑張ってくれているおかげで、こうしてパソコンも開けます。

もしも私がチヨヨさんの相方さんだったとして・・毎日あんなに工夫に満ちたお弁当持たされたら多分3倍頑張れるよ。しかも全然体調整ってないのに!羽を抜きながらはたを織る夕鶴のようだ。あんまり頑張りすぎて羽抜いてると禿げちゃうからね、そこらへんはちゃんと時々力も緩めて。

日頃からいろんなことを考えながら工夫してお料理してるチヨヨさんに刺激を受けてる人は多いはず。その工夫する力こそが非常時にもきっと強い味方となるんだと思う。

2018/09/14 (Fri) 13:59 | EDIT | REPLY |   

うにトラ  

To じんべさん

こんにちは

この1週間で、いろんな人の生き様を見たよね!(大げさ?)
ほぼ全域で停電が解消されたあたりで、イオン系の大型店では5万も6万も使って買い物してる人が大勢いたらしいよ。これは確かな筋からの目撃情報 笑
辛い時間を過ごした後で、その不安を引きずってしまう気持ちはもちろん分かるし、私達もそうだけどだからといって・・ねぇ。
そういう人って、多分今再び2日間停電になったとしても、すぐに店に行くんだろうね。
5万円分の食材や日用品そっちのけで・・。

扇風機で「あ~~~。」って・・そんなにやるのか?今年結局出さずに夏が終わったからなぁ。その検証は出来ないのです。

2018/09/14 (Fri) 14:08 | EDIT | REPLY |   

ボンハハ  

ウニとらさん、本当に皆さん無事で良かった❗
影絵のくだりでは失礼ながら笑ってしまった(*^^*)
逞しく震災を乗り越えられてスゴいです!
私も電池式のスマホ充電器を買っておこうと思います。
応用力!生きていく上でとても大切ですね(^^)d

2018/09/14 (Fri) 14:32 | EDIT | REPLY |   

うにトラ  

To ボンハハさん

こんばんは♪

ボンハハさん、ご心配頂き本当にありがとう!
北海道内どこに住んでる人であろうと、同じ話で盛り上がれる。
そんな希な共通の思い出が出来上がっちゃったなぁ・・と、思ってます。
電気の無い夜の何と暇なことか! ほんとにやることないんだよ。
節電するなら早寝すべきなんだけど、TVがあるとなかなか・・ね。

電池の充電器はまだ使ってないけど、おそらく時間がかかると思うの。
だから本当は1人1台持っていたほうが安心なのかも。必ず家に一緒とは限らないしね。

2018/09/14 (Fri) 16:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment