in お友達

男の友情を垣間見た夜

-2 COMMENT

「まりもんぬの奇跡シリーズ」の間で、ちょっと違う話。

文句のつけどころのない青空が広がった9月スタートの日。
珍しく土日が休みとなった今週。久しぶりに友人を誘ってすすきの集結。

でもその前に「おついたち参り」

180901 (8)

お塩を頂いてから「今日は俺もこれをやる!」と、サル吉くんが小銭入れから100円を取り出す。

180901 (4)

この間もんぬちゃんがやってる写真を見て、きっと自分もやりたくなったんでしょう。
「厄玉」を手に入れたら・・。

180901 (5)

鬼に向かって思いっきり投げつける。厄玉こっぱみじんです。何か辛いことでもあるのか?

180901 (2)

あまりに天気がいいので少し遠回りしながら帰りましょ。

180901 (6)

車屋さんにも寄る。屋根の黄色と秋空のコントラストが気持ちいい。
私の車も黄色。それも入れて写真撮ろうかな♪って思ってたところでさらに強いトーンの黄色が登場。

180901 (7)

あっ!この黄色のバス見たことある!!1度お邪魔したアンティークショップにあったバス。
車検のための持ち込みのようでした。何げに見てたら車から小さい自転車を下ろしてる。

え?まさかとは思うけど・・帰りはこの自転車で街中のお店まで戻るってこと??
どうやら本気のようでした。25キロくらいあるんじゃないかな。旧車乗りは皆さんどこかクレイジーだ。

昨日は都合がついた友人が少数だったので結局4人で食事会。
1人仕事の関係で遅くなりそうってことで20時に予約を入れたんだけど、私達は19時前にはもう街中へ。
デパートの催事で浅草の七味唐辛子買ったりしながらすすきのへ。

180901 (9)

「ちょっと遅れそう。先にやってて。」との連絡あり、3人で先にカンパーイ。
久しぶりに会うし、個室でゆっくり話せるほうがいいなと思って私が予約を入れた店。
なんともがっかりな店選んじゃったなぁ。点数つけるなら30点。
もう若くないから量より内容だよね。ほんとそう実感。今後は絶対に宴会コースなんてやめとこう。
料理の写真を撮る気にもならず。ここは若者向きの店だったんだな・・と、破れた障子を見ながら思う。

昔はすすきのもしょっちゅう行っててそれなり詳しかったけど、今やネット検索。ハズレも引いちゃう。

最初の乾杯からほどなくして友人到着。8ヶ月ぶりの近況報告などを4人でしながら飲み食い。
遅れてきた友人はもともとはサル吉くんの男友達。もう1人の参加者は私の女友達って分類にはなるけど、今やもうどっちの友達っていう括りもない間柄。30年の付き合いがあればそうなる。

女同士だと、たとえ会うチャンスが来なくても何かの折にはラインでやり取りするし、しかもその際にはけっこう会話が続くから「知らない間にそんなことがあったの?」っていう流れにはそうならない。
そこが女と男の違い。サル吉くんとその男友達が会ったのはお正月。その時彼がちょっといろんなストレスを抱えてて弱っていたんだけど、だからといって男同士って頻繁に「どうしてる?」とか「元気になったか?」とかっていうやり取りしないんだよね。
もちろん気にはしてるんだけどお互い「何かあったらきっと言ってくるだろう。」的なスタンスでいる。

昨日顔を合わせても「どう?元気になった?」ってつい聞いちゃうのは私。サル吉くんからは言わない。

180901 (10)

最初の店を2時間でさっさと出て(長居したいとは決して思わなかったし)、先にここに寄る。
最近すすきので評判となってる「夜やってるパン屋さん」。

180901 (11)

「夜のしげぱん」 面白い!ビルの1階。他は普通にスナックとかなのにここだけパン屋さん。
メディアの力ってすごいね。夜の10時に行列だよ。

180901 (12)

16時~朝4時までの営業。パンの名前が人名なの。「ゆーか」とか「かまやつ」とか「健」とか。
どうやら常連さんとか考案者の名前をパンに付けてるらしい。ミニクロワッサンは「夜の蝶」と言う。
場所的に「飲んだ帰りにお土産で」とか週末飲みに出て翌朝のパンを買う っていう感覚の人も多いのかな。
「夜の蝶のシナモン5個と、ゆーこ下さい。」なんて注文になるわけです。楽しいですよね。

面白いから4人で列に並んでそれぞれ好みの名前のパンを買う。
今朝起きて朝ごはんに食べてみたけど、これが普通に美味しい。
調べたら、昔TVチャンピオンで2連覇達成した札幌のパン屋さんの息子さんがやってるんだって。
お父さんのパン屋さんは海外進出もしてるらしいし、道外での北海道物産展にもよく登場してるようだけど、2代目の息子さんは新しい切り口でこういうお店をやってるってことなのね。

180901 (1)

もう1軒行こう!ってことになり、サル吉くんが相当昔から知ってるお店へ。

何てことのない話をしたり、歌いたい人はちょっと歌ったり、ダーツをやったりして遊ぶ中年男女4人組。

その雰囲気はずっと変わらないまま。
会うごとに親密度が上がっていくという段階は既に終わってて、ほんと変わらない。

方向の違う女友達が乗るタクシーを見送ってから3人でタクシーに乗り、先に男友達の家へ向かう。

けっこう飲むペースが早い友人は、私達よりは酔ってるのが常なんだけど。
あとちょっとで家に着くって時に「楽しかった。ありがとう。」と横のサル吉くんに向かってつぶやいた。

ハッとして、思わずウルッとなる私。

男同士って多くを語らない。それでもどこかで通じてるんだね。
なんかいい!いいじゃないの!私には真似できないけど、そんな関係も素敵だなと思った夜でした。

昨日札幌では矢沢永吉氏のライブがあったようで、すすきのには「なんちゃって矢沢おじさん」が一杯。
まぁ、そんなおじさんも遠巻きに見る分にはかわいい。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  • Share

2 Comments

まりもんぬ  

あぁ、サル吉さんも言い表せないうっぷんがあるんですね・・笑
私も厄玉を買って持ち帰ってくればよかったと思うような程、しんどかった1週間が終わりました。
50個くらい買って、連続で割りたい。

最近はパン屋さん流行りですね~
北海道のクロワッサンおいしそう。名前も面白いから、きっと拡散したんでしょうね~
新宿もその時間帯に開けるケーキ屋さんがあるんですよ!
夜の街は面白いですね。

男の友情、かっこいいですね~
私も聞いちゃう・・・いや、話してもらえるように仕向けちゃう。笑
ありがとうとちゃんと言える、そんな年の重ね方をしたいです。

2018/09/02 (Sun) 20:00 | EDIT | REPLY |   

うにトラ  

To まりもんぬさん

こんにちは♪

厄玉50個で5000円。美味しいもの食べたほうが絶対にいい。
粉々になった50個分の厄玉のかけらをそのあと掃除することとか考えたらなおさらね。
何がブームになるか分からない面白さが夜の街にはあるね。
私の後ろに並んだおじさんが常連さんのようで、1個だけ残ってる「裕子」が先に並んでる人に買われないかとヒヤヒヤしててそれをからかうのが面白かった。

「大丈夫?元気になった?最近調子いい?」
次いつ会えるか分からないものそりゃどんどん聞いちゃう。黙ってるなんて無理 笑
でも、メンバーそれぞれのキャラが違うからこそうまくバランス取れてる。
・・と、私は思っているんだけど・・どうなんだろ??

暑さも和らいで、せめて通勤タイムが快適になってますように・・♪

2018/09/03 (Mon) 11:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment