深く考えることとなった夜

DSC07602.jpg

テーマは「好きなものづくし」のお祝いごはん 食材が揃ったら庭で花を摘んであしらう




DSC07601.jpg
そういえば、ダイニングテーブルと一緒に譲り受けたテーブルクロスがあったんだ♪
これだけでテーブルが一気にプロバンス風(←行ったこともないけどこの言葉使ってみたい)



DSC07604.jpg
手稲山に太陽が沈むタイミングで、残業なしでサル吉くんが帰宅  宴の始まり~



DSC07605.jpg
プロバンスの上に、まず登場したハワイ編 クリームチーズはドイツだけどね 
このハーブ&スパイス入りクリームチーズ 人気だけあって美味しい!
一方ポキのアボカド わざわざ「食べ頃」っていう高いやつを買ったのに、ちょっと固くて残念
これらを、ビールで乾杯して食べ始める


DSC07607_20170531113910058.jpg
次はタイ編 鶏肉のガイヤーン  野菜と豆もやしのナムルと共に

ポキは、普段は適当にごま油と醤油と塩昆布とかで作ってるんだけど、今回は市販の素
でも、さほど特別な味わいでもなかったかな これならいつもの作り方で十分
でも、ガイヤーンの素はやっぱり本場の味で美味しかった これは家にある調味料だけでは
同じ味は作れない フライパンで焼いたから本来炭火で焼く表面パリッと感は望めないから
夏に庭で焼肉する時に、鶏肉をこの味で焼いたらきっと最高に美味しいと思う

ここまではビール あ、ちなみに、ここまでの食器はファイヤーキングで統一
好きなものづくしはここにも反映させなくてはね



DSC07608.jpg
次はこの間行った増毛の国稀酒造の蔵元限定酒を飲むって決めてたから・・



DSC07606.jpg
がらっと雰囲気変えてこのようなお重仕立てにしてみました
中身は全然手が込んでないけど、器をこうするだけでごまかせるよね~
冷凍卵の黄身の醤油漬け きゅうりとちくわのわさび漬け和え 
ちりめん山椒 あとは黒豆ご飯に漬物 
まんまと雰囲気に騙されたサル吉くん スゲーの連発
日頃大皿料理ばっかりだと、ちょっとこんなことするだけで喜ばれる



DSC07611.jpg
そしてデザート  2人合わせて20になるようにロウソク立て、一緒に消す・・と

このように書くと、次々順調に食べ進めての1時間ちょっとの家ごはんだった 

って感じに思われるかと思いますが、ところが昨日はそうはいかない展開が待っていました

ちょうどガイヤーン食べ終わって日本酒にしようとしたあたりで、私のスマホが鳴る

ここ最近は、私のほうから電話することはあってもかかってきたことはなかった
以前久しぶりに電話した時に、どうもその口調からあまり長く話したくない雰囲気で
いろんな方面から耳にしていた体調の悪さを感じとってからはしばし様子を見てた

サル吉くんとの20年(正確には21年)をはるかに上回る年数お世話になった人
電話はその人からだった 
「久しぶり~ 元気でしたか?」と、なにげに電話にでてみたものの次の一言で凍りつく

話せば話すほど、その混乱ぶりが電話から伝わる内容 
ふと気づいたら家に1人でいて誰とも連絡がつかない 電話がおかしい
唯一今繋がったのがお前のところなんだ 

その「お前」と呼ぶ私の事を、どこまでちゃんと分かっているか微妙だとも思いながらも
極力冷静に会話を続け、とにかく落ち着いてもらわなきゃと私も必死

私の口調でサル吉くんも誰と話してるか分かったようで、不安げにグラスを置く

家から出ないこと 家の人はおそらくすぐに戻ってくるであろうこと 
電話がおかしいなら、これ以上あちこち試さないで何かあったら私に電話すること

1度目はそれでまずは終了 

「すぐ動けるように、これ以上飲まずにいようか?」と、サル吉くん
すでにビール飲んだ以上、どっちにしても車は運転できないしいざとなったらタクシー使う
そう言って、食事再開

でも、また電話 そしてまさかと思ったけど、また最初から会話の繰り返し

さてどうしたらいいのだろう いくら長年お世話になったと言っても、奥さんとは接点ない
突破口は同居してる娘さんに何とか連絡を取るしかないかも ってことで何とか聞き出す
もちろん娘さんとも会ったことない 電話したところで知らない番号の私からの電話は・・
そりゃ出てもらえないよね 

2回目かけたところで、鈍い私もひらめいた そうか!番号でメッセージ送れるんだ♪とね

折り返し電話が来て、話すことが出来た時にはほんとホッとした
これからすぐ自宅に戻るということで、あまり長くは話せなかったけど
その会話から今のご家族がどんな状況下にあるかが伝わってきた
「身内だけで抱え込まずに、何かできることがないかみんなで考えますからいつでも電話を」
そう言って電話を切ってからも、切ない気持ちが残ったまま

サル吉くんがつぶやいた 「俺もいつかいろんな事を忘れてしまうのかな」

体の機能は永遠じゃない いつどこがどう壊れるか分からない
私達に出来ることは多くはないけど、なるべく壊れないように気をつけることと
壊れてしまったら、何とかして少しでも回復する方法はないか手を尽くすこと
そういう時は、とにかく多くの意見や情報を手に入れるためにも窓は開け放つべき

「忘れたくない楽しかった事は、何度も繰り返し思い出して脳内再生しようね」
私の気落ちがサル吉くんにも伝わってしまって申し訳なかった夜でした


浅い眠りだった今朝・・ サル吉くんを送り出してから、長い長い手紙を書いて出してきた
娘さん自身も、お母さんもどんなに辛いかお察しします でも、お父さんも辛いはずです
きっといろんな方法があると思います だから、今は専門の人間に相談すべき時です
まだ70代前半 諦めるべき年齢ではありません 
これまで、どれほど長いあいだお世話になってきたことか・・だから、少しでも
恩返ししたいので、どうか一緒に考えさせて下さい 



「どうしていいのかわからない」 

昨日のこのセリフが、SOSにしか聞こえなかった 
立て続けにあった電話は今日は鳴らない


でも、鳴らないと鳴らないで気になる うーん 私もどうしていいのかわからない





にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

7305日

クローン羊が生まれ、フジTVがお台場にお引越し
香港がイギリスから返還となり、ダイアナ妃が事故で亡くなる
映画の世界では、もののけ姫やタイタニックが公開

今から20年前 1997年ってそんな年

今日は20回目の結婚記念日です
日数で言うと「7305日」らしい (ちゃんと計算してくれるサイトがある)

7305回とまではいかないけど、7000回くらいは確実に
「おはよう」や「おかえり」や「いってらっしゃい」や「ただいま」を繰り返してきた

よく、あやしいものも含め、宗教の修行で同じ言葉を何千回も繰り返すってあるよね
私とサル吉くんは、そろそろそこそこの地位に上がれる修行を積んだのでは?

だって7000回だよ?


さて・・ではその20年の間 「ありがとう」は何回言葉にしたのかな


今日は平日だし・・ 特に出かける予定もないから家ごはん
でも 同じく数千回繰り返してきた「いただきます」を、どうせなら楽しい気分で言いたいよね

ってことで、そんな時私の味方は「カルディ」


DSC07594.jpg
私のためなの?ってくらいタイムリーに「ハワイフェア」やってたもんね
20年前に初めて海外の地に降り立ったサル吉くんが喜ぶようなメニューにしよう


DSC07595.jpg
右はタイのガイヤーンの素だけど・・ ハワイ・タイ と、好きなものシリーズで



DSC07596.jpg
これはパケ買い  あー 久しぶりにハワイに行きたくなるよね
ココナッツフレーバーのアイスコーヒーだって♪ きっとお湯を注いだ途端、家中常夏臭だね



DSC07597.jpg
カルディからスーパーに移動したら、入口でこれいただきました
今日は「消費者の日」でもあるんだって 悪徳商法やオレオレ詐欺に気をつけて!と・・



スーパーで鶏肉とマグロを買ったら次はケーキ屋さん♪
「これと これと これと これ・・あっ!やっぱりこれはやめてこれで!」

そう 私達の20年の中には、香港も思い出の地として含まれてる
マンゴープリンを外すわけにはいかないのです


これから先の5年 10年 特に大きな目標はないけれど
夫婦で好きっていうものがどんどん増えていったらきっと楽しいに違いない



IMG_20170530131320030.jpg

ここから始まった写真のページも、どんどん分厚くなっていくのだから・・




心をこめて・・ ありがとう





そりゃディカプリオも老けるよねって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

これだけは間違いない

週末はぐずついた天気だったし、月曜から夏日予報だったから洗濯をためておき・・

今日は朝から親の仇のように洗濯しまくりです 
ほんとに天気が回復して、気持ちのいい青空 気温は23℃ 
庭の植物達にとっては、土日の雨はいい水分だったはず
今日から3日間は、太陽のエネルギーを吸収してもらわなくっちゃね


DSC07272.jpg
朝晩は、まだ気温が下がるのでビニールで保護しているのはトマトの苗
(この写真は雨の前に撮影したから土は乾いてますが・・)
今日の昼間はこれを開放~ ってことで、ビニールを持ち上げて外そうとしたら
昨日までの雨がたまってて、頭からかぶってしまった 洗濯終わった女にこの仕打ち!


DSC07591.jpg
でも、これを見てそんな気分も吹っ飛ぶよね ビニールの中だろうと、ちゃんと育ってて愛おしい



DSC07593.jpg
わずか1センチの小さな世界にも、こんな美しさ この花の名前・・また忘れちゃった


先週1週間、サル吉くんは風邪気味ながらも仕事は忙しく残業の日々
土曜も出勤だったし、だから日曜の休みくらいは家でゆっくり休養するがよい と、
お出かけ計画は何もなく・・ あ、でも待って 食品の買い出しだけ付き合って~



DSC07585.jpg
だって野菜室がまたこのような状態なんだもの
人参半分 じゃがいも&玉ねぎ各3個 長ネギ10センチ ここまで食べ尽くすと気持ちいい

スーパーと、野菜直売場をはしごして・・ 1時間の外出で家に戻る


DSC07590.jpg
白菜・ネギ・サニーレタス・きゅうり・アスパラ・人参・ピーマン・大葉・豆もやし・エノキ
やっぱり野菜室ってこうでなくっちゃ♪ 


近隣の農家さんの作った野菜はとても新鮮だし、プロが作ったものだからもちろん美味しい



DSC07586.jpg
黒豆のピクルスをまた作りたくて豆も購入 サル吉くんにもかなり好評だったのでね
アスパラは今回はあえて細めのものを さっと炒めて食べるならこのほうが柔らかいかなと



DSC07587.jpg
1本だけ伸びてた我が家のアスパラ第2号 雨上がりにサル吉くんが庭から採ってきたので
買ってきたものと一緒に炒めたんだけど・・

そのやわらかさ 甘味 どちらも我が家のアスパラのほうが勝ってる!

「アスパラ 味の決め手はとにかく鮮度」 これだけは間違いない 
それは分かっているんだけどね 自宅で1度にたくさんアスパラが採れる庭ってそうない
それだけスペースが必要ってこと  第3号が収穫出来るのは、おそらく2日後くらい
1本ずつじゃなぁ~ 今度市販のアスパラを買ってきたら、それもピクルスにするつもり
我が家は今年、酢の消費がいつもの3倍くらい 今度は大瓶で購入しよう


DSC07588.jpg
野菜直売場の、北海道産商品のコーナーで発見!



DSC07589.jpg
人生初の小倉トーストでした 1袋が1食分って書いてあるけど、2人で分けてちょうどいい
家で体験しちゃったから、またコメダ珈琲に行くのが先延ばしになりそうです

アレンジ編として「チーズ小倉トースト」って袋に書いてあったんだけど・・
ほんと?それって美味しいのか?





これらの野菜は3~4日分ですよ♪って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

背景を考える

今週は月曜から水曜までの日照時間がトータル数分ってくらいどんよりで
昨日ようやく5時間太陽が顔を出し、今日も雲は多いけど青空も見える


DSC07550.jpg
野菜スペースに植えたインゲンが目覚めました


DSC07551.jpg
毎年、この小さな緑のループを見つけるのが楽しい 


DSC07552.jpg
今年のアスパラ第1号 巨大に育ったので4つに切って天ぷらに♪



DSC07546.jpg
アスパラの後ろに植えてあるウドもすでに収穫 先端はやっぱり天ぷら
根元の硬めな部分と皮はきんぴらにして、あとは酢味噌和え 立派なおかずです
毎年我が家の庭は、花より先におかずになるものが出てくる


DSC07549.jpg
それでも少しずつグリーンが広がってきました


DSC07554.jpg
スノーフレーク かわいい花だと毎年思う
心のどこかにひそかに残ってる夢見る子供時代の目で見ると・・


DSC07553.jpg
こんな風に見えるんだなー 


日照時間が短かろうと、雑草はいつでもどこでも育つ 庭でちょっとだけ雑草取りをする
でも、楽しくない作業って長く続けられない だからあっさり休憩


DSC07563.jpg
この間買ってきたもなかを食べようっと♪
袋から出したシャコもなかを写真に撮るにあたって、バックは何がいいかなと考える
ただ普通のお皿に乗せるのも芸がない シャコだから・・海のイメージ? 青いもの?
ふと目に付いたのが、海の仲間たちが取り囲んでるフォトスタンド
じんべいにカクレクマノミ 生息する地域が若干違いそうだけど・・まぁそれはいいか


DSC07564.jpg
それにしても、リアルだ これって特注の型を依頼したんだろうね 海洋堂もびっくりだね

ブロガーなら誰でも、多かれ少なかれ何かを写真に撮ってブログに載せようとする時
その背景もちょっと考えちゃったりしますよね? 
雑草取るのは好きじゃないけど、私はそういうことをあれこれ考えるのは大好き


DSC07557.jpg
増毛の記事で盛り込むのを忘れちゃったんだけど、これはお姉ちゃんにお土産で買ってきた
「増毛フルーツワイナリー」のシードル    →増毛フルーツワイナリー

330mlで775円は安くはないけど、スパークリングワインと同様と考えたら納得出来る
3種全部味見させてもらったんだけど、甘さの違いでこんなに味わいも変わるのかという感想
うちの姉、りんご大好きだったのにアレルギーで生の状態では食べられなくなったのでね
これなら大丈夫かな?と、6種とか7種のりんごを使ってるらしいから1度に楽しめるでしょ

元々札幌出身のお二人 何でそこまで知ってるかというと、店内にすごくいい感じの
古い食器棚があり、サル吉くんが興味を持って「この棚はこのあたりの古い蔵から?」と
質問したわけ そしたら、もともと札幌に住んでて、宮の森を通った時にある家の前に
粗大ゴミとして外に出されてたものだと教えてくれて・・
へー さすが宮の森!なんてお話をさせていただいたのです

あ、また話が横に逸れましたが・・ そう 背景の話
このシードルをお姉ちゃんに送る前に写しておこうと思った時に、たまたま棚を片付けてて
この赤い布張りのものが出てきたわけです
いつだったか、友人T子がどこかのお土産を送ってくれた時に「こんなのいらない?」と言って
一緒に入れてくれたもの 象の飾りからして、多分タイで買ってきたかな?
観音開きになってて、開けると写真が何枚か入れれるようになったこれもフォトスタンド
でも、20代の夫婦じゃないからさー ちょうどいい具合に収まるようなラブラブ写真を
5枚も探そうと思っても、無理ってもんです それで、出番がなかった

だからって増毛のシードルを撮影する背景としてはどうなの?って感じでしょ?
そう!これは、あくまでもビフォー写真を残すため  ここから私の妄想がスタート

ネイルに行くと、仕上がった爪の写真をネイリストさんがスマホで撮影して
それをFacebookに載せて自身の作品として紹介してるんだけど、ネイルをやってる方なら
お分かりかと思うけど、爪や手を美しく見せるための小道具を皆さん用意してる
造花をバックにとか、パールのネックレスを手に持って・・とか いろいろね

この赤の布はシルクっぽい素材 色味も深い赤だし、これってシンプルなネイルを引き立てる?
そう思いついて、家にあるものを探し回ってこの赤に合うものを見つけ作ってみたのがこちら


DSC07562.jpg
象の飾りはあっさり取り去り、1度だけ忘年会に使った髪飾りを見つけた
あとは、色合いのよく似た紐に、使ってないネックレスのパーツを外して付けてみた

花の横に手を置いて撮影 おあつらえ向きに、ちょっとふわふわしてるんだな この部分


DSC07561.jpg
今回の私のネイルでは色が合わないけど、イメージはこんな感じ
自分で撮ると片手しか写せないけど・・しかも思いっきりさかむけ出来てるしね
手袋してても、土を触ると手が荒れるー 

ネイリストさんにラインで写真送ったら、喜んでくれました
これからは青系の夏ネイルが多くなるだろうから、出番は秋冬だねきっと

何ヶ月後かには、この背景が似合うようなネイルを考えよう♪ 逆転の発想ってやつだわ



DSC07555.jpg
今年は、何年かぶりにズッキーニの苗を植えてみた 夏にパスタに使うのが目標です



増毛の帰りに、超絶美味しいおにぎりを食べたという話を書きましたが
その佐藤水産の取締役会長さんが、24日車にひかれてお亡くなりになったんです
もっと一般の方達に道産の魚介類の美味しさを知ってほしいと、サーモンファクトリーを
開設した方です まだ70代 関係者の方達のショックもさぞかし大きいかと・・
心よりご冥福をお祈りいたします



明日は雨予報だからまた草が伸びるーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

ふさふさでも楽しめる増毛5

1泊のお出かけが、シリーズ5にまでなってしまった

大浴場は朝は6時から利用可能 ってことで、私はそっと部屋を出て朝風呂
部屋に戻るとサル吉くんも目を覚まし、入れ違いでお風呂へ



DSC07481.jpg
レストランでいただく朝食 お茶・コーヒーの他にジュースや牛乳も用意されてます


食後は朝散歩 あさんぽ


DSC07486.jpg


DSC07485.jpg
第二台場跡  幕末に、砲台を設置した場所を「台場」と言うんだって
ここでは、ロシアの南下に備えた北方警備が行われていたわけだね


DSC07483.jpg
これはレプリカだけど・・ 実際に異国の船が見えたら、これで攻撃出来たのかな?



DSC07484.jpg
トムとジェリーなら、ここから大砲の球になって飛べる


DSC07488.jpg
海岸まで降りてみた 海浜植物って言うの? ハマエンドウと白っぽいのは何だろう?


DSC07487.jpg
フキも自由に伸び放題





DSC07507.jpg
チェックアウトして、帰路につく前にもう1度駅前通りへ
国稀酒造は9時から開いてる 女子好みの和雑貨を、ゆっくり見たかったのです


あとは・・増毛に何か心残りはないか?


DSC07501.jpg
名物は食べておかなくっちゃね タコザンギ400円 シール付き


DSC07502.jpg
吸盤でかっ でも、これが揚げたてで柔らかくて美味しい 食べて正解



DSC07500.jpg
今度こそ帰るよー



DSC07509.jpg
たくさんあるトンネルの1つで、どうやら単独事故発生
ちょうど中間位置くらいで警察車両が交通整理 トンネル内部で立ち往生って不安になるよね
すごい勢いで現場に向かう消防車とすれ違う 決して人ごとではありません 気をつけねば


DSC07511.jpg
日曜の朝 日本海沿岸ではあちこちで「朝市」が開かれてます ちょっと寄り道


DSC07510.jpg
氷の上でバタバタと暴れてるカレイたち


DSC07512.jpg
厚田の朝市 何年か前、ここまで「シャコ」を買いに来たことがあったね
この日も茹でたてのシャコがたくさん売られてたので、買ってこのまま小樽に行き
お義父さんと一緒に食べようか♪ということになる


DSC07515.jpg
とはいえ、私はシャコがビジュアル的な問題からして無理
だからサル吉くんにおやつ買ってもらいました


DSC07513.jpg
港にある小さなお菓子屋さんでは 


DSC07514.jpg
もなかがシャコの形!!!


DSC07518.jpg
ハタハタは白あん シャコは粒あん


DSC07517.jpg
ハネモノだけど良かったらどうぞ と、田舎煎餅いただきました 香ばしくて懐かしくてうまし! 



DSC07523.jpg
茨戸川では、ヘリの訓練中 人が釣られてるー


DSC07529.jpg
佐藤水産サーモンファクトリー 千歳空港にも店舗があるから今ではメジャーな存在ですかね


DSC07528.jpg
石狩にあるこの店舗も大盛況


DSC07527.jpg
2階のレストラン? いやいや私たちの目的は別のもの


DSC07530.jpg
以前はここでしか販売されてなかったおにぎり 今は他の店でも売ってるようですが
実は食べたことなかったので、買っちゃうよ~ 「てまり筋子」 390円
おにぎり1個390円って高いよねって思うけど・・


DSC07532.jpg
巨大なの 普通のおにぎりの1.5個分はある そして絶妙な握り具合 いい塩加減
ここのてまり筋子が高級なのは知ってるけど、おにぎりで食べてよく分かったのは
一口食べる毎にご飯と一緒に筋子もほぐれる 安い筋子だときっとこうならないし
何より生臭くなりがち ところがこれは全然そうならない 1番人気なのもうなずける

ちなみにおにぎりの種類にはいろいろあって、鮭筋子なんていうミックスものも♪
でも、2個は無理だよ 相当覚悟を持って食べないと


DSC07533.jpg
北海道では、時々牛がこうしてトラックで運搬されてるのを目撃出来ます
10頭くらい横一列に並んでるんだけど、ブレーキかけた時にヨヨヨヨって足もつれないのかな


のんびり下道走って昼過ぎに小樽に到着


DSC07535.jpg
多分ね、エビや蟹のように茹でて赤くなってくれたら私も許せると思うんだよね



DSC07536.jpg
でも、日本海沿岸育ちはみんな大好き  私は太平洋沿岸育ちだもん
「昔はバケツに1つ買って食べたもんだ」なんて言いながら、お義父さんも美味しそう


DSC07534.jpg
私は、コーヒーと一緒にハタハタもなか 



DSC07537.jpg
小樽からはビューンと高速で


DSC07541.jpg
最後の寄り道は車屋さん


DSC07543.jpg
今年のBUG PICNICのポスター頂きました  



DSC07544.jpg
長々と続いた「増毛」へのプチトリップ記 ようやくしめくくりでございます
今回、生ものとか買うかもしれない想定で、クーラーボックスをトランクに入れてのお出かけ
海沿いのドライブでは、思いがけず新鮮な生ものに出くわすから、やっぱりあったほうがいい
国稀酒造のお酒は、近所でも手に入るから買うつもりはなかったけど
「ここだけの限定販売酒」ってなると、話は別 買っちゃうよね~ 




DSC07545.jpg
あとはこれ  陶器婚式のお出かけ記念ってことで小さな箸置き買ってみた

ちょっとの気分転換が明日への活力になり、それを重ねて重ねて20年が過ぎていきました
いまさら違うやり方なんて知らない だからこれからも私たちは 私たちのやり方で歩くのだ!




最後はドゥーボーイ多めにしてみました♪って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

ふさふさでも楽しめる増毛4

北海道の地名はアイヌ語由来のものが多いのです
飲むとみるみるうちに毛が増える 魔法の湧水がある場所だから「増毛」
・・って理由ではない

カモメが多いところという「マシュキニ」というアイヌ語から「ましけ」


DSC07490.jpg
最近、札幌でもゴミをあさるようになった海に住まないカモメが増えたようだけど
やっぱりカモメは海が似合うね


DSC07445.jpg
だから薄毛の方は、この水に大きな期待をしてはいけない ただの美味しい水です
部屋の冷蔵庫には、このお水が冷えていました


DSC07451.jpg
こちらが別館洋室ツインのお部屋 別館と言っても、本館に継ぎ足した感じで繋がってる
そしてツインに関しては、料金に差はないようです


DSC07450.jpg
THEシンプルでしょ? 
本館和室6畳っていう部屋も、きっとこの飾り気のなさなんだと思う
それで人によっては評価を下げて口コミ書いちゃうんでしょうね



DSC07476.jpg
別館は、部屋にはお風呂はなくてトイレと洗面台のみ でもピカピカです

あのね 増毛町の最新データの人口4452人 大都市ならちょっとした町内会
その町に、絢爛豪華でラグジュアリーなリゾートホテルがあってもおかしいよね
他人と共用する部分 寝具とか浴衣とかタオルとかコップ類あとは水回り
そこらへんが清潔であれば、いいんじゃない? 
浴衣なんて着る時にバリバリバリ~ってはがすくらい糊付けされてたもんね

DSC07453.jpg
ちょっと丘の上にあるから、部屋の窓から見えるのは180度日本海
国道沿いにポツンと建つのはバス停  まるで映画のワンシーンのようではないの


DSC07452.jpg
時刻表見たけど、縦に細長い なぜなら1時間に1本だから
あそこに立ってバスを待つお互いをちょっと意識した制服姿の高校生 後ろは青い海 
それか刑務所帰りの高倉健さん立たせたいよね 季節は冬 白波立った日本海

そんな妄想も出来る部屋です いかがでしょうか


DSC07456.jpg
日帰り入浴も出来る大浴場は、地元の漁師さんたちにも人気なのか
真っ黒に日焼けしたおじさまが、のんびり大広間でくつろいで野球中継見てました 
食事の前に、私たちも温泉入ることにして、ここで待ち合わせ 
トロン温泉ってあまり耳にしたことなかったけど、要はラドン温泉とかラジウム温泉とか
そこらへんと同じみたい 今は、人工で「準温泉」なるものが作れちゃうんですね

実際入ってみると確かに温まる だからあながち効用も嘘じゃない気がする
露天風呂はないけど、3つ浴槽があってサウナもある 確かに洗い場のお湯の温度が
時々ムラがあったけど蛇口にもその事は書いてるしそれほど気にならなかったかな


DSC07457.jpg
自販機で売ってるビールも良心的な価格だし♪大広間でとりあえず飲んじゃう 
フロント横に小さな売店はあるけど、三國シェフプロデュース関連のもの中心
コンビニも歩いていくにはちょっと遠いから、チェックイン前につまみ系は購入したほうがいい


DSC07458.jpg
部屋に戻ると、太陽がこんな感じ それではいよいよご飯食べに行こう~


DSC07460.jpg
こちらの宿泊施設 食事は3パターンあります
一番安いのは「定食」 次が「創作コース」 そして「グレードアップ創作コース」

日にちで若干価格変動あるけど、今時期なら土曜日宿泊洋室ツイン利用だとして
創作コースで1人13000円 グレードアップ創作コースで16000円ってとこ
「じゃ、一番高いやつで!」って出来ない庶民派の我が家は「創作コース」

DSC07459.jpg
前菜3種とお造り5種盛り合わせ  付け合せの野菜も手が込んでます
昼に引き続き、新鮮な海の幸があまりに美味しいから・・


DSC07461.jpg
飲むよね~ サル吉くんはこの地で作られた国稀酒造の日本酒


DSC07462.jpg
増毛のシマソイも、よもやこんなおしゃれに変身出来るなんて思ってなかっただろう

三國清三さんは、増毛生まれの7人兄弟の3番目
父は漁業 母は農業という家に育ち、中学を出て札幌のお米屋さんに住み込みで入り
夜は調理師学校に通ったという経歴を見ると、15才の三國少年が何故料理に目覚めたか
そこらへんが謎だよね 札幌のホテルを経て東京へそして海外へとどんどん世界が広がる
東京の帝国ホテルに行った時はまだ20才そこそこ もちろん最初は下働きで料理なんてなし
それなのに、そこの有名シェフが大抜擢して海外へと推薦 
その理由が素敵だよ とにかくよく気がつく 皿や鍋の洗い方1つ見てもセンスがある
そして良い意味での欲がある 3年かかると言われる塩の振り方なのに自然に身に付いてる

洋食の世界にいながら、数の子を使ったり鰹節を使ったり 日本独自の出汁文化も大事にする
15才までしかいなかった増毛だけど、そこで身に付いた味覚や厳しい寒さに耐える根性は
きっと役に立ったんでしょうね

そんな三國シェフが監修した創作コースは、和と洋の合体


DSC07463.jpg
天ぷらがね、これどうやって揚げるの?って教えて欲しいくらいの上品なサクサク

1階のレストランで食事なんだけど、この日食事してたのは全部で5組だったかな 
翌朝はもう少し人がいたから、朝食だけって人もいたのかも 

何しろ見晴らしのいい場所だから、レストランからも海が見渡せる
ただ、ガラスが一部クリアじゃないから、座って食事してるとくっきりは見えないのよ
天ぷらを食べ終わった段階で、いよいよ日没!って感じに外がオレンジ色になったので
「ちょっと写真撮ってきていいですか?」と断って私だけ外へ


DSC07464.jpg


DSC07466.jpg


DSC07468.jpg
「夕陽代含む」って考えたら、2食付きで13000円は全然高くない


DSC07470.jpg
テーブルに戻ったタイミングを見計らって次のお料理登場 
火を通したトマトの甘さに驚いた  カブも美味しかったなぁ


DSC07472.jpg
イクラとサーモンの洋風寿司 
写真で見ると、これでお腹いっぱいになるの?って思うかもだけど・・ちゃんとなるの
このあとチョコレート系のデザートなんだったら、最後はイクラの寿司とかじゃなくて
パンでもいいのにな と、サル吉くんが言うくらい 時間をかけて食べるせいもあるけど
付け合せも飾りの意味じゃなくてちゃんと合わせて美味しく食べれるものばかりだから
想像以上にお腹いっぱい グレードアップしてたら食べきれなかったんじゃない?

そして最後のデザートがコーヒーと共に運ばれてくる


DSC07473.jpg
ネット予約のページに備考欄があって、結婚20周年記念ですって軽い気持ちで書いたら



DSC07474.jpg
それぞれにメッセージを書いて下さいました 萬年総料理長さん、ありがとー


いや、このチョコレートムースがね 過去食べたムースの中でももしかして優勝?って思うほど
こんな言い方はなんだけど・・まさか増毛でこんな美味しいデザート食べれるなんて・・とね
それくらい美味しかったのでした


DSC07475.jpg
お腹も満腹 日本酒なみなみ入っててすっかりいい気持ちのサル吉くん
時刻はまだ午後8時半だというのに、1度寝てしまった! 幼稚園児か

仕方ないから、私もゴロゴロしながらテレビ見てたら、ブ~ンという小さな羽音が耳元に!
大変!この部屋の中に蚊がいるかも!! 
小さい頃とか、よりによって瞼とか指先とか・・嫌な場所を刺された辛い思いが蘇る

しばらくじっとしながらあたりを伺ってたら・・
THEシンプルな部屋のおかげ 何と真っ白い壁で休んでる蚊を発見 ティッシュ手にして退治
ゴージャスな壁紙だったら、絶対見つからない

大浴場の外に出れるドアには「ヘビが入ってくるので、緊急時以外は決して開けないで」と
「ヘビって壁を這って2階まで来れるのかな?」 眠りに落ちる瞬間に浮かんだイメージは
2階の部屋の廊下をこっちに向かってくるヘビ 蚊は退治出来てもヘビは自信ないな・・と

こうして増毛の夜は更けていったのでした




まだ続いちゃいますよ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

ふさふさでも楽しめる増毛3

「また明日」って言って2を終わらせたけど、気が変わったので続けます


DSC07416.jpg
注文してから揚げてくれるかまぼこ屋さんなんてあったら・・素通り出来ないよね



DSC07419.jpg
だからって、首に筋まで立ててかぶりつくこともなかろうに・・
ハフハフ言いながらの買い食いってどうしてこんなに楽しいんだろ


DSC07497.jpg
猫と目が合う



DSC07498.jpg
かまぼこなんてかまぼこなんて うらやましくないもん



DSC07499.jpg
私だってよだれ垂れちゃってますが、うらやましくないですよ 


再び DO!散歩 

DSC07426.jpg
旧増毛小学校 現存する木造校舎としては道内最大級 5年前まで使われていたんだって
賑わっていた時代、子供の数がどれほど多かったか想像ついちゃう大きな校舎です
この建物も北海道遺産


DSC07423.jpg
これは体育館 木組みの木造トラス工法って言うんだって(旅のしおりより)


DSC07424.jpg
自分が通った小学校が、こんなに長い事残ってるって嬉しいことだろうなぁ



DSC07437.jpg
厳島神社 本殿前面に77面の彫刻が施される道内有数の彫刻神社 増毛町有形文化財第一号



DSC07435.jpg
一番最後に咲く八重桜がちょうど満開 



DSC07441.jpg
前記事で紹介した大正時代の旅館 増毛館は、現在「ぼちぼちいこか増毛館」という宿泊施設と
「Cafe 海猿舎」になっています  コーヒー休憩でここにお邪魔しました



DSC07442.jpg
ネルドリップの美味しいコーヒーが飲めるなんて!

今、こうしてブログに書くにあたってネットでちょっと調べたら、この宿の主さんは
大阪出身で自転車で日本一周をしながら巡り巡ってこの地で宿をやるに至ったらしい
カフェをされているのは、その方の奥様 

北海道で生まれ育ったからといって全ての町を知ってるわけじゃない
ただ何となく自分の持っているイメージで行ったことない場所も想像しちゃいがち
「増毛?きっと何もないよね」

先入観のない道外の方のほうが、その土地の持つ素晴らしさを感じ取れるってあるのかも
美味しい日本酒が出来ちゃう美味しい水で淹れると、コーヒーだってもちろん美味しいって
そんなことすら想像しないで行っちゃった私は、ちょっと恥ずかしい

デパートはもちろん 大型スーパーもホームセンターも何もない
不便さと引き換えにしてでも、古いものを大事に活かし自然の豊かさを重視した生活
「レトロなものが好き」と言ってるのとはレベル違うなー と、今回思い知りました

時刻は午後3時 それでは、この日の宿泊場所へ行くとしますか


DSC07492.jpg
「オーベルジュましけ」だよ


DSC07482.jpg
増毛出身の世界の三國シェフ監修の夕食が提供される宿泊施設です
もともとあったホテルを改修して「オーベルジュましけ」に変身して9年

料金も手頃だし、準天然温泉だけど大浴場もあるし、こじんまりした施設でコース料理だし
ゆっくり出来そうだなってことで、ここに決定
事前にちょっと口コミはチェックしたけど、けっこう言いたい放題の意見も目に付く
三國シェフの名前は出さないほうがいいとか 部屋の空調が調整出来ないなんて!とか
お風呂の洗い場のお湯が調整出来ない!とか 部屋がお粗末とかね

関東からわざわざ行ってみたけど行く価値なし とまで書いてる人もいたけどね
でも、それ読んでさすがにちょっと腹が立ったよね 
北海道がどこまで物価が安いと思ってるのか知らないけどさー
もしも全てにおいて満足するものを求めるとしたら、こっちでも1泊4万とか出さないと
1泊2食で1万4000円前後の料金で、どこまでを望んでいるんだろうか・・と、逆に聞きたい



DSC07447.jpg
海に沈む夕陽付きだよ 
ケチつけるだけじゃなく物事の良い側面にも目を向けて楽しまなくっちゃ



DSC07443.jpg
うん、そりゃ確かに老朽化は否めない



DSC07455.jpg
でも、スタッフの皆さんはお掃除の方含め本当に丁寧に対応してくれました そこ大事でしょ



食事編は、今度こそ明日につづく





やっと宿泊編に突入~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

ふさふさでも楽しめる増毛2

DSC07454.jpg
今回の旅のお供は、久しぶりに「餃子バッグ 」←勝手に命名
何年目か忘れたけど、サル吉くんが結婚記念日で買ってくれたコールハーン
車から降りる時、一応ドゥーボーイはこの位置 でも、さすがに外から見えないようにね



DSC07406.jpg
バッグからはみ出てないと、頭頂部が見えるのみだからそんなに怪しい女ではない
かぶってるのはここに用意されてた小道具の帽子  ほかには禿げづらやアフロのかつらも
あ、ちなみに今回の服は最近買った2枚合計で1300円のもの こっちが800円だったかな


DSC07407.jpg
帽子は似合うけど、サングラスでこんなくだけたポーズの駅員はないわ


DSC07415.jpg
建物の脇でそっと撮影する程度なら、そんなに目立たない



DSC07414.jpg
増毛で一番人気のこのお店 11時半に着いたからすんなり入れたけど
中に入ったらすでに席はカウンターしか空いてない! 


DSC07411.jpg
ここではさすがに人形出せません


この町に来たら、まず食べるべきは「甘エビ丼」


DSC07412.jpg
インスタ映え間違いなし ←やってないけど言ってみたい 素敵な春色で2400円



DSC07413.jpg
サル吉くんは2番人気の「海鮮丼」 2620円 この日は海鮮丼食べてる人が多かった
何しろカウンターに座ったから、職人さんが休みなく作る丼を目の前で見てるからね
ここで食べて思ったのは、やっぱり寿司飯が大事! 甘味を抑えた酢の効いた味は
新鮮な魚介の甘味を引き出す この間のワンコインの丼との違いが歴然としてる 

食べ始めた頃には、次から次へとお客さん とうとう入口からあふれて外にも

増毛の甘エビ・ホタテ・タコは通年水揚げされてるのでいつ訪れても味わえるし
それにプラスして春はニシン・カレイ 夏はツブ・ウニ・イカ 秋はサケ・ハタハタ・アワビ
冬はタラ・カジカ・カスベ  まさに「竜宮城の宝石箱や~」状態
そしてさらに、山の麓に広がる果樹園では果物が 寒暖差が大きい肥沃な土地ではお米が
その美味しさの秘密は暑寒別岳の豊富な伏流水 いいお米と水があれば美味しいお酒も出来る



DSC07404.jpg
ということで、日本最北の酒蔵と言われる「国稀酒造」 明治15年創業 この建物いい!
全然知らなかったけど、この町は道北随一の歴史があるのね
駅前の通りに残る明治・大正・昭和初期の歴史的建物群は北海道遺産に指定されてるんだって


DSC07420.jpg
ちょっとしたタイムスリップ気分



DSC07421.jpg
これが美酒を生むためになくてはならない水だね 容器持参すれば自由に持ち帰りOK



DSC07418.jpg
街歩きに便利な地図とか「旅のしおり」なんていう小冊子が、あちこちに置いてある
はっきり言って、ここに来る人の多くは最終目的地は別の場所なのかも 
あくまでも休憩ポイント 通りすがりにちょっと車やバイク(この時期なら自転車も)を停めて
時間がちょうど昼時ならせっかくだから甘エビ丼食べちゃう?って感じ
でも、こういう地図とかあると「へー 1本先にはこんな建物あるんだ ちょっと行ってみよう」
ってなるよね そして老若男女誰もが歩いて巡れそうな範囲に見るべきポイントが集結してる



DSC07409.jpg
入館料400円を払えば、内覧も出来る「旧商家丸一本間家」 明治8年に呉服商から始まり
幅広く事業を展開 国稀酒造もその事業の1つ 本間さんやり手だわ~

当時、ニシンが浜を覆うほど獲れて獲れて獲れまくった日本海沿岸
小樽もそうだけど、ここも今で言うバブル景気がニシンによってもたらされた町なわけだね
漁場で働く人達が増えるとお酒の需要も増え、着物だって飛ぶように売れる


DSC07410.jpg
大正時代創業の旅館も



DSC07427.jpg
昭和初期の旅館も

現在も使われてるものも使われてないものもあっても、建物をちゃんと保存してるってすごい



DSC07506.jpg
北海道はぐるっと海沿いに漁師町はたくさんあるけど、こういう石造りで洋風の装飾建築は
どこでもあるわけじゃない やっぱりニシンの力はすごかったのね




DSC07440.jpg
今は、ニシンじゃなくてエビ  正直言うと、大して見所のない町かなって思ってたけど
残すべきものをちゃんと守って町をアピールしようとしてる町民の皆さんの意欲を感じて
来てみなければ分からない事ってあるな・・と思ったのです



DSC07428.jpg
駅前の雑貨店は、高倉健さんの映画「駅 ステーション」で風待食堂として登場
 


DSC07429.jpg
この駅も、撮影に使われたらしい  残念ながらその映画見てなくて感慨深さはなかったけど


DSC07430.jpg
ここが始発であり終着でもあったのね



DSC07432.jpg
どんなに待っても列車は来ません だって廃線だもの  


食後の散歩にちょうどいい 通称「ふるさと歴史通り」を歩くと・・
個人的にはさほど好きじゃないニシンが、実はすごいやつだったということを知る


DSC07434.jpg






甘エビてんこ盛り!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

ふさふさでも楽しめる増毛1

「20年頑張ってきた2人へのお祝いです」 
うちのお姉ちゃんは、いつまでたっても妹に甘い
きっと、友達と遊びに行こうと思ったら後ろをくっついてきた幼い頃の私の姿が
今でも心のどこかに残っているんでしょう ほんと姉は一生姉で、妹は一生妹なんだね

どうする?どうする?と、サル吉くんと2人で遠慮しつつも、せっかくの気持ちだから
新しくて楽しい気持ちを味わうために使わせていただこうか♪と、プチトリップ計画

題して・・「ドゥーボーイと行く DO!プチトリップ」
っていうのは、後付けの語呂合わせなんだけどね
大体、ドゥーボーイはDo boyじゃなくてDough boy 製粉会社のキャラだから生地のDough


DSC07371.jpg
そんなの関係ねぇ



DSC07369.jpg
週末1泊の旅 家を出たのはこの時間  雲一つない青空 空気も爽やか


DSC07408.jpg
目指すは黄色い☆マーク 「増毛」 ぞうもう ではなく ましけ と読みます



DSC07230_201705221213390ac.jpg
GWに、小樽の海の上から遥か遠くに見える増毛連峰を見ながら
「そういえば増毛って行ったことないな」と、ふと思ったのがきっかけ 

海沿いに行く道は、今でこそトンネルも整備され走りやすくなったとは聞いてましたが
断崖絶壁がつづく海岸線は、昔は陸の孤島なんて言われてた場所でもあります

距離にして130キロくらい 2~3時間のドライブコースで決して遠くはないんだけど
1泊で行くにはちょっと近すぎ 日帰りドライブとなると道内には富良野・洞爺湖・支笏湖と
選択肢も多いから、夫婦で訪れたことは1度もない場所です
最北端の稚内に行く時のルートに選んで、素通りしたっていう経験は各自あるんだけどね


DSC07370.jpg
じゃ、行ってみよう♪ と、ナビを設定すると いつものことながら到着時間がこんな結果
5キロほど走ると、到着予定は午前11時45分に変わってた
今回は私の車で行ったんだけど、最近ナビまで老化 逆に面白いことになってる
エンジン始動すると、最初に出てくる現在位置が「東京駅」周辺
少し走る間は、そのまま地図上を移動 周辺に有名スポットがあると音声ガイドが入るんだけど

「近くに歌舞伎座があります」とかって言い出す始末

そんな時20年目の夫婦は、ほぼ同時に「そんなもんないわっ!!」と言える

もうしばらく走ると、急に我に返るナビ  東京の込み入った地図からシンプルな田舎道へ


DSC07372.jpg
いい天気だのぉ~  助手席で人形遊びをする妻を見て 「いたい・・」とつぶやく夫
いやいや 出かける時に「ドゥーボーイを写真に入れながら旅日記にしたら?」と
提案したのはあなたですから 言われてみれば、これならモザイク必要ないもの 楽でいい♪

そんなわけで、今回の旅レポ しょっちゅうこの白いのが登場しますが
私の頭のネジがはずれちゃったとかってわけじゃないので、安心してお付き合い下さい


DSC07379.jpg
石狩市 望来(もうらい)の町が見えてきた この辺は結婚当初よく来てた場所
海といえば「望来」 ワンコと暮らしてた友人達と一緒に海岸でよく遊んだっけ
上り坂を越えたあと、今度は下りになってこの風景 ここが好きなポイント


DSC07381.jpg
いつも寄ってたコンビニでおやつ購入


DSC07382.jpg
ここからはこんな道



DSC07384.jpg
うみ~


DSC07385.jpg
長いトンネルが続くと次はやま~



DSC07386.jpg
小樽から見てた山々も、こんなに近くなると迫力あり 


DSC07389.jpg
高い山があるってことは、滝もある しかも国道のすぐ脇


DSC07390.jpg
その滝は、そのまま海へ 橋の上から見ると右が滝 左が海 断崖っぷりがよくわかる


DSC07393.jpg
橋の下では、海水と真水がせめぎあってる


DSC07388.jpg
まむしが出るの?



DSC07397.jpg
白銀の滝



DSC07395.jpg
冬はここが全面凍結するらしい 今はこのとおりのマイナスイオン放出
ここだけ気温が一気に10℃近く下がってた 水の冷却効果ってすごいのね


DSC07399.jpg
岩の上になにかいるよ



DSC07400.jpg
いかにも魚を丸呑み出来そうな鳥たち 



DSC07402.jpg
毎年毎年山の緑はこの時期再生するわけだけど・・まさに出来立てって色合いでした



DSC07405.jpg
去年廃線となってしまった鉄道 ニシン漁で賑わいのあった時代には、それらを運搬するための
重要な路線だったようですし、地名が「増毛」ってことで「毛」を求める人達に切符が人気だったとか
つるつるからましけ経由ふさふさへ  なかなかうまい

幸いなことに、まだ2人ともふさふさですが・・ それでも予想以上に楽しかった「増毛」滞在は


明日へつづく





1泊なのに写真多すぎーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

陶器

「熱中症に注意」って注意喚起するほどの気温じゃないんだけどね
でも、北国の人間は暑さに慣れてないから・・いきなり25℃なんてなったらすでに夏気分
昨日の夕方はお隣は車庫で焼肉やってたもんね 気持ちは分かる


DSC07350.jpg
寒がりな私でさえ、昨日の日中 車を取りにディーラーさんに行く時は半袖だもん


DSC07358.jpg
そして今日も半袖 車も無事直って、諭吉1人失った代わりに英世2人がやってきたことだし



DSC07360.jpg
爪も伸びた ネイルチェンジに行くとしますか!
今回は、確固たる「これやりたい」ってイメージネイルがあったので
あとはそれをどう上手にネイリストさんに伝えて、形にしてもらうか



DSC07361.jpg
2017年5月のネイルがこちら  分かりやすいよううに、似たようなお皿をバックにしてみた



DSC07362.jpg
1997年の5月に結婚した私  今年は記念すべき20周年なんざます
なんでも、結婚20年って「陶器婚式」なんだって それなら爪だって陶器にしちゃおうか
砥部焼みたいな和の柄も考えたんだけど、浴衣を着る時期はまだ先だしね



DSC07364.jpg
すごいよ ネイリストRさんww 「陶器ネイル初めてやりました」って言うわりに職人技!
今回これをやりたい理由を教えたら 「じゃ、これは私からのお祝いってことで♪」と


DSC07363.jpg
右手の親指に指輪を作ってくれました 




DSC07351.jpg
ベランダに洗濯物を干して、10時開店直後のパン屋さんに行く
一番好きなパンを久しぶりに買えた ナッツとドライフルーツぎっしり



DSC07353.jpg
ネイルに行く直前に食べたパンにもナッツぎっしり

直腸がんの手術後の患者さんが、ナッツをよく食べていた人とそうじゃない人で比較したら
再発率が全然違ったと昨日のネットニュースで見ました やっぱりナッツって優良食品なんだ

ネイリストさんにも、このパンを差し入れしたらナッツ好きらしく喜んでもらえた
偶然だけどチーズ好きも共通してて、以前あげた3層構造のスライスチーズもはまったらしい



DSC07368.jpg
物々交換のように、連休に行ったという富良野のお土産頂いちゃいました  

今年30代に突入するというネイリストさん 毎回思うけど、考え方が実に大人でしっかりしてる
家を建てて1年 どのタイミングで繰越返済するのがいいと思います?なんてセリフ
私がその年齢の時に口に出来なかったもんね っていうか、家だって持ってないわ

あんまり人に教えてあげれるようなこと私にはないなって日頃思ってるけど
「まだ結婚5年でしょ 子供も2人まだまだ手もかかる 
 お金も確かに大事だけど何より大事なのは家族全員が健康でいること
 若いと無理しがちだし、変に節約ばかりに囚われて体もココロも弱っては元も子もないよ」
なんてこと程度ならすんなり言える

健康でいることが、結局一番安上がりってことを身をもって知っているから
家に帰ってきたら、ちょうどネット注文した医療用弾性ストッキングが届いた
2足で2万円だもんねー ほらね 病気すると何だかんだとお金がかかる身となる


ちゃんと食べる ストレスためない 

英語で悲しみや苦悩という「ディストレス」が由来で、それは心が別々の方向に引き離され
落ち着かない状態というラテン語から来てるんだって 
いろいろ考えなきゃいけない事がある時、確かに人間は弱る

今日から1ヶ月 爪の陶器を眺めながら、長く続いてる縁を祝うのです





明日も半袖か?って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

みずたま

早朝の庭


DSC07324.jpg
人間もそうだけど、植物にとっていかに水が大事かってこと
水を撒いたわけじゃなく、夜間の冷えた空気から取り込んだ水分がこうなる


DSC07323.jpg
生きようとする力ってこんなに美しい



DSC07325.jpg
太陽が高くなると、あっという間に消えてしまう 時間限定の芸術です



DSC07329.jpg
こんなボタンがあったらかわいいだろうな



DSC07334.jpg
このガラスの器だって、きっとインスピレーションはああいう葉っぱからじゃない?



DSC07326.jpg
クリスマスローズ 花はもちろんだけど



DSC07327.jpg
若草色の葉っぱも、まだそれほど他の物が成長してない今の時期の庭には大切な存在



DSC07322.jpg
我が家のジューンベリーの開花宣言が出来そうです 今年もジャムが作れますように




絶好の洗濯日和♪って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

プラマイゼロ以上

「やっぱりガソリン臭いんだよなぁ」 昨日、私の車で仕事に行ってたサル吉くん
このところ運転してると時々ガソリン臭がしてくるって少し前から言ってたけど
多少放置出来ることと出来ないこと これはこれ以上様子見ちゃだめなほうだよね


DSC07321.jpg
そんなわけで、今朝は天気も回復したことだし 夫はバスでの出勤
ねずみ色のチュー太郎 バンパー・ハンドル・タイヤの白がポイントカラーです

朝一番でディーラーさんに電話して、そこまで車を持っていくのは妻の役目

「玄関前で出火なんてしたら、家も危ないよね ちょっと道路に押し出しておく?」
やめてよね 縁起でもないこと言うの 

「運転気をつけて」って言われてもさー エンジンかけたとたん爆発したら気をつけようがない
そんなまるで映画のシーンのような画が頭に浮かぶのを打ち消しながら、そっとエンジン始動
(そっとやろうが普通にやろうが多分変わらないけど)

ちょっとだけ動かして、車から降りて地面を見ると黒いシミが点々と・・
まるで刑事のように指でぬぐって嗅いでみる  間違いなくガソリンだー


車で10分 ディーラーさんに無事到着  コーヒー頂きながら待ってたら結果報告
やっぱりフィルターから漏れてるって 経年劣化によるものか冬場のワダチによるものか
もしくはその両方か・・ 部品は明日入るけど危険を伴うので車は置いていけと・・
修理車が多いのか、代車の空きもなく・・ バス停すぐだからいいもんね 

次のバスまでちょっと時間がある 道路の向かい側の本屋さんに行こうか ミスドに行こうか
そうだ♪ 久しぶりにリサイクルショップで洋服物色してみよう~
ただ時間潰すだけのつもりが、そういえば・・と小銭をチェックしたらバス代がない!
お札も諭吉くんだしなぁ  仕方ないなぁ~ じゃ、何か買うしかないんじゃない?


DSC07330.jpg
だからって2枚買う必要もなかったけどね  生成り&七分袖好きはもう一生もの 
そしていくつになってもちょっとしばったりちょっと段になってたりする服に目がいく  
これ2枚とも日本製 今や貴重じゃない? そして500円と800円 
家に帰ってきてすぐ洗濯  うん 満足満足  今日がいい天気でほんと良かった


と、ここで郵便屋さん登場
受け取ったずっしり重いレターパックには、地元に住む友人の見慣れた字で「おやつ」と



おやつ?


DSC07331.jpg
開けてビックリ  室蘭のソウルフードとも言える「盛一」のべこ餅が10個

「レターパックで現金送れ」はすべて詐欺です とは書いてあるけど 
べこ餅は送れませんとは書いてないもんね


DSC07332.jpg
昨日買ってすぐ送ってくれたみたいで、まだそのまま食べれるやわらかさ
ここのは固くなりやすい でも、それを焼いて食べるのがまた美味しかったりもするんです

連休に帰省した時に、久しぶりに食べたくて店に行ったけどすでに完売だったと
帰り道にラインでやり取りしたのでわざわざ送ってくれたのね



DSC07333.jpg
今日は朝から車がこれこれこういう事情で・・とラインで説明
途中ミスドを買おうか迷ったけど、今日はドーナツ気分じゃないなと買わず
バスを降りてからコンビニでアイス?とも思ったけど、そういう気分でもなく
そして家に着いたらべこ餅が届いて、そう!私は今日はこれが食べたかったかも!
・・って思ったよ  と報告

そしたら友人から返信「これからお姉ちゃんにも届けるから~」
何と、ちょうど近くを移動中だったようで、私の実家にも届けてくれた ありがとねー 

「で、車は大丈夫だったの?」と聞かれたので
「諭吉1人で何とかなりそう 見た目ああだけど、中身おじいちゃんだから」と返すと

「○○くん(高校同期)は諭吉700人分の車を注文したようだ」と・・ 



サル吉くんのバスは1964年生まれの53才 私の車は2004年生まれの13才
多分15才くらいまでは、ワンコと同じくらいの年の取り方をするんじゃないのかな
ってことは、私の車ですらもうすでに80代?
この間部品が取れちゃったのは入れ歯が合わなくなったようなもの
今回のガソリン漏れは・・尿漏れか?

諭吉700人でも、いつまでもピカピカしてるわけじゃないもんね ←完璧負け惜しみ


2人のおじいちゃんをなるべく大事にしてあげることにしよう


バスを待ってたらお昼休みのサル吉くんから「どうだった?」とライン
「さよなら諭吉」と返信したら「了解」 この暗号のようなやり取りで分かり合える



中国製じゃない洋服 食べたかったべこ餅 友人の優しさ 夫の気遣い 久しぶりの青空


マイナス面は諭吉が1人背中を向けたことのみ





だからプラマイゼロ以上~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

化粧と一緒

明日からは気温がぐーんと上がると言われているので、それまではじっと我慢
空もどんよりだし時々冷たい雨だし・・低血圧の人間には辛い


DSC07318.jpg
おひとりさまのサラダランチ 
買った野菜と頂いた野菜がたくさんあるので、草食動物と化す
サラダはルッコラ・水菜・クレソン はちみつ玉ねぎと黒豆ピクルスの塩分のみで食べる
地物のマッシュルームが手に入るようになったから、生でも楽しめるようになって嬉しい
オリーブオイルをかけた山盛りサラダとスープでお腹いっぱい♪
スープは、昨日作ったクレソンのポタージュの残り きれいなうぐいす餅カラーです


天気の悪さで体もだるだる 当然家の中での動きも悪い 
ばーさんかっ!って自分でツッコミたくなるトロさでアイロン掛けなど・・
だからさほどお腹もすかないもんね 


DSC07316.jpg
さすがに外で働いて帰ってくるサル吉くんに、野菜のみってわけにはいかない
だから、私も夜はちゃんと食べます  っていっても、7割野菜か? 



DSC07291.jpg
食事の終わり頃 「このトロミ ご飯にかけたら美味しいだろうね~」とつぶやくと、
ハッとした顔をしたサル吉くん 2膳食べた後だったけど、さらに半膳追加
我が家は決して炭水化物を抜く食生活は出来ません お米美味しいもん


年間通して3日働いて次の時間帯の仕事へシフトする・・という3日で流れが変わる生活
それに慣れちゃってるもんだから、今の時期限定の「週5~6日昼間に働く」という
一般的なサイクル それがけっこうしんどい我が家です 


最初に書こうと思って始めた内容をすっかり見失ってしまった本日のブログ
そう 久しぶりにお花のことだった!!!(これも気圧が低いせい)
私が以前ちょっとお花を習っていた時に得た知識を何ヶ月かぶりに披露



DSC07311.jpg
庭に咲いた花をちょっと家に飾ろうか・・ そう思ったりする時
花の長さは、これ大体合ってます  基本花瓶のサイズの3倍が目安

ただ、こうして見てみると・・同じ長さの2本の花  どんな印象ですか?
かわいいけど、なんかのっぺり平面的には見えません?




DSC07312.jpg
1本を、ちょっと短くして同じように入れてみる

このほんのちょっとしたテクニックだけで、立体感が生まれるという不思議



DSC07313.jpg
さらに、後ろに挿してた葉っぱをすっと手でなぞってカーブを作り、前に出す
同じ本数なのに、高さに変化をつけただけでこんなに変わる
上下左右に花の位置をずらすことって案外無意識に誰もがするんだけど
それに前後も加えてあげることで、さらに立体的に空間が広がります

女性なら、化粧の時に「立体感」は意識してるはず だから難しいことではありません



以上 なんちゃってフラワー講座でした♪





体がだるおもーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

夢の暮らし

気温がちっとも上がらなかった週末 昨日なんて昼間でも気温は一桁 もちろん暖房オン
土曜の夜、会社の飲み会だったサル吉くん 昨日の日曜は食品買い出し以外はまったり

撮りためた番組を見てたらいつのまにかソファで寝てた そこにピンポーン
ヨロヨロと体を斜めにしながら半分寝ぼけて玄関へ(時刻は午後4時)


DSC07308.jpg
「またクレソン採ってきたよ~」と、お隣の奥さん うちが大好きだって知ってるから今回も大量



DSC07307.jpg
今日はミツバもあったから・・と、自生のミツバと



DSC07306.jpg
コゴミも   目も覚めるような鮮やかな緑色の数々

奥さんの実家の裏には、小川が流れていてその両側にはクレソンがわんさか
そしてそこから少し山側に歩くとミツバあり~の コゴミあり~の なんだそう

何と素敵な環境なんでしょ 頭に浮かぶイメージはターシャ・テューダーの暮らし

畑で野菜を育て、鶏を飼う 山の恵みに感謝しながら花に囲まれた半自給自足の暮らし
なんて書くとそれはまさに「夢の暮らし」 
でもねー 自然により近い環境での暮らしは生半可な気持ちでは続けられないのも事実

ちょっと気温が下がってブーブー文句言ってるようじゃ無理だよね


あれもしたい これも欲しい まだまだいろんな煩悩にまみれてる私は
こうしておすそ分けして頂いた時に、束の間スローライフの真似事をして楽しむほうがいい


DSC07309.jpg
さっと茹でてめんつゆに漬けたコゴミはクセもなく美味 クレソンはシンプルにサラダに
買ってきたカブの葉っぱときゅうりで漬物 


DSC07310.jpg
豚バラとネギを串に刺し焼く横で、アスパラの丸ごと焼き テーブル上がいろんな緑色





DSC07314_20170515113856178.jpg
これは今晩用に先ほど作ったミツバとちくわのナムル せっかくの野生のミツバだから生で食べたい
最近、このような「ちょっとしたおかず」を作りおくといかに便利かってことをようやく知った



一昨日は、台湾のお土産を持って友人が遊びに来てくれることになったので・・


DSC07298.jpg
お弁当仕様にしてお昼ご飯を作ってみた



DSC07299.jpg
前夜の残りのササミカツ 前夜の残りご飯 ←とことん残り物
あとは常備菜のやみつきピーマンに、人参・玉ねぎ・黒豆のピクルス3種 それともずく
すでに身内と化してる友達だから、気負わずこれ食べさせちゃう
こんな時にも常備菜は便利



DSC07302.jpg
わーい♪ パイナップルケーキ 私が台湾に行った時に買ってこれなかったお店
「微熱山丘Sunny Hills」のものをリクエストしておいたら、本当に買ってきてくれたー
聞くと、行ってる間に台湾で卵に問題が発生したとかで、販売中止してるお店もあって
万が一本命の店で買えなかったら困るってことで、他のお店のものも・・



DSC07303.jpg
せっかくだから、さっそく頂いてみる パッケージがかわいいよね



DSC07304.jpg
おぉ~ さすが台湾産パイナップル100% 繊維も目に見えるほどの中身
東京にも支店があるらしいけど、ちょっと味が違うんだって
友人も、ここのが一番美味しいと高評価 私もこの日食べた直後はそう思ったけど
昨日別のお店のほうを食べたら、それはそれで美味しかった 
要は、異国の食べ物全般 物珍しいものって基本嬉しくて美味しく感じるってこと 



DSC07305.jpg
他にもいろいろありがとう  途中で珍味まで買ってきてくれたり



DSC07300.jpg
きのとやのおやつ買ってきてくれたり



DSC07301.jpg
ごめーん!! お土産届けさせた上におやつまで持参 なのに残り物弁当食べさせちゃって!


旅好き同士で語ってると、いつまでも話していられる
お茶飲みすぎてトイレが近い近い 


クレソンが育つ小川はないけど・・ 私の場合すでにある意味スローライフ
時間に追われない日々のありがたみは、忘れちゃいけない




専業主婦歴5年  春はここから




山の恵みと優しいご近所&友人に感謝~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
  

美味しいじゃないか!

「本日お安くなってま~す」 という声につられて先日コストコで買ってきたパイナップル


DSC07292.jpg
さすがコストコ 売ってるパイナップルも巨大 一番大きいジップロックコンテナにキチキチ
味見したら、思わず1人でほくそ笑むほど甘い 

ふと、まな板の片隅に集められた芯の部分に目がいく
普段はそのまま皮と一緒にまとめて躊躇なく捨てるけど・・ これって食べれないのかな?



DSC07293.jpg
「パイナップルの芯」で検索  あらやだ!実はここが一番栄養あるなんて書いてある
ジャムにするって人もいたけど、60℃以上で加熱しちゃうとそのいい成分は失われちゃうとも



DSC07294.jpg
ヨーグルトを加えてミキサーにかけてスムージーにしてみる 皮の部分に残ってた実も
小さいナイフで削って加えて・・酸っぱかったらはちみつ入れればいいもんね♪

そして飲んでみる

驚愕! ちょうど良く熟したパインは、芯も美味しい はちみつ無しで全然いける


何か得しちゃった気分だわ~  と、テンション上がったので曇り空の中
庭でちょっと雑草取りなんかしちゃって  
そしたら今日はずっと曇り予報だったのに陽射しも出てきた

陽射しって大事 次は何をやろうかなっていう気持ちを後押ししてくれる



DSC07295.jpg
お友達から頂いたまま、なかなか形にならずにいたバス柄ジャージ生地(左)
ようやくこれからバスシーズン  どこかに出かけた時に、クッション積んでおけば
ちょっと休憩って時に後ろのシートでくつろげるし、そういう場合は2個あるほうがいいよね

結局直線縫いでクッションにするんなら、さっさとやれって話なんだけどね


DSC07296.jpg
ただ「かわいい♪」ってだけで何となく買っておいた色とりどりのボタンのセット
これを使おうと思ってたのでね クッションの上下を開放状態に縫って
5ヶ所を両面同じ色のボタンで縫い付けて留めてある 糸の色もボタンに揃える
これがね、案外面倒なんだなー 針に糸を通すのが苦手になる日が来るなんて・・ 


完成して満足して新聞読んでたら、郵便受けに何か届いた音

本日のポスクロは南アフリカから 久しぶりに珍しい国からです
青空バックに蒸気機関車 へー 南アフリカにもこんな鉄道が?と思って興味が湧いたけど
送り主からのメッセージには「7歳と5歳の孫と過ごす時間が一番」とかって内容
なので調べてみた まぁ行く機会はこの先もないとは思うけどね 一応知識として・・

アフリカ最南端 南アフリカの「ガーデン・ルート」は南アフリカを代表する観光ルート
そこを走る「オウテニカ・チューチュー鉄道」
英国製の蒸気機関車らしいですよ テレビで紹介されることも多いらしい
NHKとかでそのうち見かけたら、あ!これだ!!って思うに違いない(忘れなければの話)

カードに書かれた日付は4月18日 気温は32℃ 晴れマーク 切手はアップのサイ


カバは、自分がカバであることに馴染んでいるように見えるけど
サイって、何かちょっと自信なさげに見える 顔の中央に角があることにも戸惑ってる
そうは思いませんか?

・・なんてことを、相手へのお礼のメッセージを送る時に書ける英語力が欲しい 



DSC07297.jpg





ナイスなカードをありがとう!って書くもんね~って押していただけますか↓ 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

5人に1人

この時期だけのお楽しみ ホワイトアスパラのソテー
オリーブオイルでじっくり焼いて塩とブラックペッパーで味付け
コストコサーモンは、ほとんど冷凍しちゃったけど少しだけ味見


DSC07288.jpg

そして次はグリーンアスパラ これはさっと茹でて醤油マヨ 新鮮野菜はシンプルに食べるに限る

アスパラを食べた後の尿の独特な臭い 
これって遺伝的に5人に1人しか嗅ぎ分けられないって今日初めて知りました!!
ビックリ! 私はものすごく嗅ぎ分けちゃうんですけどー だからといって何のメリットもないけど
長年研究されてる事案らしいですよ さて・・あなたは5人に1人に入りますか?




9連休で27食 今年はここに注目してきた私ですが、結果的に自分で作ったのは15食

DSC07270.jpg
こんな簡単朝食も含んでるから、想像よりは何てことなく終わった感じでした



DSC07274.jpg
記念すべき最終日の27食目の晩御飯はヒレカツ 茶色と緑の2色しかない!
そろそろ美味しいトマトが食べたいです 早く地ものが採れないかな


DSC07275.jpg
とりあえず(_´Д`)ノ~~オツカレー 9日間喧嘩せず過ごせて何よりだったね



DSC07273.jpg
最終日は「美味しいパンが食べたい」とパンを買いに行ったり



DSC07267.jpg
「体がジャンクなものを欲してる」と、モスでおやつタイムにしたり


こんな9日間だったもんでそりゃ体が重い!久しぶりに体重計ったら1.5キロくらい増えてた

で、平常に戻って今日で4日 昼間1人だといかに粗食かがよくわかる すでに1キロ減



DSC07285.jpg
あちこち行かれた方達からのお土産が我が家に集結したけど



DSC07284.jpg
珍しいものばかりだから、やっぱりサル吉くんと一緒に食べたいもんね だからおあずけ



DSC07290.jpg
長崎のラーメンだって  「あごだし」の美味しさを知った今、これも楽しみ



DSC07286.jpg
連休中に食べたカフェランチのピクルス 中でも黒豆のピクルスが珍しくてしかも美味しかった
家にたまたまあったので、レシピ検索して作ってみることに
20~30分乾煎りして



DSC07287.jpg
熱々のピクルス液に入れるとシュワ~っと染み込んでいき この鮮やかな色合い
まるでブルーベリージャムのよう♪ この段階ではまだ硬さが強いんだけど・・


DSC07289.jpg
冷蔵庫に入れて半日 ここまでふっくら 食べ終わった後の漬け汁は、ドレッシングになる
きれいなルビー色だから、 大根サラダとかにかけたら美しいかもね






DSC07271.jpg
パン屋さんに向かう途中に見つけた春色
連休中に海外旅行してたら、この桜は見れなかった 期間限定の風景 目に焼き付けました 




黒豆ならぬルビー豆!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

夢見草

連休後の2日間 家にあるものでどうにかこうにかご飯を作り、今日は給料日


DSC07279.jpg
コストコに行き、サーモンだって買っちゃうよ♪ 最近の我が家のブームの「もずく」もね


DSC07280.jpg
野菜の直売場ではアスパラだって2色買っちゃうよ♪


DSC07281.jpg
水を入れたコップに入れて縦にしておく  これが美味しい食べ方

3軒目のスーパーでは日用品などを買い揃え・・なんてしてると、給料日初日で諭吉がいなくなる
それだけ家の在庫を食べ尽くしたってこと がっかりせずにそう考えることにしよう ハハッ

家に戻ってサーモンを分割して冷凍したり、もずくを小分けしたりしてるところで、来客あり
家族ぐるみの友人(♂)が沖縄のお土産を届けてくれたので、一緒にコーヒー飲みつつ旅話
最初は呑気にそんな話をしてたんだけど、途中で「実は母が入院中でさー」と・・ 
私達世代 親がいつどうなるか本当に危ういってことを分かってはいても、ドキッとします
その上中学生の息子が体育の授業中に右腕骨折! 中3の大事な時期にこれまた大変

ここんとこ、スマホが鳴ると「今度は何が起きた?」と、身構えるようになったらしい 
そうだよね 大変な時期って、次々いろんな事がある まずは自分たちがしっかりしとかなきゃね 
「体にいいから」と、お土産頂いたお返しにもずく持たせました


連休の思い出「お花見編」です


5月5日 一日おいて再び小樽へ


DSC07246.jpg
2日前に同じ景色を見たけど、明らかに緑色とピンク色が増えてる それほど天気が良かったってこと
遠くの山が桜の花によって白っぽく見える様を「花霞はながすみ」 日本語って美しい
桜が大好きな日本人  桜を目にするとついぼ~っと見入ってしまう
だから「夢見草」という別名まであるんだそうですよ


来年はお義母さんの7回忌だから、またその時に会えるけど・・遠くから来てくれてるお義兄さん達に
朝採りのアスパラ食べさせたいねってことで、アスパラを買って届けに行く

じゃ、どこかでランチにしよう でも今日はこどもの日 街中はきっと混んでるよね
「穴場の店があるからそこに行ってみよう」とお義父さん 

DSC07248.jpg
坂の上の喫茶店



DSC07247.jpg
ほんとに穴場 鉄板ナポリタンとかカツカレーとか・・高校生に戻った気分で食べました



DSC07250.jpg
去年お義父さんと3人でお弁当持参でお花見した公園に、今年は5人で来てみる


DSC07251.jpg
葉っぱも一緒に開くのがソメイヨシノとちょっと違うところ



DSC07252.jpg



DSC07253.jpg




DSC07255.jpg
梅だって咲いてます  北国の春は、順番なんて待ちきれない!ってごとくに一挙に花開く



DSC07254.jpg
この儚さも、日本人が桜を好む理由でしょうか



DSC07256.jpg
小樽手宮公園 小高い丘の上にあるので、車から降りると見下ろす形で桜越しに海が見える




DSC07257.jpg
幸せそうなお二人の撮影会が行われてました どうか・・儚く散ったりせずにいつまでもお幸せに



DSC07261.jpg
この花びらの枚数と絶妙な色合い 今年一番気に入ったのはこの桜♪



DSC07260.jpg
連休に合わせたように咲いてくれてありがとう
「今年は2度桜が楽しめた」と、お義兄さん達もスマホで撮影してました


DSC07262.jpg
お花見の後は、お義父さんに留守番してもらって兄2人と連れ立って買い物へ


DSC07263.jpg
やっぱりなるとの若鶏食べたいでしょ? お持ち帰りにして家で食べようってことに


DSC07264.jpg
お寿司も買って、この日は5人で宴会 じゃんけんして私が勝ったので帰りはサル吉くんが運転
「じゃ、遠慮なくいただきまーす」と、義兄とお義父さんと日本酒飲んでいい気分


DSC07265.jpg
このアスパラが相当喜ばれました  そりゃ新鮮だもんね

山形の義兄は翌日車で帰るから、クーラーボックス持参してるしお土産で渡したたらこは
そのまま持って帰れるけど、東京の義兄は翌日からは旅行で札幌に来てたお友達と合流予定
生ものを持ち歩くのも大変だろうから、1度うちで持ち帰って冷凍便で送ってあげることに

DSC07268.jpg
スペースがあったので、追加でこれも同梱 生の山わさびと行者にんにくの醤油漬け
キムタクが映画の撮影中、京都のお寿司屋さんから頂いた醤油漬けを大層気に入ったと
そんな話をテレビでしたから、知名度上がったようです


 


DSC07269.jpg
今の100均は素晴らしい 写真を8枚セット出来て中に手紙も書けて封筒も付いてる
家族7人で写った写真を「いい思い出になります」と、喜んでもらえて何より


バタバタと忙しいながらも、楽しい連休だったなー




夢見草すでに儚く散りましたって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

いよいよ・・

DSC07197.jpg
クルージングの続きです
穏やかそうに見えるこの日の海 でも、なんせ小型のボート スピードを上げると
お尻が硬い座席の上で浮き上がる ちょっとしたアトラクション気分でした




DSC07201.jpg
なべかけ岩 



DSC07206.jpg
窓岩


DSC07203.jpg
静かに岩場に船が近寄っていく すると違う船の姿が岩の中に見えてくる
いよいよ・・青の洞窟?



DSC07205.jpg
家族の中で唯一本物のイタリアの青の洞窟に行ったお義父さん曰く
やっぱりこのように洞窟周囲に順番待ちの小舟が待機しているらしいね



DSC07208.jpg
先ほどの船が出て行ったので、我々の順番がやってきたようです



DSC07209.jpg
いざ・・ 



DSC07212.jpg
明るく広々した海から、暗い謎めいた洞窟に入るってだけでわくわくする♪



DSC07213.jpg
この感じ・・どこかで体験した記憶が そう!ディズニーランドの「カリブの海賊」だわ
そして、お気づきでしょうか・・すでに海が若干青いもの~


これは期待しちゃうでしょ
そして船は奥へ進む と、ここで「後ろを振り返ってご覧下さい」と、案内のお兄さん





DSC07215_20170509113052476.jpg
あれ? 



DSC07216.jpg
うん、まぁ 青いっちゃあ青い・・か? 




DSC07219.jpg
これもまた天気と時間帯が重要なポイントなんでしょうね
この日の天気は文句なしだったけど、オススメは午前中なんだって
私達が出発したのは午後3時 

「青の洞窟」っていうイメージが先行しちゃって、勝手に脳内で画像を妄想しちゃってた



DSC07221.jpg
あ・・もう出口



DSC07223.jpg
カリブの海賊なら何度でも楽しめるけど、これはそういうのとは違うけど
1度経験してみても損はない 地元の人間も、観光気分で楽しめたし
船からじゃなきゃ見れない風景は、新しい小樽を教えてくれたし大満足


DSC07224.jpg
遠くに見える増毛ましけ連峰を眺めながら戻ります



DSC07225.jpg
これから洞窟に向かう違う会社の船 カモメがまとわりついてるのは、餌やりをしてるから



DSC07230.jpg
蜃気楼のような雪山が美しい 
増毛ましけに行っても毛は増えないけど、美味しい甘エビが食べられます
そのうち機会があったら有名な甘エビ丼食べてこなくっちゃ

船を降りてから、海をバックに家族7人で記念撮影 そんなチャンスはなかなかないものね


DSC07233.jpg
それからみんなでお食事
今回、義兄2人が揃って連休に帰省したのは、3月に米寿を迎えたお義父さんのため
大げさなことはしないにしても、せめてみんな揃って何かお祝いしようよ と、
わざわざ帰ってきてくれたのです 


DSC07235.jpg
ちょっとこじゃれた中華のコース



DSC07236.jpg
食べるのに忙しくて、写真これしか撮ってなかった
嫁2名はこの日は運転手として、ジャスミン茶 兄弟4人と父にたっぷり飲んでもらいましょ
2次会は実家に戻ってまったりと 最近集まる機会は親戚の葬儀とかで・・だもんね
楽しい目的主体の集結ってやっぱりいいよね 親子の話題も昔話に花が咲く

8歳・12歳・14歳・18歳 家にこんな感じで男の子が4人いるって考えただけで
食費大変だったろうなぁって私なんて思っちゃう おばあちゃんもおじいちゃんもいて
今こうして7人でご飯食べてる以上に賑やかで、それが毎日だもんね 
私は姉と年が離れているから、家族4人で暮らした年数も少なく3人での暮らしが長い
兄弟がたくさんいる環境を、サル吉くんと結婚したことで疑似体験出来て楽しいです

でも、その兄弟がもし仲が悪かったりしたらたくさんいたって意味はないよね
サル吉家、何と全員AB型 ただ1人サル吉くんだけB型という家庭
ベタベタとした仲の良さじゃない それぞれみんな独自の世界を生きてるんだけど
やるときゃやる!そんな家にやってきたのがO型の嫁とA型の嫁(私)


DSC07238.jpg
東京&山形からのお土産いただきました いつもありがとうございます 



次は小樽のお花見編へつづく 




嫁が加わり血液型4種コンプリート!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

地元再認識

DSC07276.jpg
日常が戻ってきました  家事諸々を済ませてから庭の水仙を摘んでくる



DSC07277.jpg
ようやくそんなことが出来るようになったなぁ 待ってたよ春 って気持ちです


今年の連休は旅行に行ってないけど写真が多い 忘れないうちに記録しておかねば


DSC07137.jpg
5月2日 室蘭の私の実家をあとにする  帰りは高速使わずにのんびり山道を行く
青空・畑の緑・まだ雪の残る羊蹄山 このコントラストが美しい

今話題の列車「四季島」が、ちょうどこの日近くにいたようです
友人情報で駅には撮り鉄が集結してると聞いてましたし、今朝のテレビでは
実際に乗車してた方が「羊蹄山がとても美しかった」とおっしゃっていたので


DSC07139.jpg
多分こんな風に雲のかかっていない完璧な姿を目にしていたんだと思われます

ちょうど桜が見頃だった函館の五稜郭 登別の高級旅館で一泊  
ちょっと引いちゃうようなツアー代金だもの いろいろ贅が凝らされてる
記念すべき一番列車は、連休の中でも特に天気の良かった時に来道だった
これが昨日だったら、黄砂で景色も霞んでしまっていたはずだから良かったですね 


DSC07141.jpg
コブシの白い花も一気に咲いてたけど



DSC07142.jpg
ちょっとした峠にはまだ雪がある  北国の春を新たな気持ちで眺めるととてもワイルド




DSC07143_20170508121858b75.jpg
休憩ポイントで素通り出来ないのは「きのこ王国」
きのこの天ぷらと


DSC07144.jpg
きのこ汁ときのこの炊き込みご飯のおにぎりをワイルドに食す♪
四季島のお食事とはレベルが違うけど、これだって相当美味しい


DSC07149.jpg
支笏湖しこつこ 通過

連休最終日の昨日、この湖に釣りに来ていた男性2名のゴムボートが流されて救援要請
ヘリコプターが2時間後にゴムボートを発見した時は無人 
ライフジャケットは付けていたそうだけど・・奇跡的にどこかに泳ぎ着いていないかな
この湖はカルデラ湖で、深いところでは270mも水深がある上に昨日は気温も低かった
海より安全って思いがちだけど、昨日のような強風では湖だって危険です


DSC07150.jpg
夏は緑のトンネルのようになる支笏湖道路も、まだこの色合い それにしても車がいない!
こんな北海道暮らしの私達には、連休中の高速道路が35キロの渋滞とかっていうニュースは
別世界の話に聞こえます こういう暮らしをしてると「待つ」という忍耐力が育ちにくいんだなぁ


DSC07152.jpg
家に到着 「実家訪問パート1」終了ってことでお疲れ様の宴 27食中の12食目
伊達産のサニーレタスが美味しくて、この日から毎日登場



そして5月3日の朝

DSC07159.jpg
朝4時過ぎの「うにトラの木」  この間ブログに書いたように、4時起床の我が家



DSC07162.jpg
バスも心なしか眠そうに見えます



DSC07170.jpg
予想外だったのは、今の時期の太陽の位置 全然この木とかぶってくれない!!!



DSC07169_20170508124411e12.jpg
日の出の位置が、季節によってものすごく違うってことを知りました いつかまたリベンジしよう


 
3日は「実家訪問パート2」で小樽へ行く計画
男4人兄弟の末っ子のサル吉くん 東京から兄2号がすでに前日から小樽入り
山形在住の兄3号が2日仕事が終わってから車で青森 そこからフェリーで函館に早朝到着
函館から小樽までまたロングドライブで昼頃到着予定だったので、札幌の兄1号夫婦と私達も
それに合わせて実家に集結する準備をしていたのでした

今日もいい天気だね~ じゃ、出発しようか♪と言ってたところで兄3号から電話
「今苫小牧 先にそっちに寄るから」と・・ あれ?函館→小樽のルートと違わない?
後で聞くと、タラコ好きの兄3号 まず最初に虎杖浜でタラコを買おうと函館→虎杖浜経由
そこから苫小牧→弟宅→実家ってことになったらしい

えーーーーっ 兄3号にお土産で持たせようと、そのタラコ買ってあったんですけどーーー!

兄3号到着 まさか最初にタラコを買いに行くとは!と、3人で笑いながらとりあえずお茶
時刻はちょうどお昼 車2台で小樽に向かう途中で何か食べるにしてもきっと混んでる
夜は大勢でご馳走食べる予定だし・・うちであるもの食べて行く?ってことに 
ちょうど3枚あった食パンでチーズトースト そしてコーヒー 以上! 
あと30分早く予告してくれたらゆで卵とサラダくらい追加したのになー


DSC07175.jpg
他の皆さんをあまり待たせるのも悪いから、急いで出発
ちなみに、兄3号はタラコはいくらあっても大歓迎ってことで喜んで受け取ってくれました


DSC07176.jpg
小樽へ向かう高速も、思ったほど混んでいない 普通の日曜と変わらない感じ

1時間後に実家に全員集結 総勢7名 「ご無沙汰してます」とか「お久しぶり~」とか・・


DSC07237.jpg
夕食までの時間、毎度おなじみのボウリングじゃ芸がない たまには違うことしよう
兄2号の提案で、これに乗ってみることに


DSC07177.jpg
90分のクルージングで小樽を海から観光 最近人気の「青の洞窟」も見に行けますってやつ
1人5000円 こういう観光船が出てるのは知ってたけど、地元組だけだとなかなか・・ね


DSC07179.jpg
午後3時に出発する船は、サル吉家7名+よそのカップル2名 
天気が良くても海上は寒いだろうと、全員着膨れしてます


DSC07180.jpg
お義父さん良かったね~ 本州組のお義兄さん達のおかげで変わった体験が出来る


DSC07181.jpg
出発しま~す♪



DSC07186.jpg
知床で船に乗った時の事を思い出す


DSC07187.jpg
小樽はしょっちゅう来ている場所だけど、視点が変わるだけで何だか新鮮
左に見える建物は、にしん漁で湧いていた時代の豪邸「鰊御殿」



DSC07190.jpg
小樽水族館の人気のトドのショーを見ている人達も、まさか自分たちも海上から見られてるとは
あまり考えてなかったに違いない



DSC07192.jpg
赤岩 ロッククライミング出来るポイントがある 
昔の知り合いに経験者がいて話を聞いたことがあるけど、何でも降りる途中に
仏像が安置されてる場所があって、知らずに遭遇しちゃうとドキッとするらしい


DSC07194.jpg
小さな滝?と思ったら、湧水が海に流れ落ちてるんだって
小樽は水がいいから、美味しい日本酒も作られてます


DSC07195.jpg
ホンの少し山がピンク色を帯びてる 山桜が開花し始めてたようです
中央より少し左上の岩が、木彫りの熊に似てるとも言われてるんだとか・・なるほどたしかに



DSC07196.jpg
オタモイ海岸  海の色が美しいでしょう? 
もう少し先に行ったところに「積丹しゃこたん半島」があって、そこの海の色を積丹ブルーと言うんです

小樽の小学生は、この海岸に遠足とかで来たらしい 4兄弟が懐かしそうに語ってた
そしてその4兄弟が生まれる前の時代・・ ここにはすごいものがあったらしい


DSC07227.jpg
海から見て海水浴場の左手の断崖絶壁の中程に今でも残る細い通路
現在は、立ち入り禁止らしいけどかつてここには「龍宮閣」という巨大な建物が
まるで清水の舞台のような形で建っていたんだって

小樽で割烹を経営していた加藤さんって人が、私財を投じ昭和11年に完成
遊園地や相撲の土俵まである巨大リゾート施設だったのに、戦争で一時閉鎖
そのあとその龍宮閣が漏電で火災 崖に建ってるもんで消火する術がなく全焼
1日数千人も訪れた夢の施設は、儚い幻のように消えてしまいました

お義父さんは、子供の頃に来たことがあって覚えているそうです
私は今回この場所の存在を初めて知りました 
「小樽 龍宮閣」でググると、まるで千と千尋のような建物写真が現れます


身近だと思ってる場所でも、知らない事ってたくさんあるのね



さていよいよ 青の洞窟  でも長くなったので明日に続きます 




建築資材は船で運んだらしいよって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

70%を振り返る 2

連休8日目にして初めて天気が崩れちょっと雨が降り気温が下がった本日
そろそろ「終わったな・・」という多くの方の心の声が聞こえてきそう
過ぎてしまえばあっという間なのが楽しい休日モードですね

前半の室蘭の話に戻ります


DSC07093.jpg
実家に帰ると、欠かせないのが庭にやってくる野鳥観察
すずめのようでちょっと違う 何て名前の鳥なんだろう?と言ってたら
翌日の新聞にタイムリーに紹介されててその名を知りました「カワラヒワ」って言うらしい


DSC07094.jpg
安定のヒヨドリ この他にも山鳩も来てたけど、うまく写真に撮れませんでした


今年も母のクリスマスローズコレクションが見事な開花っぷり


DSC07095.jpg
私が一番好きな色


DSC07097.jpg     DSC07096.jpg     DSC07098.jpg


DSC07101.jpg     DSC07107.jpg     DSC07099.jpg


DSC07100.jpg


5月1日 平日に動いたほうが混雑してないからってことで母と姉と4人でお出かけ


DSC07108.jpg
青空に「白鳥大橋」が映えます


DSC07110.jpg
今晩、船から見る工場夜景なんていいんじゃない?なんてこの時は話してた



DSC07111.jpg
車で橋を渡った先にあるマリーナからそんなツアー船が出るらしい



DSC07112.jpg
姉の用事を済ませる途中、通りかかったこちらの駅
「母恋ぼこい」ってことで母の日にちなんで入場券が人気らしい
ここの駅弁「母恋めし」もわざわざ買いに来る人がいるほど人気 (食べたことないけど)
ちょうど観光客の女性2人組が駅前で記念撮影してました 

用事が終わって再び橋を渡り、今度は室蘭の隣町 伊達市へ


DSC07113.jpg
友人がFacebookにあげていたカフェに寄ってみる 


DSC07114.jpg
プレートランチ 伊達市は北海道の湘南とも言われる温暖な土地柄野菜や果物が美味しい
地元の食材を意識した美味しいランチでした ピクルスの小鉢の中に、黒豆もあったんだけど
これってどうやって作るんだろう?煮た食感ではない程よい歯ごたえ もしかして生のまま?
豆のピクルス ちょっと真似して作ってみたい♪


DSC07116.jpg
洞爺湖に到着  車さえあれば、登別温泉や洞爺湖温泉 どちらも30分~40分の距離
そんな恵まれた場所に住んでるんだから温泉を楽しみましょうってことで日帰り入浴です


DSC07117.jpg
湖畔に面したホテルからは、この眺め



DSC07119.jpg
パノラマ大浴場 展望露天風呂  これらの言葉に嘘はありません



DSC07120.jpg
天気さえ良ければ、露天風呂からはこんな景色が・・
湖の向こうは「羊蹄ようてい山」 別名 蝦夷富士えぞふじ  
均整のとれた形の山って、人に安らぎを与えますね 

GWの最中といっても平日だったせいか 最初のうちは温泉は貸切状態 
宿泊の人が到着する前のひと時だから、ロビーで一休みしててもゆったりでした


DSC07121.jpg
お風呂上がりにソフトクリームでも・・って思ってスタッフにお願いしたら
若い中国人女性スタッフがアイスの機械操作に慣れてなかったようで、4つ作るのが大変そう!
相当斜めだけど、これが一番良かった例



DSC07122.jpg
サル吉くんのなんてこれだもの!!!  まぁ文句を言うのもかわいそうってことでそのまま
それにしても・・ひどくないか?



DSC07123.jpg
伊達の道の駅ではツツジが満開だったけど・・ 去年桜がキレイだった場所はまだ咲いていず



DSC07124.jpg
天気はいいから時間の問題だねって車内で話しながら実家に帰る途中



DSC07127.jpg
やっとピンク色の木を発見  

温泉入ってさっぱりした気持ちになって実家に戻った4人がまず何をしたか・・
ここで冷たいビール飲みたくない?って試しに提案してみたら全員その気になった
時刻は午後4時 明るいけどたまにはいいじゃないの~ と、4人で乾杯!

飲み干してから昼間の会話を思い出したけどもう遅い 私もサル吉くんも飲んじゃったら
工場夜景を観に行く船のところまで行けませ~ん    自業自得だから仕方ない


DSC07130.jpg
北海道民がこどもの日前後によく食べる「べこ餅」を買ったし


DSC07133.jpg
頂き物の沖縄のスナックパインを4人で楽しんだからまぁいいや



DSC07134.jpg
今思うと不思議なんだけど、子供の頃にすでに室蘭でスナックパインが売っていた
だから「そうそう こうやってはがしながら食べたよね~」なんて昔話に花が咲く


DSC07135.jpg
この芯の部分がまた甘い筍みたいで美味しい 


この日は家でしゃぶしゃぶ これが連休9食目のご飯   

今回の帰省は2泊の滞在で、普段よりたっぷり睡眠を取った私達 
そのおかげでそこから続く長い休みも楽しめた気がします 睡眠って大事だわ~



次は小樽編へとつづきます



うず巻いてないソフトクリーム!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スパイス補填

昨日は30℃を越えた地域が多かった北海道 沖縄より暑いって稀なこと
我が家周辺はそこまでにはならなかったけど、サル吉くんは私の車を洗って
コンパウンドで鉄粉を取ってその後ワックス その外作業だけで日焼けしました

私は車内清掃 マットも水洗いして外に干す 
天気が良いと、何となく外に出たくなるのが北国の人間
冬の間家にいることが多いから、太陽の陽射しを浴びておこうと体が反応するのかもね
公園で遊ぶ親子 我が家と同じように洗車をしてるご主人 ワンコと散歩してる奥様



DSC07241.jpg
「前半で函館に行ってきたからお土産~♪」と、ご近所からいただいたお菓子
函館といえば今はこのラッキーピエロ ハンバーガーで有名だけどこんなクッキーもあるのね



DSC07242.jpg
ちなみに、我が家の今回のご近所さん用プチ土産はこのごぼうの漬物
伊達の道の駅の限定商品  これを買ってる時にちょうど夕方のテレビの中継が来てて
1時間後に実家のテレビを見たら、この漬物を作ってるおじさんが登場してました

昨日は午後から庭焼肉(または車庫内焼肉)率が高かった我が家地区だけど
うちは、スパイス注入したくてお出かけ


DSC07244.jpg
ネパールカレーのお店のスープカレーと



DSC07243.jpg
2種のネパールカレーのセット  辛さは4 このお店は5まであるけど4で激辛レベル
「辛さダイジョウブ?」と、お店のネパール人のお兄さんが何度も声をかけてくれる
聞くと、メニューにはないけど辛さ10を希望する人もいるんだとか・・
「現地の人はもっと辛いのを食べるの?」と聞いてみたら、そのお兄さんは2か3の辛さだと!
本場といえども、辛さの好みは様々 みんなが激辛を食べてるわけではないらしい


DSC07245.jpg
厨房から持ってきて見せてくれたのが辛さ調整で使ってるネパールの唐辛子
タイの唐辛子ともまた種類が違うのね 形が全然違う 

連休27食中残り10食という節目で食べたのがこのカレー 
体にスパイスが行き渡った実感あり♪



DSC07239.jpg
これが昨日の朝食なんだけど、1つだけいつもと違うのは・・


DSC07240.jpg
タイ産マンゴーがあるってこと! 実家に帰った時にスーパーで「タイフェア」をやってて
買ってもらって持ち帰って来たんだけど、これがなかなかの美味しさ

「今年はタイに行けなかったからこれで我慢だね」って母と姉に慰められました
タイのマンゴーを北海道で食べられるようになった事に感謝




残り9食も美味しく食べましょう!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

70%を振り返る

9連休といっても、もう70%終わったようなもの
あと25食作るのかぁ・・と、ぼやいていたけど今日のお昼が終わった時点で
あと残り10食! そう考えると、何かどうってことなかったかも
・・っていうのも、全部を自分で作ったってわけじゃないからだよね お休みありがたやー

ってわけで、忘れないうちに前半の思い出を綴っておこう 来年のためにも


DSC07076.jpg
連休1日目の夕食 明日から両実家巡りもあることだし・・と、家で「肉」を食す
フライパンで焼いたらそのままテーブルへ(新聞紙はそのため)
2枚で700gくらいあったはず やれば出来る 翌日の朝まで胃が重かったけど・・ 


DSC07077.jpg
エリンギのホイル焼き 


DSC07078.jpg
冷凍しておいた山わさびを乗せながら食べるステーキ



DSC07079.jpg
最後はごはんに乗せたくなる美味しさ  この山わさびがもっとメジャーになるといいのに
北海道土産に「山わさび」オススメです 最近は空港でも生のものが売ってますよ


DSC07080.jpg
30日の午前中に家を出発 うにトラの木は健在です♪


DSC07081.jpg
リニューアルしたばかりのインターチェンジに寄ってみる



DSC07082.jpg
ちょっとこじゃれた内装になってます


DSC07083.jpg
下り限定とか上り限定とか そこらへんがうまいやり方だわ 思わず買ってまうやろ



DSC07085.jpg
本州だと連休の高速道路がこんな状態っていうのは奇跡に近いんでしょうね
北海道ってこんなとこ 多少の混雑はごく限られた区間のみ あとは時間帯かな



DSC07075.jpg
ご近所からおすそ分けに頂いた丸ごとタコ 美味しそうだから少し実家にもお土産に




DSC07105.jpg
室蘭の私の実家で、さっそくその日の夕食にタコ登場  手巻き寿司が27食中の6食目


実家到着が昼過ぎで、いい天気だったのでドライブがてら「虎杖浜こじょうはま」へ



DSC07086.jpg
上手に撮れなかったけど、高速道路から虎杖浜にある巨大オブジェの店がチラッと見えた
左から「蟹」「鮭」「熊」 これを見たので名産品である「たらこ」を買いに行こうと決めていた
連休後半に会う予定の本州から帰省するお義兄さん達にもお土産として渡せるし



DSC07103.jpg
「たらこ家」さん  1000円で瓶に詰め放題なんてのもやってます
最近はスーパーではアメリカ産のたらことかだもんね やっぱり地元のものは美味しい


DSC07104.jpg
お店の前はすぐ太平洋 上空を泳いでいるのはタラではなくもちろん鯉



DSC07089.jpg
去年ここの桜を見たのは、タイから戻ってきて連休後半に帰省した時だから・・
このほんの数日の違いで、今年は全く咲いていない状態でした 残念!



DSC07090.jpg
ビールのCMで使われたこの場所  まだ見に来てる人もなく・・



DSC07091.jpg
でもズームしてみると、ほんのわずかにピンク色

今日現在(5月4日) 場所によっては30℃超えの北海道

もしかしたら一気にここの桜も咲いてるかもしれません



つづく





今日もいい天気~♪って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

AM4時

9連休のど真ん中   我が家のアラームセットはAM4時



DSC07169.jpg

ご近所に遠慮しながらワーゲンバスのエンジンをかけ出発
そして写真撮影を済ませたらそのまま戻ってきてまた寝る
そう ただ日の出を見たかっただけ




今日はこれからサル吉兄弟集結のため小樽へ向かいます



連休後半 今年は天気に恵まれてる北海道 ちらほら桜も咲きだしました

皆様も事故なく楽しい時間をお過ごし下さい  お仕事の方は・・平常心で頑張って




ごきげんよう~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。