足踏み

ネット上でも、梅の写真や桜の写真をよく目にするようになりました
そうですよね だって今日で3月も終わり 明日から4月ですもん













DSC06904.jpg
Oh! my God!(外人かっ) 何で朝起きたらこんな景色なわけ?



「確か去年の雪解けは早かったよね でも、今年も似たような感じじゃない?」
そんな会話をしていたのはついこの間だったはず



DSC03410_20170331152419c33.jpg
これは同じアングルの去年の3月24日の写真  


今年の我が家の春 現在足踏み状態のようです



朝、サル吉くんが仕事に行ってから外を眺めてため息
昼間の太陽で雪は溶け出すに違いない でも、多少はきれいにしなきゃだわ
玄関前の雪をよけて家に入ると、地元の友人からライン 「家にいるの~?」と・・

昨日、春休みで帰省してた娘を札幌まで送ってそのまま戻る予定だったけど
雪で高速も止まったし事故も多発してたから1泊してこれから帰ると・・
コストコで買い物した後にちょっと寄ってもいい?ピザ買って行くから~♪


まさにお昼 まるで宅配ピザ屋のようにピザ到着


DSC06905.jpg
12切れにカットされたホールピザ  2切れずつ食べてごちそうさま~~~~



DSC06907.jpg
巨大なり  



昔は2人でもっと食べれたよね しゃぶしゃぶの食べ放題も行ったし旅行先でもよく食べた
夏の大通公園の芝生でデパ地下のお惣菜食べながらワイン飲んだり、 まぁよく遊んだ
今日はここ 明日はあそこ みたいな感じで、新しいものを求める気持ちも強かったし

今だからよーく分かるけど、若い時に妙に地に足つけようなんて思わなくていいんだと思う
体力もある 傷つきやすい一方で、ちょっとした事がとにかく楽しい豊かな感受性を持ってる
そんな時代は、絶対に期間限定なんです だから、そこで思う存分やりたいことをやるべき

ある程度の年齢になってからいざそんな気持ちになったところでね ピザ2切れで終わりだもん

そんな時代も一緒に過ごしてきた長年の友人と、こうしてまったりとお茶飲みながら話す内容を
若い私達はおそらく想像も出来なかったに違いない



でも、あの頃があるから今のこのまったりも悪くない 走り続けるわけにはいかないし
季節と一緒で、足踏みしてるようでもちゃんと確実に前には進んでいるわけだし

そしてさらに時は流れ、今のこの時間もまた懐かしむようになれる2人がそこにいるといい
「最近硬いものが食べれない」とか言いながら、お茶に煎餅浸しちゃったりしながらね



「このバッグどうしたの?」 まだ、かろうじて感受性がちゃんとある友人が見つける


DSC06902.jpg
(ΦωΦ)フフフ… かわいいでしょ? 昨日届いたばかりのプレゼントなのだよ

ワーゲングッズを目撃すると「あ♪ うにトラさん♫」そう思ってくれる人が身近に増えてきた
申し訳ないやらありがたいやら・・ ほんとに感謝です


DSC06903.jpg
もうしわけない~~~~~~ 靴下にはビートル そしてフライングエースのランチョンマット




この間もう1つ明るいニュースがあったのを忘れてた
長くブログを読んでくれてる方はお気づきかもしれませんが、くじ運とかほとんどない私
ところが、先日届いた封筒を開けたら・・



DSC06893.jpg
自動抽選により、商品券2000円が当たりました~というお知らせだった
これは間違いなく、高校の同期がくれた「タッキー小判」のおかげに違いないと確信
信じてお財布に入れておいて良かった♫



歩みを止めてるわけじゃない 足踏みだって立派な行進  いつかは雪も溶けるはず





残ったピザはサル吉くんの夜食~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

記憶の引き出し

平日2連休だった我が家 昨日は小樽のお義父さんに沖縄土産を届けに行くドライブ



DSC06899.jpg
お昼ご飯用に、おにぎりとポテトサラダ  3時のおやつ用にバームクーヘン
朝からピクニック気分で準備したけど、まだ昼の気温はせいぜい10℃ 外では食べれません

「おにぎり食べるのは去年の花見の時以来かもな」と、お義父さん
そういえば、桜が咲いてる時期にやっぱりお弁当作って敷物持参で外に連れ出したっけ
高齢者の1人暮らし もしくは、同居していても家族と生活時間が違って1人で食事
そんな「孤食」が認知症を加速させる そんな話を読んだばかり
確かに自分で作って1人で食べるご飯は決して楽しくないよね
たかがおにぎりごときで喜ばれちゃうと、嫁としてはちょっと切ない気持ちにもなる


「沖縄かぁ 母さんと行ったのは何月だったかな?」 食事しながらの旅話
美ら海水族館行った? どこら辺に泊まったの? と聞いても、何ともおぼろげな記憶
いつも旅行に出かけた後には、旅先でこんなに買ってきたの?ってくらいのお土産を持って
わざわざ届けに来てくれてた でも、沖縄のお土産を頂いた記憶がさっぱりない

ってことは、私達が結婚する前の話なんじゃない?だとしたら20年以上前かもねー
だったら、写真があったとしてもデジカメじゃないはずだから、アルバムにしてなければ
今度うちでスキャンしてパソコンに取り込んで、CDにコピーしようか 
テレビやパソコンの画面で見れたら楽しいかもよ~ と、私

「そういえば、何枚かCDがこの前片付けたら出てきたぞ」と、棚から取り出すお義父さん

2006年シンガポール・2006年沖縄の旅・結婚記念日温泉旅行 etc.
あれ?これってどう見ても私が作ったCDだ! ちゃんとCDにタイトルや風景写真のシール
自分の家でもこんなしっかり作りこんでないのに、10年前の私・・頑張ってるわ

っていうか、全然覚えてないけど 人の認知症心配してる場合じゃないかもね


お義父さん達が沖縄行ったのって11年前だったのね お土産何もらったんだろう?←こればっかり
CDの日付を見たら、2006年3月29日 「11年前の今日じゃん!」と、その偶然に驚く
何しろ、行ってきたばかりの私とサル吉くん 写真見よう♪と(多分11年前も見たはずだけど)
とても新鮮な気持ちで3人で鑑賞いたしました

首里城・玉泉洞・万座毛・今帰仁城 さすがガイド付きツアーは主要スポットを押さえてる
美ら海水族館は11年前に開業だから、もしかしたらまだ建設中だったのかもね

2泊目のホテルを見た途端、お義父さんと私の記憶の引き出しが同時に開く
「このホテルが1つずつコテージになっていて、突然土砂降りで部屋に行くのが大変だった」

「あ!ここオクマじゃない?そういえば、私も卒業旅行でオクマに泊まったから
 お義父さん達が泊まった話を聞いて懐かしいって思ったっていう記憶が今蘇った!」

その後も、お義父さんはいろいろ思い出しては旅物語 
でも「ここがキレイだった」「素晴らしかった」ってことよりは「歩かされて大変だった」とか
「途中雨でずぶぬれになった」とか・・人って辛い記憶のほうが強く刻まれるのね

でも「アルバムで見るよりテレビで写真を見るのは楽しいな」なんて言いながら
BGM流すか?と言ってお気に入りのクラシックのCDまで準備

旅行はいつも札幌在住のお義父さんの妹さんご夫妻との4人でツアー参加していたから
4人並んだ写真も多いんだけど(多分誰かに撮ってもらったんでしょう)
お義母さんも叔父さんすでに亡くなって、叔母さんは高齢者用マンションで暮らしてる
「みんなで行けるうちに行っておいて良かったな」と、しみじみ

忘れてしまったと思ってることも、実はちゃんと引き出しの中にはあるってこと
年を取れば取るほど引き出しの数も増えるから、自分でもどこに入ってるか分からないだけ

ブログのおかげで、私の旅の引き出しや日常の引き出しは多少なりとも整理されつつある
自分の記憶力を過信しちゃいけないってことを、ほんと最近実感します



DSC06879.jpg
沖縄滞在中、毎日大浴場に浸かってたから爪がもう限界まで伸びちゃって




DSC06880.jpg
旅行記書いてる間に、ネイルチェンジしてました 今回の添え物はチンアナゴの箸置き



DSC06881.jpg
2ヶ月ピンクが続いたので、この辺でちょっとシックな方向へ傾きグレーのグラデーションです




DSC06889.jpg
全てグレーだとつまらないので、2本だけ大ぶりの花を黒で手描きしてもらいました




DSC06882.jpg
ストーンも控えめに 


ネイルも1年経つからそろそろ以前のネイルの記憶が曖昧になってきてる
ここでも、ちゃんと記録に残しておくのが重要



だってね 楽しい記憶は強烈な辛い記憶に負けがちだってことが判明したんだもの
「いいことなかったな」って思う人がいたとして・・ きっとそんなことないんだよね
引き出しを手当たり次第開けてみたら、案外心温まるものがたくさんしまわれているのかも



次に小樽に行った時には、パリ・ロンドンの旅の引き出しを開けてこよう
 



ロンドン土産はハロッズのクマ♪って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その9

今日こそ旅行記を上手に締めくくれるでしょうか~ 

何でもペーパーレスの時代となり・・遅ればせながら毎月届いていたカードの支払明細を
メールで届くように変更したのがちょうど沖縄行きが決まった頃
そして、明日出発という時に「今月の支払額のお知らせ」というメールが来ていたんだけど
帰ってきたらゆっくり見て準備しようと、新しく作ったカード明細のフォルダに入れておいた

まんまと忘れて・・今日が引き落とし 昨日の夜にハッとして「大変!!!!」となり
最寄りの銀行のATMが8時45分に開いていると分かり、今朝ドキドキしながら行きまして
他の口座からお金をおろして引き落とし用の通帳に入金したのが8時50分

入金とほぼ同時に持って行かれた模様

沖縄の4人分の旅費が、まるでもぎ取られるかのように・・ ま、間に合って良かった


DSC06807.jpg
北海道に戻る日の朝食  そろそろパンも食べたいよね
紅芋クッペにドラゴンフルーツロールだって


DSC06809.jpg
朝食会場は、まるで香港の朝飲茶のような賑わい 外国語が飛び交ってました




DSC06810.jpg
こんなピンクに色づくってことは、赤いほうのドラゴンフルーツかな?(それか食紅?)



DSC06811.jpg
3月の沖縄は、タンカンが旬  美味しかったなぁ

帰りの飛行機は那覇空港13時05分  あとはレンタカーを返して空港に行くだけだから
チェックアウトは11時までだったので、ちょっとゆっくりして各自ホテルの売店探検など
最終日のホテル ロワジールホテル那覇は、1階の売店の規模が広くて楽しかったです


DSC06820.jpg
サル吉くんは、同僚たちへのお土産にこんなタバコを買ってました


DSC06821.jpg
あとこれもサル吉セレクト 



DSC00374_2017032716550648d.jpg
では、チェックアウトいたしましょう  最終日のツアコンはもはや髪も1本しばり



DSC06823.jpg
なんだかんだ4人で買っちゃって広かったはずのレンタカーのトランク満載なんですけどー
千歳からは私の車に乗って4人で室蘭に向かうわけで、荷物全部収まるか不安を抱えつつ出発



DSC06832.jpg
レンタカーを返却し空港まで送ってもらう 預ける荷物をカウンターで託して身軽になったら


沖縄最後のご飯  出発の人達がよく行くレストラン街ではなく、ひそかに人気のここ



DSC06833.jpg
空港職員の皆さんも利用するという「空港食堂」へ 



DSC06838.jpg
沖縄好きの友人からも教えられたし、沖縄通のブロガーの皆さんの記事でもよく見る
食券を買ってセルフでお水をもらって 食べ終わった食器は自分で片付ける式の
正真正銘の食堂です 空港なのにこの値段でご飯が食べられるなんて素敵!


DSC06834.jpg
タコライスと沖縄そばのセット


DSC06836.jpg
ゆし豆腐定食



DSC06835.jpg
ゴーヤチャンプルーが超美味しかった!!!!  

定食3つとジューシー&味噌汁で、確か2000円くらいだったかな 大満足のお昼ご飯でした


DSC06837.jpg
出来ればお昼時をちょっとずらすと待たずに入れると思います


「ブルーシールのアイス食べてない」と、搭乗口付近に来てお姉ちゃんがつぶやく
えー もう時間ないよ って言ってたらアナウンス 機材調整のため15分遅れて出発だって


DSC06841.jpg
じゃ、食べるか!


DSC06842.jpg
食べ終わると同時に飛行機へ


DSC06850.jpg
結局最終日まで天気が崩れることもなくて何より
1日違いでこの翌日帰って来た人は、どしゃ降りだったらしい


DSC06849.jpg
あれ?機体を見ずに乗っちゃったけど、フラワージェットだったのね


DSC06854.jpg
カップもフラワー 


DSC06852.jpg
お知らせいたします 本日当機は非常口に座っているのが高齢者のため
事故の際は手助けを期待せず、ご自身で身を守って下さいね~(私の心のアナウンス)



DSC06855.jpg
さよなら沖縄  またいつか



DSC06857.jpg
ただいま北海道



DSC06859.jpg
そりゃ4日で雪が消えてるわけもなく・・千歳に到着



DSC06860.jpg
結局フラワージェットがちゃんと見れませんでした 残念



DSC06861.jpg
ビートルのトランクにギチギチ荷物を詰めて、高速に乗り室蘭へ
帰りは実家まで2人を送り届ける これもサル吉くん提案 ほんとありがとう



DSC06863.jpg
自宅に着いたのは20時半くらい 次の日朝から仕事だから、さっさと寝なきゃだけど



DSC06864.jpg
やっぱり今回も3つしか手に入らなかった大好きな「焼きだいず」 



DSC06872.jpg
さっそく食べながらの旅の反省会


DSC06865.jpg
チンアナゴシリーズ  マグネットはきっとあちこちにお嫁入りするから


DSC06867.jpg
4つあるうちに遊んでおこう  カフェカーテンの突っ張り棒に付けてみた



DSC06869.jpg
年々買ってくるものが食べ物関係に でも食べてなくなるものが一番いいかもね



DSC06876.jpg
去年はバナナケーキ 今回はジャーマンケーキを買ってみた


DSC06877.jpg
上の白い部分が繊維も感じるココナッツ ココナッツ好きにはたまりません



DSC00375_201703271806335c5.jpg
旅行から帰ってきても、疲れで寝込むこともなく電話で話しても明るく元気な母
年代・性別・趣味嗜好が違う4人が口を揃えて「楽しかった」と言う旅となったので

うにトラツアコン 満足でございます



DSC06814.jpg




終わった~\(^^)/って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その8

昨日は友人が遊びに来てくれまして、久しぶりにゆっくり話せた1日でした
手ぶらでおいでって言ったのに、ロイズのパンを手土産に・・
それから、なかなか手に入らないものを差し入れで頂いたからおすそ分け・・と言って


DSC06897.jpg
札幌東区にある「かど丸」というお店のいちご大福  こんな鮮やかな色の大福初めて!
いちご果汁を練りこんでるからのこの色らしい 鼻に抜けるいちごの香りはまさに春




DSC06898.jpg
開店はまさかの朝6時 でも5時から行列なんだって!!!
季節限定のいちご大福は1個175円 おひとり様10個まで
お店は午前6時から午後4時までだけど、全部売れちゃって午前中で閉店ってことも
昭和12年から続いているお店 私の住んでる場所からはちょっと遠くて存在を知らなかった


冬への逆戻りもようやく収まり、ゆっくりではありますがまた雪を溶かす陽射しが回復
沖縄旅行記もようやくゴールが見えてきました 長くお付き合いいただきありがとうございます



DSC06766.jpg
普天満宮に向かう途中で、見かけた看板  
沖縄にしかないA&W その1号店? 気になるよね~ と、昼はここにすることに
母を連れてハンバーガーショップって初の試みだけど、朝食は和食ビュッフェだったしいいか


DSC06773.jpg
オーダーはお任せということだったので、スープとサンドイッチを選択
私としたことが、サンドイッチの写真を忘れた! とっても美味しかったのに・・
ペッパーポークとマリネのサンドを食べた母も「美味しい♪ ハワイを思い出す」と高評価

A&Wは、火曜日がお得らしいですよ 今月ならこのサンドイッチを頼むともう1個付いてくる
半額じゃなくてもう1個ってところがアメリカ企業ですね (この日は火曜じゃなかった)



DSC06772.jpg
グッズ売り場を素通りできないサル吉くん カレンダーなどをお買い上げ~



DSC06825.jpg
3泊目のホテルに到着 「ロワジールホテル那覇」 空港から車で7分という立地



DSC06817.jpg
ここはアジア系の団体もかなり多かったかな 


DSC06815.jpg
車で行くと駐車場料金1500円がかかります 私達が利用したプランはそれが無料
あと「三重城温泉 島人の湯」という温泉があるホテルってことでここを選択


DSC06776.jpg
まぁ、眺めはこんな感じだけど・・ホテルを出て2~3分歩けばスーパーあり


DSC06824.jpg
私は行かなかったけど、母は最終日にここも探索 海藻スープとか買ってました


DSC06826.jpg
夜中1時までやってると、最後のお土産購入とか飲み物調達とかに便利かも



DSC06775.jpg
スーペリアツインの部屋は


DSC06806.jpg
お風呂もこんな感じだけど、どうせ温泉大浴場に行くから問題なし 
今回は、旅行中毎日いろんな大浴場に入れて楽しかったです 国内旅行ならでは


母と姉は私達に「沖縄最後の夜だし2人で国際通りでステーキとか食べてくれば?」
なんて言いましたが、そんなことをサル吉くんがよしとするわけないんです

最後の晩餐は4人で乾杯しなくっちゃ!


DSC06813.jpg
ってことで、ホテル内の沖縄料理のお店を覗いて席を予約してから・・
今日も夕食までの時間は大相撲見ながらゆっくりする という母を残して3人でタクシーに乗る


DSC06777.jpg
市役所が素敵


DSC06778.jpg
タクシーを降りたところにあった宝くじ売り場に吸い込まれていくサル吉くんとお姉ちゃん
その後なんの報告もないから、玉砕だったんでしょう


DSC06780.jpg
サル吉くん初の国際通り 今度2人で来たらステーキ食べようね
私も20歳の卒業旅行で歩いたはずだけど、遠い昔で何にも思い出せない



DSC06781.jpg
つい最近沖縄に行って帰ってきたばかりの友人からのお得情報で、ここを目指す
かさばるお土産はここでまとめて購入すると、送料がその時のサービスにもよるけど
無料~1000円以内 これは大変ありがたい情報でした
ご近所にあげる紅いもタルトとか、沖縄そばとか・・箱も大きいし重量もあるものはここで


DSC06894.jpg
これも・・ ロイズと石垣島がコラボした黒糖チョコレート 1箱32枚入り
こっちでロイズは珍しくないけど、沖縄限定ってことで今回購入してみましたが


DSC06895.jpg
デザインがいい♪ でも面白いなって思ったのは、いろんな絵柄がランダム過ぎること
6個あるものもあれば1個しなかいレアな絵柄もあった


DSC06896.jpg
お友達に言われて気づいたけど、チョコの絵柄にも凝ってるのね
こういうものも、何箱か買うとけっこう重い 送料気にせず送れるなら買う気になります


姉は、お菓子にこだわりがあるのでちんるいこうは○○で・・と、その○○店でお買い上げ
サル吉くんと2人で、その買いっぷりにちょっと引く 


DSC06782_201703261203271f9.jpg
ぶらぶら歩きながら、公設市場まで


DSC06783.jpg
リアル美ら海水族館



DSC06784.jpg
ちゃんと命を頂く そんな気持ちにもなる


再びタクシーでホテルに戻り、最後の晩餐へ


DSC06785.jpg
春を迎えに沖縄へ の旅



DSC06786.jpg
体調崩すこともなく、母満点の笑顔 素晴らしい!



DSC06787.jpg
やってみよう 楽しもう そういう意欲こそが生きるパワーの元となるのですね


DSC06789.jpg
「お母さんは、沖縄そばがあればいいよ」 なんて言ってた母ですが・・


DSC06793.jpg
やっぱりもずくは美味しいね~ とか


DSC06790.jpg
あら~ キレイ とか


DSC06802.jpg
お刺身を酢味噌で食べるの? とか言いながらどんどん食べる 


DSC06798.jpg
冬瓜珍しいね 生麩美味しい~ とか


DSC06799.jpg
沖縄らしい素敵な器だね~ とか

そんな母の姿を見ながら、お言葉に甘えてさっさとステーキ食べに行こうとせずに
最後まで母にお付き合いしてくれたサル吉くんにほんと感謝でしたね




DSC06797.jpg
あとは寝て起きたら空港に行って北国へ戻るだけ
キャリーバッグに、沖縄の春の温かさは詰められないけど
友人たちからの心のこもった贈り物と手紙のおかげで、母と姉だけじゃなく
計画担当の私達までもが楽しく嬉しく温かい気持ちになる そんな旅になりました





DSC06804.jpg
ネットで見かけたネタ 沖縄で普通に売ってる3連のこのゼリーが大好きって人がいた
味見してみて美味しかったら買って帰ろうかなって思ってたけど・・あれ?けっこう普通??




終わり   と見せかけて、まだつづく




てびち500円~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その7

雪が降った雪が降ったと騒いでるけど、所詮3月の雪なんでしょ?って思ってる方のため・・


DSC06890.jpg
雪かき前の写真を撮ってみました  3月24日の朝です



DSC06891.jpg
そしてこれが、除雪後 朝からけっこうな肉体労働



こんなこともあるのでね 沖縄を思い出す事で束の間暖かい だから小出しにしてます 
この2日間は夜中日付が変わる頃更新してたので、今日は2つめの更新いきますよー


沖縄3日目 前夜お風呂に入ってぐっすり寝て、ホテルの美味しい朝食食べたら母も元気回復
チェックアウト時 フロントの方に、よっしーちゃんのお友達に宛てたお手紙を託してから出発


DSC06720.jpg
これ 車から見えた看板なんだけど、こういうのも沖縄らしさだなーって思います
法事や快気祝いにパイ? まさにアメリカン
「ミセス・マーコのアメリ感・アメリ館」というお店らしい 沖縄に何店舗かある菓子店
考えたら、法事のお菓子って地域差がありますよね 
北海道で昔から知られているのは「中華まんじゅう」 肉まんのイメージでしょうが
巨大なバナナのような形をしたどら焼きを浮かべていただけたらそれが正解
昔は、箱にぎっしりその中華まんじゅうが入ってるのが定番でした これがずっしり重い



DSC06764.jpg
やってきたのはこちら「東南植物楽園」 
母も姉も来たことあるらしいけど、リニューアルしたとかで行ってみたいと希望あり 
入場料は1500円 ここもクーポン利用


DSC06765.jpg
まだどこにも花も、緑さえない3月の北海道 そこで暮らす花好きにとってはまさに楽園



DSC06721.jpg
ブーゲンビリアがこんなに何色もあるって知らなかった 



DSC06722.jpg
白もいいねぇ



広大な敷地に、熱帯花木130種以上の植物 
「水上楽園」と「植物園」の大きく2つに分かれているのですが、水上楽園のみ散策


DSC06751.jpg
天気がちょっと不安定 ちょっと晴れ間が見えたと思うとわずかにパラパラ雨が降る
でも、傘が必要はほどじゃなかったので、暑すぎて歩くのも大変というよりはかえって良かった



DSC06742.jpg
見たことない南国の花を見つけては足を止め


DSC06746.jpg
へー とか言いながらお勉強



DSC06753.jpg
この花の名前は・・


DSC06754.jpg
パウダーパフ! 納得納得♪



DSC06727.jpg
もう何個目かも分からないけど、ここのシーサーもまたいい味出してます



DSC06731.jpg
神秘の花? 気になるよねーーーー


DSC06730.jpg
まるで藤棚のように組まれた木からたくさん下がってる



DSC06734.jpg
花の巨大さが伝わるでしょうか 



DSC06740.jpg
ほんとにこんな色の花って珍しい 絶滅しないように守ってほしいものです



DSC06735.jpg
鬱蒼とした密林の中でこんな花に出会ったら、幻を見てる気分になりそう



DSC06741.jpg
夏になったら、こんな色のネイルもいいな・・と密かに思う



DSC06756.jpg
「小動物のコーナーもあるよー!」



DSC06760.jpg
1列に並んで私に向かって歩いてこられて思わず後ずさり



DSC06763.jpg
生姜黒糖飲みながら休憩 ここのトイレの洗面台がすごかった 



DSC06748.jpg
パイナップルのような実が下がる「タコの木」 オレンジ色に熟しても食べられないらしい

おそらく夫婦2人旅なら目的地には選んでない だからこそ訪れるチャンスとなって良かった
もちろん母は「あの珍しい花(ヒスイカズラのこと)が見れただけで十分」と、楽しそうでした



DSC06762.jpg
植物にとっては、ちょっとちょっと降る雨も大事な水分



よーし♪ 次行ってみよー


DSC06767.jpg
琉球八社の1つ「普天満宮」です
ここはガイドブックには載ってない 行く直前にたまたま知った場所


DSC06768.jpg
歴史は古く、現存する記録としては430年前 創建はそれよりさらに400年ほど遡るとも



DSC06769.jpg
初めて沖縄の神社にお邪魔しました 
「こんにちは 私は北海道の○○に住む○○と申します」 心の中でしっかり自己紹介

ここにどうしてもお邪魔したかった理由は何個かあって・・
よっしーちゃんの住んでる地区だから馴染みがある場所なのかなって思ったのもあるし
あとここには「普天満宮洞穴」という宜野湾市文化財「名勝」に指定された場所があって
見学をお願いすると、巫女さんが案内して下さるのです


DSC06771.jpg
代表者1名が、住所と名前を書くとこのドアの鍵を開けてくれて中に入れます
ここからは撮影禁止 もちろんちゃんと守りましたよ (神様が怒ったらコワイもの)
でも、ネットではこっそり撮影した人の画像がたくさん ま、私もそれを見たから来たんだけどね

女神が籠った伝説があったりする洞穴は、街中とは思えない静けさに神秘的なオーラ
全部は公開されてないけど、全長280mあるという見事な鍾乳洞でした



それから、これも県外からの訪問者が多くなった理由の1つ


DSC06874.jpg
御朱印帳です 沖縄らしい紅型模様が美しい ミーハーと言われようと私も記念に欲しくなった
初めての御朱印帳を、自分が暮らす場所から最も遠い神社で頂くのもまた不思議な縁



DSC06875.jpg
社務所の中の待合室でしばし待つ  1500円お収めして頂きます
この素晴らしい筆字を見ると、観光地のスタンプ集めと同じ感覚ではいけないと背筋が伸びます


4人で参拝のあとおみくじ引いたら、サル吉くんが大吉だった
結婚してから大吉を引いたのを見たことあったかな?ってくらい大吉と縁のないサル吉くん
やっぱり沖縄との縁は、良くて深いのかもね♪

ちょっと小腹も空いたね 何食べる~? と、80代の母を連れて行ったのは・・



つづく



神秘の花と神秘の洞穴!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その6

沖縄に春を探しに行って、連れて帰ってきたはずなのに・・

どこに行ったか知りませんか?  

昨日 朝起きたら、あたりはすっかり白一色 昼間も断続的に降り続き、新たに20センチ
思いがけないことがあり、なんだかバタバタだったんです

朝は雪かきからスタート その後サル吉くんが夜勤から帰ってきて食事
それから私は用事があって車であちこち走り回る
2時過ぎに家に戻ってきた時にはまた少し玄関前に雪が積もってる

我が家の玄関前には車が2台駐車出来るスペースがあります
帰ってきた時に、たまたま私はサル吉くんが朝停めた位置とずらして停めたんです
運転席から降りて、買い物したものを運ぼうとしたその時・・何かが見えた

位置的には、サル吉くんが停めてた場所に何かが落ちてる
何だ これ・・ 車の部品?
って書くと、小さなものを想像するでしょ? でも長い部分は35センチ 短い部分は15センチ


DSC06886.jpg
こんなのが落ちてたら、ちょっと驚くよね えーと・・これは・・何??
サル吉くんは仮眠中だし、さてどうしたものか

どう考えても、サル吉くんが帰ってきて家の前に停めた時に落下したんだから・・
そのあと知らずに車を出して、1時間くらい私が運転してても大丈夫だったってことは
今夜仕事に行く時だって大丈夫なはず・・だよね?

そう思って、ちょっと放置してはみたものの 今のうちに何か対処しておくべき?と悩みだす
とりあえずディーラーさんに電話  「えーとですねー 謎の金属が家の前に落ちててー・・」
まるでUFOを見た女のような説明じゃ、そりゃ無理だわね

「もし可能であれば、お越しいただけますか?」 まぁそう言われるよね

スーパーの袋に入れて、持って行きましたよ
「マフラーの遮熱板」って言うんだって それを固定してるボルトの頭が折れ脱落
長く乗ってるってだけじゃなくて、冬の北国は融雪剤のせいで車の下回りがやられやすい

たまたま家の前で落ちたってラッキーでしたね って言われたけど確かに!
旅行から帰ってきて高速道路を200キロばかり走行したし、サル吉くんの通勤途中の
どのタイミングでだって落ちる可能性はあったわけだから・・
もし遮熱板がどっかに落ちてて無くなっていたら、車検も通らないから新しいものを買う
そうなると2万はするらしい しかも古い型で在庫がなければドイツに取り寄せすると
3週間くらいかかることも考えられる そんな事をあれこれ言われたもんだから
工賃4500円も、何だか楽しい気分で払えました

何かあった時に「これで済んで良かったのかも もっとひどいことだって起こりえたんだ」
そう思えるかどうかで、気持ちは随分と違うものです


沖縄旅行記の前に、昨日の出来事が長くなってしまいましたが・・旅行記のつづきです


2日目は、水族館・水牛散歩・古宇利島観光とこなしたので、ゆったりペースとはいえ
母にとってはちょっと大変だったかな ってことで、夕食の前に母だけ休憩
スー女は部屋でゆっくり相撲観戦出来たようです その間に3人でホテルの周囲で買い物
夕食どうする?どこかで食べるもの買って部屋でくつろいで食べようか? って事に

ラグナも大浴場のあるホテル 「お湯に浸かるとぐっすり寝れるし疲れも取れる」と母
沖縄は温泉地じゃないから本物の温泉は少ないけど、探すと大浴場付きホテルありますよ



DSC06717.jpg
3日目の朝ご飯  ラグナは2ヶ所朝食会場があります 和がメインのほうが空いてる



DSC06716.jpg
この日も長生きおかず  寿命が延びる~♪




DSC06719.jpg
母のように、80代でも旅をしていたら、幸せな人生と言えるね 



DSC06713.jpg
こちらのホテルは「朝市」があるんです 珍しい果物や野菜たち 
北海道ではあまり目にする機会がないから、値段の基準が分からない


DSC06715.jpg
ハヤトウリ100円は安いのかな?



DSC06714.jpg
カニステル? これ見たことも聞いたこともない! 
売ってるおばさまの説明によると、柔らかくなったら食べ頃だと・・
ちょうど4つある 母が買ってくれました(^-^)



DSC06884.jpg
買ってから6日経過 常温に置いてあったんだけど表面がふやふや 




DSC06885.jpg
割ってみる  見た目パパイヤっぽいけど、食べてビックリ えーとえーと この味って・・
そう!干し柿とかぼちゃのペーストとスイートポテトを合わせたような味
自然の甘味とは信じがたいくらいの糖度 そしてジューシーさのないねっとり感
ちょっと芋・かぼちゃを思い出すような粉感 
生まれて初めて食べた「カニステル」 食べたあとからネットで調べたんだけど
日本で栽培されてるのは沖縄だけ でも、味に当たり外れもあってちゃんと追熟しないと
不味くて食べられない だから「金すてる」のカニステルなんても言われてるそうで
沖縄でもそれほどメジャーではないんだとか  ってことは、うちのは当たりだったのかな

姉に聞いたら、まだ柔らかくないから食べてないと さて・・あっちの2個は当たりかな? 

別名「エッグフルーツ」 国際通りに行った時にも見かけたので、今が旬のようです
初めての味  いかがでしょうか?

ここで1つアドバイス 何も知らずに普通のスプーンですくいながら食べたんだけど
そのあとどんなに洗ってもベタベタが取れなかった 洗剤・クレンザー・重曹・塩
いろいろ試したけどすっきりきれいにならない 何で?ちょっと松やにのベタツキに似てる
だから、食べる時は使い捨てのスプーンが良いですよ





つづく




謎の金属が!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その5

半年前に夫婦で行った沖縄 その時に初めて会うことが出来た沖縄在住のよっしーちゃん
勝手に命名「うにトラ友の会 沖縄支部長夫婦」のことは、沖縄 2016で詳しく書きました

ちょうど次男くんが今年中学卒業 志望してた高校も見事に合格した
そんなバタバタな3月に「また行くよ~」って連絡するのは躊躇したんだけど
後からブログでバレても叱られそうだし・・一応ラインで事前に連絡はしてあった
今回は2人じゃないし、3月でまさによっしーちゃんも忙しいだろうから会えないと思うけど
去年泊まったラグナに2日目に泊まることにしたよ♪
でも、ラグナにお勤めのお友達には前回もう十分良くしていただいたから
これ以上気を遣わせるのも申し訳ない だから今回は泊まることは内緒にしてね

そう先手を打ってから、どうせ行く時はキャリーバッグもスペースがあるし
支部長夫婦には何か北海道土産を持参して、沖縄に着いてから宅配便で送ろう
そうだ!それが良い♪ そうすれば離島から離島という高い送料がかからないもんねー
自画自賛しながら初日のホテルのフロントに荷物を託す
前回快く一緒に食事してもらった上にご馳走してもらった恩は、忘れないのだ


DSC05228_20170322233206548.jpg
2日目の宿泊はここ 半年ぶりのラグナガーデンホテル (外観写真は半年前を使い回し)



DSC06704.jpg
入口のお花が素敵です


この日も最上階の並び部屋にしていただいた上に、エレベーターすぐで歩く距離も少ない




DSC06700.jpg
案内していただいた私達夫婦の部屋  前回とベッドの位置が逆だね~





(メ・ん・)?  このベッド上のものって・・ なに?





やられたーーーーーーーーーっ 



DSC06699.jpg
こんなのホテルからのサービスなわけがない
怯えながら添えられたメッセージカードを読んでみる

ようこそ沖縄へ 遠方からの旅おつかれはございませんか? から始まる心のこもったお手紙
こ、これはよっしーちゃんじゃない! こんな丁寧な文章を書くのはよっしーちゃんのお友達



DSC06703.jpg
よっしーめっ! ばらしやがったな!! 
最初、この2つがお友達からのプレゼントと勘違いしたんだけど、何と2枚上の写真の
外に出て並んでるもの全てがお友達からだと後から気づく 


DSC06701.jpg
袋の中身はよっしーちゃんから  全て並べたのがこの状態

もー 何てことをやっちゃう人達なんだろう!

「せっかく来沖して市内に来てくれているので、ラグナさんに協力をお願いしちゃいました
 手ぶらでは帰しませんよ!」 から始まるよっしーちゃんの手紙


あんまりびっくりしたので、すぐに隣の部屋に行って母と姉を呼んでくる


ラグナ
2人からのメッセージを読む母  4人全員が感激の渦に包まれた瞬間


DSC06702.jpg
沖縄に行ったことある人なら見たことあるはずの「島ぞうり」
最初見たとき、あれ?ワーゲン柄のなんて売ってるんだね て思った
でも黄色いビートルには私の名前 バスのほうにはサル吉くんの名前が入ってる

まさか、これって作ったの?

2層になってる部分を彫って削ってオリジナル 最近そういうのがあるんだそう
元々器用なよっしーちゃんだけど、これを思いついて指負傷しながら作ってくれたって


私がこそっと送った荷物なんて、荷物なんてーーーー 自分のサプライズ力の弱さよ


母がしみじみと言いました
「こういう優しい気持ちは、年齢で自然に身につくものなんかじゃないね
 年寄りだって気持ちがない人はいくらでもいる 若くても、こんなことが出来るんだもんね」


「姉さんは内緒って言ってたけど、言わないわけないじゃん!即話しましたよ♪」
明るくラインで語るよっしーちゃん 今回も私が完敗だよ


DSC06710.jpg
今回は夕方までずっと曇り空で残念ながら夕焼けは見れなかったけど・・
ラグナガーデンホテル 天気が良ければ美しいサンセット付き (島ぞうり他は付きませんよ)


DSC06709.jpg
1階では、美味しいケーキでお茶できます



DSC06707.jpg
そして、4人の写真も上手に撮ってくれる女性スタッフが笑顔で迎えてくれます
(初日のホテルのスタッフの写真を根に持ってるわけではない)


これが、2017沖縄のおったまげー事件でした



つづく




沖縄支部長おそるべし!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その4

「チンアナゴ」って、顔が犬のチンに似てるからってご存知でした? ちょっとビックリ

さて・・必見ポイントを押さえると3時間は要する「美ら海水族館」を1時間半で後にし
そこから車で5分の「備瀬のフクギ並木」へ

フクギって?って方にご説明しますと・・(もちろんガイドブックより抜粋)

台風の多い沖縄 防風や防潮のために家の周囲に植えられたオドリギソウ科の常緑樹
成長すると高さ20mほど 葉っぱが厚くて楕円形なのが特徴 戦争で多く伐採されたが
ここ備瀬の集落だけが住民の方の保護により並木が今も残されているのです


DSC06655.jpg
素敵な風景でしょう? 


DSC06664.jpg
実際住んでらっしゃるお宅の周囲を散歩させていただく・・という感じなので
車で通れる道じゃないので、車は町営駐車場へ そこから徒歩かレンタサイクル



DSC06653.jpg
もしくはこれ 水牛車   私達が車から降りると、ちょうど4人乗せた水牛車が出発
旅先で、動物に乗れるチャンスは絶対に外せない だって水牛だよ? 
例え人が歩くスピードより遅かろうが、これこそ「母を連れてのまったり旅」にピッタリ


DSC06658.jpg
水牛車のりば 営業中の看板はあれど、小屋の柵の中には水牛が2頭待機してて無人
ってことはだ さっきの水牛車が帰ってくるまでここで待つってことね これぞ沖縄時間



DSC06654.jpg
料金は、1グループ4人までは2000円 5人だったら+500円だから2500円
これね ちょっと分かりづらいけど例えばここで待ってて違うグループが来るとする
1人旅の男性 新婚カップル2人 そしてうにトラ御一行4人 だとすると
まとめて相乗りは出来るんだけど、それぞれ2000円かかるわけ 例え1人だろうとね
私達がここの椅子に座って水牛主が戻ってくるのを体が牛臭くなりながら待ってると
男性2人組と関西弁の女性2人組がやってきた 
いざみんなで乗ろうとした時に、この料金設定を男性2人組が納得しない
8人で乗るなら5名以降は1人500円でいいんじゃないか?って言いたいのね


DSC06660.jpg
そりゃ水牛主だってお仕事だもん それに8人引っ張るのもけっこう大変そうだったし



DSC06661.jpg
にしても、25分で6000円稼いじゃう なかなか売れっ子のキャバ嬢並みの牛ちゃんです



DSC06662.jpg
母一番前



DSC06663.jpg
のんびりのんびり



DSC06669.jpg
徒歩の人に抜かされたり、写真撮られながら進みます



DSC06670.jpg
ホンの少し目線が高くなるだけで、見える風景がまた違う



DSC06657.jpg
147センチの母(もう少し縮まったかな)も、 近くに見える花に癒されながら楽しんでました



DSC06673.jpg
水族館とセットで是非・・ 



DSC06675.jpg
よんな~(ゆっくり)な時間が流れてます



DSC06671.jpg
食事も出来そう 看板猫が誘ってる でも「ゴーヤチンプル」だけど・・



DSC06677.jpg
何となくみんながお供え置いてるところが面白い サル吉くんは、後ろのシーサーにあげてた



DSC06672.jpg
「チンプル」も気になるけど、お昼ご飯は次の目的地に行ってから では出発です



DSC06678.jpg
古宇利島を目指します


DSC06680.jpg
沖縄最長の約2kmの離島架橋 これ晴天なら、もっともっと空も海も青くてテンション上がるはず
写真中央 島の高台に見えるのが2013年に出来た「オーシャンタワー」
展望台・レストラン・貝類の展示館などがある施設 入場するには800円かかります
クーポン利用で行ってみることに


DSC06682.jpg
駐車場からはこの電動カートが、海抜82mのタワーまで連れて行ってくれます



DSC06684.jpg
きちんと植栽されている南国風庭園を見ながらあっという間に到着



DSC06688.jpg
まず軽くお昼にしようと、レストランでピザとコーヒー 普段こういうもの食べる機会も少ないけど
何でも嫌がらずに食べる母 ペースは遅いけど、結果的には同じ量食べれるから頼もしい


DSC06687.jpg
こんな眺めを楽しみながら食事ができますよー


ショップに入ると、入口で「試食のかぼちゃ饅頭いかがですか?」と、1個ずつ渡される
サル吉くんは、ここで会社のお土産としてクッキーを買ったらしいんだけど
それを持って職場に行ったら、驚く事にこのかぼちゃ饅頭の箱があったらしい
偶然だけど、1日違いで沖縄に来ていた同僚のお土産がこれ 向こうでバッタリの可能性も?


DSC06689.jpg
ANAのツアー特典でアイスのサービスあり  塩バニラとマンゴー

古宇利島は、周囲8キロ ぐるっと回ってもすぐなので、ちょっと反対方面に向かう

DSC06695.jpg
最近人気のスポット  ここね、幹線道路から入る小道が分かりづらい
入ってからも、一体どの場所に車を停めるのが正解かも謎


DSC06694.jpg
でも、場所はここで合ってる模様 



DSC06691.jpg
ところがね ここから海岸まで降りる坂道が相当危険 簡易の手すりはあるけど砂で滑る
母を手すりに掴まらせて、私が手を繋いで降りようとしたけど、私が転びそう

「これはやめておいたほうがいいんじゃないか?」 サル吉くんも不安そう

だよね 嵐が誰かも知らない母に、ハートの岩を見せるために冷や汗かかせることない
で、一同は途中で引き上げました


DSC06692.jpg
「ちょっと写真だけ撮ってくる!」と、上から撮ったのがこちら

このポイントは、親世代には向きません 古宇利島ティーヌ浜にある「ハートロック」でした



では、あとは車窓からの風景を楽しみながら本日のホテルに向かいましょう
2泊目は、去年私達が泊まったホテル ラグナガーデン
そこでは平野ノラも「おったまげー」って言っちゃうまさかの出来事が、待ち受けていたのでした



つづく




ハートロック見るならスニーカー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その3

DSC06551.jpg
沖縄2日目 3月16日(木)の朝  残念ながら曇り空 でも気温は14℃くらいかな
北海道じゃこの時期プラス4℃ってだけで「今日あったかい」って言ってるレベル だから文句なし

じゃ、素敵なホテルの朝ご飯食べに行きましょう♪


DSC06554.jpg
前日は実家に迎えのタクシーが着いたのが7時で、空港までは高速バス 飛行機は4時間
沖縄に着いて今度はレンタカーで2時間弱の移動 80代の母には過酷な移動の一日
でも、わりとぐっすり寝れたようで朝になったらしゃんとしてました 食欲が落ちないから大丈夫


DSC06556.jpg
この間買った540円のシャツを着たツアコンも、しっかり食べます



DSC06553.jpg
沖縄料理シリーズで並べてみる 野菜に大豆製品に海藻 ほんとにヘルシーで長生き出来そう



DSC06563.jpg
ガラスの向こうの芝生に鳥 沖縄のヒヨドリ? やっぱりちょっとカラフルなのね
14℃でこんなに丸くなって寒そうなのはヤワすぎる 北海道に連れて行ったら死ぬはず


部屋にコーヒーを持ち帰れるように紙コップが用意されてたので
2杯目のコーヒーを持って朝の食後散歩でレストランから外へ出てみる



DSC06579.jpg
すぐビーチなんだもの  これ夏だとほんとリゾート気分満喫出来るでしょうね



DSC06581.jpg
曇り空の朝 さすがの沖縄でも若干肌寒いけど・・



DSC06570.jpg
でもそこはやっぱり南の島  



DSC06587.jpg
時々上空をこんな飛行機が行き交うことで、ここが沖縄だって実感もある
前日高速道路を走行中に、驚くほど低空で飛ぶヘリが後方からやってきて映画のようだった


DSC06568.jpg
今回の旅で目にしたシーサー第1号



DSC06574.jpg
2号



DSC06591.jpg
では、チェックアウトして荷物を積んで出発です  これが今回のレンタカー
4人旅だから、+2500円で1段階大きめの車にしました おかげでトランクも広々


DSC06593.jpg
車で2分 3号シーサーを発見したらもう到着


DSC06595.jpg
美ら海水族館   水族館の入口に一番近い駐車場はP7ですよ♪
顔出し看板だって嫌がらずにやる80代 さすが私の母だわ


DSC06597.jpg
魚に導かれながら向かいます



DSC06599.jpg
いろんなデザインのチケットがかわいい 正規の料金は大人1850円です
あちこちで割引クーポンを配ってるから、1850円払ってる人は少ないかもね
今回の旅では、好みの施設を3つまで選んで使えるお得なクーポンを1人1000円で事前購入
この水族館で使うだけですでに850円のお得ってことになるから、これは絶対いい
結局私達は、きっちり3つ利用して1人3150円分得しました



DSC06602.jpg
水族館はやっぱり癒される



DSC06620.jpg
油断すると口開けて見ちゃうよね あまりにぼーっとしちゃって



DSC06615.jpg
ハリセンボン 隠れちゃう気持ち今なら分かるよ だって市場で皮を剥がれて売られてたもん



DSC06616.jpg
私のお気に入りはこのチンアナゴ



DSC06617.jpg
笑ってるように見えるのは私の頭がおかしいの?



DSC06618.jpg
これ 陸上とか海底をうねうね動いてたら、きっと嫌なんだけど
砂地からひょっこり顔を出すっていう仕草だけでこうも評価が高いって得な生き物



DSC06636.jpg
これも笑って見えるって理由で好きなエイ



DSC06643.jpg
人気ナンバーワンの施設ですから、いつでも混んでるだろうけど
8時半オープンですから、早めに来るに越したことはないと思います



DSC06644.jpg
去年は、ここに来なかったから・・母がここを希望してくれたおかげで私たちも楽しめた



DSC06626.jpg
滞在は、1時間半くらいかな 外にいるイルカやマナティに会うのは、次の機会にってことで



1つの施設であまり歩かせちゃうと、母の電池が切れちゃう だから次行きます!




つづく



2日目のテーマは「生き物」です!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その2

DSC06571.jpg
ホテル オリオンモトブ リゾート&スパ   

2014年7月に出来たばかりの新しいホテルです 238の全室が50㎡以上
今年の沖縄旅は、母と姉の希望を盛り込んだ計画なのでホテルは1泊ずつ移動

北海道の人間がやっちゃいがちな事だと思うんだけど、沖縄は島だからどこに行くのも
近いんでしょ?って思っちゃう ところが案外移動に時間がかかります
そりゃまぁ北海道に比べたらね でも、行きたいポイントでホテルを選択するのは大事です

1日目のこちらのホテルは、美ら海水族館に隣接 何なら歩いても行ける距離(7分)
空港からレンタカーで向かうと、高速利用しても1時間40分かかります
サル吉くんの会社で、水族館そばのホテルに滞在しながら沖縄観光をしたという人は
おそらく運転が大変だったと思われます

那覇ICから高速に乗り、一番北の許田ICまでで57.3キロ 料金は1020円
サル吉くんと2人で思わず「安っ!」と同時に叫ぶ
(今、ちょっと比較のため調べたら札幌南から苫小牧西で56.9キロ 料金は1690円)
許田ICを降りてからさらに28キロ走って初日のホテルに到着 時刻は午後5時
北海道から沖縄に向かうと、どう頑張ってもやっぱり1日がかりで初日は移動で終わる


DSC06510.jpg
新しいホテルだから、まぁどこもかしこもキレイでした


DSC06511.jpg
17時でもまだ太陽の位置が高い 日没の時間が北国とちょっと違います



DSC06512.jpg
明るいトーンの室内は、陽射しが入ってあちこちにプリズム



DSC06513.jpg
バルコニー付きで、しかも最上階だったからこの景色♪


DSC06514.jpg
隣の部屋で、きっと母と姉もキャッキャ言ってたに違いない 正面に見えるのは伊江島



DSC06515.jpg
右側に広がっているのが「備瀬のフクギ並木」 ここもオススメの観光スポット 
ホテルから水族館もフクギ並木も徒歩で行けるこのホテル 
姉はとっても気に入ったようで、次は友達とここに何泊かしてぼーっとしたいと・・


DSC06526.jpg
確かに、のんびり滞在する何度目かの沖縄女子旅に最適かもしれない



DSC06527.jpg
バルコニーで沈む夕日を眺めながらビール飲むとかね 



DSC06528.jpg
あと少しでキレイな夕焼けになりそう 

でも、初日の食事は大事 だから事前にホテルに席を予約してありましてそれが午後6時
だから後ろ髪を引かれつつ部屋を出て階下へ


DSC06520.jpg
部屋のバスルームも広くて明るい でも、大浴場を利用したのでここは未使用
今回は「大浴場があるホテル」がマスト 母も娘2人と一緒だと安心して入れるし
こちらのホテルは入浴料1500円とちょっと高め でもそのせいかゆったり入れました


DSC06521.jpg
洗面所はまぁ普通 ちゃんと腰掛ける椅子もある


DSC06522.jpg
アメニティ


DSC06547.jpg
女性限定で、チェックイン時にフロントでポーラのアロマシリーズをいただきました


DSC06523.jpg
トイレも引き戸で広々です
たとえ就寝時にフットライトも全て消して真っ暗で寝てても、トイレに向かうとセンサーが働き
ぼんやりと照明がつくようになってた 段差もないし親世代に優しいホテルでした

そうそう こちらのホテル 沖縄のオリオンビールが経営してるホテルらしくて
チェックインを17時までにすると、ウェルカムドリンクがオリオンビールなんだそうです
くー 残念ながら私達は間に合わなかった!!!! 


DSC06530.jpg
でもいいの ツアー特典で、ドリンク1杯無料だったんだもーん
そりゃオリオン生飲んじゃうよね 母笑ってる 自分の親ながらほんと笑顔がいい人なんです
そしてお気づきでしょうか 母だけちゃんと着替えてる こういうとこすごいよね

夫婦旅なら、滞在先のホテルで食事なんてめったにしない だから私たちも新鮮でした 


DSC06532.jpg
実は「うにトラツアコン」ここでサプライズの計画を組んでいました
事前にホテルの担当の方とメールでやり取りしてお祝いの理由を説明して
食事が終わったら持ってきてもらう段取り 内心ワクワクしてました


沖縄料理が食べたいよね ってことで、選んだ数々

DSC06537.jpg
海ぶどうがキラキラです


DSC06539.jpg        DSC06536.jpg        DSC06534.jpg

島らっきょうの天ぷら       ゴーヤチャンプルー         島豆腐の燻製

4人だと、いろいろ頼んで少しずつっていうのが可能なのがいい

DSC06540.jpg
もずくの天ぷら つい最近テレビで見てこれ食べたかったのであって良かった
他にもあれこれ食べて満足したところで、タイミングを見計らっていてくれたお店の人が



DSC06543.jpg
こちらのフルーツタルトを持ってきてくれました 頼んでないものが来て母と姉ビックリ

お母さん全快おめでとう お姉ちゃん退職おめでとう の意味で私達からのお祝いだよと言うと


DSC06545.jpg
お腹いっぱいだったはずなのに、すぐに別腹が出来たようであっさり完食

お店の人が「4人で写真撮りましょうか?」とご親切に言って下さり、カメラを渡す
撮影してから、近くにいたサル吉くんに「どうでしょう?」って言いながらカメラを返す
ほんの一瞬間があって「あ、はい ありがとうございました」とサル吉くん

お店の人が去ってから、私がチェックしたら


DSC06544 (2)
ちっちゃ!!  私なら多分「もう少し近くでもう1枚」って言っちゃうけどなー



DSC06544.jpg
トリミングしてみました  これもまた笑い話になるんで、いいんです お店の人ありがとー



DSC06548.jpg
ホテル内の売店も充実 飲み物買って部屋で乾杯 
でもやっぱり缶ビールよりグラスで飲む生ビールだわ~ 


DSC06550.jpg
サル吉くんが見つけたおつまみ これが最強の硬さ! 今まで食べたものの中でこれ一番


こんな感じで1日目が終了


つづく




美味しいって幸せ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その1

居間の窓から外を見る 
道路の脇に見える白いものは何だろう? 公園を埋め尽くしてる薄汚れた白いものって?


あ・・雪だ   そうか 雪なんだ  昨日の夜、車から降りて息が白いのは何故?って
思ったのは、気温が一桁だったからなんだ 

帰ってきちゃった  沖縄から現実世界に 


どうも お久しぶりです  てなわけで、今日からかなりしつこく沖縄旅行記が続くので
お時間の許す限りゆっくりしてってください


DSC06575.jpg



先日チラッと書きましたが、病気1つしたことのない私の母が、この2年で入院と手術を経験し
健康を取り柄としてる人間にありがちな弱点が全面的に出てしまい、体の回復よりも
精神的な落ち込み具合が心配な状況が続いていたんですが、やっと体と心が同じレベルになり
「お姉ちゃんの退職祝いをやってないから、みんなで旅行に行きたい」と発言するまでに・・
長い年月勤め上げた娘を労おうと思う、親としての気持ちが復活したってことはもう大丈夫

こういうタイミングを逃すわけにはいきません まだ旅行も楽しめるという自信を取り戻せば
きっと気持ちが体調を上回り、相乗効果でまだまだ元気に暮らせるようになるはず

母が、私と姉との女3人旅を希望すればいつでもすぐ行けたんだけど、希望はあくまでも4人
サル吉くんも一緒じゃないと「家族旅行」じゃないから・・と  
夫婦2人で好きなとこに自由に行ける旅と違って、高齢者連れの旅ですからそれを承知で
休みを調整して一緒に行ってくれたサル吉くんにも感謝です

「旅費はお母さんが出すから」と、母  1度言いだしたら簡単には撤回しない
「じゃ、その他の食費やら何やらはこっちで出すよ」と言ってもそれもダメだと言う
年寄り連れでいろいろ面倒かけるし、全部出すからゆったりした計画を立ててくれと私に依頼

姉と相談して、あまりあれこれ言わずに今回は母の思うようにしてもらうことにしたわけですが
「オレオレ詐欺に騙されてお金を取られるくらいなら、楽しい事に使いたい!」と力強い

私は、騙されないように気をつけるっていうのが正解だとは思うけど・・ 

そこからうにトラツアコンが動き出しました


DSC06345.jpg
まずは、旅のしおり作成  


DSC06347.jpg
旅は行く前からいかにワクワクする時間を過ごすか これが肝心だと思うのでね




DSC06346.jpg
サル吉くんの休みが決まった時点で、飛行機とホテルの手配を代理店へ依頼
3連休の少し前って言っても春休み中なので、最初は直行便が取れなかった
代理店の担当の方が、母の年齢を考慮してくれて、乗り継ぎするにしても
羽田だと歩くから静岡経由を押さえてくれたり、ホテルの部屋もエレベーター付近に

ラッキーの神様はいるんです 直前に4席キャンセルが出て、往復とも直行便をゲット!
担当の方も、若干興奮気味に「キャンセル出ました~~♪」と連絡くれました

DSC06305.jpg
完成した旅のしおりと一緒に実家に送った袋2人分  


DSC06306.jpg
旅のお供  ウェットティッシュと飴ちゃん ちゃんと母も姉もバッグに入れて来てました 



DSC06470.jpg
3月15日(水) 朝9時すぎに空港で母と姉と合流予定  出発時の気温-2℃



DSC06472.jpg
さて・・どんな旅になるのか 今回はとにかく無事に何事もなく帰って来れることが重要です



DSC06474.jpg
何か・・半年前の沖縄行きの時と、サル吉くんの行きの格好が全く同じ気がする



DSC06477.jpg
母です  テンション上がって輝くばかりの笑顔で座ってる よしよし



DSC06479.jpg
直行便だと行きは4時間  14時35分に那覇到着予定  



DSC06480.jpg
こんなちっちゃい飛行機なんだねー



DSC06490.jpg
ちょっと大きなバスみたい 3列ずつだよ



DSC06483.jpg
これも代理店の方がANAに座席を調整してもらったようなんだけど、非常口の席
だから足元広々 でも、普通ここって「何かあったら介助出来る人」みたいな枠だよね
1人高齢でとても他の人の手助け出来ないよね・・と、姉と笑いながらヒソヒソ



DSC06484.jpg
まだこんな雪景色の北海道を眼下に見ながら


DSC06486.jpg
豪華海鮮鮨を食べる(サル吉くんとの旅ならこんなの買わない 今回は特別ですから)



DSC06491.jpg
乗り継ぎないのはほんと楽 



DSC06492.jpg
4時間飛ぶだけで、どこにも雪がない世界へ



DSC06487.jpg
お姉ちゃんもお母さんも早春をイメージしたの? トーンが揃ってること



DSC06493.jpg
母は、10年ぶりの沖縄 来れて良かったね




DSC06495.jpg
レンタカーの営業所までバスで送ってもらう 



DSC06494.jpg
天気が心配だったけど、まずは青空で一安心



DSC06498.jpg
レンタカーに乗って出発する出口がこの鳥居 何だか縁起がいいではないの



DSC06500.jpg
初日のホテルは本部町 高速で一気に北へ向かいます



DSC06501.jpg
まず目に飛び込んでくるのがこの景色だもの 北国の人間にとってはこれ感激ポイント
ヤシの木見ただけで、1段階気持ちが上がって



DSC06505.jpg
海が青くてもう1段階上がる



DSC06507.jpg
あれもしかしてススキ? でも3月だよ? 沖縄って3月にススキ?



DSC06508.jpg
ヤシとススキが混在  ヒーターじゃなくてエアコン入れて3月にドライブするなんて!



DSC06509.jpg
なんてことを4人でワイワイ言ってるうちに、今日のホテルに到着



つづく




まだまだ続きます!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

夫慌てる

昨夜寝たのはAM2時 それなのに目覚めは7時 まぁいいか起きちゃえ
午後から仕事のサル吉くんが起きてくるのは大体10時~10時半
それまでの間、1人でコーヒー飲みながら新聞読んで過ごしてもいいんだけど
自分でも変な習慣と思うけど、新聞は新しいままの状態で取っておく

特にそう希望されたこともなければ、サル吉くんがそれを気づいてる風もない
はるか昔に読んだ本で、ある貴族の家で働く執事が、主人のために毎朝
新聞にアイロンをかけると・・ 紙がね、パリッとするんだそうだ
さすがにそんなことまでする気持ちはないけど、でも一日のスタート
手つかずの新聞を開くって何となく気持ちいいのかな・・と思う ささやかな妻ごころ

私は、その気になれば24時間いつでも気が向いた時に新聞読めるしね

そんなわけで、朝食準備が終わるとその時間はパソコンの前に座ってるのです
今日は、その時に宅配便が到着



DSC06465.jpg
日時指定で届いたネネさんからの贈り物でした
律儀!ほんと律儀が服着て歩いてる! ほんのちょっとのお菓子に対してこのお返し



DSC06466.jpg
ドイツ製のキャンドルホルダー 手作りガラスの中に透明なジェルでお花が閉じ込められてる




DSC06467.jpg
水中花のようで、素敵です  口は下なので、上部からホコリが入る心配もない




DSC06468.jpg
テーブルの中央に置いただけで、空間が華やぎます  



ラインでお礼のメッセージを送ったら、来た返事がまたすごい


「○○姉さんに似合いそうな花をチョイスしました」




やっぱあれだね 人間けっこう大変な目にも合うし辛い事だってそこそこある
人に尊敬されたり、多くの人の記憶に残るほどの偉業を成し遂げるような
そんな人に比べたら、ただ生きてただ死んでいくだけって気にもなるけど
それならいっそ花火のごとくパッと見事に散ったほうが?なんて
投げやりな気持ちになった若い時代もあったけど

生きてこそ なんだなー って、今なら思える


ピンクのバラが似合うって30代男子に言ってもらえる今の自分を
若い私は想像も出来なかったもんね
何を大げさにって思うでしょうが、でも本心です 
8割お世辞でも何なら10割お世辞でも何でもいい 
 
悪いことばっかりなんて絶対にない ま、いいことばっかりもないけどね


余命半年なんて言われて、もう14年  
前も書いたけど、夏にそう言われて私はまず何をしたかっていうと・・
「ってことは、もう私に冬の洋服は必要ないんだな」そう思って片っ端から処分した
そして、後に残るサル吉くんにやらせるにはあまりにも忍びないからと
古い下着類も丸ごと捨てたもんね 笑   その年の冬大変だったんだから!


考えたら、実は誰にでも余命は必ずあるわけで・・
そりゃ半年って宣告はあまりにも短くて慌てもするけど、だからといって
「あなたの余命はあと28年です」って分かってしまう時代がもし来たら
それはそれでうまく生きられないものかもしれないなと思います

分からないからこそ進んでいける  分からないんだから諦める必要もない

それぞれの分からない余命の中で、少しでも気持ちよく過ごせさえしたら
例え教科書に載らない人生でも、いいんじゃないでしょうか♪


頭ボッサボサにして起きてきたサル吉くん 開いたばかりの宅配便の包装紙を見て
「○○(ネネさん本名)から?何かあったのか?」と・・

今日が何の日か分かってからの慌てっぷりを動画にしたいくらいでした
うぉ~っ!忘れてた!! 大変だ~~~~!!!

いいのいいの ちゃんとお姉ちゃんともんぬちゃんには早々とお返し送ったもの
妻は特に日付にこだわったりしない  

チャンスは365日あるのだから 



ちょっとお出かけします   皆様のところへは帰ってきてからお邪魔しますね

 



ほんとにピンク似合うのか?って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

気まぐれ営業

3日間続く深夜勤務を終えて、朝10時に元気にサル吉くんが帰って来た
明日は午後から仕事 だから今夜はゆっくり出来るのです



DSC06460.jpg
今日も朝から快晴だけど、最低気温-10℃だもん まだ温かいうどんが喜ばれるはず
ダイニングに座ると同時に提供  気分は駅のホームの立ち食いそばのおばちゃん



DSC06459.jpg
茶色いシリーズが続く  でも茶色は美味しいよね  昨日作ったなめ茸てんこ盛り
市販のものと違って味を調整出来るから、オススメですよ シャキシャキだし
大袋のエノキは大体200gくらい  それで作るとほどよい量です
醤油大さじ1.5 みりん大さじ1.5 酢小さじ2 刻んだえのきに加えて数分煮詰めるだけ
味はお好みで  大滝村というところで、いろんな種類のなめ茸が売ってるのを思い出し
今度は味付け変えてみようと思ってます 鰹・梅・明太子・生姜・青唐辛子などが人気
95円で1瓶作れちゃうと、市販のものを買えなくなりますね


今日は、不定期営業の「居酒屋 うにトラ」をやろう♪


DSC06463.jpg
この間は焼き鳥は1種のみだったけど、進化して豚バラも加わりました


お通しは、生のキャベツ  



気まぐれ営業だし、いつも常連客が1人だけなのでいつ潰れてもおかしくありません
おまけに、すっぴんの女将も一緒に飲み食いしちゃって、売上につながりません



DSC06464.jpg
常連客が起きてこないので、女将は1人でおやつタイムです
近所のスーパーで、ヒロタのシュークリームを発見! 懐かしい~
昔よくT子が帰省のお土産に買ってきてくれたっけ 1度、全種類入った袋を空港の椅子に
忘れて飛行機乗ってきたことあって、それを聞いてとても残念だったのを思い出した

長く続いているお菓子には、いろんな思い出が詰まってるからいいものですね

 


次はつくねが加わる予定~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

今そこにあるもの

私の実家の町内の話

先日突然ある家に消防車や警察車両が来たと思ったら、2階のベランダから家の中へ
後で分かったことですが、お父さん亡き後1人で暮らされてた息子さんが
家の中で亡くなっていたらしい 
50歳 持病があったそうだけど、だとしてもあまりに切なすぎる最期ですが
仕事を持っていたからおそらく不審に思った職場の人が警察に連絡?
そう考えると、その繋がりがある年代だったからこそ早く発見された

私のお姉ちゃんが心配してます
「もう働いてないから、おかしいって警察に電話してくれる人はいないし
 1人で家の中で倒れても発見されるまでに腐っちゃうかもしれない」

その想定は、母が死んじゃって1人になったら・・ってことなんだけど
まぁ確かにね うちの母くらいの年代だと、ご近所とのつながりも強いし
週に1度の老人クラブ参加があるけど、今回亡くなった方もそうだけど
50代~60代ってなかなか中途半端な世代だからね

特に用事がなくても、連絡は取り合おうね  ちょっと年老いた姉妹で誓いました

本州で暮らす妹さんご夫婦が来て、家族だけで自宅でお通夜
翌日火葬場に出発するときに、町内会のみんなで外でお見送りしたそうです
電話でお父さんの一周忌の話を兄と妹で相談していたそうですが、それも叶わず

今日と同じような明日が来るって保証はないんだ・・ 人は経験でそれを学ぶのですね


3月11日 何年経っても、日本人が忘れてはいけない日の1つ

大事なことは後回しにしてはいけない  言おうと思った言葉は今伝える



DSC06454.jpg

「ラッキー卵だっ!!」 お弁当作ろうとして、台所でそう叫ぶとサル吉くんが見に来る
なんてことのない日常が続けられることこそが、今そこにある幸せ



DSC06455.jpg
給料日の翌日だけど・・作るのは自家製なめ茸




DSC06456.jpg
七味ごま入り




DSC06458.jpg
安い市販のなめ茸ですら美味しい いわんや自家製をや  ←使い方違うか?



自分にふりかかったことじゃなくても、自分の身に置き換えてあれこれ考える それが人
母がね 「体力に少し自信がついた 今が最後のチャンスかもしれない」なんて言うのです
そして、詐欺にあってしまったお年寄りの話を聞いて、こうも言うのです
「騙されて他人にお金を取られるくらいなら、楽しいことに使いたい」と・・

うんうん わかったわかった そのうちね   何て流していたらダメなのかもしれない
母の年齢を考えたら、私も姉もサル吉くんもまた、いろいろ思うところがあるわけで・・

ってことで、現在うにトラツアコン 急ピッチで頑張ってます 






そりゃなめ茸で節約せねばー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

オレンジ色

今日の1人朝食


DSC06452.jpg
コストコのクロワッサンシューの中身はこんなです
一見生クリーム?って思う白さだけど、原材料を見ると「カスタードクリームミックス」

ロイズのふわっとクロワッサンのほうが100倍美味しいけど、いつでも買いに行ける距離じゃない
千歳に本店がある「もりもと」というお菓子屋さん ここのパンで小さめのコッペパンに
生クリームだけが挟んである「フレッシュフランス」ってのがあって(今もあるかは不明)
以前CAさんの間で人気が広まりブームになったと聞いたけど、あれも美味しかった
やっぱりポイントは生クリームなんだと思う ただし、どちらのパンも翌日には美味しくなくなる
フレッシュさが命



DSC06451.jpg
1個おおよそ150g  その点コストコのは味が変わらず まぁそれだけ添加物もあるってことかな


毎朝習慣のフルーツ+ヨーグルトも食べる気を失うほどの満腹感に包まれました

1度冷凍して、ホイルにくるんでオーブントースターで焼くと表面はサクッとして
中のクリームはまだ冷たい状態で美味しいと、新商品をすでにアレンジして食べてる人がいた
食べることを楽しんでいる人が実に多い世の中ですね 



夜勤から帰って来たサル吉くんに ビールと一緒に、枝豆豆腐とか人参ラペとか
昨日の残り物なんかをお皿に盛り付けたおつまみセットを出してから・・

「クロワッサンシュー食べる?」って聞いてみる



「いらない お腹いっぱい」  

えー ってことはだ 明日の朝も私はクロワッサンシューの朝食なわけだね いっそ冷凍するか?



サル吉くんが仮眠に入ってから、通帳持って銀行へ 今日は給料日ですもの~~~
ついでに、アウトレットに寄ってウロウロしてこようっと♪
最近は、洋服や雑貨を見るより入口入ってすぐの「北海道ロコ」で野菜を買うのが目的

あいかわらずの観光客の皆様 ちょうどバスが着いたばかりなのか 年配者はまず食品狙い
爆買いが収まったと言われるようになったけど、確かに何個も紙袋を手にしてる人は少なめ

「北海道ロコ」 
野菜に魚に珍味 北海道銘菓の数々 果物コーナーやパンコーナーも観光客に人気
お店の人も、試食を勧めたりしながら一生懸命です 
地元の人間なら、勧められた試食はその場で食べてみて爪楊枝はそこで捨てるはず
そうでもないのが外国人 ちょうど私とすれ違った中国人のおばさま2人組が
あろうことか私の目の前で、試食のかまぼこを食べ終わって邪魔になった爪楊枝を
何のためらいもなくお菓子をきれいに陳列してる棚に放り投げた

「ゴミ箱はあそこですよ」 まっすぐ指を差して教えてさしあげましたけど

こっちを見ながら、完璧にスルー  ばばぁ 日本人なめんなよ(心の叫び)
英語も通じないのかもしれないけど、身振りで何となく感じるだろうにね 


まばゆいオレンジ色のダウン 最近よく見るあのトーンの色が嫌いになった

でもね、外国人だけってわけじゃないのもよく知ってる
この間スーパーのお魚コーナー 「本日の目玉商品」は、鮭の切り身
大きなトレーに凍った状態の鮭の切り身がたくさん 脇にはトングが用意されていて
欲しい人は自分で必要な数だけビニール袋に入れる 誰だって分かる流れなはず

推定75才 妻と一緒に買い物に来てカゴを押す担当のおじさんが何を思ったか
素手でその鮭を触ってる しかも何度も・・挙句1個も購入せず!せめて買わんかい!
ちょっと離れた場所で目撃したから、説教するには遠くて見失っちゃったけど

いつかあんなふうになるんだろうか そう考えると恐怖です




DSC06453.jpg
これも言ってみればオレンジ系なんだけどね  でもあのきっついオレンジじゃない!
後味の悪い思いは、ちょっとした気分転換で解消されるってもんです
だってこれ・・ 破格の割引で540円だったんだも~ん ワゴンセール最高♪
貝パールのボタンってだけで、お得気分です 大人は細かいところにこだわりたい


 
今夜は、オレンジ色の鮭を焼きます (違う日に買った)






やっぱり野菜だけで終わらなかった!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

さんきゅーの日

我が家の大黒柱は・・昨日までが日勤 今日から深夜勤務に突入
ってことで、昨夜は普通に夕方帰宅して今日は午後から仮眠を取り夜仕事に行く流れ

今日行かないと、誕生日が過ぎちゃうから・・午前中弾丸で行ってくるか?

高速利用すれば1時間で行ける距離 天気も穏やかだしそうしよう♪
「お義父さ~ん これからお昼めがけて行くから待っててね~」と電話して
10時オープンのコストコに寄ってから高速へ 急に決めたから今日はコストコ頼み
海鮮ちらしがいいんじゃない?って思ってたんだけど、サーモンとマグロのお寿司に変更
ケーキはどうしよう? いくらなんでもコストコのケーキじゃ持て余すよね・・
そしたら見たことない新商品を発見したので、とりあえず買ってみる

コストコ滞在時間6分   急げ~~ 


DSC06445.jpg
小樽に入った途端、空模様が怪しくなってきた 前方に黒い雪雲あり
来る!絶対今に降り出すよね  



DSC06446.jpg
来たー!!   40キロ離れてるだけで、天気が違う事がよくあります



DSC06447.jpg
高速を降りてから、いつものケーキ屋さんでケーキを買う案もあったけど、コストコで買って正解
それでも一山越えた小樽の町中は、少し明るい空に変化してその後雪も止みました
今日はまっすぐ実家へ そしてボウリングのお付き合いもなしで滞在2時間でまた高速で帰宅


今年は、ボウリングに行く時のポロシャツの上にこんなのどう?って感じのプレゼント

「もう少し雪が溶けて暖かくなった時用の上に着るもの買おうと思ってたんだ」と、お義父さん
サル吉くんと一緒に見に行って、これだとちょっと大きいんじゃないか?って言われたけど
MはMでも、このデザインなら絶対大丈夫!と譲らなかった私 着たらピッタリサイズ
それを見て、私 たぶん若干ドヤ顔してたに違いない
痩せて小さくなったようでも、肩幅とかは変わらないし腕の長さが短くなるわけじゃないもんね

お義父さんにも「さんきゅー」的に感謝され、帰り道サル吉くんにも「さんきゅー」と・・

そう 今日は3月9日 さんきゅーの日



DSC06448.jpg
コストコのお寿司  あの美味しいサーモン使ってるからけっこういける




DSC06449.jpg
ケーキの代わりに買ったのがこの「クロワッサンシュー」
どうやら発売になったばかりのようです 6個で899円 コストコらしい大きさ&重さ

まず1個をお義母さんへと仏壇にお供えし、お寿司の後にコーヒーと共に出してみた




DSC06450.jpg
これが休みの日に行ったのなら、食後にボウリングして時間を置いておやつにするところ
ごめんね 今日は何しろ時間がないの すぐ帰って寝なきゃならないからね
私とサル吉くんは何とか完食したけど、お義父さんはコーヒーだけ飲んで「明日にする」と・・

だよねー これおやつってよりは、立派な1食になりそうなボリュームだもん
お義父さんならお昼にこれ1個食べたらもう満足かも

下の部分はパンに近い 中は生クリーム比率が高い薄黄色のカスタードクリームがみっしり
コストコにしては甘さは控えてるけど、なんせ量が多いから・・私は今だに空腹にならず(午後7時)
2個持ち帰ってきたので、1個は明日の私の朝ごはんになる予定 その時中身の写真撮ります


家に戻ってきたのは午後2時  ほぼいつもと変わらず仮眠に入れたので良かった良かった



しかしご飯支度って、作る人間が空腹じゃないとほんとやる気が出ないものですねー 





手抜きの誕生祝いなのに喜んでくれてさんきゅーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

仲間はずれ

道外のブロガーの皆さんの記事に、花の写真が多くなってきましたね 
春を実感してらっしゃるようで・・ ふーん そうなんだ へー


DSC06444.jpg
嘘偽りない写真  3月8日朝 我が家の庭の様子 夜の間に7センチの積雪
朝8時でマイナス6℃ですけど・・ 春って何のことですか?


昨日お友達ブロガーさんの記事で書いてあって、そういえばそんなこと習ったかもと思い出す
南北に長い日本だけど、北海道だけ「亜寒帯」に属するってこと

地球規模で考えると、一番多いのが亜寒帯 東ヨーロッパ・西シベリア・中央シベリア
そして北アメリカ その仲間に北海道が亜寒帯の中では緯度的には最南として混じるらしい
仲間は実は多いんだけど・・でも同じ国の中では何となく疎外感を感じてしまうのがこの季節




DSC06441.jpg
公園の脇に積まれた雪山  ひぇーっ!まだこんなに雪が?って思われそうですが
そこじゃないんです 見ていただきたいのはこの氷の鍾乳洞のようなツララの数々




DSC06442.jpg
真冬だと、ただただ雪が重なっていくだけなんだけど、3月の陽射しは思いのほか力強い
7センチ程度の積雪ならなかったことになって、さらに過去の雪をも溶かし出す
そして夜間の冷え込みが、今度はその力を封じる 自然のせめぎ合いの図




DSC06443.jpg
今日も陽射しが期待できそうです そりゃやっぱり太陽を応援する側に立ちますよ



昨日テレビで観た映像  道東の雪原を走る列車 その前方を並走するかのように
100頭近い鹿の群れ 運悪く列車に衝突して死んでしまった鹿に群がるオオワシ
パッと見でカナダあたりの映像?って思ったら、実は北海道だった
そうなんだよね ここは自然と生き物と人間が限りなく近い土地なんだ

冬を上手に乗り切る知恵さえあれば暮らすことが出来る地域が「亜寒帯」らしい



あとひといき  道産子の皆さん頑張りましょうね




白い写真ばっかり!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

予定変更

世間の多くの皆様と同じに、今回はたまたま土日がお休みとなった我が家
土曜は早いうちに食品買い出しを済ませてしまう計画が、来る予定の荷物が来ない
結局到着したのは午後3時 そこまで家でまったりしてしまい、夕方買い出しへ

日曜の今日は、小樽のお義父さんの様子を見に行こうと出かける準備をする
出発前に電話を入れたら、ちょっと前に義兄夫婦からも電話が来たと・・
うちは平日に訪問することのほうが多いから、かぶることはめったにないけど
11日がお義父さんの誕生日だから、きっとお祝いを兼ねた訪問動機は一緒
ご飯の計画とかがあるなら、私達が加わることでそれも狂うだろうと遠慮して
近いうち平日行ける時に行くからね~と、今日は見送ることにして予定変更


DSC06417.jpg
この2日間は、風も強くてイマイチな天気だったけど、回復しました 
でも、まだ郊外の畑は一面の雪景色のままです そう簡単には雪解けしないのです

小樽に行かずにどこへ行ったか・・



DSC06423.jpg
千歳空港でした



空港の中は、これから北海道を離れようとしてる人 今まさに北海道入りした人
ただ単に空港に遊びに来た人(うちはここに入る)いろんな種類の人達が混じり合ってるけど
みんなどこか楽しげだったりするのが共通点 



DSC06420.jpg
道外の方が、今どんなものを北海道土産として選んでいるのかとか・・空港に行くと勉強になる



DSC06424.jpg
1つだけB型タイプの雪だるまがいる




DSC06428_20170305170352c14.jpg
うにトラ友の会のみんなで遊んだ「トリックアート」の通路が無くなってた!
シュタイフの動物たちかぁ  トリックアートのほうが楽しかったのに



DSC06430.jpg
自然界では絶対にありえない図



DSC06429.jpg
「こちらでランチされていかれるんですか?」  「いえいえ混んでるのでやめときます」


久しぶりに外でスープカレー食べようか!




DSC06431.jpg
ところが、ここ何回かスープカレー食べようとしても店が見つからなかったり定休日だったり
すでに潰れていたり(!) 今日も、やっぱりダメだった

ここでも予定変更を余儀なくされまして、なぜかちゃんぽん


ちゃんぽんってこっちでは全然メジャーじゃないから、めったに・・というかほとんど食べない



だから、ここのちゃんぽんが一般的にどうなのかは・・分かりません 普通に完食したけど・・
麺も野菜も無料で大盛りに出来るって言われてもね さらにランチタイムはセルフサービスで
カレーライスをどうぞって言われてもねー 部活帰りの高校生じゃあるまいし無理ですって!


結果的にのんびりまったりとした休みとなったし、手土産予定の桜餅とうぐいす餅も
2人でお茶飲みながらきれいさっぱり食べちゃったし、たまにはこんな休みも良しとしよう♪




まったりまったり~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

罠かもしれない

何だろう 3月に入った途端、気持ち悪いほど気温が高い

夜中もマイナス気温にならずに朝が来て、昼間も6℃とかあるなんて
こんなのいつもの事じゃないはず そう思って去年の3月のブログを見たら
1日 「外はホワイトアウト 予想積雪量は20センチらしい 朝仕事に行くサル吉くんに
「気をつけてね」と掛ける声にも真剣味が加わる」なんて内容だもの


暖房を消せるんじゃないだろうか・・ え、でもまだ3月だよ?

もしかしたらこのまま雪が溶けちゃうんじゃないだろうか・・ いやいやそんなわけはない


午後から仕事のサル吉くんを送り出してから、外を眺めながら自問自答しております


これは何かの罠かもしれない



DSC06406.jpg
昨日は「おついたち参り」 
自分のことだけじゃなく、私に関わる全ての方々が今月元気に楽しく過ごせますように・・と
25円でお祈りしておきました 皆様にもわずかでもそのパワーが届きますように♪



DSC06407.jpg
ありがたくお塩も頂いてまいりました 夫婦で50円のお賽銭じゃ申し訳ないか



コストコの丸鶏  まだ完食には至ってないけど、もう姿はありません



DSC06408.jpg
これは翌日の八宝菜風  左手前の白っぽい野菜 これヤーコンなんだけど
これが炒めてもシャキシャキした食感でまるでクワイ♪ 
ヤーコンにはまって2年目の冬 今年もしょっちゅう食卓に登場してます 

買ってきた日はそのまま食べて、翌日肉と骨に分けて肉の半分は八宝菜 骨はスープに
残った半分の肉でカレー作成
多めのオリーブオイルでスパイスを炒めてから玉ねぎと肉を炒めて鶏スープとトマトソース
骨付きのもも肉で最初から作るよりも、超簡単に「カラバトカリー」風が出来ました
写真・・と思ったけど、あのカレーはビジュアル的にどう撮っても美しくないのでボツです  



警察官を名乗る男から「あなたの口座が詐欺事件に使われてる すぐお金を下ろして」と電話
そして下ろしたお金の指紋を調べるからと言われて訪ねてきた金融機関を名乗る人物に渡す

こうして2人の女性が計800万円を失ったそうです

この2行 文字にすると、どこを読んでも「おかしい」ことだらけ
でも、それをおかしいと思わせない緊迫感なりしたたかさがきっと電話の主にはあるんでしょう
どんなことにも「罠かもしれない」と思うことは、ある意味淋しいことだけど
今の世の中、鵜呑みにしてはいけないことのほうが多いのです
次のおついたち参りの時には、この先失ったお金を取り戻すには時間が足りない年代の人を
いとも簡単に陥れることに何の罪の意識も感じない奴らに天罰が下るようにと祈ってこよう


北海道は・・絶対まだ春になんてならないはず




油断しちゃダメ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。