台風一過

東北地方と北海道の間を、勢いよく通り過ぎた今回の台風ですが
場所によっては川の氾濫などがあって、大きな被害が出ているようです

ちょっと前に立て続けに台風が来たばかり まだ地盤のゆるい場所もあったはず
同じような地域に被害が出て、本当にお気の毒ですとしか言いようがありません


DSC05076.jpg
私の地域では、結果的には雨はそれほど降らずじまいでしたが
昨日一日ぐったりするほどの蒸し暑さ 夏の終わりに夏バテしそうでした

洗濯して家の中になんて干したくないし、掃除機かける気持ちにもなれない
扇風機の生ぬるい風に当たりながら、炭酸水飲みながらポスクロ

ザーッと雨が降ってくれたら涼しくなるかも!という願いも叶わず、夜までムシムシ
サル吉くんが夜勤のため家を出たその10分後 ようやく雨
何もしてないけど体がだるい 今夜はとっとと寝てしまおう! と思っていたら
そこから突如として風が強まり、家の周囲を吹き荒れる音がする

裏の野菜たち大丈夫かな とか 庭木折れちゃわないかな とか
この辺は川もないし高度もある土地なので浸水の心配はないし
例え家の外でバキッとかボキッとか音がしたとしても、夜に1人でどうしようもない
だから諦めて寝ちゃえばいい話なんだけど、やっぱり気になって眠りが浅い

朝起きたら、上の写真のような青空でした  でも時折吹く風がまだ強め
家の中の湿度を追い払うため、窓を開けて掃除して洗濯して
裏庭を見ると、トマトが支柱ごと無残に倒れてる 出来る範囲で直したけど
サル吉くんが帰ってきてから、さらにしっかり修正  でも折れてるものもありました
趣味で作ってるトマトが折れるくらいどうってことないよね 
それで生計を立てている農家さんの被害を思うと、ほんと心が痛みます

北海道で被害にあった方は「こんなことは今までなかった 初めての経験」 そう言います
台風シーズンに大変なことになるのははるか南の地域  そんな認識がどこかにある

これからは、そんな認識も変えていかなければならないのでしょうね
九州や沖縄地方の方達の、台風が近づいてきた時の備え方 それを学ぶべきかも

ガソリンスタンドの給油の機械を全て板で補強してたり、建物のガラス部分を養生テープで
保護してたり、雨が降りだしたら、町の中を歩いている人がいなくなったり
そんな映像を見て、こうあるべきなんだな とにかく通り過ぎるまではじっとしてるしか
方法がないのが台風なんだな そう感じました 


昨日の昼間、その蒸し暑さの中・・ インターホンが鳴る

裏のほうのお宅のリフォーム工事がもうすぐ始まるようで、そのご挨拶に来た業者さん


DSC05074.jpg
無地のハンドタオル2枚組を頂きました

会社名が印刷してある白いタオルじゃないところが素敵
こういうところで印象良くしておくのも、いい宣伝になるものですね


そう思ってたら、今度は郵便受けに手紙が届く

ボランティアに登録してる大学からの封書  新しい試験へのお誘いでした

題して 「低分子化コンドロイチンの膝関節機能改善作用評価試験」


残念ながら参加対象になれないので今回はパスです

「45歳~69歳で膝にほぼ毎日痛みを感じる日本人男女」 を募集中
今回の条件では集めるの大変でしょうね  他の薬を服用して治療してる人は対象外だし

さて・・ここで問題です  私が対象外の理由は次のどれ?

① 年齢が若い
② 膝が痛くない
③ 膝は痛いけど治療中
④ 日本人じゃない



来月末には「クマザサ評価試験」っていうのも計画してるらしいけど、これは便秘がちな人対象

このように、全ての事案に応募出来る人がもしいたら、その人は相当体が傷んでます
応募出来ない事を、喜ばしいことと思わなくてはいけません



しかしね・・ 業者の人も郵便配達の人も、ごく普通にお仕事してたけど
これからは、北海道における台風に対する心構えを変えていかなきゃならない
天気が悪かろうがほぼ同じ日数で国内で届く郵便物  日本くらいでしょうね


札幌近郊在住  膝の痛みを抱えてる または便秘にお悩みの方
そして健康食品の治験にも興味のあるという方  いかがですか?
参加することで、その症状が緩和するという保証があるわけではありません
市場に出回る前の試験段階です 効果があればそれに越したことはないけど
自分の生活習慣を見直すいいきっかけになるというメリットが何より大きいのです







8月最後に軽い夏バテ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

今さら真夏日

前記事で朝の気温が下がってきたって書いたばかりなのに今日は暑かった!


DSC05072.jpg
雲の形状は秋なんだけど、日差しの強さがまだ夏の名残り 

今日は予定外に、急遽1人ドライブ  いつもの叔父&叔母宅へ



DSC05073.jpg
明日、本州に住む長男夫婦が来る予定らしいんだけど、台風で飛行機がどうなるか・・
膝の悪い叔母 息子たちが来るのは嬉しいだろうけど、その準備は大変だろうと
「お客さん用のお布団とか出そうか?」と聞くと、「昨日干してもう仏間に敷いてある」と・・

「じゃ、掃除機かけるよ~」 と、軽い気持ちで始めたけど、田舎の家の広いこと!!
30℃の中、汗だくになりました  そうなるとあちこち気になって、雑巾片手に掃除

到着するなりお嫁さんが掃除しだしたら、叔母もちょっとどうなのかなって思うし
そこは血の繋がった姪がやったほうが変な遠慮もないから楽かなってね


また野菜をたくさんいただいて帰ってきました  畑仕事は役に立たないけど
家事なら多少は助けてあげれる  最初からその心づもりで出かけたわけです


今日も最高のドライブ日和だったけど、昨日の日曜も素晴らしい天気だった
サル吉くんは朝から仕事だったので、いつもなら家にいる日曜となるはずだったけど
友人が2人 「天気がいいからランチでもいかが~?」 と、うちまで来てくれたので
じゃ、行っちゃう??  と、友人の車でどんどんのどかな郊外へ



DSC05058.jpg
ここは・・ 富良野なの?  って勘違いしちゃいそうになるロケーション
初めて来たお店だけど、360℃ぐるっと畑&草原  
こういう風景に、案外慣れてると思ってる私たちでも、この青空とこの眺めには
「家から1時間とは思えない!なんだか旅行に来た気分」 と、ちょっとはしゃぐ



DSC05059.jpg
店内も、とっても素敵な空間だったんだけど、はしゃいだ私たちは・・



DSC05066.jpg
もう紫外線とは友達になっちゃだめな年齢だってことも忘れて、テラス席へ
アイスコーヒーもこのように登場しちゃいます



DSC05060.jpg
テラスからの眺め



DSC05064.jpg
圧倒的な緑を見ながら食べるカフェ飯   5種くらいあるランチはどれもエスニック
店内はハワイの曲がゆるく流れ、ガーリックシュリンプを筆頭に
タイのガパオライスがあったり



DSC05063.jpg
グリーンカレーがあったり



DSC05062.jpg
そしてこれはジャークチキン 初めて聞いたけど、ジャマイカ料理のようですね
スパイシーなタレに漬け込んだ鶏肉でした 



DSC05069.jpg
由仁町という町にあるカフェ 「カラマ」 

ちょっと前からブームの、探さないと見つからない少し遠くにある「はぐれカフェ」が
みんな大好きなんだね  ポケモンと一緒!  次々とお客さんが到着してました


8月があと3日で終わるというこのタイミングで・・ 日に焼けたような気がする





首がヒリヒリするー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

通り過ぎると変わるもの

今朝起きて2階の居間に入ると、肌寒い!
昨夜後から寝たサル吉くんが、どうやらベランダの窓を締め忘れたらしい
それにしても・・と、テレビのdボタンで確認すると朝の気温は13℃だって

朝晩の気温がそこらへんになると「確実に夏が終わった」 と思います


DSC05055.jpg
「秋明菊(シュウメイギク)」  秋と名のつく花が咲きだしたから間違いない



DSC05056.jpg
八重咲きのアナベルは遅咲きの紫陽花なのでまだ花色を保ってます


秋晴れの空は高くて澄んでて気持ちいい ベランダのレースのカーテンを洗ってまたもとに戻す
カーテン越しに見える青空が、夏の青とはちょっと違う気持ちになる 今日この頃・・


真夏の暑さの時には、どうしてこう毎日暑いんだろうと文句も言いたくなるけど
(ま、北海道ではさほどそんなこともないんですが・・)
いざその暑さが通り過ぎて、タオルケットだけでは肌寒いと感じたり
Tシャツの上に何か羽織ろうかどうしようか・・と思ったりするようになると
急に名残惜しさを感じる  あの暑さをもう少し楽しみたかったな・・とかね

変な規則に縛られたり、やりたくもない分野の勉強を強制されたり
そんな多方面からの目に見えない圧力にどこかイライラもしてた学生時代も
通り過ぎてしまうと急に懐かしくなる 「あの頃は良かったな」とさえ思う

このままじゃ自分がダメになる 絶対幸せにはなれない 
そういう一大決心で別れて晴れ晴れとした気持ちになってた相手でも
何年か経つと「悪いことばかりではなかった」と、しみじみ思ったり思わなかったり
(あ・・ここら辺は一般論として書いてるんですよ   多分ね)


多くの物事って、通り過ぎてしまうとその時の気持ちと変化する
そうやって人間って、気持ちを浄化させたり修正したりしながら
でも結局は同じことを繰り返して死んでいくだけなのかもね ←最後投げやり

去年の今頃ってもうこんなに秋を感じていたっけ? と思って振り返ったら
大体同じような日に朝の気温が12℃だって書いてる
そうか・・ ほぼ同じなんだな 1年って・・  



だから・・というわけじゃないんだけど やったことないことをやるって楽しい


DSC05053.jpg
ベーコン完成図  いい色に燻されてます



DSC05054.jpg
そのままスライスしてレモン絞って食べても美味しいらしいんだけど
やっぱりちょっと焼きたいよね (きゅうりが冷蔵庫に残り4センチしかなかった)
至福のビールタイムでした  完成までの待ち時間で喉渇いたって話かもしれないけど




DSC05033.jpg
毎年同じ時期に同じものが届くってのも、嬉しいものです
山形のお義兄さんからのだだちゃ豆 



結局、全てバランスなのかな  変わらず繰り返される事と変わっていくこと

気象の変化とか問題にするけど、それより人間の気持ちほど気まぐれに変化するものはない


それを分かっているから、長く続く人間関係を大人は大事にするのです
出会って数日でコミュニケーションがうまくいかないと相手を殺してしまった少年達
何でもファストフードのようにお手軽には出来上がらない  それを知るべき
それを教えるべきだと強く思います



   


昨夜から毛布をプラス~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

手間を楽しむ

平日の2連休を過ごしている我が家です  2日目の今日は、ちょっと曇り空


DSC05045.jpg
昨日は快晴だったんだけどね


DSC05046.jpg
最近・・特に神頼みしたい事がなくても、ふと思いつくと手を合わせに行く
背筋をまっすぐ伸ばして姿勢を正す  それって気持ちのいいことです



DSC05047.jpg
とりたてて信仰心があるわけじゃないけど
大昔から人々は目に見えないものに向かって雨を願い、豊作を願い
またあるときは天気の回復を祈り暮らしてきたはず 

「明日晴れるといいな」 そんな風に思う時、人は今でも無意識に空に願う
そして本当に翌日晴れたら、その願いが叶ったとありがたい気持ちになる
天気なんてただの気象状況 何でもそう片付けてしまっては余分に生じた
感謝の気持は生まれないわけですね 

所詮短い人生なんだから、どうせならそんな風に「ちょっと余分に生まれるもの」
それを楽しみたいと、私は思っています


サル吉くんも同じ気持ち・・ かどうかは分からない  


でも、こういうとこは似てるかもねって思うのは、手間さえ楽しもうとするところ



最近ブームとなっている我が家の燻製作り



DSC05050.jpg
3回目のチャレンジは、中級編に突入しました
豚バラ肉を、4日前から塩とスパイスに漬けて冷蔵庫で熟成させてて



DSC05051.jpg
今日は朝から塩抜き  1時間ごとに水を取り替え3時間

ほんの少し切って焼いて味見  塩の加減を見てから、良ければ鍋で1時間茹でる

それから水を切って、30分~1時間風に当てて表面を乾かす  室内で扇風機に当ててみた



DSC05052.jpg
そしてようやく燻太2号の出番  スモークウッドに火をつけて、2時間燻す


500gの手作りベーコンを作るために、ここまで手間がかかる!



特に特別なスパイスを使ってるわけじゃない  肉だって普通の国産豚肉
だから、多分食べた時に 「ものすごく美味しい!やっぱり違う!!」って思ったら
それは「手間暇かけて作った」というプラスの気持ちが作用してるからかも

そうは思っても、そのおまけの気持を楽しみたくて、今日はベランダを交代で監視してるわけです




DSC05049.jpg
昨日はスタバで作戦会議     私たちは次の「手間暇」の準備で忙しい







多分ベーコンは買ったほうが安い!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

友の会本部拡大

やっと晴れた!

何なの?ってくらい雨が続きました  各地で被害も甚大です


DSC05038.jpg
見上げる方向によって、青空だったりまだ不穏な雲だったり元気な入道雲だったり 
でも、久しぶりの陽射しで気持ちがいい  お出かけ日和となりました



その前に・・ どれほど雨が続いたかっていうとですね



DSC05043.jpg
これ・・玄関の外に置いている泥除けマット   点々と緑色ですね?



DSC05044.jpg
雨が続いて湿度も気温も高かったせいで・・  葉っぱが生えてる! 
つまりそんな温室状態の日々だったってわけです


さて・・今日は、午後から仕事のサル吉くんにササッととお昼ご飯を食べさせお弁当を用意し
食後のコーヒーをテーブルに置くのと同時に 「じゃ、行ってきま~す」 と、家を出る


「良かったらお茶しませんか~」 と、声をかけて頂いたブロともさんと待ち合わせです
ブログで繋がってけっこう長いお付き合い  2年前(去年だった)の夏のワーゲンイベントの時は
ご夫婦でわざわざ見送りしていただいたちーたさん  今日ようやくご対面出来ました


DSC05034.jpg
前々から通りかかるたびに気になっていたカフェ  女子率高そうだからこういう時行かねば!



DSC05037.jpg
そして女子っぽいフレンチトースト食べねば!  



DSC05036.jpg
雑貨もパンも売ってるカフェ  そしてこのランチのビジュアル  
夫と子供を送り出した後の昼間の妻達をターゲットにしてる もう間違いない




DSC05035.jpg
カフェオレ


美味しいフレンチトーストでした 帰りにパンも買っちゃったもんね
1つだけわがまま言っていいなら、ナイフは先にギザギザついたものにしてほしい
フレンチトースト切るのって結構大変なんだもん


DSC05040.jpg


私はこうして日常を事細かに晒しているから、ちーたさんはけっこう私に詳しい 笑
だから大体のイメージは多分掴んでいたんじゃないかなっては思うんだけど・・
ちーたさんは、自分はベールに包んで愛するワンコちゃんブログ(あ、オカメインコも)を
書いてる人なので、私のほうはやり取りしたコメントの言葉だけで想像してたわけだけど
やっぱり、言葉ってその人をちゃんと表してるものだな・・と改めて思いましたね

深さのある透明度の高い湖みたいな人でした    ほんとです

それでいてB型! だから面白い  

30代のうにトラ友の会会員が増えました  北海道が本部だから人員増員は嬉しい限り
いつの日か各支部のメンバーとも合同会議が出来ると、一層楽しくなっていくと思います


さて・・皆さん ここから先の文章は声に出して復唱する気持ちでお読みください


うにトラさんは

思っていた通り

素敵で

話しやすく


あぁ・・なんて嬉しいメッセージなんだろう
これ読みながらご飯食べれちゃいそう
社交辞令だろうがお世辞だろうが全然良いんです 私はこういう事で頑張れるんです


DSC05042.jpg
楽しかった時間は、私の体の動きを良くします
帰ってきてから、ダイナミックな雲を見ながら、家中の窓を開けて掃除機かけた




コストコ未体験だって分かったので、今度はコストコツアーの予定
事前に分かっていたら、ランチの後に行くって方法もあったね 残念!


DSC05039.jpg
今日のところは単独で帰りにコストコに寄り道
オイコス12個セットで998円! 一番好きなパッションフルーツ味だし買うでしょ
2人で6日で食べきれる  だから31日が賞味期限でも大丈夫



DSC05041.jpg
富良野のお土産を頂いてしまいました  ポスクロ用に絵葉書も




さーて・・と!   オイコス食べよっと!!





いくつであろうと女子トーク!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

母の迷宮

11号は通り過ぎた

次なる敵は台風9号  現在関東に上陸して大暴れ中
関東在住の皆様 どうか気をつけて!!

今日も相変わらずの雨です  湿度は少しマシになったけど
洗濯しないわけにもいかず部屋干しして扇風機を回してるから結局は湿度高め

今日はサル吉くんが午後から仕事に出る15分前に、友人一家4人が到着
夏休みの自由研究でギャルソンエプロンを縫うと決めた友人の小5の娘ちゃん
今日が始業式(北海道は夏休みが短いんです)で、作品も無事提出出来たようで
貸してたミシンを抱えて結果報告に来てくれました

学校の家庭科では、これからミシンを習うということで、初めてのミシン
直線縫いの指導だけして貸出ししたけど、正直言って予定の枚数は出来なかっただろうと
そんな予測だったんだけど、話を聞くと3日かかって意地と根性でやり遂げたらしい

中学生のお兄ちゃんとその子の分に加え、友人の弟のところには7人の子供達
8枚作るって聞いてたと思ったんだけど、何と一番下の赤ちゃんの分も縫い上げて
トータル9枚ものエプロンを完成させたそうで、全員装着して焼肉をしてる写真は
まさに圧巻でした

お母さんのアドバイスにより、共布で作る予定の紐は完成品をつけることに変更
ポケットも省略して、本当に腰から下の四角い黒いエプロンではあるんだけど、
「よく9枚も縫い上げたねー 私でも1度に9枚なんて縫うのは自信ないよ」 と褒めると
本人は、とても満足そうな笑顔  よほどの達成感があったんでしょう

まず始めに、型紙どおりに布を裁断する段階で、3枚切ったあたりで自室で泣いたらしい
そりゃそうだ あと6枚切らなきゃならないって分かって途方にくれたのが想像つく

でも、そこで感動する展開  その姿を見た中学生の兄  見るに見かねて
その裁断を引き継いでカットしてあげたらしい  

まち針が手に刺さっては泣き、アイロンでやけどしては泣き の3日間だったそう
「そうだよね 2枚完成したってまだあと7枚って思ったら泣きたくもなるよね」と私が言うと

「うん、最初はそう思ったんだけど、途中からは「まだ2枚」と思わず、「もう2枚出来た」って
 そう思うようにしたの」   生まれた時から知ってる子が、こんな風に言えるようになった

子供って、こうやって成長していくんだなー と、思ったら感動しちゃう

「どこら辺から楽しいって思うようになった?」 と聞くと、5枚目終わったくらいだと・・
9枚縫おうと目標立てたからこそ、こんな短期間でこの子はこんなに頑張り成長出来たのね

「完成したら、そのあとゲームやろうって思ってたけどゲームもやりたくなかった」 と・・
ほんとに完全燃焼した3日間だったようです



DSC05031.jpg
途中の卵屋さんで、卵かけご飯用の高級卵を買ってきてくれました お醤油まで



DSC05032.jpg
その美味しい卵を使ったスイーツも売ってるんだけど、私用のおやつだって  ありがとー

なぜお揃いのエプロンを作ろうと思ったかと言うと、子供達にとってのおばあちゃん
つまり友人の母が 「みんな揃って焼肉するときに子供達がお揃いのエプロンしてたら
きっとかわいいわよね~」と発言したのを耳にしたかららしい

で、それがお盆に実現したのに、発言した当人はすっかりそんなこと忘れてて
「あら?おばあちゃんの分のエプロンはないの?」 と言ったとか 

ま、どこの家の母親もだんだん年老いてるわけで・・仕方ないのです



うちの母もね  ここのところちょっとおかしなテンションで困ってます
もともと話しだしたら止まらないってとこはある人だけど、最近は心配になるほど止まらない

今回2度目の入院&手術を無事クリア出来たことで、また日常を取り戻せた喜びが
相当な気持ちの高揚につながっているのは想像つく
もともと感情の波をコントロールする機能が多分若干弱い傾向にあるので
仕方ない まぁ落ち込みから浮上できないよりはまだまし と思って流しているけど

今日も朝に「あとで電話してもいい?」とメールが来たから「昼過ぎまで忙しいから夕方ね」と返事
友人一家が帰ってから、後片付けして、トイレを済ませて、手元にお茶を準備して
万全の体制で母に電話  母の携帯はかけ放題だから折り返しかかってくる
ま、タダだし、話疲れるまでおしゃべりさせておいて、私はひたすら聞いているわけですが
いつまでたっても「じゃ、そろそろ終わるね」 なんて展開にならない

Aの話題が途中からBに変わり、その結論を見ないうちにCのことになりまたAに戻る
新聞の広告の裏に、いたずら書きしながら聞いてたけど、無意識にうずまきとか書いたり
迷路のような図を書いたり・・ 自分が出口のない迷宮に迷い込んだ気分になってる証拠

2時間話しても、まだいくらでも話していられる勢いなんで、さすがにちょっと水を差すことに
こんな電話の仕方を、娘だけじゃなくお友達やご近所さんにもしてるかもしれないから
やっぱり注意しておかなければなりません  ここら辺の話の持っていきかたが難しい
でも、嫁じゃないからいいんです  実の娘だから言える  


いつからだろう 娘の事を心配するよりも自分の事を聞いて欲しいほうが強くなったのは
まぁ私も、母に何か愚痴を聞いて欲しいって思ってるわけじゃないからいいんだけどね


長年親子でいるってことは、こういう風になるってことなんだな と、最近実感してます
それでも、多分こんな風に思ってたことさえ後で懐かしく思うんだろうから
姉と2人で、陰でブツブツ言いながらもなるべく楽しい親子関係でい続けたいと思います



迷い込んだら出てこれません!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

うずが3つ

今年の夏は台風の進路が変わってますね
また? また北海道に向かって来てるわけ??

天気図見ると、サル吉くんが好きそうな「うず」 3つもグルグル巻いてます

北海道を縦に2つに分けた右半分の地域に集中的に雨が降っているようで
次々やってくる台風が、同じような進路で通り過ぎる予定なので
いつまでたっても油断できない状況になりそうです

左半分に位置してるこちらでは、雨はそれほど降っていませんが
とにかく蒸し暑い! 

そんな蒸し暑さの中だけど、今日は高校野球に釘付けでした
北海高校の決勝戦 残念ながら優勝出来なかったけど、連日37℃もある球場で
北国育ちの子達がよく倒れずに頑張ったと、それだけで褒めてあげたい
「道産子」は、寒さに対する我慢強さはあるけど暑くて高い湿度に慣れてない

これから北海道に戻ってくるだろうけど、こんな天気だからちょっとかわいそう
「やっぱり北海道は爽やかでいいなー」って今は思えないもんね
でも、晴れ晴れした気持ちで家族とお祝いしてほしい 




DSC05026.jpg
蒸し暑さに負けてなるものか! と、汗かきながら野菜を素揚げしてスープカレー作りました
中年夫婦の家では、全ての野菜を揚げてしまうと重いんです  だから人参とブロッコリーは茹で



DSC05027.jpg
ネイリストさんから頂いたザンギは別皿にして、お好みでトッピングして食べる方式
きゅうりのピクルスとミョウガの甘酢漬け  


「今日はごちそうさま さっそくザンギ食べてるよ~」と、ラインで写真を送ったら
「そのミョウガは何ですか?」と質問  手作り甘酢漬けだと教えたら
「美味しそう!でも、ミョウガって買ったことないです!」 と・・

分かる分かる  私も20代の時にはミョウガなんて見向きもしなかった


28歳 子育てもして家のこともやって資格をとって自宅でネイルサロンをやって
新居も建て 旦那さんの同僚が泊まりがけで遊びに来ても陰で嫌がるだけで
ちゃんとおもてなしして歓迎してあげて・・
ミョウガなんて買ったことなくても、今は肉食でいいのよ きっと

自分の28歳の頃と重ねちゃうから、ほんとどこをとっても偉いなー と、感心するわけです



DSC05028.jpg

2階から自分の車を見下ろすと、アンテナの先にトンボが止まってた





3個のうずが通り過ぎたあとには、もう秋の気配が漂っているんだろうなぁ






蒸し暑さも夏の思い出!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

女子トーク

このところ4週間毎にネイルをしてもらいに行っているため
爪の伸び具合を見て 「もう4週経ったのか」と時間の経過を実感するようになってます

本日 5度目のネイルの日でございました

ここでちょっと振り返ってみましょう




DSC03626_20160820180004e21.jpg
生涯初のジェルネイル  タイ旅行の前だったからリゾート仕様



DSC04210_20160820180006e68.jpg
2度目は反動でシックに  でも途中から「ちょっと大人しすぎたな」 と感じてた





DSC04389_20160820180007650.jpg
そんなわけでまた気持ちが華やかよりに傾いた3度目




DSC04733_201608201800039cd.jpg
順番からいえば、次はシックに・・となる予定が、だって夏だもん の4度目



さて・・5度目をどうするか   ここ2日ほど考えておりまして・・
こんなことをぼーっと考えていられるなんて、全く幸せなことです

もう少し夏気分を引っ張るか・・ それとも秋の色合いを先取りするか・・

私のそんな迷いの話なんてどーでもいいって?     確かにね 


男性の方で、いつも見に来てくださってる方も多いですが、こういう記事って
どんな気持ちで読まれるんでしょうね? 全く興味ないからスルーとか?
でも、そんなこと言ったら、私のブログのどこに注目すべき点があるんだって話ですよね

こういう女子だけの楽しみみたいな話  知識として入れといてもいつか役に立つかもしれない
仮に奥様が「ネイルやってみたい」発言をした時とか・・ 絶対反対とかしないほうがいい
そんなことにお金をかけて・・って思う気持ちになるかもしれないけど
男の人が毎日コンビニでお茶やコーヒー そしてタバコを買う その出費よりも安い
美容に関してともすれば怠りがちになる主婦が、1ヶ所キレイにしたことでウキウキする

そのウキウキで、日々のいろんな雑事をすることすらちょっと楽しい気持ちになるとしたら
回りまわってそれはきっと旦那さんや子供達にもいい結果になる  


ネイルに限った話じゃないですが、 妻を上手に扱う方法は実は簡単だったりするのです

毎日同じ家に帰ってきて、常に変わらない家の中だとしたら・・
それは妻が何かしら手をかけて、毎日毎日同じになるように整えているから
そういう事って案外気づかない  
1人暮らしの経験のある男性なら、その当時のことを思い出してみてください
何もやらずにただ「食べて・飲んで・寝る」 を繰り返しているだけで家の中って荒れるでしょう?

ベッドの布団やタオルは自動的に整い、新しいものに変わるわけではないのです

ごくごくたまにでいい  「いつもありがとう」  こういうセリフを吐けたら完璧です


なんか・・力が入ってしまいましたが (別に家庭で何かあったわけではありません)


そう ネイルの話でした



DSC05021.jpg
結局・・ 5度目の本日は 秋を先取りでベージュ系


DSC05022.jpg
トーンの違う2色を使って、薬指だけちょっと華やかに

この爪のまま9月に突入するのでね  やっとシックな方向に気持が傾きました


28歳のネイリストさんの自宅にお邪魔してやってもらうわけですが・・
年代違うけど、同じ主婦同士の 「女子トーク」 炸裂!
B型の夫を持つという共通項がある限り、ネタには困りません 



DSC05014.jpg
現在我が家にたくさんあるミニトマトをおすそ分けに持っていったら、お土産にじゃがいもくれました

そして、今晩ご主人の会社の同僚が泊まりがけで来るらしく 「もー めんどくさい!」と
嘆きながらも、朝からザンギ(唐揚げのこと)用の鶏肉を漬け込んだり、お風呂を洗ったりしてたらしく
「私のザンギ良かったら食べてみて」と、それもジップロックに入れてくれました

足りなくならない? と、心配したら、 「大丈夫です!8枚漬け込んだから」 と・・
もも肉8枚??  遊びに来る会社の同僚は1人のはずだけど・・

さすが20代の夫婦  食べる量が我が家とは違うらしい




妻は褒めて伸ばして~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

また大雨?

台風は1晩であっという間に通り過ぎていきました


DSC05012.jpg
あんなに雨を降らした雨雲はどこいった? と思うような青空  そして元気な入道雲

でも、そんな回復っぷりも1日で終わり  今日は朝からどんよりです
気温は25℃程度なので、今だ酷暑で35℃以上ある西日本のことを考えたら申し訳ないほど涼しい

でも、天気はまた週末にかけて下り坂  数十年に一度とも言われる雨が北海道で降ると
数十年に一度って、最近よく耳にしすぎて「稀なこと」って気持ちにならなくなりそうですね



オリンピックの話題を上げている方も多いですが、確かに今回は日本選手の活躍がすごい
試合のあとのインタビュー  そういう時の質問ってある程度決まってるのは仕方ないけど
あまりに決まり文句だとほんとつまらない  
レスリングの吉田選手にインタビューしてた男の人は、多分自分でも感情移入しちゃってたのか
負けたことをひたすら謝る彼女に「誰もそんな風に思っていません!!」と、自分の言葉っぽい発言
ああいうの好きだなー  

卓球女子の試合の時(確か準決勝だったかな)、監督の横で応援してた石川選手が
力が入りすぎて声が出ちゃったのかレッドカードで退場になった時があって・・
それでも、陰のほうで応援してる映像がチラッと写ったんだけど、そういう場面を逃さない人も
私は好きです

どの国の選手にしても、あの場に立てるってことはいろんなことを犠牲にしながら戦った
トップアスリート達なわけだから、きっと見える人なら輝くオーラなんかも見えるんでしょうね

重量挙げの選手で勝っても負けてもキレッキレなダンスを披露するキリバスという国の選手
彼のその行動には 「いずれ温暖化による海面上昇で消滅してしまう国」の存在を
世界に知ってほしいという願いが込められているんだそうです 今、ネットで話題になってます


よその国の話 って思っていられないですよね  日本だって確実に昔と天候が変化してる


東京でオリンピックが開催される時 日本が、大きな災害の後どう努力してどこまで回復し
そして未来に向けてその教訓をどう活かすのか  そんなことを発信出来るといいですね



DSC05013.jpg
毎日豊作 我が家のブルーベリー  目に良いって言うけどホントかな

これ食べて、2020年のオリンピックもしっかり目に焼き付けなくっちゃ




また雨かぁ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

台風接近中

北海道に到達する頃には温帯低気圧に変わっていることが多いのですが
今回の台風7号は、まっしぐらに北海道に向かって突進中
現在時速60キロだそうで、もうすぐ北海道の襟裳付近に上陸しそうです

すでに昨日の夜から激しい雨が断続的に降っていますが、今日の午後からは
時折吹く強い風がいかにも台風って感じです
明日の天気予報では、もう晴れマークがあるから通り過ぎてしまえば回復も早そう

昨日の夜 雨の中仕事から帰って来たサル吉くん
車を車庫に入れる時に、お隣のカーポートの中のRV車の下でライトに反射する光を発見

「雨宿りをしてる猫がいた!」  と、報告があれば・・ そりゃ見に行きたくなる


途方に暮れてる子猫だったら、どうする? やっぱり保護か? なんて囁きながら見に行くと
白黒のブチの大人猫  呼んでも車の下でじっと動かない

夕食後に、再度見に行ったサル吉くん   車の下を覗いても姿がない
ふと見上げると、今度は車の上に乗ってて驚いたらしい  
その1時間後 今度は2人で見に行くと (気になって仕方ない 笑) もうどこにもいなかった

昨日よりひどい雨の中、今日はどこで過ごしているんだろう  外猫は大変だ

今日普通に朝から仕事の人も大変でしょう  今がちょうど帰宅時間だけど
JRもほとんどストップしてるし、低い位置の道路はきっと冠水してる場所もありそう
我が家はタイミングよく今日から深夜勤務なので、サル吉くんは家で仮眠中
今夜仕事に出る頃には雨も収まる予報なので、ちょっとホッとしています


DSC05011.jpg
こんな日は、もちろん買い物なんか行かずに家の在庫で食事の支度
先日仕込んだ「ミョウガの甘酢漬け」  昨日の夜のお刺身の薬味としても
今日の昼のひやしうどんの薬味としても大変重宝しています



DSC05009.jpg
きゅうりの佃煮も夏の大事な常備菜

叔母宅のきゅうりは、パリパリというよりはみずみずしいタイプのきゅうりなので
去年いつものレシピで佃煮にしたら、歯ごたえがイマイチだった
多分水分が残ってるのが原因だろうと、今回は1晩塩に漬けてしっかり水分を絞ってから
煮込んでみたら、きゅうりのキューちゃん並みにパリパリの仕上がり! 

これら常備菜に加えて、米ナスの田楽とか ところてんとか ズッキーニの炒め物とか
夏休みでカロリー過剰摂取気味だったので、野菜中心メニューで調整中
我が家の場合「ちょっと痩せなくっちゃね」 という意識ではないんだけど
外ごはんで、油物や肉類が多くなっちゃうと、すぐ胃腸関係が変調をきたす
冷たいものやアルコール 揚げ物だって肉だって、好きなんだけど無茶食い出来ない

年を取ると、内臓までもがショボくなる   と、2人で嘆いています





昼間はまだ状況が目に見えるからいいけど、これから明日の朝までが問題だ
道内各地で、この激しい雨による大きな被害がないといいけど・・





庭の野菜被害も心配!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

夏休み その3

我が家の5日間の夏休みは今日が最終日  
夕方、サル吉くんが友人と久しぶりに飲むことになり最寄りのJR駅まで送ってきました
明日は朝から仕事だから、そんなに遅くならないとは思うけど・・
帰って来たら、それでお休みモードは完全に終了ですね

1年経ったら「去年のお盆は何してた?」という会話になるので、記録として残さなきゃ!

昨日の記事の続きです


スープカレーを食べに行ってスパイス注入した夏休み3日目
家に戻ってもしばらく動けないほどの満腹状態  さて・・今晩は何を食べようか?

DSC04962.jpg
何はなくてもビールのつまみは大事だよね  と意見が一致したので燻製作り
前回製作しておいた「燻太2号」の登場です  食材はイカ・ホタテ・チーズ・卵・ナッツ


DSC04965.jpg
いい色に燻されてます


DSC04966.jpg
ごく普通のプロセスチーズが、ちょっと格が上がる


毎年お盆の週末は地区の花火大会が2日間あるんです


DSC04980.jpg
居間の電気を消して、花火鑑賞


DSC04981.jpg
電線が邪魔してるけど・・   燻製食べながらビール飲んで花火  夏だわ~



そして14日  夏休み4日目  この日は家でのんびりする予定だったので


DSC04985.jpg
午前中、サル吉くんが庭で焼き芋作り   (たまたま前日さつまいもを買ったので)



DSC04988.jpg
お昼は、庭で日光浴しながら炭酸水と焼き芋  
ちょうどお隣のおじさんも外にいたのでおすそ分け 今回の休みでサル吉くんは日に焼けた


食べ終わって家に入ったら私の叔母から電話  「トマトが赤くなったよ~」 と・・

そうやって声をかけてくれるのは大変嬉しい  でもね、お盆の真っ最中
うちから叔母宅までの道は、アウトレットありコストコあり札幌ドームあり
霊園あり温泉地へ向かう道でもあり・・ 14日はなるべく通りたくない道なんだなぁ

「ちょっと相談してからかけ直すね」と、1度電話を切って私が躊躇してると
「いつも世話になってるんだし、俺が運転するから行ってこよう!」 と、サル吉くん

そんなわけで、途中渋滞に巻き込まれる覚悟を決めて出かけてみる


DSC04990.jpg
ところが予想に反して、普段とさほど変わらない時間で叔母宅に到着
多分混雑を避けようと皆さん午前中の行動だったのかな だから午後の道路が混んでなかった

「今回の休みでここも来るとは思ってなかったけど、これで親戚コンプリートだ!」 と私
「ポケモンかっ!」 と、サル吉くん



DSC04991.jpg
畑を散歩しながら作物の観察   やっぱりプロにはかないませーん



DSC04993.jpg
温室内のミニトマト  3本しか植えてないって信じられないほどの育ちっぷりで
こんなに収穫してもまだまだ実ってる  


DSC04994.jpg
キュウリもこんなにもらっちゃったので、明日佃煮を作る予定


DSC04995.jpg
ナス でかっ!  田楽で食べたいよね

ミョウガの収穫も楽しかった! それは今日甘酢漬けにしました

昨日は見かけなかったけど、今年は鹿が畑にやってきて苺やさくらんぼの葉っぱを
食べまくっていくそうです  立派な角のオスとかだと、迫力あるらしい

でも、何で葉っぱなんだろう? 苺もさくらんぼも実は一切食べないんだって
それならわざわざ山から降りてこなくても、葉っぱはいくらでも山にあるのにね
サル吉くんに言わせると 「鹿もたまには違う味の葉っぱが食べたくなるんだろ」と

帰りもスイスイ帰って来れて、この日は叔母が持たせてくれた漬物をつまみにして
またビール  毎日いい天気だったから、そりゃビールが美味しいわけです


思いがけず野菜を豊富にもらってこれたので、買い物に行くこともなく最終日の今日


DSC05005.jpg
今日は15日 めったにこんなタイミングで行けないからと、15日参り 
今はいろんなおみくじがありますね  今日は引かなかったけど、この「傘みくじ」がかわいい
またお塩をいただいて・・ 神聖な気持ちになったところで・・ 宝くじを買いに行く   



DSC05006.jpg
今日のお昼は、アウトレットの駐車場のそばにピザ屋さんが出来たと知ったのでそこで
テイクアウト専門なんだけど、外にテーブルがあって私たちだけだったから食べていくことに


DSC05007.jpg
ミニトマトで作ったマルゲリータに



DSC05008.jpg
コーンマヨ  どちらも600円!  石窯で焼き上げた薄生地 

600円って安いって思うけど、近くにはコストコもあって巨大なピザが1500円で売ってる
4人家族で食べるとなると、やっぱりそっちを選択するかもしれないもんね
商売って難しいよねぇ・・ と、いたって呑気な感想を語りながら家に戻る

近場をウロウロしながら、いろんなものを食べまくった気分


入院中だった私の母は、今日元気に退院出来ました
タクシーで帰るから、大丈夫と姉が言ってくれたので、今日はお任せして
来月にでも様子を見に行ってこようかな・・と思ってますが、まずは一安心


また不規則生活が始まりますが、5日間の「くうねるあそぶ」でリフレッシュしたから
がんばりますかー!!   





私が鹿なら実を食べる!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

夏休み その2

5連休2日目  12日のスタートは朝6時半  

我が家から近い霊園にあるサル吉くんの母方のお墓参りは、私たちが担当
お墓をキレイに整えてお参りしてから1度家に戻り、出かける準備
小樽に向かう途中、高齢者マンションに住む叔母さん宅にお邪魔する
近くに住む息子さん(サル吉くんの従兄弟)も来て、2時間ほど談笑


小樽に着いたらまずはお寺に寄ってお参り  それから実家へ
家で用意してきた夕食のおかずをを冷蔵庫にしまって水回りの掃除
次の日はお義兄さん夫婦が来る となると、普段より一段階念入りにやっちゃうよね
はい、その通り! そんな見えっ張りな私です    女は往々にしてそんな生き物

お義父さんはもちろんボウリングに行きたいわけで・・ それにお付き合いするのも親孝行
今回のメニューは我が家はお刺身系にしたので、旬のうにをみんなで食べよう!とサル吉くん
持参したサーモンといくらに、うにも加えることにして市場へ寄る


DSC04923.jpg
今がまさに旬のうに  市場では小樽産の生うにが1折2300円
甘くて最高!  ガイドブックに載ってるようなお店では、ウニ丼時価で5000円とからしい
それなら市場で買ったうにをご飯に乗っけて食べるほうが断然お得だし間違いない


DSC04926.jpg
持参したおかず  朝収穫したインゲンを豚バラと一緒に煮物に  これは叔母さんにもおすそ分け


DSC04925.jpg
カニカマとコネギ入りだし巻き卵  お義父さんは目玉焼きは出来るけど卵焼きは出来ないのでね

あとは野菜サラダとかお味噌汁とか・・ あまり手がかかってない献立だけど喜んでいただて何より

サル吉くんは駐車スペースの草刈りもやってたし、前日昼からビール飲んで遊んだ分
2日目は「奉仕の日」に徹した感がありました  でも予定を全てこなせて良かった



そして夏休み3日目 13日土曜日


DSC04927.jpg
やっぱり天気が良い! だからこの日はバスでお出かけ 



DSC04928.jpg
郊外を走る分には混雑関係なし 


DSC04931.jpg
何故ここで車を停めたかというと・・




DSC04932.jpg
ここね いつも通るたびに気になってた  小高い丘の上に見えるのは・・



DSC04930.jpg
馬なんだよね


DSC04929.jpg
放牧されてる牛はよく見るけど、こんな自由そうに見える馬は珍しい 



DSC04936.jpg
もちろん野生じゃない  いくら北海道でもそれはない 
もう少し行ったところ 丘のふもとに馬たちがいる柵があったので、そこから出歩いてるようです 



DSC04937.jpg
窓から入ってくる風には草の匂いが混じってる



DSC04939.jpg
絵葉書調~



DSC04945.jpg
牧草ロールも絵になります



DSC04947.jpg
お盆の渋滞?  何のこと?って道ですね



DSC04958.jpg
にもかかわらず、そんな道路から右折して向かったお店には



DSC04951.jpg
すでに座れなくて待ってるお客さんが数組  ここだけは人口密度が高い


DSC04952.jpg
田園風景を眺めながら食べるスープカレー  時々飛行機が見える場所


DSC04955.jpg
これでもか!っていうほどの野菜  


DSC04957.jpg
セットにすると出てくるサラダ  夏は、このサラダの美味しさにまず感動する
久しぶりに食べに来て、このサラダはやっぱりスゴイと思ったけど・・
ちょっと残念だったのは、スープカレーにふんだんに入ってる葉物野菜
水菜などが入ることで、微妙にスープに苦味が出ていたのが気になった
以前来た時は感じなかったから、季節によって食材が変わるからなのかな


 
DSC04960.jpg
なんてことを話しながら、プチドライブ&ランチ終了  1日分の野菜摂取完了気分でした





(おまけ)

DSC04987.jpg
スコップスプーンで砂糖をすくうとこんな感じ
ふと思ったけど、これを目にして「砂糖が雪みたい」って思うのは北国だけだよね
冬になるとこうやって雪をスコップですくう動作がないと、ピンと来ないのかーーー



その3に続く



 
食べ物ネタが続く!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

夏休み その1

我が家の夏休み 5連休の今がちょうど中間地点 ここから折り返し

休みを充実させるための大事なポイントは、何といっても「天気」だってことを実感
北海道は天気良し 湿度低し ときたま吹く風さえ気持ちよし の三拍子揃った日々


遠出計画を一切立てなかった今年ですが、あまりのいい天気なので近場を楽しんでます


休み初日の11日  午後から出かける予定でいたら、午前中友人から電話
小5の娘が夏休みの自由研究で「カフェ風エプロン」を作ることにしたんだけどミシンがない
これから借りに行くので娘にミシン指導もしてほしい~~~ と・・
親子が着いてから聞くと、その友人もあまり裁縫関係はやらない上に娘もミシンは初めて
しかも・・だ  3日後にいとこ達が集まって焼肉パーティーなので8枚作りたいと・・

とりあえず簡単に直線縫いを指導しながら、危なくないように縫うには何が大切かを教え
母子は帰って行ったけど・・ 明日あたりヘルプコールが来る予感  
8枚とはねー  何とも壮大な目標を立てたものだ  



DSC04897.jpg

そして午後   「山の日」 に、あえて街ブラ   最近熱い南3条界隈


DSC04898.jpg
狸小路というアーケード  西に歩けば歩くほど少しずつディープな店がちらほら


DSC04895.jpg
通りを1本ずれて歩いても、面白そうな古着屋さんや雑貨屋さんが目に付く


DSC04899.jpg
鹿の頭も、並べてみると少しずつ違う!



DSC04921.jpg
雑貨屋さんで見つけたファイヤーキング  ポップフローラルというシリーズのバイオレット
 
こういうビンテージものは、ネットで探してポチったほうが簡単に手に入るけど
それはしたくない  ちゃんと手にとって気に入ったものを買いたいし、そのお店の
雰囲気やオーナーさんを気に入ることも、お買い上げの大事な要素となるのです

DSC04922.jpg
もう1つそのお店で見つけたこれも私にとってはすごく嬉しいお買い物

スコップ型のスプーンなんだけど・・ これには幼い頃の思い出が絡むのです
親も真剣に心配するほど、外部の人とのコミュニケーションが苦手だった幼少時代
母に連れられて母のお友達の家に遊びに行った時に、紅茶とかが出てきたのかな
その時に、シュガーポットの中に入っていたスプーンがこんな形のスコップ型だった
今回買ったもののほうがより本物に近い鉄製 確かその時のはプラスチック製だった
でも、スコップでグラニュー糖をすくうっていうのが、すごくかわいくて
よく覚えてないけど、大変珍しいことにその時「かわいい」と言葉にしたんだと思う

その結果、そこの家のおばさんがそれをくれた 多分今でも実家にあるはず

家族以外の人に自分の気持ちを言葉にして表現する  
この苦手分野を克服したのはいつくらいからだろう   

今は、ひょっとしたら得意分野にまでなったんじゃないかと思う時さえあるけど・・
それでも、幼い頃の「どうしても誰かに気持ちを発信しなければならない時の苦しさ」は
時々思い出す  スコップを見つけて、何だか懐かしくて思わず買っちゃった

サル吉くんとそんな話をしながら、ぶらぶら歩き、次はパルコの家具屋さんへ
そこも雑貨狙い 古いフランスのキーホルダーをお買い上げ

エレベーターでたまたま見つけたポスターにつられ、屋上へ行ってみると・・


DSC04907.jpg
タイ・ビアガーデン?  そんな楽しい催しやってるなんて知らなかった!!
しかも15日までだって  あやうく逃すところだったじゃないの



DSC04908.jpg
鼻でジョッキ持った象にウェルカムって言われちゃったら・・ 飲んじゃう? 昼だけど・・



DSC04900.jpg
パクチーサラダとパッタイ  そしてジョッキで午後3時のビール!!   


DSC04903.jpg
たまりませ~~~ん   食べてる食材もタイ風だし外だし暑いし・・ なんだか旅行気分



DSC04904.jpg
パクチー人気で、どうやら北海道でも流通し始めたのかな  すごくフレッシュなパクチー




DSC04902.jpg
パルコ屋上という場所柄、お客さんの年代層が若いけど気にしない



DSC04906.jpg
楽しんだもん勝ちでしょ?   でも、ここはあくまでも寄り道  この日の夕食は違う場所



DSC04909.jpg
狸小路市場内  面白そうな飲食店がある中向かったのは・・


DSC04917.jpg
餃子・小龍包  キリン    17時オープンの5分前に来てみたらすでに1人待ち人あり

暖簾が出るまえに、すでに私たちの後ろに3組のお客さんが並んでた
だから、いざオープンした時には、空いてる席はカウンター2席
テーブル2個とカウンターしかないお店なので、タイミング悪いとまず入れない


DSC04910.jpg
カウンターに座って、餃子と小龍包を注文し、セルフでビールを冷蔵庫から取り出し飲んで待つ
いくら小さな店といっても、1人で切り盛りするのは大変です しかも大人気だし


DSC04911.jpg
お通しのシナチク食べながら焼き上がりを待つのも楽しい


DSC04913.jpg
餃子は大・中・小 3種あって、これは中で12個  (訂正 15個の間違いでした)
ごま油タップリで焼いてくれるんだけど、最後にしっかり油を切ってお皿へ
強い火力のおかげもあるのか、全然油っぽくない焼き上がり 柚子こしょうで食べます

一番乗りで1人で来ていた男の人は、私の隣でうちと全く同じオーダー
焼き上がりを待つ間、そりゃ1人で黙ってビール飲んでるのもつまらないでしょ
と、余計なお世話なのかもしれないけど、ちょっと話しかけてみる
幼少時代の私自身が今の私の姿を見たらきっと驚くに違いない

飲みに出たついでに、2軒目・3軒目でここに来てみたけどいつも満席で入れず
だから、今日は気合を入れて開店前に並んで食べようと1人で来たんだと

ほぼ同時に餃子が来たので 「やっと念願叶いましたね♡」 とかなんとか言って盛り上げる

私が写真を撮ったら 「じゃ、僕も一応撮っておこう」 と、スマホで撮影


DSC04914.jpg
次の小龍包は、オーダー入ってから店主さんが皮から作り出す
製作過程を眺めながら待つ間、サル吉くんと話したりお隣さんをかまったりと忙しい



DSC04915.jpg
来たっ!!  箸で持ち上げるとちゃんと中のスープの重みで涙型になる小龍包でした



DSC04916.jpg
小龍包用の大きなレンゲがあり、生姜を乗っけて黒酢をかけて食べるスタイル


と、ここでお隣さんが突然私に 「良かったら小龍包手伝ってくれませんか」 と・・

うちは2人で餃子1215個食べたけど、1人で1215個食べたその男性 
出来上がり待ってる間にビールも2本目になってて、相当満腹になっっちゃったらしい

結局お言葉に甘えて私はそちらから2個 我が家分のセイロからは1個

「じゃ、お先に失礼します」 と、帰っていった男性  隣の女がうざいと思ったかどうかは謎


DSC04961.jpg
満腹での帰り道  一応サル吉くんに聞いてみた
さっきのような場合、夫としてはどんな風に感じるんだろう? と・・

「べつにー  また面白がって構ってるな・・ってくらいかな」   なるほど

自分と合わなそうな相手と判断したら、一切構わなくなるのを知ってるから
面白いと思ってるのが分かるんだそうで・・   さすが我が夫だわ

DSC04919.jpg
初日をこうして楽しんだので、2日目は早朝から「嫁業務」 頑張りました 




つづきはまた明日~




晴天続きで日に焼けるーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

嫁2人

DSC04894.jpg

・・ どこか遠くへ出かけたわけではありません
いつものスーパー 屋上駐車場に停めたら、あまりにも青空が澄んでキレイだったので撮影




DSC04893.jpg
刷毛でサッと描いたような雲ですね   モクモクの入道雲を、今年はまだ見てないような・・


明日から5連休のサル吉くん  
今夜は夜中に帰ってくるから、明日朝からの行動は無理だから・・

札幌のお墓参りは明後日かな それから叔母さん宅にお参りに寄ってから小樽のお寺へ
うん、きっとこの流れがベストな気がする  
お義父さんに電話をして予定を聞くと、明日は叔母さんが小樽に来ると言う
コーヒーとケーキでおもてなししようと、今日買い物に行ってきたとお義父さん
偉い! 
「じゃ、私たちは明後日行くね」 と電話を終わらせてから、義兄嫁にライン

いつも土曜か日曜で実家に行くことが多い義兄たちなので、予定を聞いてみると
案の定土曜に行くつもりだったようなので、これでお義父さんは3日間賑やかに過ごせる

このように、実家訪問をなんとなくずらしながら行っているので、特別な事でもない限り
私たち夫婦と義兄夫婦は、なかなか会う機会がありません

サル吉くんには兄が3人いますが、やっぱり一番年が離れた長男のお兄さんにとっては
たとえ一番末っ子がすでに48歳であろうといつまでも「チビ」なわけです 
(今となっては、長男が一番チビなんだけど・・ね)  その関係は多分ずっと変わらない

私と姉の年の差と、ほぼ同じくらい離れた兄弟なんだけど、姉妹っていつしか年の差とか
あまり関係なくなる気がするけど、そこは男女の違いなのか家庭の違いなのか・・

ちょっと余談ですが・・ そのお兄さんは、私とサル吉くんが結婚する時には独り身でした
最初の結婚がダメになったのはサル吉くんが20歳くらいの頃らしい
何とね、その最初の妻は私と同じ名前だったそうで・・   
つまり、サル吉家にとって私は、7年後にやってきた2人目の同じ名前の嫁なわけ
多分、みんな内心複雑な気持で私の名前を口にしたんでしょうねぇ 特にお義兄さんがね


私たちが結婚した当初は、転勤族だったお義兄さんは東京にいたんだけど
その時の彼女を連れて帰って来たこともあって(実家には内緒で)4人で会ったりしました
良い人だったけど、まぁいろいろあったようで結局ダメになりお義兄さんはその後札幌へ
そしてこちらで知り合った人と、再婚が決まり今に至るわけです

彼らが結婚前のこと 「結婚しようと思ってる」 とお義兄さんから聞いた義両親は
うちに来て「どう思う?」 と (^-^)  いやいや、私たちに相談されても・・ねー
姓名判断までしてもらってその結果も見せられたので 「ってことは私も同じようにやられたんだな」
って思ったし、何たって私の場合、1度目はうまくいかなかった名前 きっと心配だったことでしょう


親は、時に驚くような形を取ってまで、子供の幸せを(その子供がいくつだろうと)願うのですね

話がどんどん逸れましたが・・



「夕食の献立もう決まってますか? かぶらないようにしたいので・・」 
と義兄嫁とのラインのやりとりの最後のほうでこのようなメッセージが来た

まだ何にも考えてなかったけど、早めに決めたほうが翌日行く身としてはやりやすいだろうと
その場で適当に献立決めて返事  


通常であれば、4人兄弟の末っ子と結婚したら、すでにそこには3人の嫁がいて
一番最後にやってきた私は「生意気」とか言われていじめられてたかもしれない
靴を履こうとしたら、中に画鋲が入ってたり・・ (ドラマか!)
そんな妄想することもあれば 「あの東京の彼女と一緒になってたら、今どうだったかな」と
別の事も考えたりするけど、今お義兄さんが幸せならそれが一番いいわけだから・・


サル吉家が、ちょっと波乱万丈な息子たちで、私は大変やりやすい 


というお話でしたー


お盆休みでお出かけ予定の皆様は、あちこち混雑もしてますからお気を付けて






同じ名前は私の罪じゃないし!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

光の輪

午前中・・ 仕事に行く前のサル吉くんが発見  (今日は午後から出勤)


DSC04885.jpg
太陽を囲む光の輪  ちょっと不思議な光景でした
もっと完全な曇り空なら「雨が降るのかな」なんて思うところだけど、そういう空模様でもない


「内暈(うちかさ・ないうん)」 という現象で、さほど珍しいことではないようです
大阪だと年間100回ほど観れると書いてあったけど・・ホントかな
何故こういう現象が起こるか・・ちょっと読んでみたけど、さっぱり分からない
ま、いいか!



DSC04886.jpg
丸い形って人の気持ちを和ませる作用があるというものね
だからミッキーマウスもアンパンマンも丸いパーツで出来てるんでしょ?


表彰台に日本の日の丸が上がっても和みますね
今回のオリンピックは、ちょうど12時間の時差だから、観戦しやすい
午前中に注目すべき種目が目白押し タイミングよくサル吉くんが家にいたので
2人で手に汗を握りながら卓球やテニスの試合を観てました 



DSC04890.jpg
我が家のブルーベリーも丸くて和む~~  毎日これくらいしか収穫出来ないし大きさもバラバラ



DSC04891.jpg
一番大きいのは、大黒柱のサル吉くんに食べさせます

我が家の大黒柱は、この1週間ほどお腹の調子がイマイチです
暑いとどうしても冷たいものも飲むし、体もバテ気味ですしね

鶏手羽元を揚げてからタレに絡ませて・・ とか  スパイス効かせたカレーとか
そこらへんを自粛中 今日なんて手羽元と大根とゆで卵の煮物作っちゃったもんね
冬のメニューだ! でも、もう少しでお盆休みだもん 体調整えないとね


ガンバレニッポン!  ガンバレサル吉!





昨日の夜中に、10万人達成いたしました! (気づいたら100003だった)
いつも訪問くださる皆様! 本当にありがとうございます  




 


早くカレー食べたい!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
   

達成間近!

暑い地域にお住まいの皆様・・ お体は大丈夫でしょうか
35℃をオーバーしちゃったら、そんなに無理して仕事しちゃいけません
人間が元気にしていられる限界点ってきっとある  寒すぎても暑すぎても
いつもどおりに物事を進めようと思うほうがどうかしてるんです  ペースを緩めて下さいね


DSC04881.jpg
我が家の地方は、今日は30℃には届かず28℃くらい それでも、空気がもわっと温かい
こんな季節は、家の中に花を飾っても長持ちしませんね  そこでこんなグリーン 



DSC04882.jpg
水の中にも葉っぱを沈めてしまうってのはどうでしょう?  
このような装飾のないシンプルな円柱形のガラスの容器がベストです
花瓶だと、ここまでシンプルなものってなかなかないんですよねぇ
これは、パスタ入れ  家の中を見回すと、案外使えるものって見つかります

玄関に打ち水をする 部屋の中に「涼」を演出する  風鈴を下げる
昔ながらの日本人の夏の過ごし方って良いですね  



DSC04880.jpg
立派なインゲンが収穫出来るようになってきました  



DSC04879.jpg
朝のヨーグルトには、庭のブルーベリーとワイルドストロベリーも追加    
なんか「ロハス」な生活っぽいではないの!  と、自己満足です



DSC04878.jpg
夏休み しかも土日で天気もいい  きっと買い物に行っても混んでるだろう・・と
週末は家にあるもので食いつなぎ、サル吉くんが昼間寝てる間は静かにポスクロやってました

多分初めての国セルビアに住む女性が当たったんだけど、セルビアってどこだっけ?
ってところから始まります  プロフィールページには、その人の住む地域の地図が出る
大人になってこんなに地図を見るようになるとはね  ポスクロのおかげです
「セルビア」 響きだけで何となく政情不安のイメージがあるけど
地図を見るとコソボ・ボスニア・ヘルツェゴビナ・クロアチア などと隣接
地図で言えば、イタリアの右側に位置する北海道とほぼ同じ大きさの小さなな国

政情不安だろうと何だろうと、その国に生まれた人たちはその中で日常を同じように過ごし
見知らぬ他の国に興味を持ち、まだ見たことのない風景を見たいと望む
それは、世界中のポスクロ会員の気持ちと何ら変わらない 
いつどこで生まれるかは自分では決められない 運命の流れのまま

「世界国別平和度ランキング」なんてのがあって・・ 日本は堂々の6位
上からアイスランド・デンマーク・ニュージーランドです
6位の日本も、最近は平和とは言えないような事件も多いけど

台湾が28位なのが意外な気がする  
オリンピック開催中のブラジルは83位 これは何だか分かる気がする
我が家が大好きなタイ  6回も行ってるけど平和度133位 
外務省の危険度も「充分注意」のドクロマーク1個です  微笑みの国なんだけどね

オリンピックを見てると、そんなランキング関係ないな 1つのことにがむしゃらに
打ち込んでる姿ってどの国の人でも素敵だな と、思いますね

天皇陛下も、早く肩の荷おろして誰にも気がねせずゴロゴロしながらオリンピック見て
美智子さまと仲良くスイカとか食べれるようになるといいのに!



こんな私のゆるいつぶやきブログに訪問してくださる皆様
何とですね  今日か明日には訪問者数が100000人になりそうです
いつかなー  だれかなー  その達成の瞬間を見たいと思ってるけど
イチロー選手の達成もライブで見れなかった私たちなので、やっぱり無理かな

「私でした」 と、思われた方がいらっしゃいましたら・・是非お知らせくださいね 




ひとえに皆様のおかげです~~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

蛇口とネイル

快晴の土曜日です お昼の気温は28℃くらい
このところのまとわりつく湿度がなくなったせいか、さほど暑く感じない
サル吉くんは、夜勤の最中なので昼間寝てますが今日なら安眠出来てるんじゃないかなぁ




DSC04874.jpg
昨日 我が家のキッチンの蛇口が新しくなりました

2~3年前から時々不具合が出始めて、水やお湯を出す時のレバーがキツくなったり
脇から水が滲んで溜まるようになったり・・その都度上の部分を外してネジの調整して
それでもダメな時は部品を探して2回ほど交換  でもそのパーツも6000円くらいする

私が室蘭に行ってる間に、またレバーがキツくなってしまったようで、帰ってきてから
1週間その使いづらい蛇口がストレスでストレスで!!

14年経つ蛇口だし・・あきらめて丸ごと交換しようか  ということになりました

まずは私がリサーチ  近くのホームセンター2ヶ所で、事情を説明して同じような話を
まるで初めて聞くような姿勢で聞く
部品交換しても一時的にしか良くならない旨を説明すると、どちらの担当者も
「10年経過している場合は丸ごと交換をおすすめしています」 と口を揃える

なんだよー 10年しか使えないような蛇口しか作れないわけないだろー!!

と、内心思いながらも「全くの素人でよくわからなくて困ってるんです」という顔の私

大体その部品だって、ネットで調べたら10年経ったらメーカーは作ってなかった
同じ型を違う会社で作ってたからその時はなんとかなったけど、そういうやり方が気に入らない
どこのメーカーとは書かないけど、トイレのウォシュレットが10年経つと自動的に
「要点検ランプ」が点滅する仕様にしてるってやり方を知った時もムカっとしたから
同じメーカーのキッチン用混合栓なもので、今回は絶対メーカー変えるつもりだった

店には、各メーカーのいろんな混合栓が並んでる  もちろん値段もいろいろ
「人気のエコ水栓」 と、シールが貼られてるものを見て気になったから「どういうエコ?」と聞くと
水を使ってるつもりでいても、お湯が混ざっている場合があってボイラーが作動する
それを防止するために、水とお湯の境界線部分でカチッと音がするように作られてると・・

ふーん  全然気持ちが動かない

そこらへんは使う人間が気をつけるかどうかの問題  そんな余計なものがあるから
モノって壊れやすいんだ というのが私の考え  
いっそ昔ながらの蛇口のほうが、何十年ももつだろうからそっちにしてもいいくらい

ま、でもそこまで極端に退化しなくてもいいんだけどね  

と、いうわけで、今回はTOTOさんの混合栓  
今までは取っ手部分は白いプラスチックだったけど、ステンレスのものに
で、よく似たものが以前のメーカーからも出ていてそっちのほうがちょっと安かった
「この値段の差はメーカーの違い?」と聞くと、「いえ、これはプラスチックにメッキして
ステンレスに見せてるだけで、その違いです」 と・・ 
そういうみかけだおしなやり方が嫌いだっていうんだよ!!

そして次の問題は、その蛇口交換を自分でやるかお店に依頼するかということ
サル吉くんは自分でやる気満々  一応お店で工賃を聞いたところ9000~10000円
そりゃね、お金がかからないにこしたことはないんだけど、下手に手を出して
水とかお湯とかだし不具合あったら、大惨事になる恐れもあるわけで・・
それなら任せちゃってもいいのかなって思う私 お金を払えば何かあっても文句も言える

お店の人に聞いたら、自分でやる人も正直多いということなので、もし出来なかったら
その時頼むことにしてまずはサル吉くんにお願いすることに  で、結果うまくいった

ギーって音が出るほどキツかった取っ手が、軽い軽い! 
しかも水はね防止になってて、ちょっとシュワシュワした水で出てくる 
こういう進化は嬉しいよね

ちなみに、こちらではこういう蛇口も「寒冷地仕様」となっています




DSC04876.jpg
たまには、花をバックに一般的なネイル写真風に撮ってみた
この間、採血してもらう時に「親指を中にしてグーしてね」って看護師さんが言って
グーしたら・・ 「あら~キレイ!海みたい! 貝殻まで付いてるのね~」 と褒められた

先日ご近所と夕涼みした時も、そこの奥さんも気づいたし・・案外目に入るのね


ってことは・・だ!  突然の訃報とかの対処を考えるべきだよね と大人の私は気づいた
法事とかなら事前に分かるから、それに合わせて落としておくか地味ネイルにすることも可
でも、葬儀の知らせはいつやってくるか分からない  マニキュアと違って自分で落とせない
タイミングよくネイルサロンに行けるとも限らないし・・

これだけネイルが流行してる今、みなさんはどう対処してるんだろう? と調べてみた
お通夜とかなら黒手袋って人もいた  ただお焼香の時は手袋はしてられないし
親戚とかの葬儀だと会食も出なきゃって場合もあるし・・ 10本の指にカットバンってのもね
(格好つけてカットバンって書いてますが北海道では「サビオ」と呼びます)
見ず知らずの看護師さんは「貝まで付いてるのね~」とはしゃいでくれるけど
一族の誰かは、もしかしたら何年も「あそこの嫁は常識はずれ」と言い続けるかもしれない
自分の葬儀なら、どんな爪だろうが、逆にキラキラのまま逝けて嬉しいくらいなんだけどね




DSC04875.jpg
ちゃんとあるんですね  こういうものが! (左の水色はおまけの入浴剤です)

どんな派手なキラキラネイルでも、多少ラインストーンで凹凸があっても
上からベージュ色でカバーしてしまえるその名も「カモフラネイル」

これのいいところは、終わったあとにお湯ではがせちゃうってこと
実際やってみてないから、果たして本当にそんなうまい具合に剥がれて下のジェルネイルが
無傷なまま残るかどうかは分からないけど・・ これさえ家に用意してあれば安心

一番いいのは、あまり使う機会がやってこないことなんだけど






DSC04877.jpg
人差し指と中指の間に向かって急上昇してる感情線
自分ではあまり自覚はないけど、情熱的とか熱しやすく冷めやすいとからしい
だからネイルも、永遠にやってはいないだろうけど・・ 今はとても楽しいのでね



プラスチックよりステンレス   爪もちょっとキラキラ
案外私は光り物に弱いのか?




鯖も好き~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

にこにこ動画

2016年 BUG PICNICの楽しい動画が完成しました








何度見ても、みんな楽しそうでほっこりする  
もっと規模の大きいイベントも道外だと開催されてるようですが、両方経験した人が
「北海道のイベントはアットホームで温かい」 と、おっしゃるそうです

今年は「オブラディオブラダ」

Life goes on  人生はまだまだ長いという歌詞をバックにみんな笑顔だけど

「長い人生かもしれないけど、今しか出来ないことも確かにある」

ということにも気づいてる大人たちの集まりのような気もします





だって確実に半分は過ぎてるしー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

高温注意情報

ここ何日か、ほぼ真夏日という日が続いています 29℃~30℃くらい
大気が不安定なのか、ところどころでゲリラ豪雨で畑の被害もあるようです
湿度が高く、もわっとした空気が体にまとわりつく感じ 

今年は扇風機いらずかぁ・・ と、思ってたけど、一昨日の夜出しました
今はテロップで「高温注意情報」が流れてる
気温の高さに慣れてない北国の人間は、熱中症対策も甘かったりするからね

そんな暑さの中、今日は食品治験ボランティアの検査日
前日夜からの絶食はいいとして・・ 水分飲んじゃダメ!は、こんな暑い日は辛いよ
朝家を出たのが8時すぎ それから帰ってきて水分補給したのが11時



DSC04868.jpg
大学構内  2時間駐車場に停めてた車内は灼熱!



DSC04870.jpg
お菓子やお茶が席に置かれているので、採血が終わったら食べていいんだけど
大体皆さんお持ち帰りします  この陽射しだものチョコレートが溶けちゃう~~~


今回の「コレステロールを下げるお茶」試験は、今日で終了
3~4ヶ月後にまとめてこの4ヶ月の検査結果が送られてきます

そして最終日には希望者のみ「遺伝子検査」を受けることができます
人間の体の設計図とも言われる「DNAの配列」 この違いがいわゆる「体質」なわけで
もちろん暮らしの中での食生活などの生活習慣によってもそれは変化するけど
基本の「体質」っていうのは生まれながらのものだから変わらない
自分の体がどんな設計図でできているか・・それを大まかでも把握しておくことで
より健康寿命を延ばせるのでは・・と言われているらしいです

全く同じ食生活をしても、太る人 太らない人
機能性食品や栄養補助食品を摂取して効果のある人 あまり変わらない人

そんなのも、基本の体質の差が影響してるんだと

基本1回のみ 何度やろうと結果は同じだから当然です
ただ、今回は検査の項目も増えより精密 綿棒で口の中の細胞取るだけの検査じゃなく
採血で調べる方式になったので、2度目の人もOKとなった
採血量が2CC増えるくらいどうってことないでしょ  私の設計図知りたいww
こういう検査実費なら4万とかするってみんな知ってるのかな ほぼ全員希望

無料でこういう珍しい検査も受けれて、最終日は「お疲れさまでした」と
6000円分の商品券いただいて・・  多少の空腹我慢する気になりますよ そりゃ


DSC04871.jpg
大学の近くの野菜直売場  次々車が入っていくからいつも気になってた
ワクワクするほどの新鮮野菜 これだけ買って1000円でお釣りがくる幸せ


DSC04872.jpg
理想の育ち具合の空芯菜が100円だもん  1人1つだな・・と2つ買う 
「ちょっと どうお~(←道央とかけてる)」 は、スルーしておこう


DSC04873.jpg
カリフラワーはカレーピクルスに キュウリは普通のピクルス 液が余ったから人参も
黒砂糖を使ってみたので、色が濃い目  カレーピクルスはターメリックも追加

暑い夏にはピクルスだよね~~~  この間買った酢があっという間になくなりました


昨日の夕方も蒸し暑かったんだけど・・


DSC04866.jpg
庭のインゲン初収穫   豚肉とキムチを一緒に炒めたところでサル吉くんの車の音
車庫に車をしまって家に入ろうとしたら、2軒となりのおうちの奥さんがやってきて
「ビール持参で一緒に涼まない?」と誘われたと・・

そこのうちは、車2台横並びでしまえる大型ガレージ  
夏になると、しょっちゅうそのガレージ内で焼肉しながら家族で夕涼みしてる

じゃ、ちょっと行っちゃう?  と、ほんとにビール片手にお邪魔してみる
我が家は不規則な生活パターンなもので、なかなかタイミングが合わないけど
うまく合えばこんな風に仲良く気軽におしゃべり出来る関係
子供達にはプリッツを与え手なずける

今、けっこう写真にハマってるというそこのご主人  朝早くから近場で写真撮ってると・・
「じゃ、私のお気に入りの木があるんだけど、教えてあげましょう」 と、言いながら
勝手に命名してる「うにトラの木」の話をしたら・・  おもむろにスマホを見せられた

すでにちゃんと写真になってました けっこう知られた存在なんだそうで、マニアもいるんだって
私だけの「うにトラの木」じゃなかったんだ!! 


DSC02634.jpg

ま、そりゃそうだ  こんな写真が私でも撮れるんだから


「誘ってくれてありがとねー」と、1時間半ほどお邪魔して帰って来たけど楽しかった


さっき気づいたけど、他の人の目には触れない拍手コメントのところに
昨日の「理想の人」からメッセージが届いてた
その温かい内容に感激したので、ここにコピペしちゃいたいほどだけど・・
つまり、本当にそういう方なわけですよ 
私が当人だったら 「いやー うにトラちゃん! こんなふうに書いてもらって
感激だよ!ほんと!!ありがとねー!! また今度みんなで会いたいね」などなど
軽いタッチで表のコメントに書いちゃうんだろうな・・と、思ったり



深みのある人間になりたいものだ



今日もビールが美味しいに違いない!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

理想の人

「こういう人と巡り合って一緒に過ごすときっと幸せになれるんだろうな」
世の中には、知り合った誰もがそういう思いを抱くようなそんな男性がごく稀にいます

私がまだ20代 1日働いたあとでも全力で飲みに行けて、例え明るくなるまで飲んでも
また仕事にも行けた頃・・ 職場の仲良しの先生達と、同僚達 そして製薬会社の方達で
テニスの同好会っぽいグループを結成して、仕事の後に体育館でテニスをしたり
夏は合宿と称して泊まりがけで出かけたり、週末「オールナイトテニス」という
今考えても「頭おかしいんじゃないの?」って思うような事もしていました

病院の先生と製薬会社の社員 よくあるパターンなら、接待ゴルフ的なそんな間柄
でも、私がずっと一緒に働いていたO先生は、人として好きになった相手は別格に考える人
同好会に参加してた製薬会社のメンバーは、O先生にとって仕事抜きにしても大事な友人

その中の1人Iさん 女性メンバーの誰もが「良い人だよねぇ」と思ってた

「誠実な仕事ぶり」 「常ににこやか」 「穏やかな性格」 「家庭を大事にしてそう」
「スポーツ万能」 「お酒もタバコもやらない」 

その同好会は、お酒好きの集まりでもあったので、飲む機会もとにかく多くて
すすきのにもよく行ってたけど、お酒を飲まないIさんも、ちゃんと参加してくれてた
今思えば、多くの酔っ払いの相手は、さぞ大変だっただろう・・と、これを誰かが読んだら
「お前がそれを言うのか!」って言われそうだけど・・ まぁ私も今は思うわけですよ

テニスの同好会も、病院が変わったり、みんなが年を取ったり(笑)、メンバーが転勤したりで
解散とはなったけど、たまーに飲み会を開催してはお互いの近況を語り合ってた

そのIさんも、途中で広島に転勤、札幌に戻ってきて定年後も嘱託で少し働いたあと
第二の人生を夏はゴルフ冬はスキー中心に楽しんでいます
「スキー場でリフトのおじさんのバイトを始めたよ」 と聞いてからFacebookでも繋がって
好きなゴルフを続けるために、お小遣いも稼ぎウォーキングも続けてるところは
さすがだわ!って思っていたのです

そのバイト先のスキー場は小樽にあるんだけど、私はスキーはやらないし
サル吉くんも大人になってからはやってない なもんで、いつも実家に行くたびに素通り
ところが、そのスキー場 斜面に百合を植えて「ゆり園」として夏の名所となった
Iさんは、ゆり園のシーズンもリフト係で働いているというではないの!

「会いに行きたいなぁ」って一昨年も去年も思いながら、タイミングが合わず断念

室蘭から帰って来た翌日 休みだったサル吉くんと 「行ってみようか!!」 となった


DSC04830.jpg
まずは、いつもの神社へ  1日だから「おついたち参り」  


DSC04831.jpg
母の手術が無事に終わったという気持ちもあるので、いつもより「多め」にお賽銭
もしIさんに会えたら、このお塩をプレゼントしよう♪



DSC04832.jpg
青空だったらもっと良かったんだけどね ま、雨が降ってないだけよしとしよう


DSC04833.jpg
どうやらまさに見頃を迎えた咲きっぷり  ブロともさんが行った7月初旬はまだ葉っぱだった


DSC04834.jpg
スキー場なので、こんな斜面なわけです  歩いて頂上まで行くことも出来る
800円の入園料 JAF会員だと半額にしてくれますよ
10歩くらい斜面を歩いてみたけど・・これかなりキツくない? しかも湿度高いし


DSC04836.jpg
見渡す限りの一面の百合  湿った空気に運ばれてもったりとした花の香り



DSC04835.jpg
こんなに1度に百合を見た経験はありません 


DSC04837.jpg
平地じゃないから、なおさら迫力あるのかも!  スキー場にゆり園 ナイスなやり方です 

Iさんいるかな~と、麓のリフト小屋を覗いてみる 見当たらないので近くのお兄さんに聞くと
山頂にいるという答え  じゃ、上まで行かなきゃ!!   



DSC04839.jpg
もちろん「リフト」でね 徒歩で頂上に上がったら、汗だくで化粧も落ちる
久しぶりに会うんだもん  「年取ったな」って思われる覚悟でもせめて化粧くらい保ちたい



DSC04841.jpg
日本海が一望出来ます  快晴だったらきっともっと鮮やかだったことでしょう
頂上の手前で、ポツポツと雨  えーっっ 雨降るなんて予報じゃなかったのに?

リフトを降りるところでIさん発見!  そりゃ驚くよね 予告なしのサプライズ訪問だもん


「お~っ! ○○ちゃん!! (いつまでもちゃん付けしてもらえる幸せ) 久しぶり!!」
 おっ!こちらがサル吉さんだね? どーもー 初めまして」  

ブログは教えてたから、私の夫は「サル吉くん」という認識
冷静に考えると 初対面の相手に「サル吉」って呼ばれる夫って面白いよね
  
DSC04854.jpg
再会記念の写真  元気そうで何より  にこやかな笑顔も穏やかな口調も変わらない



DSC04843.jpg
「一番いい時期に来たね ただ、青空じゃないのが残念」  うん、私もほんとそう思う
にわか雨にしてはけっこうな降り方になってきたので、山頂の小屋で雨宿り


DSC04844.jpg
「ゆりソフト」  本当に花の香りがするのね  
「ゆり根の天ぷら」ってのもあったけど、アイスと天ぷらじゃお腹壊しそうでやめといた



DSC04852.jpg
雲間に太陽が顔を出したタイミングで、徒歩で下山してみることに 



DSC04845.jpg
色のトーンを揃えて植えてるところがあったり



DSC04851.jpg
カラフルなところがあったり   雨に濡れた花もそれはそれで美しい



DSC04847.jpg
早咲きのもの 遅咲きのもの  なるべく長い期間楽しめるように



DSC04846.jpg
考えながら植栽してるんだろうな  スタッフの方達の手入れの大変さが伝わる



DSC04849.jpg
ここで働いたら、絶対足腰強くなる   Iさんはきっとゴルフのスコアもさらに上がったことでしょう



DSC04858.jpg
オレンジゾーン


DSC04853.jpg
百合は風に揺れる姿が美しいから、歩きながら見るのがいいともいうし・・



DSC04861.jpg
斜面を歩きながらの鑑賞は、ピッタリかもしれません



DSC04863.jpg
神社→ゆり園の流れなもんで、サル吉くん1人で鐘鳴らしてて笑えたけど
仲良く2人で海眺めながら鳴らすのがカップルってもんじゃないの? ま、やらないけどね


DSC04860.jpg
麓の建物に入ったところで、再びザーザー降りの雨  このあとリフトも休止
下山のタイミングとしては最高だった  

斜面を下りるって、体力いることなのね  車に戻るとけっこうぐったり
そして昨日・今日は地味に筋肉痛だったりする  


DSC04855.jpg
あの頃みんなが思ってた「理想の人」は、何年経っても変わってなくて
当時の私たちの人を見る目もなかなかのもんだと思ったりするけど

結局一緒に歩いてるサル吉くんは、穏やかでもなければ常ににこやかでもないんだなぁ

でも、私という人間が不完全な以上、相手ばかりが完璧では合うわけがないんだよね
凸凹してるから、お互いを補い合ってちょうどいい   うん、きっとそうに違いない

Iさん・・   私もとっても大人になったでしょ? 今は記憶をなくすほど飲んでないので安心してね






理想と現実!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

母強し 2

本日2つめの記事  

ICUは、通常のお見舞い時間とちょっと違って面会の時間が細かく指定されてます
午前の部は11時 家族限定で30分以内という時間制限もあり

一夜明けて土曜日は、11時の面会に合わせて家を出発  
処置が終わるのを待ってICUに入ると、ベッドを少し起こしてもらってこっちを見てる母
朝から食事も出たようで、お粥は食べなかったけど牛乳とヨーグルトは食べたと・・

さすがに眠れない夜だったようで 「昨日花火大会だったんだよ 音聞こえた?」と聞くと
「聞こえたよ 笛とか太鼓とか 賑やかだった」 と・・

ん? 笛や太鼓?? そういうお祭りじゃないはずだから、夜聞こえたとしたら
多分花火の音だけのはずなんだけどな・・ ま、いいか と聞き流す

特に経過に変化はないようだし、面会の30分があっという間に過ぎたので退室

午前中に本日のミッションは終了してしまった   
雨はかろうじて上がっていたけど、あいかわらずの曇天 湿度もあって蒸し暑い
じゃ、エアコン効いた車でちょっとドライブでもしようか♪ ってことでそのまま走る


DSC04789.jpg
まずは腹ごしらえ   

それから、大して使ってないはずなのにそこそこ料金を払ってるという姉のスマホ
「絶対プラン変更すべき!」 という妹の強い意見で、有無を言わさずショップへ
「持つべきものは頼りになる妹」などとおだてられながら、さらにドライブ

DSC04794.jpg
この間車のイベントで来たばかりだけど、洞爺湖に到着 ご覧のような霞っぷりです

「この前大泉洋がTVでやってたアトラクションがこの辺にあるはず」 と姉が言った途端

DSC04796.jpg
目の前で、発見   見たことある~  こんなことが洞爺湖で出来るのね
中に入っているのは、どうやら子供連れのお母さん  多分小さい子は出来ないのでしょうね
「頑張って~~~っ!!」 と、岸でずっと応援してましたが・・


DSC04797.jpg
静かに漂ってました   ちなみにこれはロープで岸に繋がれてるので流されることはありません



DSC04799.jpg
曇天の中、笑いを誘うリアクションもなく漂う透明な玉 (素人さんだもん当たり前だけど)
何ともシュールな風景を目撃した気分

やっぱり、こういうアトラクションって出川哲朗とかイモトとか・・彼らがやってこそ面白い 

2500円だったかな  興味のある方はどうぞ~  



湖畔に、私が好きなパン屋さんがあるので久しぶりにパンを買って帰ろうかな・・と行ってみる

DSC04790.jpg
「ラムヤート」   洞爺村を、逆さ読みして名前になった(私の記憶に間違いがなければ)

時刻は午後2時  もう1個もパンが無かった   残念!!


DSC04814.jpg
手間暇かけて焼き上げたという(ナッツを漬け込むのに時間がかかるらしい)焼き菓子のみ
じゃ、話のタネに・・と1個買ってきた 

ラムヤートのお兄さんが「すぐ裏に焼き菓子のお店もあるので良かったら寄ってみて」と・・

DSC04793.jpg
裏を歩いてみて、1度通り過ぎてから道路に矢印があることに気づく
ほんとにパン屋さんの裏!!  


DSC04792.jpg
これが看板   「焼き菓子 しまりすや」  チョークの文字はもう少し濃いほうが・・


DSC04791.jpg
でも、こんなかわいい建物がひっそりと隠れてる  今度は午前中にパンを買いに来よう



DSC04811.jpg
じゃ、帰りにアイスでも食べよう と、有名どころに寄ってみる



DSC04806.jpg
牧歌的な風景の中に立つジェラート屋さん



DSC04804.jpg
黒ごまとレアチーズ     なんだか遊びに行ったかのような写真が続きますが・・



DSC04805.jpg
病人を支える身内が、しっかり元気でいることも大切なこと



DSC04808.jpg
ね、お姉ちゃん  と思ったら、姉は子うさぎの「葉っぱくれくれ攻撃」に応えてます




車を運転しない姉  もし母の病院に顔を見に行くとしたら、バス利用で小一時間かかる
もう1泊して、2人で母の様子を見に行って、実家に姉を送り届けてから帰ることに決めて
日曜も11時の面会時間を目指す  ちょうど室蘭に豪華客船が寄港  行く途中で発見

DSC04818.jpg



「船旅ってしてみたい?」 なんて会話を、車内で交わす能天気な姉妹
まるでしてみたいという気持ちさえあれば、いくらでも実現出来るかのような盛り上がりです
「ダンスとか出来ないと楽しくなさそうだよね」  イメージ先行の会話

「お母さんなら、ダンスも出来るしきっと物怖じせずに前に出るだろうし
 何でも美味しく食べるから元をとって楽しむだろうね」 という結論

「そんなお金ないよね」 っていう事で、話を終わらせないのが共通点


DSC04819.jpg

ICU2日目の夜はちゃんと寝れたようで、さらにスッキリした顔の母

会話の内容も特におかしな点はなかった   唯一オペ当日の夜中の話だけが面白い

夜、眠れずにいると、まるでアニメーションのようにいろんな映像が見えたり
私が相当昔に着ていたワンピースを着て出てきたり
挙句には、運ばれてた重症の患者さんが心臓マッサージされてる音とか付いてきた家族が
あちこちに電話する会話とか 結局命を落としたために、お坊さんまで来てお経も聞こえたし
木魚の音もしたと・・  半分は「夢かな」と本人も思ってるんだけど、相当リアルな記憶のようで
半分は本当のことだったに違いないと思っちゃうようで、看護師さんにもそれを報告してた

麻酔薬って怖いねー   超リアルな幻覚を見るのか?

それとも、霊感なんてない母だけど、こんな時は見えないものが見えたりするのか・・
お坊さんが来るのはありえないけど、本当にその部屋では重症患者さんが助からなかった
そんな場面がつい最近あったとかね   内心看護師さんがドキドキしてるとか
無い話ではないよね  

うちの母の「強さ」  それは、こういう記憶に対しての結論付け

「なんだか怖い」  「気持ち悪い」   ここら辺が普通の感想だと思うけど・・

お経を耳にしながら、うちの母は「誰か知らない人が私の代わりに逝ったんだな
ってことは、私は助かるな」  そう思ったらしい

長生き出来るかどうか   その鍵は、こんなところにも隠されているのかも



DSC04821.jpg
5日ぶりに自宅に戻ってきたけど、不安定な天気のまま  久しぶりの「うにトラの木」


DSC04822.jpg
居酒屋さんまでバスに乗って行っちゃったもんね  2人で飲む気満々



DSC04826.jpg
いろんなつくねが楽しい


DSC04827.jpg
長いもの漬物に山盛りかかっているのは「鰹節」じゃなくて「鮭節」 ちゃんと鮭の味がする 


昨日、一般病棟に戻った母  姉から聞いた話だと、おしゃべり好きな同室者と
会話も弾んでいるようだから、順調にいけば来週には自宅に帰れるかもね

年齢的にも、いつ何があるかわからないけど、今の強さと明るさを持続させてほしいものです






なんだか遊びが半分だったかも!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

母強し

なるべく時系列的に書き残しておきたいこのブログだけど・・
昨日の「久々の再会」話を早く書きたい衝動にも駆られる  悩む!!

でも、自分の記憶が頼りの日記ですから、やっぱり忘れないうちに古い話から・・


DSC04783.jpg
去年の秋に顎に腫瘍が見つかり、11月末にその手術を受けた私の母
その時は、まず腫瘍内部に詰まったものを取り除き組織検査をすると同時に
中を空洞化することにより周囲の骨が再生する可能性に期待して時間を置き
小さくなったところで本格的な摘出手術という運びだった
その、摘出手術が半年後の今回だったのです
骨って年齢関係なく再生するもんかね・・と、ちょっと疑いながらも半年経過
CTの画像を見て驚いちゃった ちょっとでも顎に衝撃受けたら折れちゃいそうだった
部分の厚みが見るからに違う  生きてる間は、スピードに差があったとしても
ちゃんと人間の体ってミクロの世界で常に再生してるものなんですね

幸運なことに、高い確率で悪性腫瘍ではないので、手術さえうまくいけばその後の治療はなく
その手術も、奥歯を何本か抜いてそこから摘出する口腔内からのもの
やっぱり一番目立つ「顔」の手術 これが大きな傷が残ったり、顎の骨を失う結果だと
命と引き換えとは言っても、その後の日常生活が母にとって辛いものとなってただろうし
美意識に関しては、2人の娘より高いんじゃないかってくらいの母なのでなおさらです

そう、今回の入院にしても・・ 「退院後にすぐ美容室に行けないかもしれないから」と、
何と入院の前日にわざわざ室蘭から札幌の美容室まで髪を染めてカットに来た
もちろん、そうなると姉も付き添いで同行なわけです ついでに姉も髪の毛やってもらうけどね

「じゃ、美容室終わったら、途中まで迎えに行くからそのあとうちでお昼ご飯食べて
 そのまま室蘭まで車で行こうか」  と、私

そんなこんなで、入院する前日の27日から私のドライバー業務が始まりました

そのまま何日か実家滞在の予定だったから、家のことを片付け、着替えの用意をし
お昼ごはんの準備をしてから2人を迎えに行く 
母や姉が我が家に来るのはなかなかないことなので、久しぶりの訪問です
ただ、天気が残念だった  激しい雨で、庭を見せることも出来ず

夜勤明けで帰ってきてたサル吉くんも、一緒にご飯を食べようと寝ないで待っててくれて
4人で食事をしてから 「じゃ、行ってくるね」 と、母と姉を乗せて室蘭へ

土砂降りとはまさにこのこと いつになく真剣に速度制限のかかった高速道路を走行

翌日の入院は午後2時  「お父さんのお墓参りをしてから行きたい」と、前日の夜母が言う
この雨じゃ無理だね~ と、ほとんど諦めてたら・・  不思議なことに翌日ちょっと回復


DSC04767.jpg
街を見下ろす高台にあるので、いつもロウソクの火だってうまくつかないけど
不思議とこの日はロウソクの火もちゃんとついた そんな事さえ母にとっては良い兆し

「まだ連れてかないでね」 と、お墓の父に向かって頼んでたけど
先に死んじゃうと「見守っててね」だの「まだそっちに行きたくない」だの好き勝手なことを
言われ続けて大変なものです


そして午後から病院へ  
翌日が手術だから、手術室の看護師さんやらICUの看護師さんやら次々やってきて
手順の説明  前回は、そのめまぐるしさに血圧もどんどん上昇してぐったりだったけど
さすが2回目は違う 何事も経験が人間を強くするものです
次は、家族も含めて麻酔科や口腔外科の先生からの説明を受けて同意書にサインが必要

「麻酔科の先生がちょっと忙しくて・・ ご家族は最高何時くらいまでいられますか?」
そんな質問をしにくる病棟の看護師さん 

最高何時ってか! その答えによって調整出来るんだったら、その質問は無意味でしょ
4時までって答えたら4時に来れて、7時までって答えたら後回しにされるんなら
こちらも答えを考えちゃうよねー

「そりゃ早いに越したことはないですけどね でも来れないものは待つしかないですし」
そんな言い方しちゃう私は生意気でしょうか・・  

結局4時に麻酔科の先生に会いました 「やればできるじゃん」なんて顔はもちろんしません

翌日手術は午前11時予定  場合によっては少し早くなることもあるので家族は早めに来てと言う
ハイハイ おっしゃるとおりに参りましょう   と、9時半には来る約束をして帰宅


DSC04770.jpg
姉が冷やしておいてくれた頂き物のビールでひとまず乾杯




DSC04765.jpg
実家の朝は、スズメたちの訪問から始まる
居間の窓から観察してると、時々スズメ達が何やら騒がしい時があって


DSC04815.jpg
そういう時は、こんな大きなヤツが来てるから・・ということを知る  山鳩くんです
気づくたびに姉が追い払う  鳥寄せをすると、こんな手間もあるのね


DSC04772.jpg
入院2日目  結局手術の時間はほぼ予定通りの11時  手術室の前まで付いて行く
扉が静かに閉まったら、家族はあとはただただ終わるのをぼーっと待つだけ


DSC04774.jpg
心臓弁膜症が見つかり、そんな体で全身麻酔の手術を受けるわけだから
何かの拍子に心臓が動きを止めることもありえる ということで、術後はICU管理
てなわけで、家族はICUの前のこの控え室を使って待つことが出来ちゃう


DSC04773.jpg
家族にとっても、前回の経験があるから・・今回はちゃんとお昼ご飯も飲み物も持参
姉のスマホがようやくラインが繋がったので、待ってる間に「ライン講座」を開講


「終わりました」の声かけがあり、まずは担当の先生からの説明を姉と2人で聞く
予定通り摘出出来たこと ただ、顎の神経が少し傷ついた可能性もあるので
多少しびれを感じるかもしれない それは少しずつ回復すると思うけど残る場合もあること
細胞診の結果を待ってまた説明するけど見るからに悪いものではなさそうな印象であること

そのあとICUに入って母とご対面  声をかけるとちゃんと目を開けて
酸素マスク越しに会話も出来る まともに話してる風ではあるけど
果たして明日とか覚えてるかな?って思いながらも先生の話を伝達

とりあえずホッとしたところで、姉と2人立ち去ろうとすると・・

「気をつけて帰ってね ちゃんとご飯食べなさいね」 と母の声がする


後から家でビール飲みながら姉とも話したけど・・

手術の途中で心臓止まっちゃうこともないわけじゃない とか言われ
本人は内心穏やかじゃない気持ちで受けた手術
全身麻酔で寝かされ、気づいたら身動き取れない状態であちこちチューブで繋がって
頭はまだクリアじゃなくてぼーっとしてるはずなのに

別れ際にはちゃんと母親のセリフが出るんだな とね それってちょっとグッとくる

子供の頃には分からなかった事が、自分が十分に大人になった時点で分かってくる
自分の親を客観的に見れるようになると、自分たちの母の世間知らずな部分
明るい面と暗い面 感情をぶつけてくるわがままな部分 それらも見えてくる

でも、それとは別に親は死ぬまで親であり続けるというところが、時に悲しいまでにありがたい


そして姉も私も、そういう「無償の愛」を注ぐ人生を結果的に歩んでないだけに
誰に対してってことじゃないけど申し訳ない気持ちになる事もあったりね


親に対しての気持ちって、やっぱり相当自分が成熟しないと気づけない
気づいた時に、まだ元気でいてくれてるってことに、何より感謝したい



DSC04775.jpg
人間って・・ ホッとすると甘いものが食べたくなる生き物でしょ?

姉が持ってた情報をもとにかわいいケーキ屋さんに寄り道


DSC04782.jpg
マンゴーのムースも


DSC04781.jpg
抹茶のケーキも、洗練されてる! 店主は、東京で修行した方だそうですよ



DSC04786.jpg
普段家では飲まない姉も、私のせいで毎日ビール飲むハメに  
ま、でもお祝い気分で飲むビールですから美味しいよね


まだもう少し続きますが、長くなったので別記事にしまーす




母が強い話は後編で!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。