変わらない関係

昨日は、コメント欄&拍手コメントにお祝いのメッセージをいただきありがとうございました
夫婦にとってはある意味大きな節目となる日なので、ブログに書き残していますが
その度に、過去の5月30日の記事そしていただいたコメントも読み返します

皆さんからの言葉で、ちょっと姿勢を正す   私にとっての大事な流れです

3日間実家でそこそこ働いてきたので、ちょっとくたびれてたってこともあるんですが・・
昨日は平日だし 翌日も仕事だし 外食の予定もなく家でも特別なメニューは計画していず

でも、せめてシャンパンくらい飲んでメリハリつけようかな  それともケーキ? と迷う

朝、サル吉くんとも打ち合わせせず見送ったので、仕事帰りにサル吉くんが何を買ってくるか・・
手ぶらなら手ぶらでいいんだけど、ワインがかぶったりケーキがかぶったりもありえる話



DSC04276.jpg
考えた末、シャンパンを用意  小さいテーブルにセッティングしてみました



DSC04277.jpg
ウェルカムボード的に・・ バナナアート って思ったけど、バナナが黒ずんでてイマイチだわ
バナナアートをする時は、まだちょっと青いくらいのものを用意しましょう  


コストコで買った冷凍ムール貝があるから・・それを食べてそのあとパスタだな
その前にシャンパン飲むけど・・ 何かつまみ的なものは・・何が作れる?? と冷蔵庫と相談


DSC04280.jpg
ひねり出したおつまみがこれ   ちくわにわさび味のチーズを詰め楊枝で刺す
ゆで卵の上には刻んだザーサイ  あとはキュウリと人参スティック  そしてドライマンゴー
シャンパンと合わせるにはあまりにもお粗末ですが・・ ま、いいや


午後7時 サル吉くん帰宅


DSC04278.jpg
素晴らしい! かぶることなく 私が好きなケーキ屋さんのケーキを手にしてました


DSC04279.jpg
左奥のケーキが赤ワインにも合うような濃厚なケーキなんです



DSC04283.jpg
断面図   昨日は食後のデザートとしてじゃなくて まずはケーキとシャンパン
大好きなものは一番先に食べたい派なもんで・・美味しいって7~8回言いながら食べる




DSC04282.jpg
こちらは「ふわふわ」という名前のケーキだったらしい 言うだけあって本当にふわふわ


お互いの考えを探りながらの記念日となりましたが、うまいこといきましたよ
19年経つと、打ち合わせしなくてもケーキとシャンパンが揃います



今日のタイトルは私たちの事じゃなくて・・   (やっと本編)

先週の木曜日に行った友人の送別会の話


DSC04258.jpg
私が最初の病院で知り合った2つ上の先輩  ながーい ながーい 友人関係です
独身の21歳と23歳  そりゃあ仲良くなったら最強でしょ  仕事でもずっと一緒
仕事終わってからも「ちょっとごはん行こうか」とか「ちょっと飲んじゃう?」とか
よくそれだけ一緒で話すことあるなってくらい ず~~~~っと話してたような気がする8年

お互いの半生を身近で見守った感がある間柄  恋愛・結婚 その他諸々ね
彼女の初めての出産は、陣痛起きた時にたまたま私が駆けつけ病院に車で運び
待機室で腰をさすり、分娩室に移ってから生まれるまでは廊下で待機
出産終わって顔を見た時には号泣したもんね  今でも笑い話で語られる話です

無事生まれた時に、仕事中だった旦那さんに電話した時も声が震えたのを覚えてる
そして仕事が終わって駆けつけた旦那さんが、ベッド上の妻の元へ行きまずは手を握った
その瞬間をすごく覚えてるんだなぁ 私  「あぁ 夫婦っていいものなんだな」 と思った
当時の私はまだ独身 いろんなゴタゴタを抱えてたのでなおさらそれが印象的だったのかも

きっと友人にそのことを言っても 覚えてないんだろうね  

そんな間柄の友人が、旦那さんの転勤で東京に行ったり札幌に戻ってきたりだったのが
此の度仙台にまた引っ越すことになったのです


DSC04247.jpg
石造りの倉庫を利用した洋食屋さんに集合


DSC04248.jpg
ミニライブなんかも開かれるらしいスペースは、ランチが過ぎると一時貸切状態に



DSC04253.jpg
良かった  女4人集まると、けっこう騒がしくなっちゃうからね    
この頑丈な造りなら、絶対平気だわ



DSC04249.jpg
遅めのランチを食べながら、話すこと まず2時間


もちろんそれで終われない   コーヒー追加してデザートも食べちゃおうか!



DSC04256.jpg
ケーキに添えられたチョコアートが、素朴な絵でかわいい



DSC04257.jpg
風鈴の音に和むネコ?  うまいよねー



DSC04255.jpg
さらに、扇風機に喜ぶネコ    この絵心 うらやましいなぁ


そんなこんなで4時間も過ごしてしまった   時間が許せばもっといれたけどね

札幌にいる間も、それぞれの生活があるから頻繁に会う事は出来なかったけど
でもたまに顔を合わせると久しぶりな気がしない  毎日顔を合わせていた頃にすぐ戻る



そんな関係って、長い年月をかけて熟成させたからこそなんですね


私が出産に関わった長男は、春から東京で社会人 次男は親元離れ大学生活
久しぶりに、単身赴任だった旦那さんと仙台で夫婦2人の暮らしとなる友人

「仲良く出来るか不安だわー」 って言ってたけどね

大丈夫! あの時真っ先に手を握りに行った旦那さんだよ きっと大丈夫   多分ね 笑





あの子がもう社会人!!!!! って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

19年

留守中更新もしていないブログに訪問いただいた皆様 ありがとうございました 

今日から普通の日常生活に戻りました

そして今日5月30日 ゴミゼロの日は、私たちの結婚記念日でございます

もっと長いこと結婚生活を続けてらっしゃる先輩方も多い中 「たかが19年」と
言われちゃうかもしれませんが・・ それでも19年 決してもう短くはない年月

桃だって栗だって柿だって、19年も経てばたくさん実をつけてるでしょう
残念ながらサル吉&うにトラの木には1個も実はならなかったけど・・
それでも、大きく成長して枝葉も広がりいろんな鳥が遊びに来る木になったかな
そんな風に自負しております

サル吉くんの友人(♂)から、ラインでお祝いメッセージが入ったり


DSC04275.jpg
大阪のネネさんからは、お酒が届いちゃった!!

たまたま今日のタイミングだったんだろうな・・ って、普通思いますよね?
私もそう思って「何てグッドタイミングの贈り物なんでしょ」 と思ってた

そしたら箱の中から手紙が出てきて

「結婚記念日おめでとうございます」 と書いてあるではないの

独身男性が人の結婚記念日をお祝いしようって思ってくれるその気持ちにまず感激です


私なんて自慢じゃないけど親の結婚記念日も覚えてない


ありがとう ネネさん  早く私たちからも逆バージョンでお祝い送れるように・・頑張れ 



昨日、母とも結婚19年の話になったんですが・・ 
母の場合結婚の翌年姉が生まれ、その11年後私が生まれたわけで・・
19年目の時には、まだ私は小学生の低学年だったんですね

父はしょっちゅう職場の人を引き連れて家に帰ってきて宴会する人だったので
日々の暮らしで精一杯で、貯金なんてする余裕はなかったらしい
その後ちょっとしたきっかけで家を購入することになったけど、昔の住宅ローンは
驚異の8%だったらしいから、そりゃあ大変ですよね 
父が40過ぎてからの一軒家 私は6年生くらいだったかな
家族でカタログを見ながらカーテンを選んだり照明を選んだりしたのを覚えてる

自分のお小遣いは全て仲間と楽しく飲む事で使っちゃうような父だったけど
今思えば定年後4年で死んでしまう運命だったのだから、それが大正解だったんだよね
きっかけは「たまたま」という感じの購入だったとしても、結果的に家族にその家を残し
そして母の老後は父が働いたおかげで今もちゃんと父が支えてるのだから・・


30年という年月が過ぎても、父との思い出話をする母
母が元気でいてくれるからこそ、そんな話を聞くことも出来るわけで・・


自分が死んでも、いつまでも忘れずにいてくれる妻を持った父の幸せ

死んでしまっても、ちゃんと支えてくれる夫を持った母の幸せ


まぁ、そこそこ親孝行な娘2人の存在ってのも多少はそこに加わる要素だろとも思うけどね


でも、「お母さんは幸せだ」と、自分で言い切れるそんな身内がいると嬉しいものです



DSC04272.jpg

実家の庭に咲いた牡丹  「お父さんに見せたい」 と、母が切ってきたので私が活けました  





今日は初心に戻って 感謝を込めて サル吉くんと乾杯したいと思います 





来年は陶器婚式!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

あかーん!

こんばんは

現在私は室蘭の実家に滞在中

姉が友人とワイハ~に旅立つのを、母と2人で見送ったわけですが・・

人の旅立つ姿を見てもぜんっぜん楽しくないものですね ハハハ


1人で1週間近く留守番というのも寂しかろう・・と、最初の3日は
ご飯支度をしながら、母の相手をしております

室蘭1
新緑溢れる高速道を突っ走って実家到着



室蘭2
コストコのサーモン持参し、まず2品  

実家のクレマチスが今見頃 写真撮ったのに何故かうまく取り込めず


もー! 人のパソコンってなぜこんなに使えないんだろっ!!!!

この投稿も、どうなることやら・・


家に戻ったら、ゆっくりやります


それではおやすみなさい・・



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

プレゼント

「これは去年わざわざイベントの見送りに駆けつけてくれた時のお礼の気持ちです」
って、大きな文字で書いて添えて送った小さなお土産だったのに・・


DSC04134.jpg
お返しで帯広土産を送ってくれたちーたさん   
六花亭のチョコは、人に買うことはあっても自分で買って食べる機会が少ないものの1つ
パッケージと同じ花の形のチョコ さすが六花亭だわ~ の仕上がりです



DSC04133.jpg
クリアファイルとマステ  マステを見たとき、私の事が浮かんだらしい 
何かの強迫観念? 笑  知らないうちにブログ上で私が植え付けているのかもしれません
珍しいマステを見ると「これはうにトラさんに買わねば・・」 という観念を

今や全国に知れ渡ったあの包装紙 それがマステになってる これがかわいいんだなー
どこにでも売ってないってことで、一時品薄にまでなったらしいですよ




「いつか会えたらその時に手作りパンを持参で来てもらうから、お返しとか考えないように!」
これもまた大きな文字で書いてお土産と一緒に添えて送ったのに


DSC04242.jpg
わざわざ2時間かけて滝川まで行ってお菓子を買って送ってくれたじんべさん



誰も私の言うことを聞いてくれてないぞ  ( ̄ー ̄)



DSC04245.jpg
箱といい、パッケージといい、長く愛されてる老舗お菓子のオーラがすごい
存在は知ってたんだけど、食べたことなかった  
それもそのはず 最近千歳空港でも買えるようになったらしいけどそれまでは滝川のみ 
保存料一切なしのお菓子で、賞味期限が短く冷蔵保存が必要だから持ち帰りも大変


DSC04244.jpg
この姿から、口内の水分もっていかれるようなお饅頭をイメージする人も多いに違いない 



DSC04246.jpg
でも、食べてビックリ 冷やすのがオススメということで冷たい状態で食べたら
しっとりでバターの香りが広がって、白あんの甘さとバターや少量のお醤油の塩気
このバランスがすごく良い じんべさんの旦那さんが「大好きすぎる」のも納得




PREは「用意する」 SENTは「送る」

相手の事を考えながら、心に浮かべながら、用意したものを贈る

人は誰かから何かを受け取った時 手元に届いた物を見ながら
それを選んでくれた過程を想像し、その時自分の事を考えてくれた事を嬉しく思う



2人とも私の言うこと全然聞いてないけど・・ PRESENT 本当にありがとう






DSC04136.jpg
こちらは、ブログでおなじみ T子との定期便の箱
相当ダンボールがやられてきましたが・・ まだ使ってます
タイ土産と、いつものふきの水煮などなど入れて送ったら、さっそく戻ってきた


DSC04137.jpg
しかもT子 私が同梱した伊達の漬物のパッケージが気に入ったとかでそれをコピー
そしてダンボールのシールに使うという・・ ここまでくると意味がわかんない



DSC04139.jpg
一部をご紹介  これが先日もチラッと載せたけどドレッシングの素
食べたい時にビネガーやオイルと混ぜる粉  これコストコでも売ってくれないかな



DSC04140.jpg
アメリカ土産  ってさー 瓶ビール買って帰るそのパワーに脱帽だよ
俳優のポールニューマンが1982年に立ち上げた食品会社「ニューマンズオウン」
ジュースやドレッシングはコストコでも売ってるけど、この「ラズベリー味」は見たことない

すぐ味見したけど、これは日本人好みじゃない甘さ  うーん これ何に合うかな
T子はブルーチーズと一緒に食べると合うと言うけど・・ブルーチーズはそのまま食べたい
ミートボールにジャムつけて食べる国も確かあったよね  そういう使い方? 検討します



DSC04160.jpg
注ぎ方があまりにも下手だったけど、ビール2種を飲み比べ
右は「ブルームーン ファーストピーチエール」 桃の香りの爽やかさ+コリアンダーの香り
最近やっとこういう系統のビールの美味しさが分かってきた
でも、日本じゃ外で飲んでもこだわりの酒屋さんとかで買っても高すぎるけどね

1本ずつプチプチに包んで運んでくれたT子の気持ちも加わるからなおさら美味しい



季節先取りの暑さも落ち着きました  今日はごく普通の5月という感じ ちと風が強い
母との長電話も終わったので、これから買い出しに行ってまいります




そろそろ雨が欲しい・・って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

お義父さん外干し

晴天が続いている北海道 場所によっては5月の観測史上最高気温ってとこも

天気が良いからどこか屋外の気持ちの良さそうな場所へ と考えるのも
ある程度の年齢までかもしれません まして1人暮らしのお義父さんじゃねぇ


DSC04213.jpg
そんなわけで、日曜早朝から起きてまずはおかず作り  
寝起きで思いつくと、家であるもので作るお弁当だもん 塩さばまで入っちゃう
ま、いいか 余ったらごはんのおかずになるよね あとはおにぎり握って出発



DSC04214.jpg
小樽へ向かう高速からの景色  正面の山も緑に覆われた でもまだ雪もわずかに残ってる
雲ひとつない快晴  ここ何日か天気はいいのにちょっと霞んでたのが不思議だったけど
ロシアで火災があったせいらしいね  そんな影響が北海道にまであるとは・・


実家に行ってみたら、居間で電気ストーブをつけてテレビを観てるお義父さん
午前中陽射しが屋内に入らなければ、外のほうが気温が高い とは言ってもストーブって!!
日当たりの良い家じゃないからなぁ 出来れば毎日散歩とかして欲しいところだけど
大好きなボウリングには行けるけど、目的なく歩くことに意味なんてないときっと思ってる

だからそんなお義父さんを、昨日は強制的に「外干し」


DSC04219_20160523081423aed.jpg
前回来たときには、桜がちょうど見ごろだった高台の公園  今はツツジが見ごろに変わってる
「エゾヤマツツジ」 この時期赤い花が一斉に咲くのでとても目立ちます



DSC04220.jpg
眼下に海を眺めながら木陰でお弁当食べる  最高ではないの!


DSC04222.jpg
実家の冷蔵庫からマヨネーズそのまま持ってきて、おかずは紙皿に振り分ける
写真撮らなくっちゃ!と、突然思った様子が食べかけの卵焼きに出てる
使い捨ての青いテーブルクロス 裏がビニールで表が紙  これがとても役に立つ
傾斜のある場所だから、ビニールのレジャーシートだときっと滑るでしょ?


DSC04221.jpg
桜は終わったと思ってたら、斜面の下のほうがピンク色  1人でちょっと探索



DSC04228.jpg
八重桜でした



DSC04229.jpg
枝がしなるほどの咲きっぷり



DSC04232.jpg
小樽市で管理してる公園 きれいに整えられてるし、いつ来ても花が楽しめるように
考えて植栽されてるなって感じます


DSC04217_20160523082825d07.jpg
駐車場から公園に向かう途中の生垣が真っ赤  これは・・多分ボケの花かな? 



DSC04233.jpg
ツツジが終わると、今度は芍薬やボタンが咲き始める そんな斜面もあるのです



DSC04234.jpg
花粉症の身にとっては、見ただけでくしゃみでそうな綿毛だけど



DSC04231.jpg
新たな野鳥発見!  今回は人に頼らず自分で調べてみた 多分「コムクドリ」 多分ね・・




DSC04236.jpg
連れ出しちゃいさえすれば 「気持ちいいなぁ」 と思うし、口にもするお義父さん
電話で「散歩しろ」とか「太陽浴びろ」とかアドバイスしたって意味ないよね
私だって、年老いていろんなことが億劫になったらきっと家から出ずに電気ストーブかも

1人で散歩に来てた同年代の方もいたけど、きっとそういう人のほうが稀なんでしょう



DSC04238.jpg
ワンコ連れで来てたご家族  モコモコのワンコが可愛すぎてズームで撮影



DSC04239.jpg
どこかで見たことあるような・・




DSC04240.jpg
ダッフィーだ!!    色合いといいそっくり  なんてかわいいんだろ




DSC04241.jpg
お義父さんの外干しも完了したので、最後はやっぱり一番好きなことにお付き合い

昨日は、去年のタイのお土産のなんちゃってラルフローレンのグリーンのポロシャツ着てます
このコースで、ちゃんとストライクとっちゃうお義父さん  好きな事って上達するよね



そんな日曜日でした~





外干し日和!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

ほぼ真夏日

ほんの束の間でしたが車の温度計が31℃! 札幌各地も限りなく30℃に近い
ほぼ真夏日なんて・・5月に珍しい


DSC04207.jpg


春に咲く「シラネアオイ」も、ビックリして開ききってます 
こんな淡い色の花には今日の陽射しは似合わないかもね

DSC04209.jpg


午前中にネイルに行ってきた


DSC04200.jpg
今朝の爪  1ヶ月経過して3ミリくらい伸びたかな でもツヤがなくなるわけでもなく
亀裂が入ったり割れてしまうこともなく、ここまで全部の爪の長さが揃うのは久しぶり 
ここも体の一部なわけで、他の部分同様老化するのか 最近割れることも多かったのでね
「これはいいかもしれない!」 と、遅ればせながら実感したのでお手入れ継続することに

先月は何しろ初めてってことでちょっとテンション上がって「かわいい」をてんこ盛り
ま、旅行もあったし結果的にはそれで満足だったんだけど・・ 今日はちょっと冷静に



DSC04210.jpg
1回目は豆苗をバックに   2回目はピーマン鷲掴み   これが私の主婦目線
ピンクベージュのグラデーションに爪先にシルバーにもゴールドにも見える細いライン
10本の指のうち3本だけレインボーカラーのストーンなんぞ置いていただきました


DSC04211.jpg
色とか相談しながら、ピンクを加えたり茶色を混ぜたりして微妙な色を作ってもらう
それが実験みたいで楽しい  サロンによってはそこまでしないとこもあるらしい
おしゃべりしながら丁寧に丁寧に3時間くらいかけて仕上げてくれます


28歳のネイリストさんと、スープカレー談義とソフトクリーム談義に花を咲かせまくり
知らないお店の情報交換も出来て満足です  



DSC04202.jpg
昨日収穫したウドは、酢味噌和えを変更して醤油麹+マヨネーズ和え



DSC04205.jpg
さらに皮のきんぴら  何しろ採りたてなので色が鮮やかです




DSC04203.jpg
紫人参は、茹でると美味しいと書いてあったので茹でて食べました
中央がこんなオレンジ! 器用な人なら花形とかにするんだろうなぁ



DSC04204.jpg
さる?




DSC04206.jpg
レッドカレーです  人参のオレンジ色 カレーのオレンジ色  お皿に合うかなって思ったけど
ランチョンマットを考えるべきだった

 



DSC04185.jpg
これからの季節  こんな風に水に浮かべた花も、涼しげでいいものです
ただガラスの器に浮かべるだけでも良いけど、水の中に石や貝殻 おはじきなど・・



DSC04186.jpg
海辺で拾ったシーグラスの出番です  
今年の夏海に行ったら、ビーチコーミング いかがですか? 





今日はアイス日和!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

見極めが難しい

場所によっては30℃を超えるところもありそうな北海道です
この辺は23℃くらいなのでちょうどいい感じ 


DSC04167.jpg
3日くらい前に収穫出来た庭のアスパラ  立派な太さでしょ? でも1本
さっと茹でて食べたけど甘くて美味しい!! でも1本  次は一体いつ出てくるのか

それを待ってるわけにもいかないので、午前中野菜直売場へ
アスパラ・サニーレタス・ルッコラ・紫人参・カブ etc. 地物野菜が豊富に出回ってきて嬉しい


DSC04132.jpg
カブの茎の部分  お料理上手な人なら茹でて飾りに使えそうですね  



DSC04201.jpg
お店で山菜を売ってるのを目にして、思い出したので帰ってきてから庭で収穫
数少ない自慢  庭で採れるウドです 天ぷらと酢味噌和えにしよう


いつもは、4月の初旬にはトマトの種を植えて家の中で苗を育てていたんですが
気温が下がったりすると成長も止まるし、多分うちは早すぎなんだね・・と言うことで
今年は植えたいのをぐっと我慢して、バンコクから帰ってきてから種を植えたんです
いつもより1ヶ月遅れ 毎日太陽の光を追いかけながら場所を移動して育ててる


DSC04199.jpg
今日現在 まだこんな大きさなんですけど~~~~ 

8月にいつものようにミニトマトがたくさん収穫出来るようになるんだろうか
その年のお天気と気温の様子を見ながら植えどきを見極める  素人には難しい



DSC04126.jpg
まだまだ庭でトマトが採れるのは先の話  だから熊本応援しますよ~



DSC04183.jpg
はやとうりさんに教えてもらった和の味付けのスパニッシュオムレツ 納豆も入るんです
こういうドーン!とした華やかな食べ物っていいわ~ 色も元気になる3原色だし



DSC04172.jpg
でも、たまには1人ずつの料理ってのもやってみようか・・ と、アボカドをくり抜く
そんな慣れないことしちゃうと、テキメン失敗する  左側の器に穴あいてるし!
表面洗いながらシールを取ろうとしたら手ごわくて・・無理やり取ったらこの有様



DSC04173.jpg
アボカド料理の小冊子が新聞に入ってたので、ちょうどアボカドもあることだしと思って
作ってみたのになー  でも、レシピはアボカド・蟹・タマネギ  うちはカニカマですけどね
塩コショウして器代わりの皮に盛り付けて生クリームかけてチーズ乗せてオーブントースター
なるほど・・ 穴の部分はまぁ大きめのアボカドでふさげばいいか! と納得して
いざ器に入れようと思ったら・・・考えたら分かることだけど蟹や玉ねぎの分で増えてるから
2個の皮の器に入りきらないではないの …( ¯ ¨̯ ¯̥̥ )



DSC04174_20160520130634a0c.jpg
ええい 面倒くさい   素直にグラタン皿に全量入れて焼き上げました  私ってこんな人間



DSC04182.jpg
ごちそうさまでした






大きくなれーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

幸せそうに見えた猫

昨日の夕方・・


DSC04175.jpg
仕事から帰って来たサル吉くんを玄関で出迎えたら月がオレンジがかってキレイでした



DSC04176.jpg
少しずつ空の色が変わる中・・


DSC04180.jpg
園路に沿って植えた赤いチューリップがロウソクの灯りのよう  昼間とは違う顔



今年GWは天気に恵まれなかった北海道  我が家にとっての連休最終日は8日
町内会の清掃日だったので、ゴミ拾いを終わらせてからやっと見えた青空の中ドライブ


DSC04106.jpg
向かう方向はまず千歳方面 (フロントガラスが汚れてるのはスルーで)



DSC04107.jpg
レインボーカラーの列車を眺めながら、国道を走り途中から左に折れて厚真町へ
札幌から1時間 千歳空港からなら40分ってところかな




DSC04108.jpg
サル吉くんが看板を見落とさなかったから辿りつけたけど、私1人なら確実に通り過ぎる
店主の女性が「クッキーを焼いているといつもエゾリスが窓をコンコン叩くんです」と
twitterでつぶやいたことから、「リスが遊びにくるカフェ」として大人気となった momo cafe



DSC04116_20160519132002101.jpg
SNSの力ってスゴイ  オープンする11時ちょうどに行ったのに私たちが座って満席
そのあとも、次々お客さんが到着  でも入れない  じゃ、また今度にしようか
って思える場所じゃないからみんな外を散歩したり車内で待ってたりする


私は、たまたま本屋さんでこちらのカフェの写真集を見て存在を知ったのです
8匹の猫達が暮らしてるんだけど、家の中にいる猫と遊びにやってきた屋外のリスが
窓越しに対面してる そんな写真を見てこれは1度行ってみたいものだ・・と思ってたら
ドライブ先にサル吉くんが選んでくれた と、いうわけ


DSC04109.jpg
窓からの風景   ここから猫が外を見てると、リスとご対面ってわけね



DSC04115.jpg
そんな猫は、店内の一番日あたりのいい場所でまどろみ中  この時はお店にいたのはこの子のみ
でも、外をのんびり歩いてるモフモフした毛の猫がもう1匹いたので、今は2匹なのかな?と思ってた



DSC04111.jpg
外観見てもお分かりのように、客層は女子率8割 男の人はあくまでも運転手役だね
間違っておっさん3人組とかで来てしまうと、多分浮くね


DSC04112.jpg
手作りケーキやクッキーが何種かあり、カフェは店主の女性1人で切り盛りしてらっしゃる
だから、立て続けにお客さんが来てもそりゃ一度には対応出来ません
のどかな景色を楽しみながらゆったり待つことの出来る心の余裕が大切 スタバじゃないんだから



DSC04113.jpg
リス型のクッキーだよ (恐竜じゃない)


DSC04114.jpg
ね? おっさん3人組は 「スナフキンとムーミンだ~♡」 って言えないでしょ?


もちろんこれだけ車の出入りがあると、リスも巣穴でじっとしてるだろうから姿は見えず
次のお客さん達も待ってることだし・・ と、店を出る  



DSC04117.jpg
私がいいな~って思ったのは、店の前のこの風景  本で見たままだわ
小川が流れていて、そこに木が横たえてあって、猫が自由に散歩してる写真が
「フランスの田舎なの?」って思う素敵さだった (行ったことないからイメージね)

猫とエゾリスの写真を見たい方は「momo cafe」で検索すると店主のツイートが見れるはず
嘘でしょ?ってくらいエゾリス訪問の写真が見れますよ


せっかくなので、この風景をちょっと眺めさせてもらおう  と思ってたら、片隅に人がいた
多分店主のお母さんかな  お花の手入れをしてらっしゃって話しかけられた

「お待たせしちゃったんでしょう? ごめんなさいね」 「いえいえ 猫ちゃんにも会えたし」

「あら?猫好きなの? まだまだいるんだよ」 


DSC04118.jpg
そう言うと、カフェの奥の敷地にあるご自宅から、わざわざ呼んできてくれました
ちゃんと、猫たちが自由に出入り出来る扉もあったりで、何とも素敵な環境です



DSC04121.jpg
確か・・こちらがモモちゃん   ものすごくおしゃべりすると教えられ呼びかけてみる



anigif_2016051914095005b.gif
ホントだ! 何度呼んでも返事する!!



DSC04122.jpg
自由だ



DSC04123.jpg
お母さんのご好意に甘えて、猫と戯れさせていただきました  黒いカーディガンでね 

店主のお父さんらしき姿も・・後で知ったけど、木工家具を作れる方らしくて
カフェの家具もお父さん作のものもあるらしい

自宅の脇で娘が手作りスイーツのカフェを開業  そして大人気で訪問者多数となる
でも、ここでご両親が出しゃばらないでいる姿勢が垣間見えて、いいなと思いました
忙しそうな娘を見かねてカフェにお父さんもお母さんも参加しちゃったら、きっと
それはそれであの空気は変わるだろうと思うから・・ 
素敵なご両親だったけど、娘さんが心に描いてるカフェの姿と、家族経営の賑やかな店は
おそらく違うんだろうなと・・ そんな気がします

最後に幸せな猫たちに会って、我が家の大型連休は楽しく終了したのでした





ここでちょっとおまけ

DSC04187.jpg
私のタイ旅行記のお土産情報を参考にしてるという嬉しいコメントいただいたから補足
旅行先のスーパーでタイカレーのペーストとか買ってくる事も多い我が家ですが・・
最近は、輸入食品の店でも普通に手に入るようになったしね
それに、ペーストだけだと誰かにあげても揃えなきゃならない調味料とかあるわけで・・
タイ料理好きじゃなければ、ナンプラーやココナッツミルクとか買うの面倒ですよね

そんな時にこの左の箱のセットはとても便利かと思います


DSC04189.jpg
ペーストはもちろん、ココナッツミルクパウダーやナンプラー スパイスも入ってる
あとはお好みの肉や野菜を用意するだけ   最近お土産用としてこれ重宝してます


DSC04188.jpg
さらに、オススメなのはこちら   これフリーズドライのグリーンカレー
今年は、グリーンカレーとマッサマンカレーしか見つけられなかったけど、確か他もあった
1つ40g  カップに入れてお湯を注いで混ぜるだけで完成する しかも本場通りに辛い
笑っちゃうけど、グリーンカレーにはナスが マッサマンにはジャガイモがちゃんと入ってる
乾燥させてるから、そこは食感に限界もあるけど・・ でも手軽さで言えばピカイチ
日本でも売って欲しい  何より軽いってところが持って帰るのに便利です
大きめスーパーならきっと売ってます 
  

DSC04184.jpg
少しずつ下の花が枯れてきたり、上のつぼみが落ちる時もあるけど、16日目の蘭
「買ってよかったもの」 3つのご紹介でした




自由な猫!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

気温上昇

(5月18日午後6時追記)
18日午後1時に拍手コメを下さったウーロンさんへ

嬉しいコメントをありがとうございます
タイ好き繋がり! 出来ることならお茶またはお酒でも飲みながら2組で語りたい!!
きっと話は尽きませんね(^-^)
もう行ってきてしまった身としては、来月行かれるウーロンさんが羨ましい
お仕事でとなると、そう遊んでもいられないでしょうけど・・体力の続く限り満喫して下さいね
歯磨き粉は、ワトソンズでおまけのミニサイズ付きで安く売ってました
店によっては在庫が無いところも・・きっと日本人が買い占めてる! (私もか・・笑)
何か楽しいタイ話あったら、今度教えてください♡





昨日に引き続き20℃を超えるいい天気 1週間はこの天気が続く予報です

何はなくとも洗濯だよね それからゴミの日だから庭の雑草も取って出さなきゃだし・・
もう毛布も洗ってしまおうかな そして布団の上に夏用のカバーをふわっと掛けてみよう
たったそれだけのことでも、ちょっと部屋の印象が変わる そうなるとそこから連鎖反応

ダイニングのスペースって我が家にとっては飾りのようなもの(食事はいつも居間だから)
じゃ、テーブルは小さくてもいいよね  じゃ、あっちとこっちを入れ替えて~



DSC04169.jpg
ベランダの洗濯物で、生活感丸出しですが・・  ちょっと模様替えしたアフター写真



DSC04170.jpg
サル吉くんのおもちゃ部屋で場所をとっていたラジオフライヤーを使ってみる


DSC04171.jpg
ちょっとアメリカを意識した雑誌コーナー  


庭ではいろんな虫が春を感じて元気に飛び回ってるけど、私の動きも20℃で良くなる



今日は、旅行記で必死だったので綴れなかった連休後半の実家での写真など・・

室蘭は、冬は雪も少なくて気温も我が家ほど冷え込まないので春が来るのが早いんです
旅行から帰ってきてからお土産持って実家訪問した5月5日でクリスマスローズが満開
母のコレクションを一部ご紹介


DSC04053.jpg   DSC04054.jpg



DSC04055.jpg   DSC04059.jpg



DSC04057.jpg             DSC04056.jpg
その年によって微妙に花色が違う気がする            これは珍しい原種に近いタイプ

さすが庭に関しては敵わない うちのクリスマスローズ いつこういう大株になるんだろ? 

4人で食糧買い出しに行ったり、ちょうど見頃の桜観賞に行ったり・・ 
それから最後に「お茶でも飲もうか」ということになり橋を渡って室蘭の先端まで



DSC04085.jpg
サル吉くんはまだ来たことがなかったので・・ 「宮越屋珈琲 MUTEKIROU」


DSC04092.jpg
白鳥大橋が一望出来る喫茶店 晴天じゃないのが残念 ちなみに実家は橋の向こう側



DSC04093.jpg
私がバスで高校に通っていた頃は、赤白だった工場の煙突
最近お色直しでブルーのグラデーションになりました



DSC04087.jpg
大黒島 (確か室蘭八景の1つなはず)



DSC04096.jpg
お客さん越しに霞んで見えるのは・・



DSC04098.jpg
函館方面(たぶん)



DSC04091.jpg
半島の突端 しかも小高い場所にある喫茶店で、景色は文句ない素晴らしさですが
札幌市内何ヶ所かにある宮越屋珈琲を知ってる人は分かると思うけど、コーヒーも美味しい
チーズケーキもガトーショコラもどっしりした濃厚な味わいです
昔はこだわった喫茶店もいろいろあったんだけど・・随分と町も変わったので貴重なお店です



DSC04086.jpg
絵鞆えとも漁港を見下ろす場所


DSC04090.jpg
よく見ると浮き玉に乗っかってるカモメたち



DSC04094.jpg
ズームして写真撮ってたら、真正面からカモメが飛んできてちょっと驚く ガラス越しに目が合う



DSC04088.jpg
砂地がきっと温かいんだろうね   水浴びならぬスズメの砂浴び

海の見える町で生まれ育ったけど、今暮らしている場所からは海は見えません
時々海や湖など水辺を見ると、妙にテンションが上がるのは、幼い頃の刷り込みのせい?
たとえそれが工場地帯でしかも霧の多い町の暗い色の海でも 何かいいものです 



そして最近気になるのが、身近にいる鳥たち
今まであまり気にしたことなかったんだけど、同期がFacebookでよく鳥の写真を掲載してて
実は北海道ってこんなにいろんな鳥がいるのね・・と今更ながら思っているところ


DSC04168.jpg
意識が変わると、目にするようになるんだなー これが・・
今朝 家の前の電線にとまってたのは、こんな風貌  目力あるし嘴がゴージャス
でも名前が分かんないよね   さて、どうするか

この写真をFacebookに載せてみるよね  まもなく答えが返ってきました

「シメ」っていう鳥らしいです  彼も昨日群れを目撃したらしい  


これからは、なんちゃって野鳥の会  不定期に開催するかもしれません




嘴がシルバー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

やっと春

場所によっては梅雨入り宣言も出たというのに・・ 我が家の庭はようやく目覚めました


DSC04135.jpg

ジューンベリー満開 (2階の窓から見下ろすとこうなる) 
あと10年くらいで、この窓から実の収穫が出来るようにならないかな? 
昨日1日中風が吹き荒れていたので(ほんとにすごい風だった)、すでに散ってる花もあり 

今日は一転して気温が一気に上昇  



DSC04163.jpg
八重咲きクリスマスローズの周囲も、ようやく緑に覆われてきました
アルケミラモリス・ワイヤープランツ・ツルニチニチソウ



DSC04164.jpg
裏庭の小さな野菜スペース 一昨日サル吉くんがインゲンの種を蒔いてたけど
昨日の雨と今日の太陽 いいタイミングだったんじゃないかな~ 



DSC04165.jpg
アスパラが今年もひそかに出てる  でも1本 そしてその横に遠慮がちにもう1本
大きいほうは、今日食べてもいいよね  でも1本をどう料理しようか・・


DSC04166.jpg
料理と言えば・・ 昨日遅ればせながら仕込んでみた  「醤油麹」

塩麹ブームの時も、結局実家に行った時に母が作ったのものを持たされて
それを使い切ってそのままだったっけ
そしてその時 「もし無くなったら自分で作って食べなさい」 そう言って麹までもらってた

昨日テレビで「醤油麹は塩麹の10倍の旨み!」 っていう特集を見たのでね
しかも、 ただ瓶に同量の麹と醤油を混ぜて1週間常温に置いておくだけと言うではないの

慌てて母からもらった麹を探し出す   そして作ってみたのでした
毎日混ぜて空気に触れさせるといいらしい  麹の粒が溶け始めたら完成
あとは冷蔵庫に入れて料理に使う

納豆食べるとき、醤油麹で食べると激ウマらしいですよ
あとは、マヨネーズと合わせて野菜ディップとかね  

あのアスパラ1本茹でてそうやって食べたらいいんじゃ? あ・・でもまだ1晩しか経ってない
でもね、先ほど混ぜるときにちょっと味見してみたんだけど・・すでに美味しい!
旨みが強いので、塩分をセーブ出来るというメリットもあるそうだし きっと肉も柔らかくなるね


DSC04152.jpg
そういえば、こんなのも家にあったんだった   と、昨日使ってみたこちら
確か姉がハワイ土産でもらったんだけど、使わないからとくれたもの

旅行記完成させて力尽きて(天気も悪かったし)、あるものご飯でひねり出した献立
鶏胸肉を解凍して、一口大にそぎ切りしてスパイス塩で味付けしたいな・・って時に思い出す


DSC04153.jpg
それだけで茹でるとパサつくから、片栗粉でコーティングしてから茹でる



DSC04158.jpg
茹でたお湯で、スティック状にカットした人参も茹でて・・さらにそれでスープを作る
昨日は、塩・コショウ そしてナンプラーで味を整えニラと卵でちょっとエスニック風
(結果 一番美味しかったのはこのスープかも)


DSC04155.jpg
ざく切りほうれん草と鶏肉のサラダ

ドレッシングはこれ   いつかちゃんと紹介するけど、T子からのアメリカ土産
酢とオイルを加えて作るドレッシングの素  これ便利だしパッケージが良いよね


DSC04157.jpg
オイルも調整出来るし、食べる分だけ作れる   



DSC04161.jpg
これもお土産の一部  フォーチュンクッキー
懐かしい 20年前ハワイの結婚式の後に食事した中華レストランで最後に出てきた
これってだからといって本場の中国であるかというと、ないらしい
確かに香港のレストランでも出てきたことないもんね 
アメリカやカナダの中華レストランで提供される習慣 よく考えると不思議だわ


DSC04162.jpg
中から出てくる紙の一言メッセージ  日本で言うおみくじだね

上の文章は私のおみくじ  ま、これくらいは分かるとして・・
下のサル吉くんのおみくじ  えーっと・・INNOVATIONN とDETERMINATION  何だっけ?

海外旅行に行ったばかりの夫婦ですからね 普段はうやむやにしても今は姿勢が違う

英和辞書を本棚から出して調べ始めるサル吉くん
「オッケー グーグル!」 と、スマホに語りかけてグーグル先生に頼ろうとする私

どちらが早かったか・・

グーグル先生はですね、ちゃんとした発音じゃないと聞き入れてくれないわけですよ
文章読み上げると THROUGH でつまずく  昔「THの発音」 散々やらされたのにね

何度もスマホと対話する私 クッキーモンスターの気分でした(あっちはシリだけど・・)
思わぬスマホの活用法です  最近辞書を引くのが面倒くさいったらないから





ラッキーはいつくるの?って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク 最終編

長らくお付き合いいただきました旅日記 やっと最終編にたどり着きました


DSC04010.jpg
スワンナプーム国際空港

出国審査は千歳より断然キビシイ 上着も靴も脱ぎ 両手を上げた状態でスキャンされます
そりゃあね、みんなが手にしてるパスポートが様々 見るからに怪しそうな風貌の人もいる 





DSC04014.jpg
いつもの像が目に入っちゃったら、あとは帰るしかないのです




DSC04013.jpg
みんなが引っ張っているのは、帰りたくないな・・と思ってる私の後ろ髪



DSC04015.jpg
そんな私の、初の試み   「空港で花を買う」

箱詰めにされた蘭のセットが売ってるんですよ 毎回ちょっと気にはなってたんだけど
種類と花数によって1800円~3600円くらい これが毎年買えずにいた
手元にバーツが余っていても「次のために取っておこう」って思っちゃうのでね

でも、いつだったか友人T子が「お花買って帰ると家でけっこう楽しめるよ」と言ってたっけ

よーし! 男気出して買っちゃうよ!! 750バーツ(2250円) ←これくらいの値段が庶民の悩みどころ



DSC04016_20160516095431a7a.jpg
昔は、どこへ行っても旅の締めくくりの空港ご飯は「バーガーキング」 と決めてた私たち
今回は久しぶりに初心に戻ってみる



DSC04017.jpg
夜10時の揚げ物三昧  体に悪そうなものって反比例して美味しいよね
出発は午後11時45分 あとはいかに時間までくつろぐか
乗り継ぎで何時間も過ごしてる人も多い空港なので、空いてるくつろぎ椅子探しが大変

DSC04020.jpg
奇跡的に柱の陰にあったソファが丸ごと空いてた!! 搭乗時間までここでまったり



DSC04022.jpg
では、飛行機乗りますか  今回想定外にお皿なんて買っちゃったから
一応持っていったリュックが活躍 割れないように洋服で包んで機内持ち込み



DSC04024.jpg
夜中便だから、あとは寝るだけ トイレに行きやすい通路席を希望したら・・



DSC04025.jpg
3列シートに2人だった  真ん中空けて足が伸ばせて何より
離陸後すぐに配られる軽食のサンドイッチ置き去りにして私は爆睡



DSC04026.jpg
朝になり



DSC04028.jpg
朝食は「焼きうどん」か「オムレツ」 1つずつお願いしたら、何やらタイ人CAさんがオタオタ



DSC04029.jpg
サル吉くんに早口で説明しながら持ってきてくれたおかずが、どうやらビジネスクラスのもの

「オムレツが無くなってしまったので、これで我慢してね」 ってことなんだろうけど
後から疑問だったのは、その時点で多分焼きうどんは余ってたはず  
別に焼きうどん2つでも仕方ないかって思うことなのに、なぜサル吉くんだけこれ?

文句言いそうなオーラを発していたんじゃない?  という結論に達しました


P1040869.jpg
無事に着陸  スーツケースを受け取って、今回忘れてはならないのは検疫
生花を持ち込むのでね 係の方にチェックしてもらいOKのハンをもらわねばなりません
「一応箱を開けさせてもらって、虫などいないか見せてもらいますね」 とのこと

どんなに美味しいマンゴーを見つけても、タイの果物は絶対に日本に持ち込めないので
私のように滞在中に無理やりお腹に詰め込みましょう (ドライフルーツは大丈夫)


DSC04033.jpg
外に出たら寒いんだろうな・・ と、覚悟してる背中




DSC04034.jpg
車を預けてるパーキングから我が家へ向かう道   
濃い緑と鮮やかな花を見た後だから、なおさら寂しく映る風景
後から聞いたら、私たちが出発した日北海道の東の地域では積雪して雪かきまでしたと・・





DSC04035.jpg
毎度恒例   スーツケースの中身写真  食品関係


DSC04037.jpg
ワーゲン関係  スチールのプレート 
後から 「プレート大量に買ってきてイベントで並べても面白かったかな?でも重いよな」
そう言うから、重さを計ってみたらちょうどTシャツ1枚とプレート1枚が同じ重さ

それなら断然プレートのほうがかさばらないし、買ってきやすいよね  意外な発見



DSC04039.jpg
Tシャツ仕入れがなかった分、珍しく自分のものが買えたサル吉くん
革製品なんてわりとお手頃価格で買えるんです  スマホケース兼財布 さっそく使ってる



DSC04036.jpg
私はここらへんと・・ あと写真撮ってないけどアクセサリー数点
 

DSC04040.jpg
で、ディナープレート  どんな風に使おうか考え中



DSC04041.jpg
そしてお花   箱の中でこのようにちゃんと1本1本水の入ったケースに挿してあります



DSC04042.jpg
蘭って長持ちする   帰国して明日で2週間  まだ十分キレイなままの状態です
玄関とトイレで南国の花を目にするたびに 「また行ってきたんだな」 って思える
旅は、帰ってきちゃえばまるでもう遠い昔のことのようになるけど、視覚に残ってるって素敵




DSC04130.jpg
サル吉くんが見つけてくれた「ガックジュース」 



DSC04131.jpg
私の予想に反して日本にブームが来ないけど・・  ものすごい濃さ
にんじんジュースとトマトジュースを合わせて濃縮したイメージです

時々こうして買ってきたものを飲んだり食べたりしながら・・


DSC04005.jpg
いつかまた・・  38℃のあの熱気の中でのビールを夢見て  コツコツ コツコツ 

先を見据えて日常を過ごす  これが私の大事なサイクル








おまけ


DSC04038.jpg
今回、サル吉くんのおもちゃ部屋の棚の一角に2016年バージョンが出来ました
「お宝」発見はなかったけど、○○で埃まみれで売ってたスヌーピーっていうストーリー付き



以上  2016年 バンコク旅行記   これにて閉幕 




やっと終わったーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク 臭い編

昨日は4年前に解散した職場の仲間が集結した飲み会
30人くらい来たかな? 何年も会ってない懐かしいメンバーも来ていて
束の間昔に戻った気分 でも、個々に話すとみんなそれぞれ年齢を重ねたなりの
悩みを抱えていたりね 親の問題 新たな職場での問題 などなど
そういうのって多かれ少なかれ必ず誰もが通る道 
でもそれを吐き出せる仲間がいるって貴重だなって改めて感じます

私を師匠と慕ってくれてたTSちゃん 「会えて嬉しい」って言ってくれる笑顔に
私がどれほど元気をもらえるか あなたの笑顔には想像以上のパワーがあるよ 

みんなも頑張ってるってことが刺激になったことだし・・私も頑張るか!とりあえず旅行記を


DSC03943.jpg
バンコクで迎える5月2日の朝   楽しかった旅もこの日夜中の便で帰って終わり
最終日の最高気温は38℃の予報  そんな事に負けてはいられません


DSC03942.jpg
サル吉くん起きてー!



DSC03940.jpg
ここでこれを紹介しておかなくては・・ 今回まんまと大事な湿布まで持っていくのを忘れた私
コンビニで見つけたこんな湿布で我慢するしか・・



DSC03941.jpg
開けてビックリ  2枚しか入ってない  何ともアバウトにカットしたふやふやの湿布と
これを患部に貼った上から固定する大判のテープが入ってます テープかぶれしそうだよー

目にもガツンと来るような強力な匂い 久しぶりの「THE 湿布」というインパクト
それでも背に腹は変えられない 最終日は昼間もこれをひそかに腰に貼って歩いてた
買い物途中でショッピングセンターのトイレの個室に入った時に・・
「あー 私の前にここにいた人って年寄りだわ!! 年寄り臭い~~~」 と思った
でも、咄嗟にそれが他人の匂いじゃなくて自分の腰から漂ってる匂いだと気づいた

ショックだよね  でもいいの ここは異国の地  どう思われようと気にしない

今回の教訓 「旅の準備はしっかりと」


DSC03949.jpg
ホテルで食べる朝食も食べ納め 



DSC03946.jpg
南国フルーツも食べ納め



DSC03948.jpg
帰ったら、もう誰も私のためにスムージー作ってくれないのかぁ



DSC03945.jpg
結婚記念日のある月に、こういう贅沢気分を味わわせてくれるサル吉くんありがとう
こういう時は、あらゆるものに感謝の気持ちを抱くよね


DSC03953.jpg
涼しくて素敵な香りのロビーから灼熱の外へ


DSC03955.jpg
ホテル前の神様 スタッフが毎朝キレイに整えてます


DSC03959.jpg
ちょっとした路地にも、あちこちに神様


DSC03961.jpg
最後の買い物などを済まてから、旅のシメのご飯を食べに行きます
BTSに乗って「トンロー」へ 駅から徒歩7分・・迷わずタクシーで (もう怖くない)




DSC03976.jpg
「いいかげん屋台風食堂のご飯飽きちゃったなー」 旅の食計画立てたのは私のくせに
そんなセリフを吐きながら、やってきたのは 「タリン・プリン」
ガイドブックにも登場する一軒家レストラン



DSC03977.jpg
「オーナーの邸宅を改装したレストランはスタイリッシュな印象。庭で栽培したハーブや
 自家農園で採れるオーガニック野菜を使ったヘルシーなタイ料理とクールな雰囲気が
 人気の秘密。」  だそうです   オーナーの邸宅? デカ過ぎだから!



DSC03967.jpg
メニューからして今までの食堂と違う


DSC03968.jpg
スーフードとかって書いてないもんね  日本語表記ないけど写真付きでオーダー簡単です



DSC03964.jpg
ちゃんとした飲み物だって飲めますよ~



DSC03969.jpg
美味しいレモネードを選択したサル吉くん 私は・・つい珍しさから「レモングラスジュース」
いやぁ これがね  一瞬レモンに似た爽やかな香りが鼻に抜けるんだけど
そのあと微妙な草の味わいがただただ口に広がる 同情した夫が時々交換してくれた


DSC03971.jpg
生春巻き  ちらしたナッツが良い食感



DSC03972.jpg
ザボンのサラダ 「ヤムソムオー」 去年食べてもういいかなって思ってたけど再チャレンジ
ここのは美味しかった!  こんがり焼けたココナッツチップがアクセントになってる



DSC03975.jpg
しっかりタレに漬け込んだ豚肉のグリルと蒸したもち米 
もち米も、食堂だとビニールに入ってるけど、ちゃんと葉っぱに包まれてます


DSC03973.jpg
マッサマンカレー

タイ南部のご当地カレー 世界の美味しい食べ物ベスト50の1位を獲得したことで有名に

どれもハズレのない美味しい料理でした  チップ含めて2700円くらい
店構えは立派だけど、カジュアルレストランで入りやすいですよ


DSC03978.jpg
ここのお店は、お願いすると駅まで送迎してくれるんです  しかもこんなピンクのトゥクトゥクで
それを知ってたから、会計の時に「駅まで戻りたいんだけど・・送ってくれる?」と言ってみる

5分くらいで戻ってくるからと言うので待ってると、すぐ戻ってきて乗せてくれた 



DSC03980.jpg
風が気持ちいい~~~ 


DSC03982.jpg
歩道の真ん中にある消火栓  太陽が真上だってことが影で分かりますね


P1040860.jpg
駅のホームからの眺め  常に変化してる勢いのある街です



DSC03983.jpg
トンロー ソイ38の通り  ここは有名な屋台通りだったのに、何もなくなってました



DSC00127_201605151415098f3.jpg
ちょうど1年前の同じ位置からの写真  美味しいマンゴー屋台は一体どこへ?



DSC03985.jpg
瓶のコーラ 懐かしい



DSC03989.jpg
忘れてならないのは、450円の幸せ



DSC03988.jpg
小さめマンゴー4個分くらい入ってる


DSC03987.jpg
最後までお腹壊さず食べて飲めて今年は大満足だったね


DSC03994.jpg
チェックアウトは18時  だから、荷物の整理を終わらせてからこの旅2度目のプール



DSC03993.jpg
子煩悩な欧米人パパ


DSC03996.jpg
めっちゃ笑ってくれてかわいいったらない! あんまり良い写真でパパに見せに行ったもんね



P1040863.jpg
ロッカールームでシャワーも浴びてさっぱりし、部屋で身支度してチェックアウト


ピックアップは夜8時だからあと2時間ある  スーツケースはフロントに預けて・・


DSC04000.jpg
ホテルの1階の外テーブル  雑踏を眺めながらのビール



DSC04001.jpg
普段の日も、何かと乾杯してビールを飲むのが習慣の我が家
思えば、数え切れない乾杯の中にはその時その時のいろんな気持ちが込められてる

なーんてね! 湿布も臭けりゃ口にする言葉もちょっと臭いですね


DSC04007.jpg
また来れるかな



DSC04006.jpg
こっそり心の中で祈っておこう




ようやく終わりが見えてきた  最後は空港編   また明日~



DSC04009.jpg
ホテル前の街路樹の花  ずっと気になってたのに結局こんなボケたズームになっちゃった





ビールに始まりビールに終わるって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク 出会い編

最高の天気の土曜日となりました
休みのサル吉くんのスイッチが寝てる間に誤作動した模様 朝6時前に起きだした!!
遅れること1時間 私が起きた時には、庭に新しい土が混ぜられ、野菜畑スペースは
鶏糞が混ぜられた土でフカフカ状態  そして朝食後は、物置のデッドスペースに
廃物利用して棚を製作中 働き者~~ 一方の私は今晩出かける用事あり体力温存中


ナイトマーケットを巡る私たちの旅 いよいよ最後のマーケットに到着したところから・・


DSC03903.jpg
サイアムジプシージャンクション  前記事で説明した通り まだ新しいマーケット
初めて行く場所なのでね 周囲が見えるうちに到着しておきたくてこの明るさ
ほんとは夜遅くなればなるほど賑わいが増して面白くなるのがナイトマーケットなんですけどね
両側に見えるのが、建設中の高架鉄道 これが開通するとアクセスも良くなるでしょうね


DSC03904.jpg
すでにご紹介した2つのナイトマーケットは、広大な敷地に広がる露店に倉庫内店舗でしたが


P1040842.jpg
ここの特徴は、写真のように高架下を上手に利用したものなので1直線に延びてること



DSC03912.jpg
オープンは夕方5時なんだけど、そこはタイ 5時くらいから準備が始まるという感じ
日本なら10時オープンのショッピングモールなら全ショップ店員さんがお辞儀しながら待機
タイのショッピングモールはショップによっては10時に行ったらまだ開いてないショップ多数
店の中で普通に朝ご飯食べてたりしますからね そこらへんは南国モード


DSC03913.jpg
どこかでお店をやってるお兄さんなんだろうね のんびり自転車で片手には根のついた草
なんだそれ?レモングラスかな? のどかです(^-^)  


昨日も書いたけど、お金は相当かけて作ってる 全部の店舗が埋まれば1500くらいだって
日本ならそれだけお金が動いてたら失敗出来ないっていうプレッシャーありそうだけど


DSC03907.jpg
まだ閑散とした時間なので、ぶらぶら歩きながら見るのも楽しい
これが1.6キロ続いてるんです!  ってことは行って戻っただけで3キロ以上



DSC03911.jpg
アメリカ西部開拓時代のイメージってのが伝わります そこにタイ風が加わる



DSC03920.jpg
バーカウンターのお兄さんが、オブジェのように雰囲気に合ってた!


DSC03906.jpg
高架下のお店が連なる向かい側には線路があって その線路スレスレで露店



P1040836.jpg
バス率高し


DSC03910.jpg
商品陳列用の壁と化してるバスもあり



DSC03909.jpg
乾燥肌  



P1040841.jpg
植木鉢置かれてる きっと動かしてないバスだね



DSC03922.jpg
こんなの並べてるけど、誰か買うのかな?



DSC03914.jpg
車のパーツを売るバス  サル吉くん立ち止まっております フォグランプでしばし悩む


DSC03915.jpg
絶対動かない



P1040848.jpg
でもいい味出てる


DSC03916.jpg
ワーゲンってどんな景色にもわりと溶け込む不思議な車



DSC03917.jpg
オブジェ?


DSC03918.jpg
見上げるゴールデンシャワーの花がキレイです



DSC03919.jpg
露店を出してる車のすぐ脇が線路って伝わりますか?


DSC03921.jpg
やっぱりこれくらい暗くなると雰囲気出てくる! 人も集まってきたし



DSC03923.jpg
警笛音がしたと思ったら、列車通過! 撮り鉄の気持ちが分かる これテンション上がります



DSC03924.jpg
はしゃいでるのは私だけ 看板売ってるお姉さん全く気にせずおしゃべり継続


DSC03927.jpg
女子が心くすぐられる店は少ないかな 車やバイクが好きな男の子もしくはおっさん好み  



DSC03928.jpg
こんな雰囲気


DSC03930.jpg
私は、撮り鉄ごっこも出来たし気になる場所に来れて満足だったけど
でも大きな収穫としてはなかったねー  と、言いながら引き上げようとしたその時


DSC03926.jpg
ふと通りかかった露店の地べたで目に入ったこのお皿



「ん? これって・・ファイヤーキングじゃない?」  と私 

半信半疑のサル吉くん 暗い中 お皿の裏の刻印を目を細めながらチェック
お店のおじさんに、2枚買ったらいくらにしてくれる? と交渉開始
3枚買ってくれたら600バーツにするよ  とおじさん ってことは1枚あたり600円
仮に偽物だったとしても・・ 600円ならいいじゃない!   じゃ、3枚買ったるで~



DSC03931.jpg
おじさんなりに、丁寧に梱包してくれました ちょっと薄汚れたプチプチ(緩衝材)でね
帰り地下鉄駅まで乗ったタクシーの運転手さんも軽いノリの良い人だったしみんな優しい


DSC03932.jpg
地下鉄は始発駅だからラクラク座れる  思わぬ出会いがあるのもナイトマーケットの楽しさ


DSC03935.jpg
ホテルの近くの屋台で猫に見守られながらいつもおなじみのカオマンガイを買う



DSC03937.jpg
「今回は、奥様の綿密な下調べのおかげで大成功だ!」 と労われてるところ
このSPYって言うタイのワインクーラーすごく美味しい オススメ


DSC03939_20160514133441437.jpg
過食気味の1日のシメの夜食 一昨年激ウマ 去年パサパサ 今年は・・ まぁ普通かな

帰ってきてからじっくり調べたお皿   どうやら本物
1965年~76年に製造された ピーチラスターシェルシリーズのディナープレート
裏の刻印で、3枚ちょっとずつ年代にズレがあるけどどんな経緯であの地面に並べられたのか
もちろん家で何度も丁寧に洗ったらピカピカです  ネットでは状態の良い3枚組だと6000円

ファイヤーキングの中ではそんなに高価なシリーズじゃないけど、売りに出すわけじゃないし
汗かきながら 足を腫らしながら それでもどこかウキウキワクワクしながら歩く旅先で
巡り会って手に入れたモノってどんなものでも宝物になる   それが我が家の「ビンテージ」

この市場ではファイヤーキングが手に入る  ってわけじゃないのでご注意を!
3枚まとめて買ってきたからもうおじさんは売ってませんよー



いよいよ翌日は最終日 あと少しお付き合い下さいね




思わぬ発見!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
   

アローイバンコク 夫の夢の形編

本日2本目  長くなってきたので皆さんも飽きてきたかもだけど私も飽きてきたー
でも、ここでくじけてしまうと後で絶対後悔する 旅行記は今では私の大事な記録

食堂「イムちゃん」があるのはBTS「プロムポン」駅 ここは在住日本人が多い地区
高級デパート「エンポリアム」があるので有名だけど、私たちにはイマイチツボじゃない
でももちろん高級大好きな人のほうが多いから2号店「エムクオーティエ」まで出来てた
ちょっとトイレだけ借りようかな~ と、入ってみる

日本食ブームが続いているタイ 地下に降りると普通にお寿司屋さんもあります

DSC03897.jpg
これと同じポスターを前に、サル吉くんの足が止まる

以前から何度か説明してますが、サル吉くんはなぜか「渦 うず」と「層 そう」が大好き
だからお菓子で言えばバームクーヘンやミルクレープ そしてロールケーキ好き

「これって・・俺の夢の形じゃね?」  おー 確かにね  層になってるうえに渦巻いてる
そういえば、今年のタイ まだマンゴー食べてない! じゃ、ここでデザート食べようよ

DSC03895.jpg
お昼も過ぎてるし、地元のカップル数組は座ってたけど、このように空いてるテーブルも


DSC03896.jpg
見てサル吉くん! イスまで渦と層



DSC03894.jpg
後でネットで調べたら、あちこちに支店があるタイ人に大人気のお店らしい
わざわざ材料を京都や北海道から取り寄せてるこだわりようなんだって



DSC03898.jpg
これはサル吉くんが頼んだセット 竹炭ソフトと抹茶チョコとカットマンゴーにくず餅っぽい丸いの


DSC03899.jpg
何が美味しいって中央のマンゴープリン 北海道の生クリームが負けるほどの濃厚さ
私が頼んだマンゴーパフェがなかなか来ないから、味見させてもらって待つ
「あと10分かかるけどいい?」 と女の子が報告に来る そして暇になるとスマホチェック
「あと5分くらいで出来そう」 と途中経過の報告あり 今日はパフェ担当休みか??


DSC03901.jpg
でも、待った甲斐ある美しさ (素手で作ったかどうかは考えないでおこう)


DSC03900.jpg
中にはマンゴーシャーベットにココナッツゼリーに生クリーム

たまたま発見したお店だけど、至福のマンゴータイムでした
でも、2つで1200円オーバー  日本じゃこれでも安いけど、お昼ご飯の2倍以上だよ?
デートで日本風のデザート食べるのは、タイ男子にとってはわりと頑張っちゃう時なのかな


さて・・いよいよナイトマーケット3軒目に向かいますか

地下鉄に乗り、終点の「バンスー」駅まで行き、そこからさらにタクシーに乗る
前日うまくいったから、タクシーもちょっとは慣れたもんね
それでもちゃんと地図と名称を書いた紙は忘れずにね  

「サイアムジプシージャンクション」  地図上には「サイアムジプシーマーケット」もあるので
運転手さんがマーケットじゃなくてほんとにジャンクションでいいの?みたいに聞いてくる
新名所と言われてる場所なので、まだそっちに向かおうとする人のほうが少数派なのかもね


初日に行ったラチャダーを運営していた人が主催者の1人らしい
建設中の2本の高架鉄道が交わる場所 さらに線路に沿ってるマーケット
だから「ジャンクション」と名付けられてるらしいです
そこはタイ国鉄の所有地だから、借りるには相当なお金が必要
さらに何もない高架下を「ビンテージ」をコンセプトにしてアメリカ開拓時代風に造る
3億円投資して2014年11月にオープン  ここでもやっぱり大富豪が出資協力
タイの大富豪って一体何人いるんだろうねぇ 

今の我が家に 「ビンテージ」 そして 「アメリカ」 この2つの言葉は魅力的


どんなナイトマーケットだったかは・・ 明日につづく




層が渦巻く~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク 過食編

まだ少し風は強いけど天気回復 こんな日は洗濯しないではいられない

家事の合間に旅日記を続けます 


DSC03837.jpg
5月1日 バンコク3日目の朝


DSC03859.jpg
この日の朝のパワーチャージドリンク類



DSC03836.jpg
誰?


DSC03856.jpg
まずは朝食でしょ  レストラン入口の女性ににこやかに迎えられ部屋番号を告げます


DSC03840.jpg
起き抜けの本日オススメのスムージー おしゃれホテルはグラスも傾いてる


DSC03841.jpg
フルーツから パッションフルーツと赤いドラゴンフルーツ


DSC03842.jpg
出ました ブログを意識した盛り付け


DSC03845.jpg
エッグベネディクトもリクエスト出来ると分かったら、やっぱり頼んでみるよね


DSC03843.jpg
ヨーグルトはグラスに入ってジャムが乗って並んでるんだけど、そこをアレンジ
フルーツカクテルトッピングしたほうが断然美味しそう
   

普段こんな朝ご飯食べないせいか・・ あ、なんだかお腹痛くなっちゃった!
「レストルームはどこですか?」 という中学生英語でちゃんと案内してくれる


DSC03849.jpg
手洗い場がなんともゴージャス


DSC03850.jpg
1枚持って帰っちゃおうかなって思うような厚手のペーパータオルが並んでおります


DSC03848.jpg
席に戻ると、サル吉くんが好きな麺を選んでこんなの食べてた  


DSC03851.jpg
朝食のシメは再びスムージー   何のスムージーだったかすでに忘れてしまいました



DSC03853.jpg
午前中からギュウギュウの予定を入れてないので、ゆったりたっぷり食べてます
でもね、卵料理って普通そんなに何品も食べれないでしょ? ところが私の隣の男性
エッグステーションにカードを持ってオーダーしに行ったなって思ったら
次々と卵料理が届いてた 当然後から誰か連れの人が来るんだろうと思ってたら
結局最後まで1人  ゆで卵2個 オムレツ 麺料理にも卵 さらにゆで卵追加
サル吉くんと「板東英二か!」ってコソコソ言っちゃうよね~

ここのホテル もちろん今ではどの国にも行ってらっしゃる中国人の方々も見かけたけど
割と若い年代の子連れ家族が何組かというこじんまりした団体さんのようでした
だから、朝食会場を中国からの団体客に占拠されるという雰囲気は滞在中は一切なし


DSC03847.jpg
窓の向こうに見える街路樹の花 ズームしてみたけど見たこともない花です

午前中は歩いて行けるターミナル21というショッピングモールへ行くことにして


DSC03860.jpg
去年と同じ場所にバスを見つけたサル吉くんの観察が終わり次第向かいます


DSC03861.jpg
地下のスーパーで食品関係のお土産買えるので、毎回必ず訪れてます



DSC03862.jpg
まずは上の階で自分たちの買い物など・・ 今年はイベントで販売するTシャツ仕入れがないので
Tシャツ以外のものに目を向けることが出来る そうなって初めて、今まで大変だったことを知る


DSC03863.jpg
この階は私のアクセサリー仕入れ階  最近タイでしか買ってないかも


DSC03864.jpg
スーパーの買い物で大荷物になる前に、アイス休憩

DSC03865.jpg
写真につられてマンゴーアイスにしたけど、残念!入っていたのはドライマンゴーでした
90円だもん そりゃ仕方ないか
スーパーでの買い出しの後、荷物を置きにホテルに戻ります 
ショッピングモール1つといえどもあちこち見て歩いてると、かなり体力消耗します 



DSC03872.jpg
ここで1度体をクールダウン  去年に引き続きホテルのプールを利用しない手はない


DSC03866.jpg
水着だけ持って9階に降りて着替えたい旨を言うとロッカーキーを貸してくれます
ロッカーの中には大判のバスタオルと普通のタオル そして濡れたものを入れるジップロックも


DSC03867.jpg
洗面所にはドライヤー 制汗パウダーにリステリンまで この奥にシャワールームとサウナ
西洋人の利用率が高いジムもある 日本人も滞在中こういう施設をもっと使うべきだよね

ちょっと休憩と思ってホテルに戻って部屋で横になるより、暑いところならプールで冷やすって
すごくリフレッシュになるってことを、やっと去年私たちも学んだのです


DSC03873.jpg
サル吉くんクールダウン中


DSC03869.jpg
誰も興味ないだろうからモザイクで・・ 
リンパ浮腫の両足が、修行のような歩き旅でパンパンになってきて炎症起こし始め
赤いプツプツも出始める旅の中盤  プールの水による圧力と冷やしは効果抜群
しかも奥のほうは浅くてジャグジー状態になってたのでそこに座ってるとまるでマッサージ


DSC03874_20160513141113f93.jpg
大都会の中なんだけど、リゾート気分も味わえるわ~ なんて満足しながら寝そべってたら
サル吉くんが「さっき後ろ姿が拒食症の人のようで不憫だった」 と・・ 
まぁ確かにね 上半身だけ見たらそう見える 粘土細工で出来た体なら、下半身から上へ
いろんな部分に補充するんだけどなー そうできないのが辛いとこだよね

夫に「不憫」って言われる妻もなかなかいないわ!  「水着もそろそろ古いせいか?」って・・
タイでしか着ない水着  確かに相当昔のだけどさ いいよ 次はラッシュガード着るから


DSC03876.jpg
そんな会話を楽しみつつ(楽しいか?)、さっぱりした気分で着替えます
ロッカールームを出ると、レモンと氷が入ったお水とドライフルーツがさりげなく置かれてる


じゃ、再び37℃の屋外へ!!


DSC03877.jpg

そりゃ猫だって呼んでも日陰から出てこないよね



BTS.jpg
BTSに乗ったのはこの時間~


DSC03880.jpg
便利なチャージ式のラビットカード 今年も大活躍   2年で失効しちゃうから注意


DSC03881.jpg
またまた屋台風食堂で、遅めのお昼(早めの夕食?にしては早すぎか)


DSC03882.jpg
写真付きでしかも日本語も併記されてる安心メニューのお店「イムちゃん」



DSC03887.jpg
でも残念!ちょっと訛ってる!!



DSC03885.jpg
汚くない 汚くない と自分に言い聞かせ



DSC03886.jpg
リピーターといえども、出された氷にプラケースの水を注いで飲む勇気はまだない



DSC03889.jpg
ガパオライス(鶏肉バジル炒めご飯)と~



DSC03893.jpg
ラープと~



DSC03891.jpg
スーフードあんかけめんくださーい   って、これスーフードだったのかなぁ?
シーフードとは若干違うのが実はスーフードなのかもね


DSC03888.jpg
あそこで作ってくれたんだねスーフード ←しつこい


DSC03892.jpg
ジャスミンライスを、もう何の違和感もなく食べれる私たち
このお昼 全部合わせて530円 安いよねー

この日の過食っぷりはまだまだ続きます





妻を不憫がる夫~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク チャレンジ編

昨日は雨 今日はやっと雨が収まったと思ったら今度は強風 気温低し
だから、また今日も37℃の世界を懐かしんで綴る作業に入ります

バンコクのナイトマーケットはいろいろあるのですが、私たち夫婦が共通で好きな
車・雑貨・アンティーク ここら辺の希望を満たしてくれるのが「鉄道市場」

なぜ「鉄道市場」かって言うと、一番最初にタイ国鉄の広い操車場跡地を利用して
そこにあるレトロな倉庫も使ったりして始まった市場だから
それが有名なチャトチャック方面にあった鉄道市場 でもそこが再開発計画浮上で
2013年の5月に立ち退かざるを得なくなり閉鎖となる 
人気の市場だったので、それを受けてその年の2月にはさらに遠い郊外へ移転

それが「タラート・ナット・ロットファイ・シーナカリン」 
ここがまた不便な場所にありまして・・ 最寄駅までBTSで行ったとしても、さらにタクシーで
20分くらいかかっちゃう  それでも地元の人たちからも絶大な人気でどんどん拡大
郊外に行けば行くほど場所代も安いから、売ってる品物も安くなるのが人気の一因のよう

オーナーさんって人が、かなりの大金持ちとも聞きます
だから、その姉妹市場を2015年の1月にオープンさせた それが初日に行ったラチャダー
そこは地下鉄駅徒歩5分という好立地なこともあり、本家の市場よりはこじんまりだけど
今や週末は地元の若者の夜遊びスポットと化しています 
こじんまりって言ってもね、 くまなく歩くと私たちをぐったりさせるのに十分な広さです

よーし! 今年こそ本家本元の鉄道市場に乗り込んでやろうではないの!!

皆さんにどんなイメージを抱かれてるかは分かりませんが案外ビビリな私
バンコク在住の方達のブログをあれこれ読ませていただいて、一時帰国で日本からの帰り
空港からタクシーに乗ったらタクシーの運転手が最初に言ってた料金よりぼったくってきて
それに文句を言ったらナイフをちらつかせた  なんて記事読んじゃったらちょっとひるむー
日本でタクシー強盗はいても、タクシーの運転手さんがナイフ持ってるってないよね


だから、バンコクのタクシーにちょっと二の足踏んじゃうところがあったのです

でも、今回はタクシー使わないことには行けない場所  ここは何とかやってみましょ

「パイ シーコンスクエア・カー」  シーコンスクエアまで行ってください

「ゴット・ミーター・マイ・カー」  メーターを使ってくれますか?


このタイ語をメモした上に、繰り返し発音練習しちゃったりしてね
あとは、行きたい場所の名称と住所と電話番号 それに地図
最近はネットで調べればちゃんとタイ語表記も探し出せる 便利な時代で良かった
それをプリントアウトして、その紙握りしめて意を決してタクシーへ!! (すごい意気込み)

言葉より何より、やっぱり差し出した紙が威力を発揮します(私のタイ語がまずいのか?)
ここでアドバイス  印刷物を持参するときは、なるべく拡大した文字で 車内暗いのでね


DSC03796.jpg
ハラハラの私の横で、いたってフツーの顔して乗ってるサル吉くん B型恐るべし



DSC03797.jpg
車同士はスレスレで走るし 知らない道をどんどん行くし ハラハラどころが満載

BTSウドムスック駅を降りて3番出口からタクシーに乗る
「タラートナットロットファイ」で分からなければ、「シーコンスクエア」
というショッピングモールが入口にあるので、その名前を言うと大丈夫


DSC03798.jpg
無事「シーコンスクエア」の向かい側でタクシーを降りる 
もしかしたらモールを通り抜けしたらショートカットになるんじゃない?という甘え考えは
結局大きく迂回するハメで終わる   延々と続くブーゲンビリアの生垣があって入れない 
この左側なのに!
行かれる方は、素直にシーコンスクエア 向かって右側から入りましょう



DSC03800.jpg
ここが市場入口です  無事に着いた 男の人も好みそうなオーラがすでに入口にある


DSC03802.jpg
まずはレンガ倉庫が続いていて、ショップやちょっと飲んだり食べたり出来るレストランなど
車やバイクに関連するものも多いので、こんな風にいろんなパーツでオブジェにしたりね



DSC03803.jpg
あと面白いのは、市場と言えば必ず床屋さんがある で、みんな髪の毛切ってるの
旅先でそこで流行ってる髪型にしてみるってのも面白いかも どうやら主流はツーブロック
40半ばのツーブロックのサル吉くん 見てみたいような見たくないような・・



DSC03804.jpg
最新のガイドブックには、この市場も紹介されるようになったので、案外日本人も来てるかも
ただし 「ガラクタ系や古いもの チープなものには興味なし」って方にはオススメしません


DSC03805.jpg
うちは、もうこんな車見ただけでワクワクなのでまさにツボでしたが・・
タイプ1パカッと開けて天井部分にメニュー書いちゃってるし お姉さんくわえタバコで素敵だし



DSC03806.jpg
バス顔ジューススタンドがブームなのか?
後方に見えるのが中央部分に集結した露店のテント ここをただ見て歩くだけでも
多分1時間以上は確実に要する


DSC03807.jpg
さらに周囲にはこのような倉庫群が延々と続く このひときわキラキラの大きな倉庫には


DSC03811.jpg
こんなのとか



P1040805.jpg
こーんなのとか



DSC03812.jpg
こんなのとか


P1040810.jpg
ここら辺はおそらく大金持ちのオーナーのコレクション  


P1040806.jpg
キレイなピックアップのバスも展示されてます


P1040807.jpg
「触らないでね」って紙が貼られてる  触りはしないけど、皆さん撮影会のようにポーズ


DSC03814.jpg
レトロ感が漂う倉庫だからこそこんな車も似合います


DSC03813.jpg
まだここら辺は入口付近  


P1040815.jpg
横に真っ二つにカットされてバーカウンターになってるバスもいれば、展示用のバスもいる


DSC03816.jpg
アメリカのナンバープレート  
ナイトマーケットという言葉で連想するような個人がちょっと空いてる駐車場でフリマしちゃう 
ってそんなレベルじゃない
きっちり資金が投入されてて、テーマに一貫性があるって感じ


DSC03817.jpg
アンティークショップ巡り  楽しいけど、案外いろんな国のものが入り混じってるから
「あ、これかわいい」ってノリで買うなら問題ないけど、価値を見極めてっていうのなら
知識も必要なのかな 面白半分で見て歩く分には楽しめます



DSC03818.jpg
気軽に覗けるこんなお店もあるしね  マックのおまけのスヌーピーとか買いました 



DSC03819.jpg
ちょっと休憩  まだ半分も制覇出来てない



DSC03820.jpg
規模を言葉で表すって難しいけど、この時点で「全部はムリ」って思ってる それくらい広大



DSC03822.jpg
テーブルなんかもちょっと凝ってます



DSC03825.jpg
探索再開したけど、またこんな倉庫群を前に、私も犬のようにうなだれた

ここから先の、サル吉カメラによる車写真は興味のある方だけ大きくしてどうぞ


P1040825.jpg     P1040824.jpg     P1040816_20160512143043a8d.jpg


P1040820.jpg     P1040821.jpg     P1040813.jpg


P1040804.jpg
いやぁ 歩いた歩いた  



DSC03828.jpg
タクシーを拾って、また「パイ・ウドムスック・ステーション・カー」 とかなんとか言って
駅に戻ってきたところ  


DSC03831.jpg
ホテルの近くの通りにはアラブ人街があってケバブ屋さんを発見
さんざん歩いたから、夜10時だろうがケバブサンドの1つでも食べようかって気になる


DSC03829.jpg
テイクアウト用の窓で注文すると、その場で皮を焼いてくれる


DSC03830.jpg
肉をカットする担当のお兄さん


DSC03832.jpg
ふと振り向くと、これまたタイっぽい風景  でも気をつけて この人だってお兄さんかも


DSC03834.jpg
持って行った紙皿やフォークの出番はこういう時  戦利品のスヌーピー並んでます


DSC03835.jpg
やっとシンハーを買えた  今日はよく歩きました  さすがに腰が悲鳴を上げるよねー
2日目からはお風呂上がりの湿布は必須

なのに・・・   今回その大事な湿布も忘れたことに気づいた初日の夜
仕方がないので、ビールを買うついでにコンビニで湿布も購入

これがまたね  久しくこんな匂いの湿布見たことないし!って代物
昔って、どこかに湿布してる人って匂いで分かったでしょ? 多分ベッドの中湿布臭かったはず
ロキソニンテープの優秀さを、タイに来て再確認した夜でした


大きな出費じゃないけど、こういう出費ってちょっと悔しいよねぇ しかも臭いんだもん




旅の準備は気を抜くなって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク てくてく編

バンコク旅行中 どれくらいの距離を歩いていたのか・・
できるだけ身軽で歩きたかったので、スマホなんて部屋の金庫だったのでね
正確な歩数や距離は分からずじまいですが、少なくとも1日20キロとか歩いてそう

到着した日は、あくまでも体慣らし 初日に行ったナイトマーケットも規模としては
程よい大きさなので、ちょうどいい具合でした

だから2日目の朝からが勝負です  私たちの修行のような「てくてく旅」が幕を開けます

これから先の値段表記についてですが・・
今1バーツが3.09円くらいなので3倍計算で日本円にします

DSC03759.jpg
まず向かったのはMBKというショッピングセンター 今年は行く予定なかったけど
私のうっかりミスのおかげで思わぬ再訪となりました でも、ここ好きだからいいんです
お気に入りの店もあるし「せっかく来たなら買い物しちゃうでしょ」 と、けっこう楽しむ


DSC03760.jpg
ハイブランドが並んだシャレオツ高級ショッピングモールもある中で、我が家はこっちが好み
1階~7階までこんな雰囲気で混沌としてる これこそタイ!って気になります

でもまず、大事なものを探さねば!! と、ケーブルが売ってそうな階へ


DSC03758.jpg
あっさり売ってた!!! しかもこんなに色とりどり
実は朝、両替に行った時に、ホテルの近くに写真の現像もやってるようなカメラ屋さん発見
そこに入って聞いてみたんだけど「無いよ」って言われてうなだれてただけにこれは嬉しかった
私のブロークンな英語でも何とかなるもんだ

もちろん疑い深い私は、お店のおじさんが「これだよ」って見せてくれただけでは信用出来ず
カメラとバッグに入れておいた充電器に実際に差し込んでもらって試してから購入


DSC03776.jpg
「何色にする?」っておじさんに言われ、ショッキングピンクを選択 お値段300円

想像つくだろうけど、これで一気に私のテンションも元に戻りました 


DSC03768.jpg
変なボウリングの玉とだって写真撮っちゃうよー


DSC03770.jpg
サル吉くんはピンと  バッテリー持たせるために写真の見直しを自分に禁じてた
それも解消されたことだし~~~  じゃ、ちょっと休憩しようか♪

普通にカフェでコーヒー飲んじゃったらブロガーとしてどうなの!


DSC03764.jpg
ってことでミスドです   このポスター見ちゃったらレポしたいでしょ



DSC03762.jpg
鮮やかな青だわ~  これサンプルじゃなくて実際売ってるドーナツだよ?



DSC03763.jpg
こんな感じ  


P1040794.jpg
日本じゃウケないだろうな~  青色何号とかって使ってるんだろうねきっと
何味だったの?って聞かれると思うんだけど「えーっと・・これって何の味だっけ?」と
遠い記憶を呼び起こそうと思っても結局思い出せないような そんな味でした
黄色いほうはパイン味? ちょっと自信はないんだけど・・
コーラも赤とか青のがシリーズに付随してありましたよ



DSC03766.jpg
さすがにね 飲み物くらいは普通に・・ でもサル吉くんたらアイスのカフェラテ注文するから
「あっま~」 の顔してました   


DSC03765.jpg
私は自分で調整出来るホット  タイ6回目だもの 学習しましたよ
ちなみにやっぱりマックと一緒で、このお砂糖は1袋10g 日本のミスドは3gです
ドーナツ3個にカフェラテアイスとホット 全部で480円くらい


甘いもの好きタイの人たちだけど、女の子はみんな華奢だよね
体のパーツの全てが華奢に出来てるって印象です 
暑い国で代謝が良くて、スパイスを体に取りこんでる それで太らないのかな?


DSC03771.jpg
1度ホテルに戻ります  今回のマイブーム写真 時間の経過をホームで撮影
今年の私たちの旅のテーマはナイトマーケットを巡る旅 体力を使い果たすのは夜
なので、荷物が増えてきたら途中でホテルに戻って一旦リセットします

ホテルの最寄駅でBTSを降りて歩いてたら、屋台のおじさんとかが店をたたんで移動してる
その時は何も思わなかったんだけど、あと10歩でホテルって時にポツポツと大粒の雨

へー おじさんは雨が降るのを予測出来た?  


DSC03773.jpg
27階の部屋に着いたら、バケツをひっくり返したような雨に変わってました
今年のバンコクは雨が降らなくて、有名な4月の「ソンクラン(水かけ祭り)」も一部自粛だと
そんな話も耳にしてたので、農作物にとってはきっと恵の雨だったのかな?

それにしても、私たちも何にも知らずにいたわりに絶妙なタイミングで戻ってこれた


DSC03774.jpg
激しい雷まで鳴っちゃって南国アピールがハンパない


DSC03775.jpg
途中のセブンイレブンでおやつも調達してきたから、しばし雷観賞 アイスの色も濃い目



P1040797.jpg
私のおやつはヨーグルト  ギリシャヨーグルトもタイだと安い!
詳細は書いてないけど、メモによるとアイスとヨーグルトあとジュース1本買って270円


DSC03777.jpg
1時間もしないうちに雨も上がり空も明るくなってきたので、再びてくてく開始
外に出て驚いたのは、激しい雨のおかげで地熱が下がったのか涼しく感じる
(って言っても多分30℃は確実に超えてるけど) これは歩きやすい!!


BTSを1駅だけ乗って「プルンチット駅」下車 5番出口から出て少し歩く


DSC03778.jpg
駅から見下ろす周囲  あちこちにこんなクレーンがいて、次々に新しいものを建設中



DSC03779.jpg
雨が通り過ぎて、工事の人たちも作業再開



P1040800.jpg
朝はホテルでしっかり食べ 昼は軽くおやつ程度にして 早めの夕食 というパターン
2日目も「屋台風食堂」 事前にネットで情報を得たお店です


DSC03791.jpg
準備が整ったばかりで、最初は私たちだけだったけど後から何組もやってきました


DSC03792.jpg
店先で炭火で魚を焼いてます
 

P1040798.jpg
ちなみに私、午前中買った服に着替えてます Tシャツ600円 ガウチョパンツ600円


DSC03786.jpg
ここでは「プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)」が安くて美味しいと聞いたので食べてみよう


DSC03784.jpg
これは全然辛くない料理 日本人が大好きな、親子丼の卵の部分がちょっとスパイシー
イメージとしてはそんな感じです 甘味もあって「ご飯と一緒に食べたい!」って思う


DSC03783.jpg
だからもち米もオーダー  これ1つ30円  
プーパッポンカリーと言えば「ソンブーン」というレストランがどのガイドブックにも出てるけど
そこの半額の600円で食べられる 今回食べ比べしてみて、私はこっちのほうが好き
ちょっと冷めてくるとかなり油っぽい料理 ここのほうがそれが気にならなかった


DSC03782.jpg
定番 青パパイヤサラダ「ソムタム」 150円


DSC03785.jpg
空芯菜炒め 180円   お皿がウェッジウッド風でプラだけどかわいい
今度こういうお皿探して買ってこようかな 庭焼肉用で使えそう(今度があればの話)



DSC03790.jpg
こういうお店 フォークもスプーンもペラペラです
蟹の身取ろうと必死になったら曲がって慌てて修正



DSC03794.jpg
そんなお店はこのドミノピザが目印   すぐ横が「ガレージ」という名の食堂



DSC03795.jpg
お腹も満たされたところで、いよいよ最終目的地へ向かう
BTSで初めて行く方面へ 10個目の駅「ウドムスック」

そこから先の続きはまた明日~



青いドーナツ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク 朝食編

さっき「1日目終了~」って記事を明るく締めくくったばかりだけど、大事な話を忘れてた
だから珍しく2本目の記事です

ブログをやるようになって、カメラは私の良き相棒
普段パソコンに写真を取り込む時にUSBケーブルでカメラを繋いだついでにそのまま充電


DSC04129.jpg 右のケーブルでカメラとパソコンを繋ぐ



DSC04127.jpg コンセントから充電する時はこう



DSC04128.jpg 私がスーツケースに入れたのはこれ


ナイトマーケットからホテルに戻ってきて、お風呂にお湯入れながらまず思うよね
「明日のためにカメラの充電しなくっちゃ~♪」 で、いそいそとカメラ2台分の充電器と
海外用の差込口を取り出し、まずは使用頻度の高い私のカメラから・・と

そこで私の動きが固まったわけです

あれ?充電器をコンセントに差して・・  カメラとどう繋ぐんだっけ?????
そして頭に浮かんだのは、家のパソコンの横のトレーに置き去りにしてきたケーブル

((((;゚Д゚))))    


ケーブル忘れた ケーブル忘れた ケーブル忘れた~~~~~

きっとどこかに売ってるに違いない そうは思うんだけど、私の中では大事なものの1つ
それをまんまと忘れたということでダメージが大きい  
サル吉くん用カメラ1台で頑張るしかないのか?
「充電切れても最悪スマホがあるし・・」  そうつぶやいてはみたものの表情もうつろ

「忘れ物なんて珍しいな 明日の午前中はこれでMBK行き決定だな」 と、サル吉くん
確かにあそこならカメラ・携帯関連のショップがひしめいてる そんなショッピングセンター


DSC03725.jpg
2日目の朝  旅の恒例 寝起きの夫を激写
サル吉くん同様 私も旅先では去年から眠剤を飲んで寝るようにしたので
全く問題なく熟睡出来て快調なスタートを切れるように じゃないと環境の変化で眠りが浅い

カメラの電池はまだまだ大丈夫だし・・気を取り直して初めてのホテルの朝食レポ隊出陣


DSC03726.jpg
レストランは2階 吹き抜けからロビーを見下ろせる場所にあります


DSC03728.jpg
コーヒーをお願いすると、1人1個ずつフレンチプレスのポットで持ってきてくれます
紅茶は、小さめの鉄瓶で運ばれてきてた 海外でも鉄瓶ブームらしい




DSC03737.jpg
テーブルには、このような番号のプレートが何枚か用意されているので
奥にあるエッグステーションで卵料理をオーダーする時は、この札を持参するように説明されます
出来上がると、テーブルまで料理を運んでくれます ぼーっと立って待ってる必要なし



DSC03741.jpg
ジュースのボトルがオブジェのように美しい


DSC03733.jpg
パンの種類も豊富でした  この他にハード系のパンを自分でカットするブースも
フレンチトーストやワッフルは焼きたてが鉄板の上に乗せられてます
様々なデニッシュ類もあったけど、プチケーキとかそこらへんのデザートはなかったかな
朝からケーキなんて食べれたためしがないけど、あるけど食べないのと無くて食べれない
この違いはちょっとあるかもね(贅沢な話だ)


DSC03732.jpg
こちらスムージーコーナー  担当の女性が「本日のおすすめスムージー」を作って
小さなグラスで並べてくれてるけど、自分の好みのものを指差しすると、その場で作ってもくれる


DSC03735.jpg
ドラゴンフルーツとバナナ  見た目はこうだけど目覚めのスムージーに満足


DSC03740.jpg
和食のコーナー 海苔巻きにお蕎麦 後ろのお皿の漬物とかポテトサラダとか温野菜
生野菜だけじゃない これらのおかずが日替わりで美味しくて私はよく食べました


DSC03734.jpg
写真を意識した私の朝食皿 完璧ブログ用  


こちらのホテルの朝食で評価が高いポイントの1つがここ ↓


DSC03729.jpg
エッグステーションのさらに奥 思わず目を見張るワインセラーがありまして
そこにチーズとハムが並んでいるの 


DSC03730.jpg
種類別で名前も表記されてる


DSC03731.jpg
ドライフルーツやらナッツやらクラッカーもあります

私は下調べしてこのチーズブースのこと知ってたけど、特に説明もなかったから
知らなければ奥のここまでたどり着かないと思う場所にある 他の料理とは別の場所
これからこのホテルに泊まろうと思ってる方・・ 忘れずにチーズ取りに行って下さいね


DSC03736.jpg
サル吉くんが2人分と言って持ってきてくれたけど・・ちょっと多くない?



DSC03743.jpg
ゆっくり朝食を食べ、1階のロビーに降りてきたところ



DSC03744.jpg
ロビーには読売新聞ありましたよ  前日に済ませたかった両替をするつもりで
バッグの中にパスポートを入れて部屋を出てきましたが9時からなので5分ほど時間つぶし中
このバラのクッション持って帰りたかったなぁ


DSC03748.jpg
9時に外へ  ホテルの横の神様に旅の安全を祈っております



DSC03751.jpg
朝の路地 土曜なのでまだ街も目覚めてない感じ


DSC03750.jpg
あ、揚げパン屋台発見! 去年の揚げパン美味しかったな


DSC03752.jpg
「VASU EXCHANGE」 月~金 9:00~18:00 土 9:00~17:00

こんな立派な両替所は初めて 中に入ると小さな街の郵便局って感じの店内
順番に並ぶと(9時に行ったのにすでに数人並んでた)、まずはパスポートを貸してと言われ
店内にあるコピー機で1部コピーをするとその場ですぐ返してくれます
カウンター越しに日本円を渡すと番号札を渡されるので、バーツの準備が出来て呼ばれるまで
椅子に座って待つという まさに郵便局方式  こういう場所だと、バーツを受け取ってから
その場で中身を数えて確認するのも周囲を気にしながらじゃなくていいので安心です

さて・・そのレートですが

ここでは1万円が3240バーツになりました 初日の両替所との差10バーツ ってことは30円
結果的にはわずかでも得をしたって思えるけど、何十万も両替するわけじゃないからね
着いてすぐ空港で持ち金全て両替とかせずに(空港は率が良くないと言うし)、ホテル周辺で
レートを見比べながら使う分だけやるのがいいのかな って思います


DSC03753.jpg
1度部屋に戻って、パスポートと両替したバーツを少し金庫にしまってから恒例の儀式


DSC03754.jpg
一日元気に歩き回れるパワーを私に!!  と、よくわからないドリンク剤注入


DSC03756.jpg
ふと外を見ると、向かいのビルに人がいる  
掃除?メンテナンス? にしてもロープ1本でやる作業 効率悪くない?



DSC03757.jpg
キャップ被った普通の軽装 絶対鼻歌歌ってるでしょってオーラだし タイ人ってスゴイ




チーズ多いからって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク 行動開始編

去年のバンコク旅行記は11個の記事でまとまっていますが・・今年はどうかな
4つめの記事で、ようやくホテルから外に出て行動開始です

千歳空港を午前10時半に飛び立ち、バンコク到着予定は午後3時半
時差で2時間バックだから7時間のフライトです
降りてから広い空港を歩き入国審査通って~スーツケースを受け取って~出口へ
出口で待ってるお迎えの人と落ち合いワゴンに乗って市内中心部へ
この流れは毎年のことだから、大体ホテルには午後5時すぎには着けるかな・・と予測
今回のホテルから徒歩3分のところに率の良い両替所があってそこは午後6時まで

まずは両替だ  と、私の行動計画書には書いてある

ところが到着日は金曜日 週末の夕方 バンコクの街中が空いてるわけがない
しかも飛行機30分遅れてまさに通勤ラッシュと重なってるもんね
もうすぐホテルってところですでに6時をまわってしまった

予定通りになんていかないのが、旅って思わないとね 
それを楽しめないなら家にいろって話 分かってるけど、最初からつまづくとは!

去年のタイバーツの残りが2人合わせて2009バーツ(約6000円ちょっと)あった
今回はそれをまず食費にまわし、2人のお小遣いの他にさらに食費で1万円用意
初日にそれらをバーツに両替してしまう予定だったけど・・ 明日の朝に変更


DSC03695.jpg
どこでもいいなら、ホテルの周辺あちこちに遅くまでやってる両替屋さんがあります
初日の予定は地下鉄に乗って3駅移動 まずはその近くで夕食を食べ
それからナイトマーケットへ そこで何か買うとしたらサル吉くん
だから、とりあえずサル吉くんが1万円だけホテルのすぐ横で両替してみることに
宝くじ売り場のような小さな窓口越しにお金をやり取りします こういうところはパスポート不要
通常は、部屋の金庫にパスポートと帰りのチケットをしまっておいて持ち歩きませんが
ちゃんとした両替所に行く場合は、パスポートが必要です

この両替所では1万円が3230バーツに  去年に比べて円高傾向にあり率が良い
「明日予定の両替所でいくらになるか・・比較が楽しみだね」 なんて言いながら地下鉄駅へ
最寄りの駅は「スクンビット」 

DSC03696.jpg
これが切符の代わりの「トークン」 ICチップが内蔵された黒いプラスチック
券売機で行き先の駅名をタッチすると料金が表示されるのでお金を入れると
何とも安っぽい軽いカランカランという音を立ててお釣りと一緒に落ちてきます

「タイカルチャーセンター」で下車 3番出口を出てすぐ


DSC03697.jpg
この看板が目印だから、プリントアウトして持っていったもんね


DSC03698.jpg
金曜の午後7時すぎ  非常に混み合ってる店内 でも運良く空いてる席があった
これって・・木のテーブル? 一体どんな店?って気になります?


DSC03699.jpg
店内はこんな感じ  屋台ではありません 地元の人に人気の食堂って感じ 
だって屋根があるもんね 限りなくテントに近いけど・・


DSC03701.jpg
サル吉くんの後ろは、もうすでに歩道と車道 行き交う人がそのまま通過してるけどね
炭火でじっくり焼いた鶏「ガイヤーン」が美味しいと有名な店 「セーブ・ワン」


DSC03703.jpg
お皿はもちろんプラだけど、でもキレイ(に見える)


DSC03704.jpg
ビールを頼むと、もれなく氷も持ってきてくれるけど・・ 今年は自粛することに
生水に気をつけろってことは氷にも気をつけろってことだからね 2年前のトラウマを忘れるな
でも外気は35℃以上だよ? 氷を入れたビールは、ここじゃないと似合わない でも我慢


DSC03708.jpg
旅の最初のご飯って大事でしょ  
去年食べに連れて行ってもらった店のガイヤーンも美味しいって思ったけど、ここもいいねー
タイに来ると、肉が美味しいなってほんとに思う  何でだろう? 新鮮なのかな?


DSC03706.jpg
これは豚のネック(豚トロ) 炭火で焼いてるから噛み心地もありつつ柔らか
それぞれの肉の美味しさもあるけど、このつけダレがやっぱりタイの味
こういうタレって、店のオリジナルなのかな? それとも業務用として流通してるのかな
そうだとしたら、案外美味しいお店ってどこにでもありそうだよ


DSC03707.jpg
見た目はちょっとアレだけど・・ この温かい春雨サラダ「ヤムウンセン」 美味しかったなー
ひき肉とエシャロットを和えた春雨サラダ イカと一緒に入ってる魚肉ソーセージ的な練り物
これがまた美味しい 味付けはライム・唐辛子・ナンプラー
温かいサラダだから、ライムの香りが際立つ 
タイではレモンより断然ライムを料理に多用してるから、この香りで「タイに来たな」って毎回思う


ビール2本と料理3品 20バーツのサービス料合わせて 450バーツ 約1500円
ガイヤーン このボリュームで100バーツ 300円の幸せ 
最初のご飯が大成功で、2人ともいい気分で店を出る

そこから徒歩5分 去年も来た「ラチャダー・ナイトマーケット」へ



DSC03713.jpg
去年は、ここに集結してるワーゲンたちの写真を撮るためにまだ明るいうちに来たけど
今年は夜8時すぎに到着 だからすでに飲食ブースは大賑わい  



DSC03711.jpg
タイでのレトロブームはどんどん加熱気味のような気がします


DSC03712.jpg
去年もあったお店を発見  

去年たまたまここで出会った北海道出身の男の人 今年も商売してるかなー ってちょっと期待あり
もし再会出来た時のために、お土産(って言っても北海道珍味だけど)持参で来てみた
その時聞いた話だと、1週間単位でスペースを借りて商売するって言ってたから2人でくまなく捜索


P1040785.jpg
でも結局出会えませんでした 規模も大きくなってるし、1年で少しずつ変化も見えた
勢いのある場所って、常に流動的に変わっていくんだなってことを肌で感じます


DSC03717.jpg
あ!このバスは去年もいたね  


DSC03718.jpg
ここらへんの車は、ちゃんと自走して毎日ここで商売をしてる働くワーゲンたち
タイの人たちの車を改造する器用さについては去年も書いたけど・・


P1040782.jpg
屋根なんて小物入れか!ってくらい パカって開いちゃってバー営業



DSC03715_20160510101023951.jpg
あ、ここにもバス!って思ったら前の顔の部分だけだった
サル吉くん曰く、このパーツは日本でも売ってるらしいね



DSC03722.jpg
今年はさらにすごいことになってるバス発見! 横に真っ二つにして完全オブジェ化



P1040788.jpg
いくらなんでもこれは運転出来ないよね  カウンターテーブルになっとる~  



P1040789.jpg
このレイトバス 見覚えある 確か去年は原型保っていてTシャツ売ってるバスだったはず


例えば香港とかの有名どころの夜店だと、2~3年ぶりに行っても売ってる品物に
さほど変化がなかったりするんだけど(一部流行の品のコピーものは変わるけど)
バンコクはそうじゃない 地元の若者のニーズに合わせて敏感に変化してる


DSC03719.jpg
ガックのジュース発見! 

ワーゲン乗りのサル吉くんにとって、旅先でこうしてワーゲンたちに出会える楽しさは格別
我が家がついついタイに来てしまう理由の1つがこれかもしれません

初日のナイトマーケット終了 地下鉄乗ってホテルに戻ります
途中のロビンソン地下のスーパーでビール・翌朝のドリンク剤など調達
何故かここでもビール売り場にシンハーが1本もない! 今回シンハーになかなか出会えず



DSC03724.jpg
チャーンビール飲みつつ 1日目終了~





バスが真っ二つ~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク ホテル編

仕事に出る夫を見送るのは11日ぶり  
必要以上に明るくならず・・ここらへんの兼ね合いが難しい
10日も休んで、仕事モードに切り替えるってどんよりする気持ちは想像つくもんね

私も通常モードになりました 何となく鼻歌まじりで「おから」作ったりしてます


DSC04124.jpg
うちのクリスマスローズコレクション 短く切って水に浮かべてみました
この横には、旅行の最後に空港で買ってきた南国の花が・・それは後日ご紹介するとして

今日はホテルの様子を中心に綴ります


DSC03749.jpg
ソフィテルバンコクスクンビット
もちろんもっと高い最高級ホテルはあるけど、高級ホテルには間違いない



DSC03745.jpg
ロビーに入ると、まずこの蘭に圧倒されます   



DSC03954.jpg
必ずドアマンが立っていて、出迎えてくれるし出かける時はにこやかに見送ってくれる
スタッフの皆さんのフレンドリーな笑顔に癒されます 開放感のある吹き抜けのロビー
1歩足を踏み入れると、ものすごくいい匂いがするの これ高級ホテルの特徴


DSC03951.jpg
入口入って右手にフロントがあり、チェックイン フロントには日本人女性スタッフもいました
もちろん休みもあるでしょうから、運悪く会えない場合もあるだろうけど・・
チェックイン時のデポジットは6000バーツ(約2万) キャッシュカードないとここで現金が必要
もちろん精算時に何もなければ現金は戻ってくるし、カード決済も取り消しとなります



DSC03952.jpg
このグリーンの使い方 素敵じゃないですか? 水の中に丸めた葉っぱを沈めて茎を隠してる


まず立地について ガイド付きの完全おまかせ観光ならどの場所のホテルでもいいけど
自分たちであちこち見て回ろうと思ったら、大事なのは公共交通機関とホテルの距離
渋滞関係なく、しかも観光客でも簡単に利用出来るのがBTS(スカイトレイン) 地上鉄みたいなの
それと地下鉄 タクシーも初乗り料金35バーツ(110円くらい)だから安いんだけど
渋滞にはまったら動かないし、基本運転手さんはタイ語しか分からない
ちょっと郊外に行く時など行き先の名前や住所をタイ語表記したものを持参すれば利用価値大

我が家の場合、私の体力&足の疲れを考えるとなるべく便利にあちこち行ける立地が重要

今回のホテルはBTSの駅だとナーナー駅とアソーク駅のちょうど中間に位置してる
どちらも歩いて数分ってとこかな ただし、夜になるとホテル前の通りがお祭りの夜店状態
人の流れも多いので周囲の歩くペースに合わせて移動ってことになる覚悟が必要

去年のホテル「ウェスティングランデスクンビット」はアソーク駅が目の前
立地だけで言うなら、ウェスティンの勝ちかな


DSC03999.jpg
今年のホテル 部屋は27階でした 部屋指定なしのプランだから多分標準タイプの部屋
入口入ってすぐ右手にクローゼット(これは反対側が洗面所からも開けれるようになってた)
スリッパ バスローブ アイロンがクローゼット内にありました ハンガーの本数は少なめ
うちの場合、シワを気にするような洋服少ないからいいんだけど・・


DSC03944.jpg
クローゼット横の扉に引き出しと金庫 滞在中は私の着替え類をここに収納
サル吉くんのは、スーツケースを置く台の下が引き出しになっていたのでそこへ

DSC03685.jpg
テレビは壁掛け式 その下の扉に冷蔵庫 カップやグラス お湯を沸かせるポット(があったはず)
朝食時にコーヒー飲んじゃうし、部屋でお湯を沸かして何か飲むってことなかったなー
外は37℃ やっぱりビール飲んじゃいますからね
ウェルカムフルーツはなかった そのせいなのか、ナイフとフォークも部屋には用意なく
必要なら電話で依頼しなければなりません 私はいつも紙皿とプラフォーク&ナイフ&割り箸
そこらへんは持っていくので、特に不便ではなかったかな でも部屋でマンゴー食べるなら欲しいよね


DSC03687.jpg
ガラスのテーブルと椅子があって・・左側は鏡です 朝はここが私の化粧スペース


DSC03684.jpg
部屋のスペースはもう十分な広さ  ベッドの奥にはカウチ型ソファとサイドテーブル
ただね、このベッドがめっちゃ高いの ちょっと腰掛けようかって出来ない 
170センチのサル吉くんでさえそう言うから、年配の方はきっと「よっこいしょ」でベッド上へ
枕は、ふわっふわ  トムとジェリーでトムが枕をポンポンして顔を沈めるあんな感じ(伝わる?)


DSC03688.jpg
窓からの景色 「大都会ビュー」 です 



DSC03689.jpg
野良犬いる街って感じしないでしょ?  それがまた面白いところなんです


DSC03686_20160509140754409.jpg
部屋の窓から振り返ってみるとこんな感じ 扉の向こうが洗面所&トイレ&お風呂
おっと!ガラス張り? 大丈夫です もちろんちゃんとシェードカーテンを下ろせます

DSC03690.jpg
洗面所 無料のミネラルウォーターがここに2本 ベッドサイドに1本 カップボードに1本
今年は初心に戻って歯磨きの時もちゃんとミネラルウォーター使用  毎日補充してくれます
洗面所にティッシュがあるんだけど、ここにしかないの
日本人ってティッシュ利用率高いでしょ? だからこれはちょっと不便だったかな
この先ここを利用される人にアドバイスするとしたら、スーツケースに箱ティッシュ1個入れること
ドライヤーは風量強めもちゃんと出来る大型完備 固定式じゃないから好きな場所で使える


DSC03691.jpg
フランス系のこちらのホテル アメニティがロクシタン  これ女子にはポイント高いでしょ
ランクが上のお部屋だと、エルメスのアメニティになるらしいよ  私はこっちが良いけどね


DSC03692.jpg
シャワーブースとバスタブが別  私はこれも好き 湯船にはバブ入れて浸かりたいから
出発前に口コミ読んでたら、このシャワーブースの段差が低くてそこからお湯が流れて
洗面所が水浸しに!って書いてる人がいた  それでその段差をチェックしてみたんだけど
出来うる限りの工夫をしたのか、ガラスの扉の下部分にパッキンが装着されてました
それでもちょっと油断するとお湯が流れそうになるので、ブースの出口付近は
バスマットをしっかり敷いたほうが安心です


バスマットで思い出したけど・・着いた翌日の昼間に1度だけ激しいスコールに見舞われました
今年のタイは水不足って聞いてたから、恵みの雨ではあったのかな?
ちょうどタイミングよくホテルに戻ってきて部屋にいたからいいんだけど、凄まじい雨と雷を
窓越しに見物してたら、叩きつける雨がガラスに伝わり室内へ! 27階で雨漏り???
と、ここでも役に立ったのがバスマット  何故か3つあったマットの1つを窓際に

ベッドメイクは1日2回入るようで、午後1度部屋に戻るとキレイになってて枕に置いたチップも
ちゃんと回収されてるけど、夜戻ってくるとさらにベッドの脇に薄いマットが敷かれスリッパが並び
布団が少しめくられてる  だから、ベッドメイクが完了してたからといって大事なものをそのへんに
置きっぱなしにしてはいけません 万が一何かあった時に、嫌な思いをするのは自分ですから


ホテルの話で終わってしまった  なかなか「アローイ(おいしい)」話にたどり着けない!

ちなみに私、滞在中は持参した国産のシャンプー&リンスをサル吉くんと使用
もったいなくてロクシタンはお持ち帰り こんな貧乏臭さ全開ですが続きもお楽しみに



明日こそご飯ネタ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク 到著編

10日間の連休も今日が最終日 終わってしまえばあっけない
風速7mだけどやっと晴れたからプチドライブ でもこの話はいつかそのうち

両手ですくった砂が、指の隙間からこぼれ落ちるように記憶が流れてしまうかも
だから旅行記を継続しとこうっと


DSC03648.jpg
いつも翼の上に座りがちな夫婦です  




DSC03652.jpg
ほんとはシンハーが好きだけど、無いって言うから・・ いいよチャーンビールで



DSC03655.jpg
1年前と完璧に同じ機内食 ここまで同じだと逆に感心します
作ってる人もつまんないだろうね それとも毎年同じ時期に旅立つせい? どうなんだろう


DSC03656.jpg
もう1種類はこちら  確かこれも去年と同じ  徹底してるよ タイ航空




DSC00105_201605081627335a2.jpg DSC00106_20160508162734d7f.jpg
嫌味なことするようだけど、この2枚は去年の写真  ね?一緒でしょ?
でも、行きのご飯は美味しく食べれるんです そう 味は悪くない 炭水化物多すぎだけど



DSC03650.jpg
サル吉くんはディカプリオの映画を観てたけど、私は去年やったこのゲームに夢中
1年前にやったはずなのに、忘れてるから同じように楽しめる
左側に現れる英単語を、絵の中から探し出すってゲームです



DSC03657.jpg
機内で配られる入国カードを記入  ボールペンはもちろんだけど
今年忘れてはならないと早くからバッグに入れといたのは 「老眼鏡」 
去年、明るさの足りない機内で細かい文字を読みながら記入するのがほんとキツかった!
老化により余計な荷物が増えるってことを実感  


DSC03658.jpg
台湾上空を越えたあたりから、雲の形状が変わってきます



DSC03662.jpg
モッコモコ  



DSC03664.jpg
到著1時間前に配られる軽食も、デジャヴなの?と思うほど同じ組み合わせ

サル吉くんは結局スターウォーズまで観ちゃって、到著間際にはスヌーピーの映画も
そしてつぶやく 「寝不足なんだから機内で寝ておくべきなんだよな」 と・・ 

向かい風の影響で、到着が予定より30分近く遅れて午後4時くらい


DSC03665.jpg
それでも飛行機降りた途端に感じる熱気  飛行機の日陰に待機してる軍団
多分乗客が降りたあとに機内清掃に入る若者達かな 30分遅れた分暑くてダレてる


DSC03667.jpg
暇な時間はおしゃべりで時間つぶし  このゆるい感じを受け入れなければ南国楽しめません
午後4時でも35℃とかあるもんね きっちり並んで待機する姿勢を強要する必要ないよね



DSC03672.jpg
今年も、私たち2人だけを乗っけてワゴンでホテルまで送ってくれました
到著したのが金曜日の午後4時すぎ 空港から街中まで向かう道が大渋滞です
こうして車内でのんびり外を眺める小一時間で、体をタイに慣らすことが出来ます


DSC03674.jpg
地震のない国って、道路の支柱もあんなに細くていいんだなー とか



DSC03676.jpg
今年もゴールデンシャワーが花ざかりだなー とか


DSC03675.jpg
1年ぶりに野良犬を見たなー とか



DSC03677.jpg
移動八百屋? 屋台? タイの人たちの働きっぷり 懐かしいぞ とか



DSC03681.jpg
後ろを振り返ると、バイクと車がぎっしり  絶対この国で運転する自信ないぞ とか



DSC03680.jpg
そうそう とにかくみんなそこらへんで食べてるんだよね  
こういう暮らしを垣間見ると、タイの主婦って楽なんじゃない?って思うよね
旦那さんが仕事の合間や帰り際に、屋台でご飯済ませて帰ってくるなんて素敵すぎる



DSC03679.jpg
朝家を出る時3.5℃だったなぁ って、プルメリアの花を見ながら思うわけですよ
こういう目に映る1つ1つのことに、旅に出た喜びのかけらが散らばってる気がする



DSC03683.jpg
ホテルに到著   フロントでウェルカムドリンク


去年と一昨年2年続けて宿泊したのは「ウェスティングランデスクンビット」 
今年は初めてのホテル 「ソフィテルバンコクスクンビット」

2年前だったかに、歩いてる途中でホテルのトイレを借りたことがあって
その時の記事だけでヒットしちゃうようで「アクセス解析」を見ると
「ソフィテルバンコクスクンビット」の検索で訪問下さる方がめっちゃいるんです

泊まってなくてゴメンねー って、いつも思っていたので、今回はお役に立てるように
ホテルの情報に力をいれますからね~~~  (多分明日以降だけど)

2つのホテルは、ランク的にも立地的にも似ているので、どちらにするか迷うところ
そのあたりの比較なんかも、私なりに書けたらな・・と思ってます (明日以降に)



それではまた明日



今年も長くなりそうな予感って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

アローイバンコク 旅立ち編

今年の旅立ちはない予定だったのです
なぜなら、我が家の長老家電である「冷蔵庫」から時々不穏な時限装置のような音がしてたし
サル吉くんの仕事の進み具合が当初ちょっと遅れがちだとかで、最悪連休が短くなると言われ
「やっぱり今年は冷蔵庫にしようか」 と、週末の広告を見始めたのが4月の初旬だったから

ところが、土壇場で仕事がスムーズに流れ出し暦通りに連休となりそうだってことになり
まるでそのセリフに遠慮したかのように「カチカチ」と時を刻む時限装置の音が消えた

「行っといで」  冷蔵庫が言ってるのでは? 



DSC03628.jpg
そこから家のこともブログもそっちのけで、私の旅行プラン作成が始まったのです

今年はどこへ? って思われた方・・ ゴメンなさい また今年も飽きずにバンコクです
新しい場所に旅するには下調べの時間が少ないから?ってわけでもないんです
不思議と夫婦共に気持ちが引っ張られる 私たちにとってはそんな国 それがタイ
直行便で行ける 時差が2時間しかない いろんな理由はあげようと思えばあるけど
ただ単に 「好きだから」 なんだと思います  

今年はどこで何を見て何を食べるか どんなアロイ(おいしい)を見つけるか
私の情報収集と作戦プランを形にして、夕食時にサル吉くんにプレゼンする日々



DSC03629.jpg
スーツケースに詰める準備なんかも私がやって、最終チェックはしてもらったけど
「パスポートとお金さえ忘れなければなんとかなる」と言い放っちゃうサル吉くんなので
結果的には全部私にお任せ状態  

私は、こういう準備段階も旅の一部と思ってるので楽しんでるからいいんだけど・・
そしてある程度行き慣れた土地だし~  と、この油断がいけなかった!!!
自分でもちょっとビックリするような忘れ物をした今回の旅 
「油断禁物」という四文字熟語が心に浮かんだタイの初日の夜でした



DSC03633.jpg
旅立ちは連休初日の4月29日  今年も大手旅行会社Jのフリープラン
直前に決めたから飛行機も最初は1席しかなかった (あとでキャンセル出たけど)
今年はもうイベント用のTシャツ仕入れの旅はやめたから、大きなスーツケースは
いらないかな?と思ったけど、どんな出会いがあるか分からないからね
送迎してもらえるから持って行っちゃえ!と、いつものスーツケース


DSC03634.jpg
朝7時半家を出発  気温はこの通り  前日調べたらバンコク37℃だったから
気温差30℃以上の国へ向かうわけです



DSC03637.jpg
連休初日は雨模様  道路脇にもまだ緑がない北海道から体温並みの気温の国へ!



DSC03636.jpg
去年と同じく、前日仕事納めの飲み会だったサル吉くん 
今年はセーブして飲んだらしく空港までの運転もこなすことが出来ました 




DSC03638.jpg
ラフな姿の旅立ちです



DSC03639.jpg
肌寒い空気とはしばしお別れだよ



DSC03640.jpg
国際線ロビーでの我が家のお約束



DSC03641.jpg
毎回同じ事をやっておかないと落ち着かない



さて・・あとは出国審査を通って搭乗口の上のくつろぎスペースでゆったりしましょ


DSC03642.jpg
って思ったら、ビックリ!! 大好きだったくつろぎスペースが縮小になってて ドラッグストアに


P1040771.jpg
リクライニングの椅子とかなくなってて残念だわ
アジアからのお客さんのニーズに答えなきゃならないってのも分かるけどね



DSC03644.jpg
若干寝不足のサル吉くんは、こんな椅子でも上手にバランスとって寝ようとしてる



DSC03646.jpg
ようやく雨の千歳空港から飛び立つ時間がやってまいりました



P1040775.jpg
留守中冷蔵庫が息を引き取るかもしくは爆発してないことを祈るばかり 



今年のタイの風景 今日からしばらくの間一緒に楽しんでいただけると私も嬉しいです



今夜はこのへんで~





また明日って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

北国桜便り

お久しぶりです こんばんは
1週間ぶりにパソコンの前に座ってます 
訪問していただいた皆様のところへお邪魔するのは明日以降にゆっくりと・・

今夜は、季節感が大切なネタから先に綴っておきたくて「桜便り」を

今年のGWは、あまりお天気には恵まれていない北海道 
ちゃんとした晴れマークが出てるのは、最終日の8日以降という残念さ
そんな中嬉しいのは、連休と桜の見頃が見事に合致した年となったことです
今頃やっと桜?と思われる方も多いかと思いますが・・北国の桜をご紹介

まずは小樽の桜  5月4日家を出発した時には雨が降っていたので期待はしてなかったけど
途中から空が明るくなってきたので、これはもしかして? と、桜で有名な手宮公園へ


小樽桜1

海を見下ろせる丘に桜並木が連なっていて、まさに見頃の状態
海の向こうの山にはまだ雪が残っています 淡いピンクの桜と山の雪の白
そして澄んだ青空に穏やかな日本海  なかなか素敵な風景ではないですか?

写真のサイズがいつもと違うのは、スマホで撮影だから  サイズの変更がまだよく分からない
どうせ雨だし!と、私としたことがカメラを家に置いて小樽に来てしまったのでした




小樽桜2

こんなほぼ白の桜も嫌いじゃない  「チシマザクラ」という種類だそうです
北海道特有の桜の2つうちの1つで、もう1つはエゾヤマザクラ

5月に開花といっても、それでもよほど天気が良くなければ時には震えながら桜鑑賞
この日も風が吹くとちょっと肌寒いくらいの天気 でも次来た時にはもう葉桜ですもん
お義父さんと3人でゆっくり散歩しながら楽しみました


そして翌日の5月5日


DSC04043.jpg
またまたどんよりした曇り空  うにトラの木を横目で見ながら高速に乗り、今度は室蘭へ




高速をおりてまず向かったのは、今室蘭で2大桜と言われるほどになったこちらへ




DSC04048.jpg
ビールのCMで使われた事で相当有名になってしまったのか?
10台ほど車が道路脇に止まっていて、皆さん撮影中でした
地方版の新聞記事にもなったらしいので、そのせいもあるのかな



DSC04067.jpg
牧場の中の1本桜   こちらも今がちょうど満開
でも、実家に着いてから聞いた話だと、実はこの木は弱っているらしく病んでる状態
樹木医に診てもらったけど、どうにもならないらしいです  いつかは腐ってしまうのかなぁ
ちなみに、もちろん牧場は私有地なので立ち入ることは出来ません




DSC04062.jpg
実家の母と姉を連れて車で買い物に出かけたついでに公園で眺めた桜
こちらは室蘭の隣町の伊達市  どこもかしこもピンク色  
連休に実家に里帰りすることはほぼ恒例だけど、こんなに開花のタイミングと合致したのは
おそらく初めてのような気がします



DSC04063.jpg
順番に咲くのではなく、一斉に花を咲かせてあっけなく一気に散ってしまう様を
潔いと感じるか 儚すぎると感じるか 人それぞれですね



こうなったら、実家滞在中に有名どころを制覇しよう!って気持になりまして



DSC04074.jpg
ま、制覇って言ってもなんせ「2大桜」ですから・・残るところはあと1ヶ所 
樹齢180年? そんな桜があるって今まで聞いたこともなかったけど・・



DSC04069.jpg
住宅街の細い道を上がっていくと、こんな山道になり




DSC04084.jpg
突然見事な桜が目に飛び込んできます  なるほどー これはすごい!




DSC04080.jpg
この桜も、実は一部大きな枝が折れてしまったらしく、脇に横たわっていました



DSC04081.jpg
梅にうぐいす じゃなくて 桜にヒヨドリ


母も姉も思いがけずいろんな桜を見ることが出来て大喜び
午後から雨予報だった室蘭だけど、2時頃実家を後にする時まで雨も降らず
まだ明るい時間だからと、高速使わず帰りはのんびり下道で峠越えを選択


DSC04099.jpg
里山はピンクに彩られていても、羊蹄山は見事に真っ白だし



DSC04103.jpg
峠道の斜面にはまだこんなに雪  
道路は乾いてるからスリップすることはないけど、エゾシカを何頭か見かけたので
気をつけながら帰ってきました
鹿が道路を突然横切ることで起きる衝突事故 毎年車が大破したり
最悪亡くなってしまうドライバーもいたりで、鹿を見つけて喜んでる場合ではないのです


もうお仕事モードに戻っている方もいらっしゃるでしょうが、土日のお休みで連休を締めくくる
我が家と同じという方も・・ 最後まで事故のないように気をつけながら過ごしましょうね


DSC04065.jpg
花の命も短いけど・・連休も過ぎてしまえばあっという間 (私は365連休だけど)





日本人は桜好き~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

過去旅 四国漫遊 4

このところ 毎日更新出来ない事のほうが多いのに予約投稿はきっちりする
基本真面目なA型乙女座ですもん  

いよいよ旅の最終日  高松の朝から続きます

前日の夜「骨付き鳥」が食べれなかったことでさすがに学習した私たち
ホテルの朝食はごくごく軽く済ませて (なんなら食べなきゃいいのにね)


四国2008・2 099
朝からやってるセルフのうどん屋さんに到著   おじさんのうどん情報が役に立つ



四国2008・2 100
サル吉くん 初のセルフ体験   まだこの頃北海道に「丸亀製麺」とかなかったしね



四国2008・2 101
悔しい  値段がいくらだったかアルバムにもメモがない
でも、食べて美味しかったからこのお店で自宅宛にうどんの発送をお願いしました  



四国2008・2 107
最終日に最初に立ち寄ったお寺は 第85番 八栗寺
ここは五剣山という険しい山にあるので、こんなキュートな顔のケーブルカーが行き来してます



四国2008・2 119
後ろが五剣山  ほっこり山もあれば、こんな険しい山もあるおもしろさ


四国2008・2 120
濃い緑 常に聞こえるウグイスの鳴き声 お遍路さんたちが手にしてる杖に付いてる鈴の音
五感で感じるのはのどかな日本の原風景 来たことない場所なんだけどどこか懐かしい


仕事で忙しくてストレスMAXになったり、人間関係がこじれて精神的にどん底になったり
もう1歩も動けないって状態になった人をもし見かけたら・・私ならぜひこう言いたい

「四国に行っておいで」 

きっと何か感じるものがあって、少しずつ心が修復されていく実感があると思うから


四国2008・2 134
うどんも美味しいよ



四国2008・2 129
炭水化物を摂らない? ばっかじゃないの?って思うから!!



四国2008・2 128
こんな景色を楽しむ事が出来る外人さん達も多くなったけど、日本人も忘れてはならない



四国2008・2 130
人間 お腹も心も満たされたら 「ま、なんとかなるか!」 って思えるよね



四国2008・2 135
帰りの飛行機の時間まであともう少し  国の指定史跡の高松城跡がある玉藻公園



四国2008・2 140
美しく手入れされた松平家代々当主の居住跡など


ここにあった高松城は、瀬戸内海の海水をお堀に引き込んでる全国でもまれな水城
だからお堀の中には鯛がいるのです(海水だから)


四国2008・2 141
何度も言うけど、これが4月29日の風景  半袖で歩ける暖かさ



四国2008・2 148
最後のおまけでやってきたのは第82番 根香(ねごろ)
この年サル吉くん 40歳 男の厄年の影響かおみくじ引くと凶続き
それで、最後くらいいいおみくじで終わりたい!と言い出し、このお寺を追加

結果とても美しい風景を目にすることが出来ました 秋の景色の美しさでも評判らしい



四国2008・2 147
心の癒しを求めて四国に行こうと思ったら・・ まずは足腰鍛えたほうがいい
どこを目指すにも、それがある場所は階段の先だったりする

どこかに行こうと思ったら、まずウォーキングから準備を開始 ということを学んだ



四国2008・2 149
厄年を乗り越えることが出来たのも、四国巡りのおかげ と思いましょう



四国2008・2 158
「ぬ」 と 「き」 しか写ってないけど・・  さよなら~~ 「さぬき」 の国


四国2008・2 159
うっすら富士山



四国2008・2 163
帰りも都会の「かつサンド」  




四国2008・2 168
お持ち帰り品



四国2008・2
後から届いた砥部焼の数々 今でも普段使いに大変重宝しております



一緒に歩いた旅の記憶を大事に取っておけば、自由のきかなくなった体になっても
思い出を語ることで何度も何度も追体験出来ると思っています
最近思うのは、記憶一本に頼っていては危ういなってこと
だから写真をまとめたアルバム 言葉で綴ったブログ いろんなツールで残していこう

さらに大事なのは、そんな風に語り合える仲の良さを継続するってことだよね 

案外そこが一番難しいものかもしれないので、しっかり心に刻んでおきましょう



以上!  お付き合いいただきありがとうございました



予約投稿なのでコメントのお返事遅れます ゴメンなさい



なぜかつサンド?って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

過去旅 四国漫遊 3

8年前の私たち夫婦の国内旅行  1人でも楽しんで読んでくれる人がいればいいけど
1年前のガイドブックがすでに役に立たない事もあるように、あまり参考にはなりません

でも気にせず続けちゃいましょ


四国2008・1 181
松山での宿泊先は、松山東急イン    良かった 調べたらまだありましたよ
1階にあるお店のから揚げが美味しいらしい 8年前はそんな情報知らず
でも、電停が目の前だし、窓からの緑が絵のようだし・・



四国2008・1 187
朝ご飯も和食も洋食もありのビュッフェだったようです(ここらへんの記憶は曖昧)
余談ですが・・ 5月1日 この記事は朝9時に予約投稿してるけど
その頃私はまさに至福の朝ごはんを食べているに違いない フフフ




四国2008・2 001
ホテルの向かい側の山の上にある松山城が見えるからには行ってみなくっちゃね



四国2008・2 004
ロープウェイもあるけど、リフトが楽しい



四国2008・2 005
余裕の自撮り  脇には夏みかんが実ってる木があったり、うぐいすが鳴いてたり



四国2008・2 015
上手に積み上げるものだよねぇ 全国的にも珍しい「登り石垣」って言うんだって



四国2008・2 022
山の上だからなのか、かろうじて桜が残ってた  ここの桜まつりは有名



四国2008・2 032
海抜132mの勝山山頂にある本丸から見下ろす景色 これは天下を取った気持になるね



四国2008・2 035
庶民はお茶しましょ  松山と言えば「タルト」に「坊ちゃんだんご」 そしてみかんジュース



四国2008・2 041
1人マドンナ 仕方ないよね 坊ちゃんは撮影中だもん



四国2008・2 044
でました! なんちゃってお遍路  通りがかりの第51番 石手寺



四国2008・2 045
このお寺 境内で名物の焼きもちが売られてたり、国宝や重要文化財も多いんだけど
奥に行けば行くほど不思議ワールドに  真っ暗な洞窟を手探りで進むとかコワすぎです





四国2008・2 055
松山から今治まで走ってまいりました 展望台から見る来島海峡



四国2008・2 057
瀬戸内の島々をつなぐ来島海峡大橋 世界初の三連吊り橋なんだって


四国2008・2 063
ここから高速に乗って高松を目指します
この山! 北海道にはこんな丸みを帯びた柔らかいシルエット山はないよね
愛媛の皆さんの柔らかい話し口調と、このなんともほっこりする山がマッチしてる
我が家では、四国のこういう山のことは「ほっこり山」 と呼んでいます


四国2008・2 064
高松で最初にお参りしたのは 第84番 屋島寺



四国2008・2 065
1年前も同じ場所に立ってこうして瓦投げをした私



四国2008・2 067
源平合戦の中でも大きな戦いである「屋島古戦場」の跡があったりする場所なんだけど・・
歴女でも歴男(そんな表現ないか)でもない夫婦にはピンと来ない 全くもってもったいない話
せめて大河ドラマのファンならどこかで日本の歴史の知識を得てるのにね

だいたいこの「瓦投げ」にしても、戦に勝った源氏が陣笠を投げて喜んだという伝説にちなみ
行われてることらしいよ  それを8年経過してブログに書こうとして調べて知るという・・

源平合戦とかって「壇ノ浦の戦い」とかメインどころをうっすら記憶してる程度だけど
源氏と平氏って、6年もの長い間各地でぶつかり合っていたのね こんな狭い島国で・・ 
ここ屋島も、そんな争いの大舞台となった場所  


四国2008・2 068
そんな感慨もなく、やみくもに小さな皿状の土器を飛ばしております



四国2008・2 069
私の他に野良猫が2匹、かわらの行方を見守ってくれてました


じっくり見て回ると、遠い昔に簡単にタイムスリップ出来そうなスポットがある
こういうのは北海道では味わえない感覚なので、ベテランガイド付きで巡ると賢くなれそう
ガイドさんに連れられぞろぞろ歩くツアーのメリットも、決して侮れない
個人旅行は自由気ままで良いけど、満喫したければしっかりした下調べも大事ってこと

ノープランでそれなりに楽しめるのは何日もかけて旅をする「YOU」たちなんだよなー

この日宿泊の高松市内のホテルにチェックイン 
高松駅徒歩7分 歩いてすぐアーケード街にも行けちゃうホテルで便利でした

夕食は、ぶらぶらしながら見つけた居酒屋さんに入ってみる
普通の居酒屋メニューを食べちゃってたけど、カウンターだったので
隣り合った地元のおじさん達と盛り上がっちゃって、うどん情報ゲット
それで分かったのは、北海道民がラーメンの好みが各々違うのと一緒で
皆さん好きなうどん店が実にまちまちってこと  


四国2008・2 087
香川県といえば讃岐うどんはもちろんなんだけど、ここ高松ではこれも有名
鶏もも肉丸ごと1本をオーブンで焼き上げた「骨付き鳥」 残念ながら満腹で挑戦出来ず
居酒屋でセーブしておくんだったと、8年経っても悔しい思いが蘇る


3日目が高松にて終了~



予約投稿なので、コメントのお返事遅れます すみません


山も人柄もほっこりって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。