秋色

叔父が、秋になると私を呼んで食べさせたがるのがこれ


DSC02193.jpg
プルーン

昔からさくらんぼ・梨・りんごを作る仕事をしていたのは知っていたけど
年のわりに新しいものを取り入れる意欲がある叔父の畑では時々目新しいものも育ちます
自分の家では食べないくせに、調理用のトマトを植えてみたり、切ると中が赤い大根とかも

周囲の果樹園でも以前には見かけなかった「プルーン狩り」の看板が立ってるから
きっと北海道に適した果物だってことが広まったのかもしれません


DSC02192.jpg
表面が白っぽいのは新鮮な証 


半分はジャムにして冷凍保存


DSC02194.jpg
種を取って2つ割り  お砂糖まぶして3時間置いた後 強火で煮る


DSC02195.jpg
果肉は黄色だから、鮮やかな赤は皮から出てますね
本当は皮も食べたほうがいいけど、今年は取り除いて裏ごしにかけてみた



DSC02196.jpg

種を取り除く作業で、親指の爪が痛い  秋は、栗の皮むきもそうだし何かと爪が痛みますね
でも、こんな鮮やかな赤に出会えるなら手間は惜しまない! 
手間暇かけて育てて収穫してくれた叔父さんと叔母さんを思うと、1個も無駄に出来ません


昨日のもう1つの「秋色」



DSC02190.jpg

100g299円  これは私にとっての底値だわ! と、迷わず購入



DSC02191.jpg

塩水で1粒ずつ丁寧に皮からはずしていく  水を変えながら修行と思って余分な皮を取り除く 
ちょっと白っぽくなりますが、大丈夫 このあとお醤油・日本酒・みりん少々に漬け込むと・・



DSC02197.jpg

このとおり  このピカピカをお見せしたいために、窓辺に持ってきて撮影 

美味しそうでしょ?


年に1度の「秋色」    鮮やかなり~



こういうちまちました作業 案外嫌いじゃない私と・・



DSC02156.jpg

このようなどーんとしたものを作り上げるのが得意なサル吉くん  
得意分野を分担しながら 秋・冬も美味しく暮らしましょう  鍋奉行が活躍する季節ですもんね






DSC02149_20150930162420c14.jpg

秋と言えばキノコ  先日行った公園で見かけたキノコ
「これ食べられたらいいのにね」 と言いながら、でもきっと食べられないからこそこんなにいっぱいある
そう思ってもちろん採ってきたりはしませんでしたが・・
昨日の新聞には、札幌南区の公園でしめじだと思って採って食べて中毒になった人の記事
多分、こんな姿だったんだろうなぁって思います 大丈夫そうな姿ですもんね

美味しい秋だけど、危険もあります      ご注意くださいね~




食べ過ぎ注意!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

  

スポンサーサイト

龍神に会えず

聞くところによると、今日は日本の暦では最も縁起が良い日らしいですよ
皆さん 何かいい事ありましたか?

百神が天に昇り天が万物の罪を許す日という「天赦日」 これは今年5回あって・・
その日と「一粒万倍日」が一緒になるのが今日9月29日 大安よりももっと上の大吉日

ほんとは朝この話をFacebookで知ったので、ブログに載せて皆さんにも拡散!のつもりが
こんな時間になってしまいました あと6時間弱  何かいい事ありますように~

何もなかったとしたら・・ 次のチャンスは12月14日だそうです  お忘れなく!!

札幌郊外に住む叔父から昨日の夜また電話があったので、ちょっと顔を見に行きまして


その途中で思わず宝くじを買う   
「俺の分も~」 と、夜勤から帰って来たサル吉くんにも頼まれたことだしね


DSC02181.jpg
これ・・ 雲の切れ間に怪しく光り輝く昨日のスーパームーン  何故か絵画タッチで写っちゃった


月のパワーをもらいたいと思ったり 縁起が良いとなればなんとなくあやかりたいと思う


今日も不安定な天気  途中激しい雨が降る中どんどん札幌市郊外へ
叔父宅に到着する頃には、雨も上がり青空  晴れ女ですもん
お茶を飲んでおしゃべりしてから 「ちょっと散歩に行ってくるね~」と、カメラ片手に外へ


DSC02189.jpg

ひそかに人気スポットとなっている水くみ場があるとは聞いてたけど、行ったことがなかった
叔母に道順を聞いたので、行ってみることに


だってね 「龍神の水」って言われてるんですよ そこ・・ 
神々が天に昇る今日、龍神の水を飲む  なんだか私が最強になれそうでしょ?


DSC02185.jpg
クラブアップルかな? 姫りんごかな? 


DSC02184.jpg
のどかだね~ なんてことを思いながら、てくてく 誰にも会わない道を1人歩く

叔父と叔母が住む家が、一番山に近いのかと思ったら、そこからさらに奥のほうにけっこう家がある


DSC02187.jpg

15分坂道を登ってみても、全然看板が見えてこない  
看板が見えたらそこから山に入ったところだと聞いてたけど・・ もしかしてこれって無理じゃない?
車で来るんだった 車の中のパーカーを羽織ってくるんだった 少しずつ後悔しだす
それにこの辺クマも出るんだよね 今ここでクマに襲われたら今晩サル吉くん夜勤に行けないし
進んだ分だけ戻らなくてはならないよね・・ そう思ったら、気持ちが萎えてそこから戻る

「まさか歩いて行くとは思わなかったから、車があってビックリした!」
家に戻ると、叔母に言われる  あ、やっぱり車で行くほどの距離だったのね


うにトラ最強伝説は未遂に終わりました


でも、いい運動になった  書き方が分からないという国勢調査を代筆してから帰る
我が家に到着して家に入ったと同時に激しい雨!  うん なかなかついてる




今日は5年前に亡くなった元同僚の命日です
いつも少し早めにお参りは行くのでもう会ってきたけど
亡くなった日 病室で交わした会話  お昼のテレビで「今日は肉の日です」と、肉のアップ
「あ~ 美味しそうだね~」 と、彼女が釘付けになって一緒に笑ったのを思い出す

だから9月29日 我が家は必ず肉を食べる 

今日は神様がたくさん天に昇るんだってよ  きっとそっちは賑やかすぎるでしょ?
たまには降りてきて、一緒に肉食べよ~     


DSC02167.jpg





叔父宅はすでにストーブでポカポカ~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
  

知ってるのは表の顔だけ

コロコロ変わる不安定な天気が続いてます  秋っていつもこうですよね

昼間突然の雷 激しい雨も降ったりしたので、昨日のお月見はムリかなって思ってたら



DSC02176.jpg

夕方からは雲もなくなり、このとおり  きれいな月を眺めることが出来ました
この間のブルームーンの時に、ブロとものトカ太さんに教えられた事実!
知らなかったのは私だけでしょうか?  地球から見える月って、いつも必ずこの面だけって
へー そうなんだ  あまり深く考えたことはなかったけど、何となく回転してそうだし
季節や時刻によって見える面って違うのかと思ってた
(地球で言えば、アメリカ側が見えたりヨーロッパ側が見えたりとかいうように・・ね) 

何年か前に、月の土地の権利を買うって少し流行しましたよね?
どの国にも所有を認めない協定ってのを逆手に取って、個人への規定がない事に目をつけた
アメリカの会社が1200坪(1エーカー)2700円で販売 130万人ほどがオーナーらしい

まぁ夢を買うようなものでしょうが、だとしたらどうせ買うなら自分の目で見える部分が良いですね
地球にいる私たちが目にすることの出来る月の部分はおよそ58%

生まれた時から見ている月だけど、表の顔しか知らなかったなんて・・
そして裏の顔を見ることなく死んでいくんだな 私たち


1200坪の土地 地球だったら牧場に畑に大邸宅 自給自足の生活も夢じゃない
でもそれがいくら2700円で手に入っても、月には空気がないから気温がねー
太陽の光を浴びている時は123℃ 光が当たらないとなると-233℃だって



DSC02170.jpg

今日も、晴れたり曇ったりと忙しい  みるみるうちに暗雲が立ち込めて雨が降ってくる
でも、これも空気があるおかげ  過酷な月の環境を思えば、なんと幸せな星なんだ!


今日から深夜勤務に突入するサル吉くんと、お昼にちょっと用事を足しに外出



DSC02177.jpg

「新そば」の文字につられお昼はお蕎麦屋さんへ



DSC02178.jpg

若い頃って、あとから持ってきてくれる「そば湯」の良さがよくわからなかったけど・・
最近 シメにそば湯で割ったつゆを一口飲んでにっこりするような年になった






DSC02175.jpg

時間が経過しても同じ顔   今夜は月が見えるかどうか微妙だけど、見えてもそれも同じ顔
月はしょうがないとして・・人間は、1つの顔しかないわけじゃない



拍手コメや鍵コメ含め、皆様いろいろとご心配・アドバイスありがとうございました
ダークサイドの顔も含め、私は私として私らしく私なりに (私づくし) やっていきますね




やったるでーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


想定外 2

シルバーウィーク最終日と、昨日がサル吉くんの2連休だったのですが・・

昨日は再び室蘭へ  また単身で行こうかなとも思ったけど中1日での運転は辛いだろうと
サル吉くんが運転手をやってくれることになりお言葉に甘えて同行してもらうことに



DSC02147.jpg
ほんとに北海道は、お天気に恵まれたS.W.でしたね


休み初日の連休最終日  この時すでに2日目の室蘭行きが決まっていたのでこの日はまったり
午前中私は家の事をし、サル吉くんは車と戯れる

DSC02133.jpg
我が家のバス チュー太郎からは足がはえてます



DSC02132.jpg
これからの時期欠かせないヒーターを調整中
○○部分のなんとかをどうにかしたら、バッチリ直ったらしい (私には説明不可)


あんまり天気が良いから、昼食後は水筒にコーヒー入れてクッキー持ってプチ散歩


DSC02140.jpg
車で平岡公園へ  周囲の原生林をちゃんと残しつつ、キレイに整えられた公園



DSC02142.jpg
紅葉狩りにはまだちょっと早いけど、見上げる緑のもみじも光が透けて美しい


DSC02139.jpg

マリオが踏むやつ! 


DSC02144.jpg
これ何て言う実かな? って思ったら、昨日見かけた本で判明 「ツリバナ」って言うらしい

去年、この公園で偶然エゾリスに出会ったので、もしかしたら・・という気持ちで同じ場所へ


DSC02145.jpg
去年と同じ実がなってる! 間違いなくこの木だわ~


DSC02146.jpg
コーヒー飲みながら現れるのを待ってみたけど・・ 残念ながら登場せず



P1030152_20150925114722e6e.jpg
ちなみに、これが去年の登場シーン  ブログ記事を振り返ってみたら10月初旬だったので
来月の方が出没率が高いのかな? でも、彼らは確か冬眠しないはずだからどうなんだろ?



DSC02151.jpg
ちゃんと野生動物も生活出来る林を残し、でも人の手できれいに整えてもある広大な公園
道路を挟んで閑静な住宅街も広がっていて、芝生では子供達がのびのび遊んでいます


DSC02153.jpg
あまりにも手付かずだと、市民の憩いの場とはならないんだよね 札幌市頑張ってるなぁ
と、今は札幌市民じゃないのでちょっと羨ましく思います



DSC02155.jpg
ま、私の住んでるところにも面白いものもあるんですよ 

いや でも これはいかがなものか・・  手の部分人感ハンパねぇって言いながらサル吉くんは



DSC02154.jpg
生き別れの兄弟が再会したシーンを再現     どんな兄弟だよ



そして昨日の早朝   


DSC02157.jpg
久々登場 「うにトラの木」  窓を開けて撮影しなかったことが悔やまれる
朝もやの中 逆光に浮かび上がる木とトラクター  すごーく美しかったんだけど・・
でも急いでいたのでそのまま高速に乗って室蘭へ 


いずれいろんなことがはっきりして落ち着いたら、もしかしたら備忘録のためと
誰かの役に立つこともあるかもしれないという気持ちのためにもまとめて書くかもですが
病気知らずで元気が取り柄の我が母の病気が見つかり、これから検査後治療の予定です

姉のおかげで、心強い繋がりがあり周囲の協力体制があり・・私たち家族もそういった支えに対して
感謝の気持ちを持ちながら、一丸となって頑張らねばと気持ちを1つにしているところです


DSC02158.jpg

朝8時に実家到着 母を乗せて2日前にお墓から見おろした白鳥大橋を渡る (これは帰りの写真)


DSC02160.jpg
ずーっと昔から計画はあったけど、なかなか実現しないから出来ないものだと思ってたから



DSC02161.jpg
完成しちゃって逆にびっくりしたもんね  でも、車で通ると確かに便利なのです



DSC02162.jpg
昼間はただのサビサビの工場群も、夜にはその姿を変えキラッキラに 
ここからの夜景だけは、工場萌えの気持ちが少し分かる

受診に検査 何をやるにも待ち時間 4時間半以上は体力も消耗する
問診票に同意書の数々 会計は自動精算機  薬は院外処方
何しろ私を産むのに入院して以来、近医で血圧の薬をもらう以外病院経験ない母ですからね

病院慣れなんてしないに越したことはないけど、慣れない場所ってそれだけで疲れます
職場も病院だった上に、自身も病人になったこともある私が役に立つとしたらここでしょ
ってわけで、受診に同行したわけです

診てくれた先生からの説明を聞く 最近こういう場面で思うのは
「この先生私より年下なんだろうなぁ」 ってこと  
高校野球を見た時に、ふと気づくといつしか球児たちがみんな年下になってたあの感じ


今では、さらにその感じも進み年下のほうが安心って思う   


帰りは、千歳空港で高速を降り、寄り道


DSC02163.jpg
空港には道内の有名ラーメン店が集結しているブースがあり、大人気
今日は「けやき」の味噌ラーメンにしようっと

いつもの私たちなら、ラーメンの後デザートなんてまず考えないんだけど・・
「今しか食べられないなら、お腹壊れても構わない!」 そんな意気込みで行ってみた


DSC02164.jpg
シルバーウィーク限定 4店舗限定 北菓楼のマロンソフト  気になるよねー



時刻は午後5時    「本日完売」の張り紙  



お腹壊れたかったよー 




このところ 「基本毎日更新」の目標が崩れがちなのは、また違う理由もあったりします
以前から思うこともあり、悩む部分はいまだちゃんと解決していませんが
それとはまた別の理由でバタバタが続けば更新が途絶える事もあるかもしれません

足跡たどってせっかく訪問いただいても、自分のブログは放置だったたらゴメンなさい 
お馴染みの方のブログ訪問は、私にとっての癒しでもあるのです
コメントが残せなくても、私が訪問させていただいてるのは、それが理由です

私が何故日々の事を綴っていきたいと思ったか  そこらへんのことをじっくり書きたいけど
しばらくはその時間がありません  書かなければ伝わらないならいっそやめるか?なんてね

何かの または誰かの役に立つブログではなくても、今はまだやめたくない とも思う


うにトラ   揺れ動くお年頃     (何年揺れてんだよ)




外はすっかり秋ですねーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


想定外

シルバーウィーク? それって何だっけ?  てな感じの我が家ですから通常モード



・・の、はずだったんだけど


連休初日から実家の母が珍しく体調不良  あいにく姉は友人と2泊3日でお出かけ中
最初は電話で励ましていたんだけど、どうも不安が募って元気がない状況に陥ってる
そんなわけで急遽単身で帰ることに 

昨日の朝スーパーの開店を待って買い物をし、そのあと欲しかった薬を探し求めてドラッグストアへ
ようやく薬剤師さんが常駐してるところで手に入り、家に戻ろうとしたらすでに国道が渋滞

バタバタと、午後から仕事のサル吉くんに留守中の申し送りをして(食べるものの場所とかね)
高速に乗る  

実家到着はお昼の12時半  なんとか昼ごはんに間に合った!
姉もその日の夕方には帰宅予定だったんだけど、まぁこんな時くらいは妹も頑張りましょ


DSC02121.jpg

実家で掃除機かけてたら姉が大量のお菓子とともに帰宅  
いくら季節限定だからって・・ お姉ちゃん 栗もなか多すぎじゃない?
帯広 「柳月」も「六花亭」も本店がある街 確かに美味しいお菓子は多いよね




そうか!お彼岸だもんね    姉が買ってきた「おはぎ」を見て思い出す

じゃ、せっかく来たからお墓参りも行きましょ ってことで、1泊して今日はお墓参り


DSC02128.jpg

白鳥大橋の向こうに霞んで見えるのは函館方面  肉眼では駒ヶ岳がうっすら見えました




DSC02127.jpg

実家の庭   雀の餌を食べに山鳩がやってきて、姉に追い払われてた  ハハハ 



DSC02125.jpg

昨日も今日も良い天気   帰り道も快適だったけど高速道路は千歳あたりからちょっと混雑
とは言っても、関東地方の高速道路渋滞に比べたら最低でも80キロでは走れるんだから
「道路が混んでた」というレベルが北海道ではきっと違うんでしょうね






 
DSC02124.jpg

想定外のお出かけで、実家とお墓に行ってあとは寄り道もせずに帰って来たけど
高速道路を走っていても、車内が賑わってて楽しそうな車を多く見かけたので
何となく私もつられてちょっとだけシルバーウィーク気分になりました

平日出かける事の多い我が家はETC割引の恩恵を受けることが少ないけど・・
昨日も今日も割引だったねー  なんてことも想定外!




ネズミ捕りも多かったー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


雲の裏側

昨日・・


「大量に送られてきたから、食べるの手伝ってー」 とご近所さんからおすそ分け


DSC02118.jpg

わー 生きてる生きてる   


夜勤明けで夕方起きてきたサル吉くんと

「これはやっぱりお刺身で食べるよね」

「大葉が欲しいところだね」

「どうせならもう1種くらいあると豪華だね」

「となると、やっぱり日本酒飲むよね」

会話が弾む弾む  で、買い物



DSC02119.jpg

お義兄さんからいただいた山形のお酒を飲みながら、 ちょっと家族会議
日々いろんなことが起こるけど、それは1つ1つその時出来ることをしていくしかない

お酒にそんなに強くない2人 日本酒飲みながらちゃんとした結論が出せるわけがない
気づいたら2人ともソファでちょっと寝ちゃったりして・・





DSC02120.jpg

どの雲にも銀の裏地がついている   Evely cloud has a silver lining.

何かあると、必ず心に浮かぶフレーズです



あの雲の向こう側は光り輝く青空なんだものね





皆さん、素敵な連休を!   ♪(o・ω・)ノ))






にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

不老不死?

今日は天気予報通り午後から雨

そうかー 巷では明日くらいからシルバーウィーク突入なんですね
そりゃお天気が気になるところでしょう 今日から3日間くらい雨予報ですけどね 

天気がめまぐるしく変わりやすいこの時期のお出かけ
どこに行くにしても、晴れるかどうかは運みたいなものですね   


DSC02012.jpg

我が家には全く関係のない祝日が並んだ1週間ではありますが・・
でも、どこかに旅立つ時のワクワク感はとーっても分かりますよ
あと2日 あと1日 と、近づいてくるに従ってどんどん浮き足立ってくるあの感じ
そこからが旅の楽しみですからね  お出かけ予定の皆さん 心ゆくまで浮き足立ってくださいね



DSC02117.jpg
今日の作品

収穫したミョウガがある程度たまったので、ピクルスに
ほんの30秒ほど茹でたミョウガを甘酢漬けしたら、液がキレイなピンク色になったので
その上に薄切りにした大根も入れてみました 一緒にピンク色になるかな?


大したことではないんだけど(実際超簡単に作れるし)、こういうものって気持ちに余裕がないとね
「ちょっとやってみようか」というスイッチは、時間に余裕があって大きく伸びをした時に入るのかも


タイが好きになって、何度も行くようになって、タイご飯が大好きになる
この流れも、忙しければ「食べたくなったらタイ料理屋を探す」ってことになるんだけど

DSC02010.jpg

ガパオには欠かせないホーリーバジルの種を探して育てることから始めようとする
こういうことも、スイッチが入らないときっと出来ないことの1つ

これは何度も葉っぱを料理に使ったあとに出てきた花  やっぱりスイートバジルとはちょっと違う色


春に売られている苗で見かけるのは100%スイートバジル だから初めて見たわけですが
知らなかったけど、最近大注目の「奇跡のハーブ」だそうですよ

インドでは「不老不死の薬草」として、何千年も前からその効用が知られているらしく
空気を浄化するとして家の玄関前に植える家庭も多いのだとか

さらに、最近日本でも注目されてる理由として「放射能による人体の影響を緩和したり環境を良くする」
という研究結果が発表されたからだそうです
実際福島にホーリーバジルを植えようという運動もあるらしい

説明を読むと、にわかには信じがたい各効能だけど・・ でも少なくとも副作用はないのなら
どんどん植えちゃおうよって思います
時代を越えて語り継がれて来た事には、何らかの真実があるに違いない


DSC02115.jpg

「空気の浄化」 という言葉につい感化されてしまい 雨の中切ってきて玄関に飾ってみた
ほんとかどうか知らないけど庭に植えると100m~200mくらいの範囲を浄化するって!
(もちろん鵜呑みにはしてないけど)



DSC02116.jpg

今日気づいたけど、紫色の状態が花なのかと思ってたら、そこからさらにピンク色の花びら
どうやらこれが花のようです   

「不老不死」 なんて望まないけど、環境汚染がこんな小さなハーブで多少なりとも改善されるのなら
その奇跡を信じたいですね




お休みおめでとう~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

ヒグマの気持ち

秋晴れの気持ちのいい天気が続いています  ベランダに干したジーンズもすぐ乾く 


2日ほど前、知床の羅臼の水産加工場がヒグマに荒らされたそうです
アルミサッシ枠のガラス戸を破壊して内部に侵入

発泡スチロールのケースに入った「カスベ」や「スケソウダラ」が食べられていたとか
(カスベってご存知ない? エイのことですよ  こちらでは煮付けや唐揚げなどが人気です)

お盆に知床で見た野生のクマたち あの時は川で必死に鮭を探したり貝を探してたりしてた
でも、その体は決して太ってはいなかったもんね   野生で生きていくのも大変なんでしょう
自力では食べることの叶わないエイやスケソウダラの味をどこかで知ってしまった彼らは
危険を冒してでも食べたくなってしまったのか 美味しいものを食べたいという欲は果てしない


一昨日訪問した叔父の家周辺の果樹園にも、山からヒグマが降りてくることがあるそうです
叔父の畑にくっきり残されたヒグマの足跡は、ちょっと驚く大きさでした 
そりゃあね、1度プルーンの美味しさを知っちゃったら山の木の実なんて食べてらんない

冬の間ひたすら寒さに耐えながら眠りにつく前に、何をお腹いっぱい食べたいか・・
私だってタラやプルーンを選択する   漁師さんや農家さんには申し訳ないと思いながらでもね

クマたちもこのところの朝晩の冷え込みから、やがてくる冬眠期間を察知してるんでしょうね
「いつ食べる?」 「今でしょ!」  使い古したフレーズだけど・・きっと仲間たちと語ってる




DSC02113.jpg

そんな私も、冬ごもりの準備を着々と進めております
昨日はきゅうりの佃煮を作って、冷凍保存   そして今日はミニトマトを大量消費
鍋から溢れんばかりの自家製ミニトマト  これらを無駄にするわけにはいきません



DSC02114.jpg

左手に木べらを持ち、かき混ぜながら右手の菜箸で皮を取り除いていく 
修行気分になるこの地味な作業  足はだるくなるんだけど案外好きだったりする

そんな修行中何を考えていたかって言うと・・


「旧姓で呼ばれたのって何年ぶりだろう」 ってこと  (*´~`*)
先日再会した同期のメンバーからFacebookにお友達申請があって、そこでのやり取りで
「まさか○○さんが来てるって思ってなかったから会えて良かった」 

その○○が旧姓だったのでね  親しい友人たちは私の事を名字で呼ばないから大変新鮮な気持ち
最初の頃は、銀行で今の名字で呼ばても全く反応出来なかった私だけど知らないうちに馴染んでる

そうだ 私は○○という名字で、姓名判断では徳川家康と同じだったっけ
あのまま独身だったら、今頃天下を取ってるのかな   

そんなアホっぽいことを考えてるうちに、トマトソースは完成  サル吉くんも夜勤から帰って来た



ヒグマたちも冷凍庫があれば、あれこれ保存出来て冬眠しなくてもすむのにね



グルメなヒグマ 3回言って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


強い気持ち

サル吉くんがいつも髪の毛を切ってもらう床屋さんは、ご夫婦仲良く2人でやってるお店
年齢が近いのもあって、行くと話に花が咲いてなかなか帰ってこない 

昨日、予約の電話を入れたら、ご主人が体調が思わしくないのでカットは奥さんがやると・・
今日午前中に行くことになったので、昨日叔父が持たせてくれたプルーンを手土産にすることに

あまり楽観出来ない病気と闘っていることも知っているので、もし食欲落ちてる時期なら
「栄養ある果物だから」と言って渡したら食べてくれるんじゃない? 
食べ盛りの男の子もいることだし、きっとトマトだって食べるよねー と、紙袋に詰める


帰って来たサル吉くんに聞いたのは、ちょっと辛い話
治療を続けていても病気の範囲が広がり、医者から半年という命の期限を宣告されたと・・

そういう話になった時点で、セカンドオピニオンを求めて他の病院を受診し、今はそちらで治療中
そこの先生は「半年」なんてことは口にしなかったそうで、その治療による副作用は辛いけど
間違いなく効果は出ていると言われ、戦い続けている状況だそうです

確かにしんどそうではあったけど、口にする言葉はとても前向きで
この間ちょっと出かけてきたんだよねー と、お土産を手渡されたそうです

今まで通りの仕事が出来なくても、妻のフォローに回りながら店に立つ
そんな体調でも店に立つのが夫のパワーになることを知ってるから、奥さんは止めないんでしょう

余命宣告  確かに患者には自分の状況を知る権利があるから、何も知らずにはいたくない
「もしかしたら半年後にはこの世にいないかもしれない」 そういう覚悟があるのとないのでは
そこから先の歩き方が大きく変わると思います

でも、それを100%受け入れる必要はどこにもないんだと思います
自分の寿命は自分で決めるべきであって、人から宣告されるものじゃない

なるほど 先生は半年とお考えですか 分かりました それなら私はそれを覆しましょう

余命宣告を、大きなバネとして役立てるそんな生き方をしようとする強さ
サル吉くんから聞いた話からは、ご主人のそんな気持ちが伝わってきました



DSC02109.jpg

本日 仮眠に入る前のランチはこれ  室蘭の実家で母が庭から掘ってくれたじゃがいも
ミニミニサイズなので、きれいに洗って半分にカットしてオリーブオイルでじっくり揚げ焼き
仕上げにガーリック&ハーブ塩   2人で、うまーい うまーい の連呼
一緒にビール飲んじゃおうかと思ったもんね~ (そこはぐっと我慢)



DSC02110.jpg

サル吉くんが仮眠に突入してから、私はすももの加工
今回は十字に切れ目を入れて、砂糖をまぶして3時間後・・種もそのまま煮込んでみました


DSC02112.jpg

裏ごししながら種と皮を除いて、ざるに残った果肉は鍋に戻す ヨーグルトソースの完成 




いろんなことがある人生  人それぞれ長さに違いはありますが

「どう生きたか」 結局ただそれだけのことなのかもしれません

なるべく雑に生きないように・・私の今の気持ちはそこらへんにあります





にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


深呼吸

叔父が電話をかけてくるってことは、私の顔が見たいってこと


じゃ、出かけますか  



DSC02089.jpg

絶好のドライブ日和    でも、とうとう朝の気温が一桁になりました
途中お昼ご飯とおやつを買って車で走ること40分  午前11時に到着



DSC02093.jpg
まずは畑を観察して歩く   これなんだろ? 梅??



DSC02094.jpg
あっ 違った  すももですね



DSC02095.jpg
日中と朝晩の気温差が、こういう果物を甘くするのかもね



DSC02096.jpg
このすももとプルーンを取りに来いと言うのが、叔父が電話をかけてきた理由だったんだけど
けっこう高い位置に実がなってたりするんです   手を伸ばしただけでは収穫できない


DSC02108.jpg
私が到着したら、すでに箱詰めされてた   朝から準備してくれてたんだな・・と思うと
今や健康体とは言えない叔父と叔母が2人で脚立に上がって収穫する姿が浮かんで
心からありがたいなって思います

表面に浮かんでる白い粉は「ブルーム」という天然物質 農薬とかじゃありません
鮮度が良い証です 果実の保護のために自ら出す物質なんだってー



DSC02106.jpg
で、こちらは「プルーン」  中国原産の丸いものが「すもも」 西洋すももが「プルーン」


DSC02107.jpg

生のプルーン栽培は、雨が少ない土地が適しているようで長野県や北海道が中心
あまり全国的には出回ってないようですね 食べたことのない人に送ってあげたいけど日持ちしない
残念!


DSC02103.jpg
都会育ちの方に、ついでにレクチャーいたしますと・・  これはとうもろこし



DSC02104.jpg
このように可食部分が育つのですよ



DSC02100.jpg
我が家の周囲も、空気が澱んでるような場所じゃなく星がキレイに見える郊外ですが
ここまで来ると、本当に思いっきり深呼吸出来る



DSC02099.jpg
子供の頃 「毛虫~」とか言って遊びましたよね?  



DSC02102.jpg
昨日の天気は晴れたり雷のあと激しい雨だったりで、花も地面スレスレに倒れてる
それでも健気に咲いてます


DSC02092.jpg
人間が感じるのと同じように植物も感じてるのか・・ ここの家の花には強さがあるんです
花だって、空気の美味しいところで育つと元気になるんだよね きっと・・



DSC02105.jpg
遠くの山からまるで噴煙のように白い雲がモクモクと!  今日も天気が急変する??



DSC02097.jpg
じゃ、青空のうちに帰るね~ と、出発
ナスにピーマンにじゃがいもにトマト  車内で移動販売の八百屋さんが出来そう


秋の天気は変わりやすいと言うけど、それだけが理由じゃないような最近の天気
地震や火山の噴火 気になる部分が多い日々ですね
先日の茨城県の災害で行方不明が15人ということだったけど、全員無事が確認されたとか・・
現場がそれだけ混乱してたってことなんでしょう でも無事で何よりでした


叔父の家では、朝すでにストーブをつけてると言ってました 古い家だからまぁ仕方ないかも
さすがに我が家はまだ暖房は必要ないけど、そろそろ鍋でも良いかな・・と考えるようになりました

北海道   間違いなく秋本番ってとこです





あっという間に冬が来る!って押していただけますか↓ 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

時間が育てるもの

2日続けて札幌中心部に出かけるなんて今の私にとっては稀なこと

昨日は、夕方から珍しい会合に参加してみました


DSC02080.jpg

3年もブログやってるっていうのに、なんだこの写真! ひどいもんです
次々料理が運ばれてくるコースだったんだけど、かろうじて写したのが食べ終わったお刺身

高校卒業から早○△年 (○には1か2か3が入る ここはファジーに・・ 笑)
卒業時に同じクラスだったとしても、現在でも付き合いがあるのはごく少数
あとは入学当初からの仲良しグループと繋がっているくらいだから
400人ちょっといた同期の0.5%程度しか今どこで何をしてるか知らずにいました
大体ね 9クラスもあると高校3年間で1度も言葉を交わしたことのない人のほうが断然多い

1学年上の人たちは、手間暇惜しまず率先して動くリーダー的人物がいるのか
何年か前に100名越えの温泉宿泊同期会なんてものをやったと噂に聞いたけど
それは稀な例  地元に残っている人間のほうが少ないような地方都市の高校だと
ある日ある場所に集合するってことすら難しいのが現実


そんな点と点を繋ぐのに画期的に役立ったのがFacebookです
若者だけのためのツールじゃないってことを実感してます

同じ卒業年の同期で秘密のグループを誰かが立ち上げ、それが徐々に広がり現在89名
それぞれの動向が分かってくると、近隣に住むメンバーが集まる機会も出来て
東京・札幌・室蘭などで少人数の食事会なんかが開かれるようになりました 

昨日がその開催日  しかもね 天気が良ければこの会は3部構成の予定だった
第1部 午前中集合して登山⇒ランチ
第2部 インストラクターをしている同期の指導による運動 (エアロビ的なね)
第3部 食事会

残念ながら雨で登山は中止だったけど、 運動して汗を流してから食事会でビールという
健全な人が半分  食事会のみ参加という(私もこっち)幾分不健全な人が半分

第3部の食事会は総勢15名 (天井に丸まってるのは仕切りの暖簾です)  


DSC02081.jpg

わりと頻繁に顔を合わせてるのが同じクラスだった友人みーみー 
残り13名のうち  数年前の札幌のちょっとした食事会で会って以来という男性が2名
10年くらい前 ハワイから帰ってくる飛行機でたまたまCAとして乗って再会して以来の女性が1名

あとの10名は卒業以来会ったことないし、もっと言えば在学中だって1人を除いて話したこともない

でも不思議なものです  ブログ用の写真撮るのも忘れるほど今では話すことが出来る
長い時間が、17歳の当時同じ景色を見て同じ空気を吸っていたという共通点を熟成させたとしか・・

最初に1人30秒で自己紹介  幹事さんが用意してくれた名前のシールを貼って話すわけです
誰かがわざわざ卒業アルバムを持ってきてたのには驚いた!!  
遠い記憶を呼び覚ますには、必要な小道具ではあるんだけどね
自分が3年何組だったか分からなくなってた人もいたしね  でも、誰もがそんな感じ

それでも、語っていると次々いろんなことが蘇って繋がっていくから面白い

DSC02083.jpg
学生時代とほぼ体型変わらないという人もいれば・・


DSC02084.jpg
30キロ増という人もいる

数は少ないけど、このブログを見てくれてる中に高校時代の友人もいるから「この人誰??」と
モザイクの中の答えを知りたいときっと思ってるはず  フフフ モザイク外してもきっと分からないよ


今現在の生活のことは、お互いそんなに詮索しない  もっぱら17歳に戻っての会話
今やお医者さんだったり 社長さんだったり メジャーになりつつあるモデルの息子の父だったり
みんなバラバラの人生を過ごしてる そこで共通点を作りたいわけではないからね

わざわざ神奈川から来たという人は、私がマネージャーをしてたサッカー部で一緒だった
最初の15分 気づかない私  名前を聞いて 「え~~~~~っ!!!!」 と驚く
自己紹介の時の彼の言葉が深かった

「あと人生何年あるか分からない そう思った時に、自分がやりたいと思った事はしようと決めた
 こんなふうに集まれる機会があると知り、面白そうと思ったので帰省を兼ねて飛んできた」

結婚して子供がある程度大人になったからこそ 自分の人生を振り返りながら考える余裕が出来る
ちょうどそんな年代なのかもしれません


参加したお医者さん2名 ○○病院勤務ですって聞いた時に聞き覚えのある名前で
元同僚が確か今働いてる気がしたけど、あえて口にはしなかった
だってね 看護師と医者  必ず仲が良くてうまくやってるとは限らない 大変微妙な問題ですから

Facebookには、実況中継のように随時写真がアップされて他の同期のメンバーに公開
ただし、誰もがスマホ撮影して勝手にアップは出来ないのね  
「必ず美肌補正アプリを取り込んでる」 この条件をクリアしてないと女性メンバーは拒否出来るらしい

私はメンバーには入ってても、自分で記事投稿とかしてないからほぼ幽霊メンバーだし
今回の会も不参加表明してたのを、みーみーが来るなら行ってみるか・・というノリだった

でも、まさか私のこと覚えてないだろうなって思う人に「○○ちゃんだー」って言われたり
1回も話したことなかったのに「次会うときまで元気で!」って別れ際握手されたり
不思議なふわっと感がある会だったので、年を取るのも悪くないものだと思ったかな

「会えて良かった!元気でね!」と、昔のサッカー少年にハグ出来たのは、お酒の力だけじゃない
何人かはすでに故人となっている事実を耳にする事もあって、みんなが心のどこかで
「今」を先延ばしにしちゃいけない そんな心持ちになってきたんだな と感じます



楽しかったけど、だからと言って登山には参加しないぞ



同級生たちへ モザイクなしを見たければ、メンバーになるように!




元気で何より!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

鵜呑みに出来ない性格

病気になって大きな手術をして、術後の後遺症でリンパ浮腫になって10年越え
筋金入りのリンパ浮腫の私ですが、さほど周囲には不自由さを感じさせない程度には
セルフコントロールが出来ていて、普通の生活をしていると思っています

人間のいいところは、ある程度自分が置かれた環境に順応出来るってこと
病気以前の足の状態を記憶はしていても、じゃあ今とどれくらい違うかっていうのは示せない

だとしても、今より改善が望めるという手立てがあるならそれは興味はあります
ということは、今が快適だとはやっぱり思ってはいないってことでもある

私の足のことを気にしてくれている友人が「リンパについての話を聞きに行かない?」と・・
長年医療に携わっていた女性が、あることをきっかけに西洋医学に限界を感じ
代替医療に目を向けるようになり、その世界で出会った人々と一緒に活動をしているらしく
その女性による「病気にならない体を作るためにはどうしたらいいか」のテーマを中心とした話

代替医療 「癌」という病気に関わると、そういう世界の話をよく耳にします

手術をせずに、完治した人の話  病気になりたくなければ病院に行くなという本
書店に行けば、医学書コーナーの横にはそれらの本が並んでる
むずかしいのは、両方経験してみて選べないということ

手術をしてうまく行く人もいれば、ダメだった人もいる
手術をしないで代替医療でうまくいく人もいれば、ダメだった人もいる

その2つの世界に属する人々は、往々にして他方を認めていない
癌に効果があると言われているサプリメントも続けたいと入院患者が言うと、医者は嫌な顔をしがちです
一方で、代替医療を推奨する人たちは、西洋医学を良く言いません

そこで一番思い悩むのは患者自身  ストレスが一番の要因となるのであれば、それはどうなんだろう


なんてことを、常日頃考えてもいる私  根っからの疑い深い性格も加わり、鵜呑みに出来ません


もちろんそういう団体はボランティア活動をしてるわけじゃないし、良いものを広めたいという
高尚な気持ちだけじゃなくそこには商売が絡んでいるということを忘れてはいけないのです


「ストレスが最大の要因」 「体をとにかく温める」 「リンパの流れを滞らせない」
「体の中に老廃物が蓄積したままだと、どんなに良いものを取り込もうとしてもそれは無駄である」
そういうポイントは、心に深く刻み込みました  それは自分でも気をつけなくてはね・・と


今まで知らなかった「良いとされているいろいろな道」を教えられた時
大事なのは、ただ言われたままに進む前に、地図で調べる 人に聞く 様子を見る 立ち止って考える
歩くにしても少しずつ  自分のペースを崩さない   何事にも通じる手順


もう子供じゃないから、ある程度自分の考えもあるしね 
例えば・・「ストレス緩和に甘いものは即効性はあっても、それはあくまでも短時間のみで反動が来る」



そう言われたところでね  


DSC02071.jpg
直後に行ったカフェで、私はブログに載せたいというだけの理由でエルモのカップケーキ



DSC02070.jpg
友人はコテコテの「ポップオーバー」 オーダー

「さっき甘いものは・・とかって言われた直後にこれって・・学習してないよねー」 
そう2人で笑う  でも、それくらいがちょうど良い!


DSC02066.jpg
パルコの4階にオープンして1年経過   バンコクにあるアメリカンなカフェが北海道進出


DSC02077.jpg
子供は、虫歯必至だね



DSC02078.jpg
メルヘンな店内なもんで、サル吉くんとは行けないなって思ってたので行く機会を狙ってたの




DSC02068.jpg
ま、女性2人組とは言え若干浮いてたかもしれないけど・・ 
周囲は、ピンクのチークでお人形さんメイクした若者中心 


DSC02075.jpg
これが見れたから、満足



DSC02072.jpg
赤いクリームが何味だったかって?




DSC02074.jpg
多分ね、私が思うに赤も緑も青も黄色も同じ味だと・・  唯一言えることは甘くて頭痛がした


ただ普通に生きていくだけでも、知らず知らずに誰しもストレスは抱えがち
上手に小出しに放出していけるアースの役割をするのが自分にとって何なのか・・

いろんなことを考えるにしても、体はあっためながらってのが良さそうなのは間違いない!
これからの季節  皆さんも冷えには気をつけましょうねー


そして、自分だっていろいろ抱えている最中でも私の事まで考えてくれる友人に心から感謝!




ありがとーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

第2の人生

予想されてた北海道の風雨は、主に東側と南側の地域に集中したようです
曇り空のまま経過しそうなので、昨日は小樽のお義父さんの様子を見に行くことに


DSC02057.jpg

高速を降りたらまず見えてくるのがこちらの観覧車

さてここで問題です この観覧車を見て何か違和感ありませんか?  それはどこでしょう






DSC02058.jpg

正解! 人が乗る部分であるゴンドラがないんですね


15年前の建設時 景観を損ねるとか維持費がかかると賛否両論だったこちらの観覧車
反対派の危惧通り利用者が減り、故障のため動かなくなり、ここ4年くらいはライトアップのみ

結果 今後10年で数億円かかるとも言われている維持費を考え売却されることに

少しずつ解体して最終的には海外に運ばれて、どこかの国で第2の人生を送ることになったようです
今年タイに行ったとき、地元の若者にも人気のスポットでは観覧車がきらびやかなネオンに輝きながら
ものすごいスピードでグルグル回ってました
こういう建造物は、パワーにあふれた勢いのある国にあるほうがきっと似合います

たくさんの笑顔あふれるゴンドラをグルグル回して、第2の人生を全うしてほしいと思います


DSC02061.jpg

「なかなか体重が増えない」 と言うお義父さん  日頃食べてるごはんじゃ無理もない
でも食べる量をここから増やすというのもむずかしい話  じゃ、カロリーを上げるしかないね
と、珍しく中華を食べに行くことにしました   やっぱりプロの作る中華は勢いがある


DSC02063.jpg
じゃがいも・ナス・ピーマンの炒め物  この組み合わせは珍しい
全て油通ししてあるから、じゃがいもなんて表面パリっとしてて中がほくほく

これだけ油を使ってたら、量食べられなくてもカロリーは高いでしょ



DSC02062_20150912092922e9a.jpg
小樽は、町をあげて「あんかけ焼きそば」を地元メニューとしています

食べてるときは美味しいんだけど、最近油にめっぽう弱い私たち
お腹大丈夫かなー と言いながら、帰ってまいりました


1年半前に動脈瘤の手術をしたお義父さん  人工血管に置き換えたことであちこちで詰まっていた
血流も良くなり、日常生活に不便もなく週に3回ボウリングをやる元気な80代に生まれ変わった
長年一緒に暮らした妻に先立たれた時からが、お義父さんにとっての第2の人生と言えるのかも


どちらの人生も、1日でも長く続きますように・・




にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


あと50年?

台風18号の被害が大きすぎて、テレビで救出活動を見守っていますが、ドキドキします
今はまだ混乱している最中だから、被害の全容が分からないけどこれからですね
皆様の地域は大丈夫だったでしょうか  被害のあった地域の方お見舞い申し上げます

北海道は、現在太平洋を北上中の台風17号のせいで、風が吹き荒れてます
朝からずっと曇っているのに、外に出ると妙に生暖かい空気で薄気味悪い これから雨予報です




DSC02051.jpg
すずめ1号   「雨が降り出す前に、どっかに非難しなきゃな」




DSC02050.jpg
すずめ2号   「そうだね  何事も早め早めの行動大事」


長年暮らしてきて何事も起きなかったから・・という過去の記憶が逆に行動を鈍らせてしまう
日本の気候も変化してるようだし、気をつけなければ・・と、映像見ながら心に誓う



今日・・まだ風が強くなる前の午前10時  業者さんが到着
何日か前から、居間の入口のドアの調子が悪かったのです
蝶番(ちょうつがい)のところに調整ネジがあって、ドライバーで調整しても時間の経過で枠とぶつかる
建ってから13年経過して、そろそろガタが来たかな? と、サル吉くんと2人で部品購入を検討

その前に、メーカーのホームページでドアの外し方を見ておこうかな・・と、検索
そこで目に付いたのが「丁番リコール」の文字  丁番って何?って思ったら蝶番の別名なのね

真剣に読んでみると、もしかしたら我が家のドアの部品がリコール対象なのでは?となり
電話して建設年と部品番号を言うと「間違いありませんね 点検に伺います」ってことに

家の全てのドアがそのメーカー  結局、全て部品交換して調整・点検までしてくれました


DSC02053.jpg
矢印部分を新しいものに交換 
ドアがはずれて怪我をしたという出来事があって、不良部品であることが発覚したんだそう
その年のものが全部不良品ってことでもなさそうなんだけど、メーカーさんとしては
対象年のものは申し出がありしだい無償交換しているんだそうです



DSC02052.jpg
9枚のドアが、点検・調整までされてすごく軽く開閉出来るように 

何事も、事前に調べてみるって大切なんだな・・ と、実感
サル吉くんも午後から出勤だったので家にいたし、ドアの外し方もそばで見せてもらったので
今後何かあったら、きっとサル吉くんが直してくれることでしょう

皆さんも、何か壊れたら、とりあえずそのメーカーのホームページを探ってみましょうね~




DSC02054.jpg

本日もまたパンドラの箱が来た 


DSC02056.jpg

高校2年からの友人みみこ    

17歳の気持ちのままでそう言ってくれてるんだろうけどね
みみこ いくらなんでも私たち50年は無理じゃないのかな

今度の日曜日に、卒業してから初めて会うというメンバーが多い会合に出席予定となり
とことんエスティローダーに助けてもらって挑もうという心意気でおります  





きっと誰が誰だかわからない!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

パンドラの箱

「決して開けてはいけません」 そう言われたらそりゃあ開けたくなる


「決して見てはいけません」 そんなことを言わなければ、夕鶴だってずっと作業が続けられた

「開けてはいけない」と命じられたのは人類最初の女性 パンドラ
ゼウスも酷だよね 女にそんなことを言ったって守れないに決まってる


DSC02004.jpg

毎年決まってフライング気味でT子から届く箱  私が年を取るのが待ちきれないらしい

「腐るもの入ってないから、なんなら誕生日に開けてー」 とT子


ゼウスか!!  

そんなの開けちゃうに決まってる



いえ別にね パンドラの箱のように「あらゆる災難」が入ってたわけじゃないんです

ギリシャ神話では、約束が守れなくてこっそり開けた箱からびっくりするようなおぞましいものが
出てきたから、慌てて箱を閉じたパンドラ  その中には最後に「希望」が残されていたって言うでしょ


誕生日前後に我が家に届いた箱は、いわば「パンドラの箱 2度目の開放」 という内容でした

まずね、パンドラ 箱の外側頑丈にテープ貼りすぎだから! 開けるのに相当苦労した
そして、ようやく開けたら毎度のことだけどまず驚かされる


DSC02005.jpg
緩衝材っていうんですか? それの代わりに手作りの花  こういうところに手間を惜しまない性格
海外の素敵雑誌とか、ビールとか入れてくれるのはいつもだから驚かない
問題は右の赤い袋!  手紙に書かれていた事をちょっと抜粋すると

「もう勝負する緊張感もなくなる年頃だから、この辺でひとつ気合を入れるためにと勝負パンツ!」

T子が言うところの「勝負パンツ」が7枚も入ってた  
詳しく紹介したいところだけど、青少年に悪い影響を与えても困るし(どんなパンツだよ)
  

DSC02048.jpg
1枚だけコソっと可愛い羊クッションに履かせて公開してみよう (これは大人しいほう)  

ここで質問  T子 私は気合を入れて、何をどう勝負したらいいんでしょうかー

でも、まるでクリスマスツリーに飾り付けたら可愛いだろうなって思うような色とりどりのレースを見て
これぞまさしく箱の中に残った最後の希望だな と、パンドラの箱を思い出したのでした
ありがとう 今年のクリスマスツリーもしくはクリスマスリースはきっと華やかな作品になることでしょう




さてそして・・ 誕生日当日に届いた「希望」は・・


DSC02039.jpg
大阪のネネさんからの箱  夏の「うにトラ友の会」の写真とLUSHのフットマスク ←ここポイント



DSC02040.jpg

最近のLUSHは、ラッピングペーパーの代わりに「使い捨てない環境に優しい風呂敷」を推奨してるのね
オーガニックコットンやペットボトルをリサイクルして作られた素材を使って作ってるものらしい
何が気分上がるって、このカラフルさ! いろんな国言葉で「おめでとう」って書かれてる

プリントしてくれた写真もまたカラフル 夏の北海道を満喫してる4人の笑顔 

いくつになったとしても、こうして自分で見返しても笑っちゃうほどの写真が撮れるんだなー
まさに、これこそ残された「希望」にふさわしい




DSC02043.jpg
そして今日届いた箱がこちらの 「まりもんぬワールド」  


DSC02044.jpg
好きな世界に統一感があって、美しいの一言  きっと前世はチェコとかで生まれ育ってるね



DSC02041.jpg
そして、驚くポイントがここ!   LUSHのシャワージェルとマッサージバーなの
こちらの風呂敷は世界中の言葉で「Good Luck」と書かれたものだって

最初ね、ネネさんとまりもんぬさんでひそかに打ち合わせしたのか? って思ったよね
お揃いのメーカーだけど、ちゃんと品揃えが違う これって偶然にしては出来すぎのようで・・
でも、まだ真相は聞いてないけど、そうじゃないのかも

だとしたら、それならそれですごく波長が合ってて1人笑えるんですけどー


さすが、初めて会った時から兄と妹のようでもあり、倦怠期のカップルのようでもある2人だけある


DSC02045_20150909163551340.jpg
最初 石鹸?って思ったこちら 手で溶かしながら体に塗ってマッサージするものらしい
香りを吟味して選んでくれただけあって、今すぐにでもタイに行きたくなるような花の香り 


DSC02046.jpg

ここまで波長が合うって・・ 奇跡のようだ


DSC02042_20150909163553e07.jpg
そのうえ、この箱にはさらに「まりもんぬママ」からの贈り物まで入っていたのです


DSC02047.jpg
煎茶とともにさっそく頂く  

断言しましょう  日本人は、やっぱりマロングラッセじゃない  栗まんじゅうだ!!




パンドラは、慌てすぎて「希望」を残して箱を閉じちゃったけど・・


素敵な箱は開けるためにある! 私も人の心に希望を灯せるような贈り物を出来る人になるぞ!





勝負って何?って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

 

9月8日

紀元前30年頃・・  キリストの母 聖母マリアが生まれた日とされる



1504年 ミケランジェロ作のダビデ像が公開された日



1841年 チェコで、作曲家のドヴォルザークが生まれる
            
          ・
          ・
          ・



19××年 うにトラの母がうにトラを出産    (ウルトラの母じゃない うにトラの母)


いろんな9月8日があります


DSC02022.jpg

私が生まれたのは午後10時15分  この日の夕焼けを見る余裕は母にはなかったかもね 

「鼻からスイカを出すような」 と、例えられる出産  
残念ながら、その経験がないから「よくぞこんな痛みに耐えて産んでくれました」とは言えない

今までの人生で、一番痛かった記憶って何だろうな  そう考えてみる
大きな手術の時は、麻酔で全く分からない状態だからね 気づいたら終わってた
術後だって、持続で薬が入るからびっくりするくらい今は痛みを感じない

そうだ・・あの手術の前のあれだ!  子宮の奥のほうの細胞や液を検査に出すと言って
麻酔なしで処置されたとき、あまりの痛みに検査中横になっていたのに貧血起こしたっけ

でも、痛みの記憶って「痛かった」ということだけで、痛み自体が蘇らないから救われる
思い出すと同時に、その時と同様の傷みが蘇るしくみだったら、人間はきっと耐えられない

心の痛みは、それより長く持続しがち  肉体の痛みより蘇るような気もする
それでも、その痛みもやがて時間の経過がちゃんと薄めてくれる よく考えたらありがたい話


母よ 鼻からスイカを出しただけじゃなく、ちゃんと育ててくれてありがとう
人間ほど1人立ちするまで時間と手間がかかる生き物はないよね
1人立ちしたつもりでいる現在だって、実家に帰ると帰りに手作りの塩麹もたせてくれたりね
1年長く生きることで、親としての1年も続いてしまうんだね  
だとしても、やっぱり長生きしてね  なるべくここからは心配かけないようにするから・・ 



DSC02035.jpg
何か理由を見つけては、ビール飲んじゃう娘だけどね  父から受け継いだ血だからしかたない



DSC02037.jpg
サル吉くんが「どうしても」 と言うので、ケーキ買ってもらったよ



DSC02038.jpg
サル吉くん自身は、あまり冒険の出来ないタイプだからこの通り 



不思議な縁で繋がっていく目に見えない輪に感謝する日  9月8日 




3060gのスイカでしたーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スパイス補填

そういえば・・ちょうど1週間前にスープカレーを食べに行ったばかりだった


でも、3日間の深夜勤務を終えてサル吉くんが帰宅し 「どっかランチでも行くか?」と言うので


DSC02034.jpg

寝ないで働いてきたサル吉くんの電池が切れる前にと、慌ててお出かけした午前11時
こんな気持ちのいい天気の時は・・ 「やっぱ スパイシーごはんでしょ!」 (特に意味はない)



隣町に、ちょっと人気のカレー屋さんがあるという情報を掴んだので行ってみる


DSC02024.jpg
店名が壮大です



DSC02032.jpg
スープカレーもネパールカレーも気になるところ
じゃ、ってことでランチメニューで一番いろいろ食べれるこちらのセット サル吉くんはこれね



DSC02031.jpg
いくらなんでも私はエベレストはムリ それならばと、カレー2種のヒマラヤセットにしてみた 
ヒマラヤだって相当なもんですけどね


元は純和風の居酒屋さんだったでしょという店内 だから、カウンターの他は小上がり席
昭和な雰囲気の中、座布団に座って食べるネパールカレーっていうのも面白い
でも店員さんは皆外国人(ネパールの人?) 

とても優しい笑顔で接客してくれます  初めてだから辛さのレベルも分からないから聞きながらオーダー
「ランチにはおのみものがサービスでつきます」 と、ニコニコして壁の紙を指差す


DSC02025.jpg
このたどたどしい日本語すごくいいっ!!  グッジョブ (^-^)g""
パソコンで入力して作ったらあっという間なのに、手書きの苦労を選ぶこのやり方にほのぼのです


でね、サル吉くんのエベレストセットにはラッシーが付いてるのね 当然それでいいはずでしょ?


DSC02026.jpg
ここは違うの  飲み物付きのセットであろうと、飲み物をサービスしてくれる  
ウーロン茶・ラッシー・水  見事に並んでおります


DSC02027.jpg
ヒマラヤが到着   ナンって、なんでこんなに美味しいんだろうね (シャレじゃないよ)
2種のカレーの味わいが全く違う 


DSC02028.jpg
ほうれん草を使ったチキンサグカレー  こんな色なのにとってもスパイシーで不思議な感覚



DSC02030.jpg
サル吉くんのエベレストセットのスープカレー
先週食べたスープカレーとは、スパイスの使い方が全然違う 作り手の国の違いを感じる
香辛料が苦手という人には、最初違和感があるかもだけど、慣れたらきっとハマる味と思う

ネパールカレーのほうは、もし次に来たらあと2段階辛くしても大丈夫かな 今日は標準レベル
サイドメニューにも食べたことないネパール料理があったし、これはまた来てみたいお店です

壁に貼られたネパールの風景やビールのポスター見ながら「ちょっと行ってみたいね~」と妄想

「ナンとライスはおかわりじゆうですがいかがですか?」 と、ニコニコ聞かれたけど・・


いやいや どこにもそんな隙間はございませんって! 



なんと 焼きたてナンまでおかわり自由  (シャレじゃないよ)  


ネパールカレーは、どちらも美味しかったけど単品で1種だけっていうより少しずつ何種かという
セットのほうがきっと私は食べれる気がしました  辛さ・スパイシーさに隠れた甘さがけっこうもたれる


食後は千歳空港にでも行ってみる?なんて案もあったけど、満腹すぎて2人とも「もう帰ろう」モード

それでも帰りにまたまた新しいお店開拓


DSC02033_20150907152502186.jpg
駅前のケーキ屋さん  ほんとはソフトクリームが美味しそうだったんだけど、入る余地なし

誕生日を迎える私のためにどうしてもケーキを買わなきゃブログに文句の1つも書かれると恐れてるのか
サル吉くんが「ケーキ ケーキ」と、連呼するので買ってもらいました


ただいま午後3時すぎ  先程からサル吉くんは電池が切れて寝ております
私はいまだ満腹なまま、ケーキの箱を開けて写真を撮る気持ちにもならずにブログ更新



あー お腹いっぱい!!!




新陳代謝良くなりそう!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

不規則なりのリズム

予想した順番の通り、今日は晴れ  雨のあとだから、空気もほこりっぽくないし気持ち良い


DSC02018.jpg

ベランダから見上げた空  構造上問題は生じるだろうけど、屋根に大きな窓を付けれたら
空だけを見ながら寝転んだり、お茶したり出来てきっと素敵でしょうね
妄想してるだけなら良いけど、現実は雨水でガラスの汚れも気になり、カラスとも目が合い
おまけに冬は雪が降り積もって何の意味もなくなる 



DSC02019.jpg
自分の足でちょっと外に出て見上げるのが一番安上がりで手っ取り早いって話ですね
いい天気の空を眺めるって、どんな癒し映像より心落ち着きませんか?
「誰にでも平等に」ってことって実は少ないけど、これだけは確実に平等に与えられたものだもんね



夜勤体制中の私の行動パターンは、午前中勝負ですから・・

目が覚める ⇒ カーテンを開ける ⇒ よーし晴れた! 起き上がる
そこからはダラダラしてる時の2倍速で動きます

洗濯して掃除してゴミをまとめて(今日はゴミの日だから)それから1人朝食


DSC02017.jpg

コーヒー飲み終わったら、ちょっとした常備菜を作る
今夜のおかず用の鶏胸肉を解凍して、塩麹につける
まもなく帰ってくるサル吉くん用のつまみ&食事準備

そして午前10時サル吉くん帰宅
ビールを飲みながら食事をするサル吉くんとなんだかんだと話をしながら2時間経過
野菜の収穫も終わらせて、お昼12時半にサル吉くん就寝

これでもう私の一日はあらかた終わったようなものです   あとは夜8時以降に再びバタバタ


DSC02020.jpg

今は、川崎大師のだるま煎餅食べながら、2倍速からスローモーションに変わってます

「不規則な生活って大変でしょう」 って、よく言われることなんですが
大変なのは実際ほんとに不規則な時間に働いているサル吉くんであって、私自身は全然大変じゃない
忙しい時間帯とそうじゃない時間帯が日によって変化するだけで、確実にスローな時間が訪れる

大変だったのは「不規則な仕事の夫」と「規則的な仕事の妻」の時代
あの頃 私は平等に与えられていたはずの空を見上げる余裕があっただろうか・・

仕事の帰りに運転しながら家に着いてからの夕食準備のシュミレーションをする日々
冬道で道路が渋滞しては、気持ちだけが焦りイライラしたりね
平日の準夜勤務 サル吉くんは自分でご飯を炊いてお昼を食べてお弁当を作って仕事へ
2合炊くと、ちょうどご飯が1膳分残るので、それをお茶碗に入れて冷蔵庫へ
時には卵焼きのかけらとかウィンナー半分とかが乗せられたそのご飯
私が夕方仕事から帰って来て食べる夕食用です  
私は何かおかずを作って1人で食事  サル吉くんは夜中帰ってきてそのおかずを食べる
私は帰りを待たずに先に寝て、サル吉くんは朝私が仕事に行ってから起きる生活
だから、そのパターンのときはお互いの睡眠の邪魔をしないように別の部屋に布団を敷いて寝る
同じ家にいながら、3日間顔を合わせない生活 

あの頃は、料理を楽しいともあまり思ってなかった  時間に追われて行う作業に喜びはないよね
  
でもそういう時があってこそ今 「はーキレイな空だね~」と、思えるのだから全てのことに意味がある


今まさに多忙を極めてる方も多いかと思います 
きっと後から振り返ることが出来る日が来るんですよ きっと・・

「あの時むちゃくちゃ忙しかった でも頑張ってたよな自分・・」 そう空を見上げながら思うはず



きっと来る!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

   

雲形が丸になって思うこと

3日間の日勤を終えて、今日から深夜勤務体制の我が家
だから、朝は少しゆっくり寝ていられるから目覚ましセットなし!

それなのに、なぜに6時半に起きてしまったんだろうね   
そんな珍しい行動をするから、今日は雨です

「せっかく早く起きたから、午前中にアウトレットでも行ってみようぜ~」 と、サル吉くん
仮眠に入るのは午後1時頃  確かにそれまでたっぷり時間があるわけです

開店間もないアウトレットは、まだ観光バスも到着してないから閑散としてます
着いてすぐ探して入ったのは、貴金属を扱ってるお店


DSC02016.jpg

リングプルじゃないですよ  私たちの結婚指輪
もちろん大きいほうがサル吉くん  この指輪が何ヶ月か前からひどい状態のままだった
基本2人ともずっと薬指につけていたのですが、仕事の時に機械も扱うサル吉くん
仕事中の作業で指輪が少しずつ変形していきまして・・

「なんだかおにぎりみたいな三角になってきたー」 と、言ってるうちはまだ良かった


しまいには、吹き出しマークか雲の形か!ってくらいの変形っぷりで、とうとう外す
結婚18年 もうすでに指輪を購入したお店は存在しない 
どこに持っていこうか考えているうちに、月日は流れ・・  
ふと、今日思い出してアウトレットならきっとアクセサリーのお店があるはず!とバッグへ

多分私たちが今日初めてのお客さん  ゴメンなさい 購入希望の人間じゃなくて・・
事情を説明すると「今お手元にお持ちですか?」と言ってくださったので、おもむろに雲形リングを出す

「完全な円にはならないかもしれませんが、形を整えることは今出来ると思うのでやってみますね」


何て素敵なおじさまでしょ  


待ってる間、店内を眺めてたけど 「そういう親切な言葉を言ってくれる人の店」ってだけで
ちょっと買っちゃおうかなって気持ちになるよね  今度ゆっくり見に来ようと思ったもん

そうして、10分かからず上の写真のようにほぼ元の形に戻してくれました



しかも無料で!!!!   いいひとだー


お店の方曰く、プラチナや金が頑丈という感覚を持つ人は多いけれど、男の人なら力を入れたら
変形させられるくらいの強度なので、決して強固なものではないんだと・・
そして、針金と一緒で何度も同じ変形を繰り返すと、そこがもろくなるので切れちゃう可能性も・・
変形ならまだしも、結婚指輪が切れるってちょっと縁起悪いよね
でも、万が一そうなっても直すことはできるらしい その場合は日数かかるそうですが


もちろんお金はかかってもいいから直るといいなという気持ちで持っていったわけですが
例えばお金を払って直してもらったら、もしかしたらそのお店はそのあと行く機会はないかもしれない
でも、今日のような親切を受けたら、きっと確実に再訪する気がするのです
まぁ、そこで買うとしても団体でやってくる観光の方たちのようなお金の使い方は出来ないけど・・
昔と違って「○○のペンダント」みたいな欲しがり方をしない今・・お店を選ぶ基準としてはこういうこと


「久しぶりにすんなり指輪が入る」と、薬指に入れてみたサル吉くん
でも「切れる可能性」を教えられたため、仕事中はしないほうが良いよね となり
そうなると「したり外したり」という毎日で、失くす可能性大だよね となり
何かいい方法を見出すまでは、家に保管ということに・・

お店の方 無料の奉仕 そして親切なアドバイス ありがとうございました


そして、あらためて雲形リングを目にして思ったけど・・
指輪が変形するほど仕事を頑張ってくれてありがとう サル吉くん


何となく嬉しい気持ちでその後アウトレット散策してたら・・ 
あるお店に荷物をお届け最中のおじさまと、ちょうど目があった

お互い同時に気づいて「こんにちはー」 と、挨拶  
何度かうちにも荷物を配達してくれてるおじさまでした すごい偶然!
感じの良さナンバー1の人だから、私もけっこう世間話をしながら荷物を受け取ってるから
お互い印象に残ってたんでしょうね  

雨降りでも、ちょっと気持ちが軽くなる出来事が2つ  ささやかだとしても気分良し!


DSC02011.jpg
庭では、成長したアスパラが水滴をキラッキラさせてました



DSC02014.jpg

一昨日雨 昨日晴れ 今日雨 ってことは、明日は晴れるかな





優しいオーラのおじさま2連続ーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

食の三原色

昨日の大雨が嘘のように今日は晴れました  


DSC02009.jpg
いつもなら午前中に収穫する野菜 でも今日は昼間の太陽を浴びさせてから午後3時に収穫
ミニトマトは、もう1段階赤くするために、このまま出窓に置いておきます


トマトの赤 インゲンの緑  大地の恵みの色は人を笑顔にする
去年のトマトの種を残しておいて苗を作って育てたミニトマト  ここだけ見たらエコライフ


赤と緑ときたら・・次はやっぱり黄色でしょ


DSC01977.jpg

さすがにとうもろこしを育てるだけのスペースは我が家にはないんだなー
この写真は、先日実家に帰った時にたまたま届いた箱に入っていたもの
まるで市販のとうもろこしのようですが、自家栽培のものらしい  素晴らしい出来ですね

何年か前に、母と姉が旅行に行った時にツアーに1人で参加してた方と仲良くなって今に至るんだとか
きっとかなり広い敷地で野菜を作ってるんでしょうね 立派なじゃがいもとズッキーニと、とうもろこし

食べ物って、3原色が揃うと本当に美味しそうに映りますね



我が家の野菜は、残念ながら誰かに送って差し上げる域にはまだまだ達してません



DSC01956.jpg
こちらが、人参の最終段階   結局ミニミニ人参が最後太って終わったという感じで終了!


DSC01957.jpg
これが我が家の最大サイズ  原因は分かってるの 勇気ある間引きができなかったから 

 
来年の教訓  「間引きは迅速かつ大胆に」   これが難しいんだなぁ




DSC01938.jpg
きゅうりが大量消費できると人気の「きゅうりの佃煮」  私も今年は作りました
スライスしたきゅうりを塩漬けして、水分を出して・・


DSC01943.jpg
味付けしながら強火で煮る   煮るって感覚が新鮮!!


DSC01944.jpg
煮てしまうのに、パリパリした食感が出るって不思議ですよね  これ美味しい!
でも、種類によって若干出来上がりの食感が変わることも分かりました
黒珊瑚で作ると、一番パリパリに仕上がる気がします




DSC01939.jpg
こちら 叔母宅のミニトマト   もうこれは完全にプロの作品  
このトマトが冷蔵庫にあるうちは、我が家は果物いらずの毎日でした


鮮やかな色とりどりの野菜を作り出してくれる大地に深く感謝  


佃煮うまーっ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


記憶を守るために

最近、ちょっと気になる事があって「認知症」について勉強してます
テレビの特集でも取り上げられる事も多いですし、知識として知っておいて損はありません

例えば・・旦那さんが定年を迎え生活が変わる
そのタイミングだと、例え気になる言動や物忘れがあったとしても
「今まで忙しくしてたのが、急にのんびりになっちゃって気が緩んでるのでは?」で、片付けがち
若年性のものは周囲の家族も異変に気づきやすいけど、60代~70代だと案外そんなものかな
そう思って家族もそのまま見守ってしまうことが多いのだそうです

加齢による物忘れと認知症は全く違うもの   認知症は病気です

80代の4人に1人は認知症と言われているけど、裏を返せば残りの3人は正常ということ

大切なのは、見逃さない とにかく初期段階で気づいて検査を受け適切な治療を受ける

認知症の50%はアルツハイマー病 20%が脳血管性のもの 20%がレビー小体型
そして10%に治療可能なものが含まれているのだそうです 
統計では1人の認知症患者さんに関わる家族の数は3人
その関わりのある家族がいかに早く気づいて、病気を見極める段階にまでもっていくか・・
定期的な健康診断だけで分かることではないし、本人を説得することなどから考えても簡単じゃない

でも、家族にしか見つけられない種類の病気なのだと思います
そして、昨日も書いたようにここでも大切なのは食生活

老化した脳を活性化するのに、野菜・魚が有用なのだそうです
それ以前に生活習慣病予防のためにも、野菜の積極的な摂取は本当に大事なこと

そして、ここでも「スパイス」の重要性
カレーの材料でもあるウコンに含まれる「クルクミン」が、アルツハイマーの原因物質の生成を
防ぐ効果があるという
インド人のアルツハイマー発症率はアメリカ人の25%しかないんだって!
まぁ、肉食中心のアメリカ的ジャンクものの食生活がまず問題とも思いますが・・



先日テレビで見た若年性アルツハイマー病を発症した奥さんを介護してる旦那さんのお話
「今思えば・・」 と、後から思い出すおかしいなと思ったことの数々

ある日料理の味付けが変わった

財布が小銭であふれんばかりになっている

今まで出来たこと(適切な味付け・簡単な計算)が出来なくなることで起こる小さな変化
病気を悪化させないためには、こういう変化も気づけるしっかりした家族関係が必要


たまーに無精ひげを少し伸ばしたりしてるサル吉くんですが、ある程度でキレイさっぱり剃っちゃう
その変化に気づかなかったこともある私ですから、もう少し夫に注目しなくちゃねと反省

外国人の夫が、妻のちょっとした変化にどれだけ気づくか・・というテスト
前髪の形を変える・香水を変える・新しいピアスをする・ネイルを変える

何と、仕事から帰ってきて夕食を食べ始めるまでの間にこの4つのポイント全部気づいた!!
サル吉くんと一緒にその番組を見てたけど 「俺にはムリー」 と、言っておりました だよねー

でも、こういう事が実は大事なんだ きっと・・


DSC01961.jpg
先日 久しぶりに仲間と集まって食事会   2軒目に行ったのが以前お邪魔した猫のいるバー



DSC01962.jpg
自由気ままにくつろぐ猫たち   この店で暮らしてる猫たちだから、そりゃ我が家だもんね



DSC01964.jpg
ところが、この時不思議なほどO先生のところにニャンコが寄っていく
これがまさに「動物セラピー」なのか・・




DSC01966.jpg
私の膝にも来ていただきました   癒される~







DSC01968.jpg

忘れてしまいたい事もそりゃあるけど・・ でも忘れたくない事は出来るだけ長く取っておきたいよね


今日口にする食べ物が未来の自分を作る  そう思うと、ちゃんと食べなきゃね そう思います




定期的にカレー食べましょって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


医食同源

春にタイに行ってから4ヶ月が経過して・・  体の中にたくさん取り込んだスパイスが切れたのか


「スープカレーが食べたい」  ということになりまして郊外へ


DSC01986.jpg

もうすぐ新米のシーズン  稲穂がかなりお辞儀してます



DSC01987.jpg
畑の中にあるファームレストランに到着
レストラン手前の畑では、ブルーベリーやブラックベリーがまさに「鈴なり」


DSC01988.jpg
バラが咲く通路を通って店内へ



DSC01989.jpg
窓辺のカウンター席に座ると、こんな風景



DSC01992.jpg
セットのサラダが、ちょっと感動する美味しさです


DSC01993.jpg
カリフラワーの一種「ロマネスコ」 イタリア野菜ですが、最近ずいぶん目にするようになりました
夏は、美味しい新鮮野菜を食べているほうだと思ってますが、でもここの野菜の味の濃さったら!




DSC01994.jpg
実は、ここで食事をするのは初めて  いつも定休日か激混みにぶち当たる
1階のカフェスペースでお茶をしたことはあったけど、ようやく2階に上がることが出来ました



DSC01995.jpg
私はチキン  サル吉くんはポーク  ライスは黒米入りを選択

後から材料を指折り数えてみましたが、野菜中心といっても相当ボリュームあります
かぼちゃ・じゃがいも・パプリカ・人参・水菜・キャベツ・大根・えのき・豆・スティックセニョール
インゲン・謎の葉物野菜・かんぴょう的なもの etc.


DSC01997.jpg
チキンも柔らかかったけど、サル吉くんのポークはトロトロです 


誰かがクチコミに書いてたのを読んだことがあるけど、スープカレーというよりは
カレー味のスープだと・・ そう言うのもうなずける  ご飯なしでも食べれそうな味わい
でもスパイシーさが足りないかと言うと、そうでもない 途中から汗ばんできます
多分野菜の甘みで辛さを感じづらいのかもしれません ちゃんと後から辛さがやってくる



薬と食べ物は、本来根源を同じくするもの

病気になってから薬を飲む生活ではなく、日頃から体を整える食べ物を取り入れようとする心がけ
なんてことが実は大事なのかもしれません   
古来から世界各地で摂取されてるスパイスは体に大切な成分も豊富なのだと聞きます
インフルエンザの薬「タミフル」の原料は「八角」なんだそうですよ

知らず知らずのうちに、昔の人は病気を治すため または予防するためにそれらを取り込んでた


時々スパイシーな味が食べたくなる   これって太古の記憶? 

それか、ただのエスニック料理好き夫婦か・・どっちかですね


身動き出来ないほどの満腹感を抱え帰宅  あそこで食後にケーキも頼める人ってすごいよ
でも、会計時に目に入ったケーキの美しさにちょっと釘付け  これは連れて帰らなきゃ後悔するでしょ



DSC02003.jpg
大粒のブラックベリーてんこ盛りのタルト



DSC02002.jpg
私たちがカレー食べてる間に、隣の農園から摘んできて乗せたの?って思うくらいフレッシュ
食後4時間経過してようやく食べましたが、ケーキと言うより果物を食べた気持ちになりました




DSC02000.jpg
千歳空港が近いから、頻繁に飛行機が上空を飛びますが、あの日の丸は・・政府専用機?
何度か見かけるこの飛行機ですが・・北海道にそれほど政府関係者が来てるとも思えない


知らなかったけど、政府専用機って、羽田じゃなくて千歳に待機してるんだって
千歳空港に隣接してある航空自衛隊 そこの管轄なのだそうで、保管場所は2機とも北海道
機内でCA的な役割をこなしているのも、自衛隊の方なんだそうですよ 



知らずにいることってほんと限りなくある  だから面白いとも言えますが~





今日は純和食!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。