18年

出会って1年と4ヶ月で結婚した私たち夫婦   今日が18回目の結婚記念日です


18年と言えば、生まれた子供が高校卒業するまでの年月です そう考えるととても長い



IMG_201505291945097c3.jpg

当たり前のことを言うようですが・・不思議なものだと思いませんか?
出会う前までは見ず知らずの他人 その人とずっと一緒に暮らしてるわけですから



既婚者なら、男女関係なくきっと誰もが心の中でふと思うかもしれない

あの時のあの人と結婚してたら今頃どんな生活をしているんだろう


幸か不幸か人生は同時進行でいろんなパターンは経験出来ません

結婚を決める時、誰もが「この人で間違ってないんだよね?」と、自分に問いかける
どこからともなくその答えが聞こえてきたら、楽に生きていけるかもしれないけどそうはいかない

どんなに問いかけても答えが聞こえてこない以上、 歩いてみないとね


同時進行でいろんな道は選べないけど、軌道修正はいくらでもできるのが人生です
迷い悩んで立ち止まっているまだ独身の方・・ 自分を信じて進むのみです


「かすがい」って、材木と材木をつなぎ合わせるコの字型の大きな釘のこと
その役目を子供が果たすとはよく言われるけど、我が家のように子供のいない夫婦にとって
その釘って何だろう? と、考えます
我が家の場合、今は金銭面で夫が支え、その頑張る夫の健康面を妻が支える ってとこですかね
そこにお互いの感謝の気持が加わらないと、支え合いの精神が生まれなくなります
材木2本を頑丈な釘でつなぎとめなくても、絶妙なバランスで斜めに合わせたら立っていられる

それに、私たちは切り倒された材木ではなくて、生きてますからね
だから、生きた木と木だとしたら、少しずつ根を張り巡らせていつしか頑丈になれるはず


18年前の今日、ハワイでの結婚式を終え、参列してくれた家族・友人たちとホテルで夕食
中華のコース料理だったんですが、デザートのケーキと一緒に配られたフォーチュンクッキー

中におみくじみたいな小さな紙が入った焼き菓子です

私とサル吉くんのクッキーの中に入っていた紙を、アルバムに貼ってあります


Making a move now will give you a big advantage


Good timing is the key to success


今、行動を起こす事があなたの大きな強みとなる
良いタイミングを見つけるのが成功の秘訣だ

・・みたいな感じですかね?


木で言うなら、樹齢18年はまだまだ細い   


また1つ年輪が増えたことに感謝して・・   




これからもよろしくって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ゴキゲンワーゲン

サル吉くんのワーゲンバスがお世話になってる車屋さんの企画する夏のイベント

去年の動画を使った「ゴキゲンワーゲン」の音楽とともに流れるお知らせでちょっとテンション



昨日の寝不足も解消され、今日は天気も良いし半袖着て過ごせてる


ベランダでは、大物洗いをした毛布やシーツが揺れている


汚れてたベランダの窓もきれいになった


高校同期で作ってるFacebookグループに「久しぶりに帰郷した○○に会いました」の記事
卒業以来会ってないアメリカ在住の友の笑顔の写真を見て、懐かしさで一杯になる



小さなちょっとした嬉しいことが積み重なると、俄然やる気が出る 



DSC00752.jpg
手作りの値札を作ってみた    100円ショップで見つけた単語帳



DSC00751.jpg
これみんなタイで仕入れてきたTシャツ   今年は去年より一層カラフルですよ
1枚ずつ値札を取り付ける作業を、これからチマチマとやる予定

いつもはタイプ1かタイプ2しか見つけられないんですけど・・ 
今年は何とカルマンギアのTシャツ見つけちゃったもんね (わかる人にだけわかる話)
いつも参加されてるカルマンギア集団の方々・・見に来てくれるといいなぁ



多くの皆様が、ゴキゲンな週末を過ごせますように~ 





ミホ元気そうで良かったーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

警察を呼ぶ

我が家周辺は、一般住宅しかない完璧な住宅街です
しかも低層階しか建てられない規制のある土地なので、ほぼ2階建ての一軒家ばかり
つまり、昼間はともかく夜間は住んでる人間しか車で通ることのない道路

昨日・・仕事を終えてサル吉くんが帰宅したのは夜7時すぎ
居間から見ると、車庫に車を入れずに家の前に駐車してる

あれ?っと思って聞くと 「見たことない車が停まってて入れられない」と・・

我が家の前は公園なのですが、見るとちょうどうちの車庫の前側に公園に沿って1台の車

ご近所のどこかの家に来たお客さんだろうな・・ と思って、取りあえず夕食にしました

時々外を気にしてたけど、一向に動く気配がない
やれやれ・・と思いながら、その後錦織圭くんの試合に熱中して一時忘れる
試合が終わって、再度外を見るとどうやら車内に人の気配
すっかり暗くなったことで、車内でテレビを見てる風なのがなんとなく分かる

「それなら声かけて車動かしてもらって、車庫にしまってくるわ」 とサル吉くん

間もなく家の中に戻ってきたけど  「窓たたいても寝てて出てこない!」 と・・

夜7時には家の前に停まってて、4時間そのままいるっておかしいでしょ!
昨日の昼間、ニュースで札幌でタイヤの盗難が相次いだと見たばかり
北国では、この時期冬の間使っていたスタッドレスタイヤを交換して車庫やカーポートに収納
それを狙った盗難事件が少なくないんです

ご近所のお客さんじゃない あいつは一体平日の夜、こんなところで何をしてるの?

サル吉くんの車を外に出しておくのはまぁ良いんだけど、問題は夜中でしょ
もちろん車庫は鍵がかかってるけど、お隣さんのカーポートには除雪機だってあるし・・
そう 除雪機も盗難のターゲットになりやすいんです

「警察に不審車両がいるって電話する?」 私の提案に、最初サル吉くんは
そのうちいなくなるんじゃないか?と、反対してたんだけど・・ 夜中12時になっても動かないから
最寄りの交番に電話して、事情を説明してパトロールしてもらいました

15分くらいで回ってきたかなぁ  公園の周囲をぐるっと回って、1度通り過ぎてから
ミニパトから降りてきたおまわりさんが、車に声をかけて何やら会話してましたね

酔っ払っていたわけでも、おかしな言動があったわけでもなかったのでしょう
駐車禁止の道路でもないから、それ以上はどうするわけにも出来ないんでしょうね
でも、まぁ一応警察に把握してもらったことでよしとしよう・・ と、寝たわけですが・・


さすがに寝れないよねー   だって、警察がいなくなってからもまだずっとその車いたんだもん
先に寝た私ですが、1時頃サル吉くんが寝室に降りてきた時に聞いたら「まだいる」と・・

まさか「この家から通報があったから」って話はしてないと思うけど、それでも
意味もなく車内に6時間もいるおっさんが、どう逆恨みするか分かったもんじゃない

警察に電話するって私が言ったのは、サル吉くんに直接対峙してほしくなかったから
今の世の中、いくらのどかな地方都市といえども危険な事ってゼロじゃない
でも、警察にその役割をお願いしたからといって、それで安心ってわけにもいかないのも事実

浅い眠りのまま、いつもの5時半に起きて外をそっと見たら・・  まだいた!!
すっかり外は明るいですから、まぁ犯罪を企ててたわけではなかったんだろうけど・・
そして6時に、どこかへ行きました    やれやれ

きっとサル吉くんもある程度緊張して寝たんだろうな・・と思いながら6時半に起こしに行くと
普段は居間に置き去りの携帯や、メガネ それに多分咄嗟に外に出れるようにパーカーも

朝、サル吉くんを送り出してから 再度交番に電話しておきました

結局朝の6時までだから半日近くずっと家の前に車を停めて車内にいたことを報告

「昨日パトロールの時は何て言ってたんですか?」 って聞いたけど、やっぱり教えてくれなかった

警察官がその場を離れたということは、危険がないと判断したから・・なんだそうです
「じゃ、また同様の事があったらどうすればいいですかね?」 と、聞くと
不審車両の対応は警察の仕事です いつでもまたお電話下さい  そういうお話でした




DSC00746.jpg
昨日の昼間の月の写真を見ながら、思います

本当は常にそこにあるんだけど、見えずにいることってあるんですよね
月だって、見えない時にも必ず空に浮かんでる
いろんな危険も、実は常に身近に潜んでるかもしれないと思いながら暮らさねば・・



それにしても・・水曜の夕方 家に帰らずに朝まで住宅街の公園に車を停めて
12時間そこで過ごしたおっさん    あなたは今、何を考えてるの?







久々ドキドキしたーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

書くということ

久しぶりにポスクロ記事です    やめちゃったわけじゃないんですよ 地道に継続中

こんなカード届きました~ こんなの送りました~ っていう記事を書かなくなっただけ

最近届かないなぁ・・ って、見る価値ないダイレクトメールしか来てないと思うわけです
そりゃそうだ  こちらから送り出せる枠が10枚以上あるのに出してないから来るわけない

そこで一念発起! 昨日4枚送り出して、今日はさらに6枚

DSC00745.jpg
ノルウェー・インドネシア・オーストリア・アメリカ・台湾・ロシア 素晴らしくバラけてる

アメリカのミシガン州の女性は中学校の社会科の先生
授業の一環として、生徒たちと一緒に世界中から届くカードを教材にして学んでいます
そんな風に言われちゃうと、どんなカードを出したらいいかちょっと考えます

2020年のオリンピック開催決定を祝って、東京タワーが2020を浮かび上がらせてるカード
「2020年に日本の首都東京でオリンピックが開催されます
 あなたたちの中から、未来のオリンピック選手が生まれるといいですね」 なんて事を書いてみる

教科書だけじゃないこういう授業なら、社会の時間も楽しいでしょうね
「興味を抱くちょっとしたきっかけ」 これを与えてくれるのが良い先生だと私は思います

私の中学時代に、ポスクロを授業に持ち出してくれる社会の先生がいたらなー
・・あ、でもポスクロが生まれたのは2005年でした  時代が違うんですね

ポルトガルの文通好きの男子学生が思いついて立ち上げたシステムらしいです
今では215ヵ国 50万人以上の会員がいる

もう少しで300万通目のカードが誰かのもとへ届くらしく、それが何月何日になるか!という
予想クイズみたいなのをやってます  正解者には運営側から記念品が届くらしい
クイズには参加しないけど 「このカードが300万通目です」 って発表されるのが
たまたま私のカードだったらちょっと嬉しい


ロシアの女性は、カードのリクエスト欄に動物・花・アート・漫画・食べ物はNGとあり
とにかくリアルな風景や建物 世界遺産などを希望  あとはチーズのカード
食べ物NGだけどチーズはいいんだね   

チーズのカードなんて・・    あるんだなー これが!  (写真右端)
知らないだけで、実は世の中にはありとあらゆる種類の絵葉書が売られています

働いている時は、白衣の胸ポケットにボールペンを入れて、四六時中何かを書いてたから
仕事を辞めて家にいても、ちょっとメモをしようと思うと、胸ポケットなんてないしボールペンも
ささってないのに右手が架空の胸ポケットを探してました
時計もしてないのに、架空の時計で時間をチェックしたりするしね

長年身に付いた習慣が完全に抜けるまでは本当に時間がかかりましたよ

でも、その習慣が抜けると、今度は字を書くってことが億劫になりましたね
人と話すということも、極端に少なくなる専業主婦  
これはいかん!と、まずはブログを始めて文章を組み立てる事で頭を使おうと計画
その後ポスクロも始めて、オンラインとオフラインそれぞれで刺激をもらってるわけです

最初は英語で苦労するのかと思ったけど、そうじゃない
右手にペンを持って知らない人に何か一言書く  そういうことが大変なのですね


年を取るから衰えるものばかりじゃない
20代だろうが30代だろうが、多分人と関わらず、自分から語らず、何も書かない
そんな生活を続けてたら認知症みたいになるかもしれません

「料理」も、手順を考え時間配分する作業なので、いい刺激になるんだそうですよ

誰にでも、いずれは仕事を辞めて家にいる生活というものがやってきます
好きな本を読む  ゆっくりテレビを見る  ビデオを楽しむ   そんな時間も良いですが
全部受け身では多分いけないんだと思います
何か自分から作り出すものを、そこからの生活に取り入れる

毎日一生懸命お仕事されてる男性の方も、その後の生活にお料理など・・いかがでしょうか?


DSC00742.jpg
ウドの天ぷらに酢味噌和え    そりゃ「とりあえずビール!」ってなるよね



DSC00743.jpg
これが昨日の記事で書いたフキのお料理の完成図  
う~ん  確かにおからを混ぜるとヘルシーなんだろうけど・・ 個人的にはひき肉だけで良かった
あまりに色目が悪くなっちゃったので、ミニ青梗菜を添えてみた


将来、サル吉くんが定年後家にいる生活   今は全く想像つかないけどいつかは来るよね
1日交代で食事当番とかにしようかな  


DSC00744.jpg
あとは・・ 今は私が育ててる花が中心の庭だけど   野菜スペースを増やすか・・
もしくは近くの農地を借りて半自給自足の生活を目指すとかね



結婚記念日が近づくと、ふとこの先のことを考えがちです   




健康体で長生き!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春色

さて・・今日は残りのフキをどう食べようか

北海道の食材を使った料理なら、ここは北海道のお料理達人に学びましょ
夕方のローカル番組のお料理コーナーでお馴染みの「星澤先生」

講演を聞いたことのある友人がいるんだけど、お話も上手で人を飽きさせないらしい
テレビで見ていても「料理」が大好きなんだろうなって思います
時間さえあれば、ずーっと料理していたいんだそうですよ  そりゃ本物だ!

DSC00741.jpg

ブタひき肉とおからを半々にして、卵・片栗粉・醤油・酒・胡椒をビニール袋に入れ
袋の中で混ぜ合わせ、袋の先端をちょっとカットして絞り出し袋のようにしてフキに注入

そして昆布を入れて味付けしただし汁で煮込みます

へー 手間がかかってるように見えるけど、簡単そうじゃないの~

すぐさまやってみる

簡単そうって思ったものほど多少の失敗が伴います
ちょっと考えたら分かることだけど、フキを左手で持って右手にもった袋から注入する際に
空中にフキを浮かせてはなりません   下から具材が出てくるから作業がエンドレスになります

「星澤先生・・このポイント教えといてよねー」 と、心の声  私が迂闊なだけですが・・


夕方まで味をなじませて・・食べる時に温めて斜め切りして皿に出す

今回残念なのは、茹でてすぐ水にさらしたんだけど若草色が継続しなかったこと
こうして煮物にするならいずれにしても茶色になるから気にならないんだけど・・


DSC00739.jpg
昨日のフキご飯の色合いがちょっと残念すぎる

来年は、上手に下ごしらえ出来るように頑張ろう (来年ももらえる気でいる)


DSC00740.jpg
ウドの酢味噌和えはこの通り   こちらはキレイな春の色 



もう2週間以上経っちゃいましたが、室蘭の私の実家の春の色をここでご紹介


DSC00575.jpg
我が家よりも気温と土が合ってるんでしょうね  クリスマスローズがとにかく元気です


DSC00582.jpg



DSC00573.jpg
中心のライムグリーンを見るためには、しゃがんで上を見上げるようにしなければなりません


DSC00580.jpg
もしくは巷で流行りの「顎クイ」をする


DSC00576.jpg


DSC00583.jpg
見ただけで春の花ってイメージですね   やっぱり若草色って美しい


DSC00594.jpg
伊達にあるお蕎麦屋さんに行ったときのテーブルが素敵だった



DSC00595.jpg
オオバナエンレイソウ   早春の山に群生する山野草です


何しろ冬の間、緑色なんて全くない世界   
ようやく雪が溶けて気温が上がってきたら一斉に目を見張るような緑色に包まれる

そんな5月  北国の人間は、とにかくいろんな形で春を謳歌しています



DSC00561.jpg
去年はイマイチだった我が家の庭のジューンベリー 今年の満開時はこの状態


DSC00562.jpg
これ1つの花に1つの実・・   夏の収穫楽しみだなー


 
もうすぐ結婚記念日です   
この間・・新聞だったかな? 夫婦で100歳を越えて元気でいられることを感謝して
住んでる町に1000万円寄付した人がいるって記事を見かけました

誰にでも出来ることじゃないけど、何よりすごいのは、そういう自分の意志をちゃんと持ってること
それに同居されてる息子さんがそのご両親の思う通りにさせてることですね

真似できないから、せめて1000万円の借金を抱えた100歳越えの夫婦として
新聞なんかに載らないようにしなくてはね




花ざかり~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
   

道はつづく

昨日のラワンブキは・・


DSC00735.jpg
まず手始めに作ったのは、定番の煮物です  人参と竹輪入り
やっぱり売ってるものとは香りの強さが違いますね  まさに山菜


DSC00734.jpg
山菜料理だけでは、中性脂肪低下のサル吉くんには物足りないか・・とハンバーグ
ひき肉より玉ねぎ多いんじゃない?ってくらいの様相ですが・・

先日サル吉くんの検診時の腹囲69センチと書きましたが(何度見てもそう書いてある)
よくよく考えてもやっぱりそれって細すぎじゃない?  と、家で計測してみたんですよね

どう測っても73センチはある   でもそれが普通でしょ?
1ヶ月前・・病院でどんな測り方をしたのか分からないけど、これで少し安心しました


今日は天気は良いんだけど、風が強い   ベランダに洗濯物干したらよく乾きました


「これから向かいます~」  と、メールが来たのが10時くらいだったかな?

ちょうどパンを焼こうとセットしたので「1時頃パンが焼けるから一緒に食べよう」と返信


外ご飯を2度共にしたブロとも月うさぎさんが、初めて我が家へやってきました



DSC00737.jpg
「パン焼いてくれてるって言うから、オススメ海鮮サラダ買ってきた!」 と、お土産
今度会うときはお互い手ぶらでねって約束したじゃんかー  
来る途中、鮭で有名な「佐藤水産」に寄っておばちゃんのように鮭の切り身まで買ってきたよ


DSC00736.jpg
昨日仕入れた野菜や果物準備して、お土産と合体させて家でランチでございます


焼きあがったゴマパンをカットしてアッツアツのうちに食べる 
いつも家で1人の時って、お昼ごはんなんててきとーだけど、誰かと一緒だと堪能出来ます


ある程度の年齢になったせいか、来客となってもあまり構えなくなりました

「ありの~ままの~」 でいいでしょ  の精神   ゴミさえなければね
こんな暮らしだよって、気張らず飾らずに見せれるって楽なものです

で、この間タイで仕入れたTシャツたちも見てもらったんだけど・・・  まさかのお買い上げ!
すでに5月に購入者が出るなんてなんだか幸先良いではないの  ありがとねー


そうそう 来てくれるきっかけとなったのが、彼女のご主人の採ってきたウドのおすそ分け


DSC00738.jpg
「ご近所にも配る分も持ってきたよー」 って、これ配る用の2束


月うさぎさんの旦那さん   ウド採り名人なのか?  すごい量だ

さっそく2軒に配ってきたけど、もちろん喜ばれました  


順調なる「うにトラわらしべ長者への道」 は どんどんつづいております




今日はウドの酢味噌和えとフキご飯~



山菜三昧!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

今度は山のもの

昨夜サル吉くんは友人と久しぶりのススキノへ

JR駅沿線に住んでる友人と待ち合わせのため、往復JR利用  駅までは私がおかかえ運転手
お利口に最終の電車に乗ったとメールが来たので、夜12時すぎに駅までお迎え

入口に車を停めて待っていると、明るい駅構内を歩いてくる姿を発見
片手に何やら白い袋を下げてる  もしやお土産~
漫画のイメージだと、折に入れられたお寿司をヒモで下げて千鳥足だと完璧なのにね
そんなお寿司屋さん行くわけないか

DSC00723.jpg
たこ焼きでした


DSC00724.jpg
これ・・食べかけじゃないの  開けたらこんな状態  最終電車そんなに混んでたの?
実際、なかなかの混み具合だったようです  郊外族はタクシー乗らずに帰ってくるのね

運転手だから、お迎え業務が終わるまではビール飲めず

だから「飲んでよし!食べてよし!」 の号令とともに、夜中にたこ焼き4個とビール ごちそうさまー

ほんとは今日は小樽に行こうかとも思ってたんだけど、前日お義兄さん夫婦が行ったようなので
少し間をあけて訪問することに変更

「昨日奥様にお世話になったので・・」 と、サル吉くんがお昼ご飯をご馳走してくれるというので



DSC00728.jpg
どこまでもまっすぐな道を走る    
予定では、常々看板を見かけては気になっていた「赤字丼」を食べに行くつもりだったの
ところが行ってみると平日しかやってないらしくお休み  残念!! 


DSC00727.jpg
道端にいる馬と目が合う   さほど珍しくない現象



DSC00729.jpg
予定を大きく変更してピザ   自家製のチーズとトマトソースだもの そりゃ美味しい



DSC00730.jpg
牧場の中のお店です  

野菜を買いに行ったり、えこりん村というガーデンセンターを見に行ったりして帰宅


DSC00731.jpg
今日はこんな巨大なフキが我が家に届きました
ここら辺では採れない「ラワンブキ」  わざわざ遠くに採りに行った知り合いからもらったけど
食べきれないから手伝ってと・・


先日の海のものに続いて、今日は山のもの

きれいに洗って、一番大きな鍋に合わせてカットして茹でて水にさらして皮をむく


DSC00732.jpg
手間はかかるけど、その分間違いなく美味しいよね


DSC00733.jpg
こんな直径です    煮物・きんぴら・炊き込みご飯 ひき肉を詰めて煮込んでも良さそう
北海道では、このフキをおでんの具材として使うことが多いんです  スーパーで水煮が売ってる


明日お客さんが、あるブツを持って我が家に来る予定   これと物々交換だな

こうして私のわらしべ長者への道が続くといいのだけれど・・
   
  

去年の今頃の記事をたまたま見返してて思い出しましたが、1月・5月・9月の25日は
「主婦休みの日」  それって明日じゃありませんか!!
案の定全然普及してませんよね  でもこれを読んだ妻帯者またはお母さまと同居の皆様
「今日は主婦休みの日らしいよ だからこれ感謝の気持ち」 とかなんとか言って
ケーキなり、たこ焼きなり、折詰のお寿司なりお土産で持って帰るっていかがでしょう?


うちは・・ まぁ 今日楽させてもらったので良しとしよう!



赤字丼はそのうちリベンジ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

メドウガーデンもどき

やっと気温が20℃を越えるようになったので・・


DSC00717.jpg
庭が緑色に覆われてきました


豪華さのない庭ですが・・  ナチュラル志向のメドウガーデンって思えばね

1つ1つに注目していくと、こういう庭にもハッとする美しさがあったりします


DSC00720.jpg
八重咲きのチューリップ  多分明日には散ってしまうかな
でも、この散り際が良かったりする


DSC00721.jpg
これも同様   ちょっと風が吹いたら多分花びらが落ちちゃう



DSC00718.jpg
真っ赤なタイツリソウは、ハートの形が左のように変化します


DSC00719.jpg
真ん中分けの女の子に見える?


今日は、サル吉くんと庭仕事をしてから、近所の園芸店へ  


DSC00715.jpg
ラティスにかけるハンギングを作ってみた
真っ赤や濃いピンクとか・・なかなか選べない  中心がうっすらピンクのグリーン系サフィニア
シュガーバインを一緒に植えて、少し下がる形になる予定



DSC00716.jpg
もう1つも花はお揃い  足元のグリーンだけ変えてみる



「メドウ」には、草地・牧草地の意味がある   北海道には合ってるよね




裏の野菜スペースに、キュウリ・大葉・唐辛子の苗を植える
サル吉くんが種を蒔いた人参が何日経っても出てこないので、諦めかけてたんだけど


DSC00722.jpg
一斉に芽が出た   のはいいけど、多すぎない?  どうやって間引いたらいいんだ!


すごいですね 土の中でちゃんと外気温が上がるまでじっとして待ってる
そして20℃を感じたところで顔を出す   植物ってすごい


今日は土曜だから、庭で焼肉をやろうとしてるお宅もちらほら見かけます


一番いい季節がやってきた!



明日もいい天気になれー   




良い週末を~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
  
 

太平洋だった

昨日の私の戦いの相手は、日本海じゃなくて太平洋の生き物でした
さっき、庭にいたら隣家のおじさんに会ったので立ち話をして判明
「美味しかったー」 と報告したら、「うちはまだ食べてない」と・・
釣ってきた人より早くお腹に入った我が家   新鮮なものは活きのいいうちにでしょ


DSC00706.jpg

覚悟ーーー!!    と言いながら包丁を振りかざす


そんな大層な戦いじゃないですけどね


DSC00709.jpg
まず煮付け   ごぼうが残っていたので、ささがきにして一緒に煮ました



DSC00708.jpg
う~ん   どうも盛りつけがイマイチだったけど 2品目は唐揚げにして野菜あんかけ
カレイどこ?ってくらい野菜てんこ盛りです


DSC00707.jpg
さらに野菜  紫アスパラは茹でてサラダに  これ1人分   うち野菜食いなんです


職場の年2回の健康診断の結果を持ち帰ったサル吉くん
20代~50代男性中心の職場 「異常なし」のA判定じゃない人も多いらしい
コレステロールが高かったり、肝機能が悪かったり

毎回お手本のようなA判定の結果が並ぶサル吉くんが、珍しく1ヶ所だけ「要経過観察」のC判定

え? どこが引っかかったの??   と、よーく見ると・・


中性脂肪 41    

基準値50~149 をわずかに下回ったことで、惜しくもA判定を逃したようです
40代後半で中性脂肪低くて引っかかるってのも珍しい  しかも妻帯者でね
あれー 栄養足りないか? 野菜中心すぎた?


DSC00607.jpg
でも、春は美味しい山菜も多いしね   これも頂き物の笹竹


DSC00689.jpg
で、これは我が家の庭で取れた「ウド」  早い段階で芽は天ぷらで楽しんだので


DSC00697.jpg
今回は皮ごときんぴらにして食べました  1本しか採れなかったアスパラだけでは寂しい


秋に買って物置に保存して食べてた玉ねぎ15キロ入りの袋  一昨日最後の1個だった
半年で2人で15キロ玉ねぎ食べるのが多いのかどうか分からないけど、少なくはないよね
そりゃ、血液サラサラに違いない


腹囲が85センチを超えると男性はメタボとして指導を受けるみたいだけど
小太りの人のほうが長生きするという研究結果もあるみたいですよね
あまり世間の健康情報にがんじがらめにならずに、体が喜ぶものを食べる これも大事

「うまいよなー」  そう言いながら、海で採れたり山で採れたり庭で採れたものを食べる
腹囲69センチのサル吉くん  長生きしてよねー


DSC00710.jpg
夕食後  ドイツのチーズと赤ワイン    こういう脂肪分どこいっちゃうんだ?






DSC00713.jpg
本日の私の内職のような作業     夏のイベントはまだ先の話だけど少しずつね

 


中性脂肪50になるように・・   今夜は肉料理にしよう





青椒肉絲ですけどねーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

戦い

洗濯もした


掃除もした


天気も回復傾向で太陽も出てきた 


ちょっと作りたいものがあって、久しぶりに消しゴムはんこも作った



さて・・ ブログ更新しようか    




ってところで、ピンポーン



DSC00706.jpg
日本海から活きのいいお客さんが来てしまった




ダメだ・・ブログどころじゃない



ここから「イシモチカレイvsうにトラ」の戦い 


まずは包丁を研ぐことから・・ 



実況中継出来ないのが残念ですが、頑張ります  



今夜のメニュー変更!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

白・緑・紫

北海道でこの時期「白・緑・紫」 と言えば・・   そうアスパラ


DSC00605.jpg
白は、先日すでに食べた   オリーブオイル焼き  タコの足はガーリックソテー
どちらもビールのおつまみにたまりませーん
缶詰のアスパラは好きじゃないけど、春のこの時期だけ出回る白アスパラはほろ苦くて大好き


うちの庭にもアスパラを植えてはいるんですがね・・ 去年は1本出ただけで終了 

DSC00690.jpg
今年も、この1本だけ  コップに入ってるのは、お水にちょっと浸けておくと良いと聞いたので


DSC00698.jpg
貴重な1本を、昨日2人で譲り合いながら食べました

確か、3年くらい前に980円で大株の苗を買って庭に植えたはずのアスパラ

ぜんっぜん 元取れてない  


DSC00699.jpg
緑 180円  紫 280円  出てくるもかわからないアスパラを待ってるうちに旬終わっちゃう 

紫アスパラは、ちょっと高めですが収穫量も少ないし、売ってる時期も短いので買うなら今!


DSC00700.jpg
切り口が乾くと根元から硬くなるので


DSC00702.jpg
1センチほど水を入れたコップに立てておいて今晩食べましょ
今夜は理由があってワインなんか飲んじゃう予定


DSC00692.jpg
こんなカード付きでT子から贈り物があったのでね
「開封注意!」って封筒に書いてあった理由は、開けたらすぐ判明


DSC00694.jpg
無数のビーズが糊付けされてるんだ、これ・・  そしてもれなくあたりに散らばる



DSC00691.jpg
タイ土産を送ったら、ドイツ土産が来た   
中央のチーズが、T子オススメ   「ワインと一緒に食べるならシラーがいいよ」と・・
こういう時素直な私  普段なら赤はカベルネ買うけど、シラーを探して買ってきた
もちろん1000円ちょっとのお手軽ワイン  要は雰囲気ですから 



そう 私のタイ土産は、変幻自在なのです


DSC00620.jpg
四国香川のお土産にも変身しちゃいました  ちっちさん、こんなにたくさんありがとう
高松には「中野うどん学校」という讃岐うどん作りを体験出来る施設があるんですよね
入学して50分で卒業だって  それなら1度入学してみたいものです

4回四国に行ったけど、中野うどん学校も行ってないし、しょうゆ豆も灸まんも買ってこなかった
うどんスナックも、お土産であげちゃったから自分では食べてない  だからどれも新鮮!


自分1人では行ける場所も買ってこれるものも限られてるけど、こういうやりとりって
それが無限に広がるようなワクワクがありますね



先日 「家電が壊れたり家が壊れたり車が壊れなければまた旅に行けるかな」って書いたら


さっそく洗面台が壊れた!!! :(;゙゚'ω゚'):

下の扉を開けて、中にしまってるものを出そうとしたら濡れてる  
どうやら水を出すと、シャワーホースから水が漏れてるようで・・
洗面台のメーカーと品番をネットで調べたら、同様の症状が出てる人が多数
2004年に出来た家  すでに11年でしょ なんと部品を扱う会社がその間に倒産したらしい
その会社を引き継いだ会社に同じ部品はあるみたいなんだけど、ネット注文だと返品不可

ダメもとで、家の周辺にあるホームセンター3つあるうちの1つ「スーパー○○ホーム」へ電話
去年キッチンの蛇口の部品もここで買えたから、もしかしたら・・と
ものすごく親切なんです  電話で事情を話すと、調べてかけ直してくれると・・
そして店には在庫がないけど、札幌で在庫が見つかったから2・3日で取り寄せられますと返事
しかも1割引にして売ってくれて、万が一合わなかった場合も返品可とのこと
(送料ない分ネットで買うのとほぼ一緒)

DSC00696.jpg
「部品入りました~」 と、温泉から帰って来たら留守電が入ってたので買ってきた



DSC00695.jpg
サル吉作業員 交換中~     無事直りました   6000円ほどの部品代のみ



洗面台取り替えだと15万くらい?   そんなハメにならなくて良かった
スーパー○○ホームさん  部品取り寄せに関してなら本当にオススメ 
簡単に「あーそれはもう古いものだからないですねー」で終わらせないところが好き




DSC00703.jpg
今日は食材買い出しのついでに、セリアにも寄ってみる  
これで、少しポストカードを整理しよう


DSC00704.jpg
難点は、ハガキ大サイズしか入らないこと  400枚越えなので、お気に入りのものだけ
あとはおせんべいの缶にしまってます    


午前中晴れてたのに、午後から曇って雨も降り出してきた


明日は晴れるかな?


  
あっという間に1日が終わるーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
    

遊び心

昨日は外に洗濯物を干せる快晴だったのに、今日は朝から雨  いい天気が続かない


DSC00618.jpg
庭の植物にとっては、雨も大事な要素ではあるんだけど・・


DSC00611.jpg
喉が渇いても、自力で水を飲むわけにはいかないもんね


DSC00617.jpg
ヨーロッパでは幸運と幸せ、アメリカでは奇跡を呼ぶと言われるワイルドストロベリー
年々増えてきたけど、だからといって身動き出来ないほど幸せが来るってもんでもない



DSC00614.jpg
こういう釣り鐘型の花には雨が似合いますね


DSC00612.jpg
以上・・ ちょっとカメラの性能を試したくて、庭の花シリーズをお送りしました


そうは言っても、人間にとって嬉しいのはやっぱり晴れた日



DSC00678.jpg
この間の日曜日  温泉の帰り 母と姉と別れてからちょっと寄り道



DSC00679.jpg
札幌芸術の森美術館     歌川国芳展  前編と後編があって前編が26日まで 間に合った



DSC00681.jpg
珍しく、サル吉くんが新聞で見つけて行きたがっていたのです

私がこの人の作品を知ったきっかけは、以前ちょっと交流あったブロガーさんの記事のおかげ
もともとデザインのお仕事されてた女性で、手先が器用で何でも作っちゃう人でして
消しゴムはんこでこの歌川国芳のアートを再現しててぶっ飛んだ
ハガキ大の消しゴムに掘られた 何人もの人で形作られた人の顔のインパクトがすごくてねー
思わずサル吉くんにも見せたから、多分彼も興味を持ったきっかけはその時なのかな


DSC00683.jpg
江戸時代って面白い  世情が不安定で幕府の方針もコロコロ変わる
「遊女を絵にしてはならず」 そんな決まりが出来ると、雀を擬人化して絵にしちゃう 
抑圧された部分を苦痛に思わず、どうにかして面白くしてやろうっていう精神


DSC00686.jpg
100点ほどの作品は見ごたえありました   
日曜だったから相当混雑してて、出来れば平日自分のペースで見たかったけどね
流れに逆走するババァおばさまが、たまにウザかったり
メガネを外して絵に至近距離まで顔を近づける中年のおっさんの後頭部を呪ったり

それでも、楽しめた

現代よりも夜の闇が濃かった時代   闇の中にはこんな妖怪や物の怪たちが潜んでたかも
荒れ狂う海で今にも沈みそうな木造の船 そんな状況なら海中にだって化物が見えたはず

そんな感想を持つような作品たちです


今から180年も前に国芳によって描かれた江戸の風景
現在同じ場所に立つと、東京スカイツリーが見えるまさにその場所に酷似した塔がある不思議

また別の浮世絵の中の傘に書かれた謎の千八百六十一の数字
国芳が亡くなったのが1861年だというではないですか! 
その時代ごとに名を残す人というのは、多くの不思議に満ちていますね


DSC00680.jpg
芸術の森  さすがに桜はほとんど終わっていたけど、これ何だろう? 姫りんごかな?
この白い花が美しかったー



DSC00684.jpg
これぞまさしく「5月の北海道」 です



DSC00687.jpg
ちなみに・・   きっと7月にも我が家はここを訪れることになりそう 





江戸の遊び心って粋!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

母が主役の宴

DSC00619.jpg
ハート型の花「タイツリソウ」が今年も咲きました


先週のこと・・ 姉からメールが来て 「温泉いつにする?」と・・

年内で長年勤めた職場を離れる予定の姉なのですが
働いている今のうちに自分がスポンサーになるから母を連れて旅行か温泉に・・と提案あり
さすがにねー お金出してもらって旅行ってのは私もこの歳で気が引けるでしょ

じゃ、温泉にしよー って言ってたわけです

2人の娘が勝手気ままに旅行に出てたこの連休中、留守番だった母 
母の日もつい最近だったしね お祝いするべき年齢を前倒しでやっちゃおうか

そうと決まれば、段取り係の私が動きましょう (お金出さない分体動かさなきゃね)


DSC00622.jpg
土曜日・・段取り係は晴れ女でもあるので、天気は回復するわけです


DSC00623.jpg
山の中の排雪場の雪  周囲が濃い緑だからちょっと不思議な光景です


DSC00621.jpg
月一で札幌の美容室にやってくる母と姉  そのタイミングに合わせて急遽決まった温泉
美容室が終わった時点で連絡もらい合流  温泉に向かう車中で食べるサンドイッチ持参
ポテサラ・チーズ&キュウリ・ゆで卵 の3種
ごめーん  急に決まった話だから、ロールサンドも輪ゴムで止めてるし
でも、こんな準備でも母は喜んでくれるわけです 


DSC00632.jpg
定山渓温泉 ふる川   私は1年1度のペースで来てるけど母と姉はほぼ10年ぶり


DSC00631.jpg
いらっしゃいましー    看板うさぎのぬくちゃん 


DSC00625.jpg
主賓の母  毎回誰よりも華やかでございます


DSC00626.jpg
ウェルカムドリンクをいただく    午後2時チェックイン  昼間っからワインを選択する4人     
サル吉くん 少々風邪気味でしたが嫌がらずに祝いの席に参加してくれました ありがとー


DSC00627.jpg
広い和洋室   


DSC00628.jpg
今回のプランはこちらの新館利用  チェックアウトも12時までとゆったり


DSC00629.jpg
お茶を頂いてから・・


DSC00633.jpg
作務衣に着替えて歩いてすぐの別館へ向かいます   こちらの入館チケットも付いてる


DSC00641.jpg
素敵な館内でくつろぐもよし


DSC00638.jpg
外で足湯を楽しむもよし


DSC00636.jpg
豊かな自然に囲まれた場所  ってことは、時期によっては虫も多いのも事実
仕方ないよね~と言いながらタオルで払いながら入ったけど長居出来ず


DSC00640.jpg
お菓子やコーヒーも自由に楽しめるので、中でゆっくりされてる方が多かったですね


DSC00647.jpg
いろんなタイプの温泉宿が立ち並ぶ山の中の場所 定山渓(じょうざんけい)


DSC00644.jpg
川の上には鯉のぼりが元気に泳ぎ


DSC00643.jpg
川と旅館の間ではネコたちがくつろぐ  きっとあの配管は温泉が流れてる
ネコはあったかい場所を見つける天才!  



DSC00648.jpg
個人の宿泊客がメインの宿なので、館内は騒がしくないから落ち着けます
食事の前に、食前酒が振舞われてる場所で梅酒飲んでみたりしてブラブラ

DSC00655.jpg
さて・・いよいよ宴の始まり


DSC00653.jpg
個別のスペースで、ゆっくりお食事出来るプランを選択  
母の日のお祝いってことを伝えてあったので、シャンパンサービスしていただきました

温泉にのんびり浸かってからの夕食  もちろん私たちは作務衣のままで食事処へ

DSC00650.jpg
「主役」は、ちゃんとお召し換え  こういうところ尊敬するよ ほんと


DSC00651.jpg
誰がどう見ても、今日の主役がどの人なのか一目瞭然


先付・小吸物と続き・・ どーんと運ばれて来たのがこちら


DSC00658.jpg
ちゃんと祝い箸になってたり、お刺身のボタンエビも金箔おでこに乗っけられてたり
随所に心遣いを感じる内容です


DSC00659.jpg
エビの大きさもすごかったけど、鹿児島産のカンパチが餌と一緒にバラを与えられた
その名も「ローズカンパチ」って! 魚もビックリしただろうね


DSC00660.jpg      DSC00661.jpg     DSC00662.jpg
道産牛のなすとトマト焼き     冬瓜含め煮           タコしゃぶ・道産豚香り揚げ


DSC00665.jpg
枝豆ご飯とあさりの味噌汁


DSC00666.jpg
デザートは、札幌の有名ケーキ店「べんべや」さんとのコラボ
柚子と抹茶などがキレイな層になった「七色の春」という、ここでしか味わえないスイーツらしい


DSC00685.jpg
チェックアウトの時に、このようにきれいに洗った器をいただきました
使う使わないは別として、こういうちょっとしたことで女子は喜びますよね (あえて女子と書く) 


DSC00667.jpg
1時間半ほどの夕食が終わって、もう満腹!  夜食で焼き芋とかあるって聞いてもムリ
早い時間からワインだ梅酒だシャンパンだって飲んで、サル吉くんは食後のお風呂もパス
女3人で地下の特別露天風呂へ   もちろん朝も6時前から温泉堪能

DSC00670.jpg
どんなに食べても、一晩寝るとちゃんとお腹がすく  
母の事を考えて、朝食も個室で食べるプランを選択 
ここの朝食バイキングは秀逸なんだけど、お盆を持って料理を取って歩くのが楽しいのは
ある程度の年齢までかもしれないのでね


DSC00671.jpg
それに、ここの和定食は、十分満足する品揃えだし


DSC00676.jpg
温泉水で蒸し上げた野菜に


DSC00674.jpg
こちらのお膳  さわらの味噌漬けもだし巻き卵もほんとに美味しい


DSC00675.jpg
たらこでもう1膳食べたくなるよねー  入らないけど



DSC00669.jpg
また来てねー    と、ぬくちゃんに見送られ帰ってきました






「ほんとにうちの娘たちは、決めたら即行動!だから、目まぐるしくて・・」 と母
そう言いつつ、それに巻き込まれながらちゃんと楽しむ元気があるから良いよね
またこうやってみんなと一緒にジョッキ持って乾杯しようね  

DSC00664.jpg

次は、お姉ちゃんが働きあげたお祝いだね     
「今度はお母さんがスポンサーになるから」 と、母

段取り係  引き続き頑張りましょう 
  




肌しっとりーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

最終章

本州の皆様は、ここ2・3日真夏並みの暑さを経験されてたようですが・・
北海道では、ここんとこ気温が上がらず、度々暖房のお世話になってます

DSC00514.jpg
そんな中でこんな南国の花の写真を見ると、これが2週間前だったことが信じがたい



DSC00515.jpg
5月3日夜   バンコク スワンナプーム国際空港 


DSC00517.jpg
出国しちゃった   多くの方が、ここで写真撮るよね



DSC00518.jpg
                   「え?もう帰るの?」



DSC00520.jpg
                「つまんなーい」



DSC00521.jpg
              「また来てくれるよね?」  



DSC00519.jpg
                 「待っておるぞよ」              




突然家電が壊れたり 家の外壁が傷んだり 車が壊れたりしなければね 




DSC00527.jpg
バーツも残ってるし、高いけど空港のタイご飯でも食べるか 


P1040602.jpg
ジャスミンライスも食べ納め 



DSC00535.jpg
帰りは寝る気モード  出発は23:45  私なんて離陸前にすでに寝てた
機内はとにかく乾燥するから、マスクあると楽ですよ~ (口開いて寝ても平気だし) 


P1040608.jpg
離陸して間もなくサンドイッチが配られるんだけど、私はそれも食べず寝る
到着2時間前の食事  シーフード焼きうどん? もう1種はすでにないと言われるし



P1040607.jpg
ちょっと食べてみたけど 激マズ!!!  再び寝る 
3列シートの真ん中の私  気づいたら隣のタイ人の男の子方向に傾いてる
ごめんねー あなたはこれから北海道観光でテンション高いだろうけどあたしゃクッタクタなの

多分中学生くらいかな  通路向こうのお母さんと弟との3人旅行のようでした
機内持ち込みのリュックも高級そうだったし、裕福な一家なのね


DSC00537.jpg
北国に帰ってきちゃったよー


お土産一部ご紹介


DSC00540.jpg
私が買ってきた雑貨類


DSC00542.jpg
食べ物たち


DSC00541.jpg
ランチョンマット  これちょっと気に入って買ってきた  アジアご飯に合いそう


DSC00543_20150515162224325.jpg
今回の我が家の目玉 ロンリープラネット・ジャパン これ欲しかったの
「YOUは何しに日本へ?」って観てます? あれでインタビューされる日本を旅する外国人が
みんなこのガイドブックを持ってたりする  29.9ドル  タイでは950バーツ
厚さ3センチのガイドブック 英文だけど北海道のページも面白い

隣のスヌーピーは旅先で出会った古いもの  1966年製 サル吉くんが大層気に入ってます

あとは、夏のイベント用のTシャツが大量に・・ これらはイベントの時の記事で載せますね



長らくお付き合いいただいたタイ旅行   これにて終了でございます

帰ってきて2週間も経っちゃえば、なんだか幻だったような気持ちになるのが旅だけど・・
これから何度も何度も反芻しながら、次につなげていけたらな そう思ってます


If you can dream it, you can do it.

ウォルト・ディズニーもこう言ってる  

頑張りましょ!
  


you can do it!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
  

亀に会う

5月3日 いよいよ北国に戻る日です  と言っても飛行機は深夜便
体力さえ持つならば、ピックアップの午後8時まで遊べるから丸一日あるではないの

DSC00439.jpg
とうとう雨に降られなかった  タイの神様 これでもかっていう暑さをありがとう


DSC00436.jpg
そこの人~ 豪華な朝食も今日が最後  明日からは現実が待ってるからじっくり楽しもうね


DSC00442.jpg
洗い物のない生活よ さよ~なら~


DSC00450.jpg
朝からセイロで肉まん蒸してもらえる日々よ さよ~なら~


DSC00447.jpg
制覇出来なかったデニッシュたちも さよ~なら~


DSC00452.jpg
そしてチーズたち  いまさら思うけど、タイのチーズってわけじゃなくて
良いホテルならではの品揃えだからの美味しさなのかな? どちらにしても美味しかった


DSC00444.jpg
「お互いの写真も撮っておくか」 そう言いながら、撮影し合う


P1040590.jpg
サル吉くんが、私の姿を写した後に、後方に視線がずれて ハッとする

「いた~~~~っっっ!!!」  小声なんだけどめっちゃ興奮してるサル吉くん


何が?

前日の夜  食事をしながら教えてくれた話  ふ~んって聞いてたけどどうもうまく想像つかず
「ものすごくリアルなんだって! マジで!!」 と、サル吉くんが言えば言うほど
その「リアル」な姿がうまく浮かばなかった   

一向にピンと来ない私に「あの時すぐに教えて見せればよかった」 とがっかりしてた



「いたっ! 亀がいたっ!!」


そ~っと後ろを振り向いてみるよね


((((;゚Д゚))))  あれかー


なるほど・・これは是非ともブログネタにしたいものだ   私のブロガー魂が疼く



DSC00448.jpg
ズームで隠し撮りなもんで、手ブレ防止も働かないほどブレる~~~

分かります? サル吉くんが驚愕したという亀がこれです



DSC00449.jpg
見知らぬ女の人が下げてるバッグ!  これ多分ちゃんとした革ですね なんというリアル感
面白いなー  どこに売ってるんだろう?  自分の国? それとも現地調達?
どの部分がパカって開いてモノが入れられるのかとか・・ もっと知りたかったな

・・って、その時は思ってたんですよ  で、この間ちょっと検索してみたの
「リアルな亀のバッグ」で、見事ヒット! なんとね 日本のお店だったよ これ4万円くらい
リュックもあるし! リアルな世界を追求してるお店で面白いなー  
そう考えると、この方日本人だったのかな?  
流行りものじゃなくこういうのにお金を出す そういう人好きですね

そんなこんなで朝食終了

DSC00453.jpg
最後はこのパッションフルーツを食べ納め 北国では絶対食べれないもんね


DSC00455.jpg
部屋に戻って最後のマンゴーも食べ納め 



DSC00459.jpg
トラよ! 私に最後のパワーを与えたまえ!!

チェックアウトは12時なので、その前に隣のターミナル21の地下スーパーでお買い物


DSC00460.jpg
ホテル前の噴水に浮かべられた花


DSC00461.jpg
タイらしい花のあしらい方


DSC00462.jpg
青や緑のケーキ  ここら辺もちょっと日本と違う
スーパーで調達した調味料などをスーツケースに納め、11時にチェックアウト
スーツケースは夕方まで預かってもらいます


DSC00463.jpg
ベッドメークのチップ  最後だからお礼のメッセージ残しました


DSC00368.jpg
再びターミナル21へ   お互い好きなフロアが違うので、時間を決めて単独行動
「サンフランシスコ」「イスタンブール」など名前が付けられた各フロアが面白い


DSC00469.jpg
2階ロンドンフロアのトイレ  一面地図になってます


DSC00470.jpg
オープンしてまだ3年半  トイレはウォシュレット  Made in Japan 頑張ってる


DSC00369.jpg
私が好きなイスタンブールのフロア


DSC00466.jpg
このランプが美しい


DSC00467.jpg
2年連続こちらでアクセサリー購入 


DSC00480.jpg
5階のフードコートで休憩   大人気なもんで座る場所を確保するのが大変 


DSC00473.jpg
交代で食べたいものを買ってくる


DSC00476.jpg
青パパイヤサラダ


DSC00479.jpg
今回これを食べ忘れてたことを思い出したのでここで・・ マンゴーのもち米添え  
ココナッツミルク風味のもち米に、練乳かかってる  大丈夫! おはぎだと思えば・・


DSC00483.jpg
最後にサル吉くんが面白いご飯を見つけてきた ちっちゃいけど、まさしくお辞儀魚だー


DSC00484.jpg
鋭角に首を折られてる  添えられたご飯が何とも独特な味付け
再現するとしたら・・ 梅肉を混ぜ込んだご飯をナンプラーで味をつけたような   


DSC00488.jpg
これ何だろう? ちょっとほろ苦い  よーく観察すると、花ですね 右側が花びらで中にめしべ


DSC00486.jpg
「またお越し下さいね」           「はぁ ありがとうございます」


DSC00489.jpg
マックカフェで再び休憩


DSC00491_20150515132118ba5.jpg
これがずっしり重い10g砂糖   これ1本入れたら激甘だろー 


DSC00492.jpg
カプチーノは普通の値段  80バーツだから320円くらい
朝マックとかは、タイならではのお粥や揚げパンメニューもあるらしい


DSC00493.jpg
             「俺のボーダーどう思う?」     「渋めでイイっすよ」


買いたいものは揃ったし・・  あと3時間どうする? と相談して思いついた場所


DSC00505.jpg
ホテルのプールサイドのソファで、寛いじゃおう!
去年もフロントの人が親切に「チェックアウト後でも、サウナやシャワールームをお使いください」
そう言ってくれてた この日は汗だくになってないからシャワーは使わなくていいけど
冷房ガンガンのロビーよりも屋外のプールサイドのほうが南国気分でしょ


DSC00499.jpg
「飲み物頼んでくる」 と言って、プールの反対側へ歩いて行ったサル吉くんを連写



DSC00500.jpg
どんなやりとりを繰り広げているんだろう  多分部屋番号を聞かれ、すでにチェックアウトしたと
それを伝えてるんだろうけど・・  


DSC00501.jpg
20倍ズーム!   大丈夫だ 何やら笑顔で会話しとる   さすがB型 頼もしい
大事なのは英語力より度胸  こういう時思いますね


DSC00502.jpg
冷たいおしぼりとともに運ばれてきたコーラは、屋台の7倍価格!


DSC00503.jpg
でも飛行機乗る前の、こののんびりくつろいだ時間のためなら安いもの


DSC00507.jpg
プールに向かって打たせ湯のように落ちてる水で遊ぶ



DSC00506.jpg
やりすぎ


いつまでもこんなアホなことしながら暮らしていたいけどそうもいかない



DSC00513.jpg
「現実行き」という乗り物に乗るために、空港に向かう



残り多分1回  お土産編でタイ旅行記終わりますよ~  長くてほんとスミマセン



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

今年もラビリンスに完敗

「チャトゥチャック」 とも呼ばれるウィークエンドマーケット
週末だけオープンする買い物市場 私の記憶では1万店舗だったのに今や1万五千あるらしい


DSC00394.jpg
ガイドブックにはここの攻略心得が書いてある

「とりあえず全部見ようという考えは捨てよう」

「市場内の配置を知ろう」

「暑さは最大の敵 こまめに水分補給 あまり長く居すぎると蜃気楼が見え始め変なものを買う恐れ」


DSC00395.jpg
この写真は、あくまでも歩きやすい車も通れる道路の風景 
この両脇に無数の細い通路がある 問題はその屋内の店舗

狭い通路を人とすれ違いながら歩いてると、自分がどこにいるのかわからなくなる

DSC00396.jpg
気づいたら、ペットエリアに迷い込んでたり・・


DSC00409.jpg
屋内と言ってもエアコンなんてほぼないから、この通り  
首筋に汗が流れるなんて、岩盤浴以外ではバンコクでしか体験出来ない

サル吉くーん!  蜃気楼が見えそうです!!  


DSC00397.jpg
何か飲めて、座れたらどこでもいい  そう思ってたら通りがかりに見つけた市場内のカフェ
ちゃんとエスプレッソマシンで作ってくれる


DSC00398.jpg
しーみーるー


DSC00399.jpg
みかん箱で作ったみたいなテーブルだろうと、関係ないもんね

さすがに、この市場で子供連れ観光客はほとんど見かけません
迷子になんかなったら見つけられないだろうしね  そのまま市場の子として育てられそう


体力に自信のある大人なら、週末にここでタイ雑貨やエスニック衣料 陶器や古着なんかを
まとめて見るのはきっと楽しいと思います


DSC00403.jpg
老舗のカフェバーでは、名物のパエリアおじさんが写真撮影に応じてくれます

例えば金曜の夕方に到着して、翌日ここに来たら私ももう少し歩き回れるんだろうけど
すでに4日目  すぐにカラータイマーが点滅しがち  

買い物も一段落して、さて次に行きたい「チャトゥチャック・グリーン」をどうするか・・
去年はそこでたくさんのワーゲンたちと出会ったので、ここから徒歩数分だし行ってみたい
1度ホテルに戻って夕方出直すか・・ このまま粘って直行するか・・


DSC00405.jpg
足を休めながら、結局このまま夕暮れを待つことに 
去年はなかったフードコートまで出来ていて、グリーンの雰囲気も違ってました


DSC00412.jpg
プルメリアがキレイです



DSC00406.jpg
甲高い鳥の声がしたなと思って、頭上をズームしてみたら、見たこともない鳥
やっぱりここは異国なんだなと、生き物を見ると思います


DSC00407.jpg
ヘロッヘロ    今年もウィークエンドマーケットにやられた図


DSC00411_20150514115634a90.jpg
さて・・去年ワーゲンたちが溢れていた駐車場に来てみましたが、結局1台も見つからず  
「チャトゥチャック・グリーン」は、施設が整った分ここで自由にフリマが出来る環境じゃなくなった?
なるほどねー   そうとなったら、ここに長居しても仕方がないので明るいうちに帰ります
夕方出直すことにしなくてほんと良かったよ   ワーゲンたちの今の旬は鉄道市場なのね 


DSC00414.jpg
部屋に戻ったら、美しく整えられたベッドに週末だから花が飾られてた
それでは、バンコク滞在最後の晩餐を食べに繰り出しますか~


DSC00429.jpg
ホテルから歩いていける場所  


DSC00424.jpg
築90年以上のフランス大使公邸だった一軒家がレストランになってる
空には月も出て、なかなか素敵な風情です  


DSC00416.jpg
日本だと、一軒家レストランって敷居が高いイメージだけど、ここはカジュアルな雰囲気


DSC00420.jpg
アメリカ料理&バーだから、ビールだって瓶ごとだもん


DSC00418.jpg
「お肉でも食べますか」 の意見がまとまって決まったお店です



DSC00422.jpg
こんな肉料理とか・・


DSC00423.jpg
こんな魚料理とか・・

旅を振り返りながら、ゆっくり食事  こういう場面でふと思うんですが、 普段の生活だと
夫婦横並びでテレビ見ながらご飯食べてる 面と向かう時間ってあまりないから大切だな・・と 
2人で5000円くらいの夕食 雰囲気考えたら安いでしょ?
屋台ごはんも、こういう一軒家レストランも楽しめるのがタイの面白さ


DSC00430.jpg
ブラブラ遠回りしながら夜の街を歩く   ネコ発見!


DSC00431.jpg
咲き終わったプルメリアとネコ


P1040587.jpg
前の日みかけたバスは、夜になるとこのように「この建物にバーがあるよ」という宣伝カーに



P1040513.jpg
閉店間際のスーパーでサル吉くんが見つけた広告



DSC00434.jpg
私が見つけたのはこれ   100%ガックジュース   



DSC00435.jpg
飲んでみる  フルーツジュースと言うよりは、トマトジュースやにんじんジュースに近い
リコピン・カロチンが確かに多そうだな・・という味でした 大好きではないけど飲めなくはない
病気をしたとき5年くらいはずっとノニジュースを飲み続けてました
それに比べたら楽に継続出来る味ですよ  南の島のフルーツには秘められたパワーがある
どこかそう思ってる私なので、 ちょっと石鹸とクリームに期待してます


この日は、南国フルーツもメディケイテッド・バブも足裏ひんやりシートも負けるほどの
ぐったり加減だったけど、そうなりながらも「まだ私でもやればできるな」という気持ちも

たまには自分を究極まで追い込むのも良いのかもしれません  

たまにでいいけど・・・




あともう少しお付き合いくださいね~ ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

天国からのもの

ようやく佳境に入ってきた2015年のバンコクへの旅 


DSC00349.jpg
5月2日 滞在4日目の朝 後日調べでこの日の最高気温は37.5℃  微熱レベル
在住の方のブログにお邪魔したら、昨日(13日)のバンコクは豪雨のようです
多少暑くたって、天気に恵まれるに越したことないですから私たちはラッキーでしたね


DSC00351.jpg
3回目の朝食  北海道で暮らすよりチーズを食べる毎日 だって美味しいんだもん


DSC00352.jpg
今日はパンケーキを焼いていただきました


DSC00354.jpg
このヨーグルトにハマる


DSC00355.jpg
マンゴーがゴロゴロ


DSC00360.jpg
ちょっとだけ日本食コーナーもありまして、海苔巻きが外国人の方に人気のようでした


DSC00361.jpg
どう考えても、用意されてるわさびの量多すぎだけどね   ジェラートみたい



DSC00362.jpg
ケーキの器がオシャレー


DSC00364.jpg
どれだけしっかり朝ごはんを食べようと、これは欠かせません  本日のドリンク



DSC00365.jpg
確か去年も飲んだな   今日は土曜日 ってことは私たちの行く先はあそこに決まってる

土日しかやってない「ウィークエンドマーケット」  毎年ここで最後のエネルギーを搾り取られる
だから牡牛のマークで元気つけなきゃね

DSC00371.jpg
地下鉄駅に向かいます


P1040576.jpg
BTSでも地下鉄でもどちらでも行けるウィークエンドマーケット  
今回はそこに行く前に先に寄りたい場所があるので、地下鉄利用 


DSC00373.jpg
「ガンペーンペット」駅3番出口を出てすぐ右手にあるのがここ 「オートーコー市場」
毎回ウィークエンドマーケットには来てるのに、向かい側のこの市場は初めて来ました

DSC00374.jpg
タイの農協の経営の下で、各地からよりすぐりの生産物が集まってきている市場
ドリアン天国


DSC00375_20150513181604ff0.jpg
デパートより高品質と評判  バンコクのセレブたちもここにお買い物に来るらしい
ロンガンとマンゴスチン天国


DSC00391.jpg
昨夜食べたザボン天国


DSC00392.jpg
確かに市場内がキレイ   これはエビのペーストの瓶詰め


DSC00393_2015051321360746b.jpg
おー これがお辞儀魚   このカゴにキレイに並べるために魚たちは首を折られるんだよ
丸いカゴに入れようとしなきゃいいじゃんねー



DSC00379.jpg
カラフルなお菓子はタイの昔ながらのおやつ  
果物に見えるのは緑豆餡とココナッツを練ったもの 日本で言う練り切りみたいな感じかな?


行く前のリサーチで、ちょっと気になるものがここで売ってるらしい
市場の右奥を歩いていくと・・


DSC00376.jpg
あったー!!  これを見つけるためにこの市場に来たようなもの
旅行の前に、たまたま知った果物「ガック」 ベトナムとかではポピュラーなものらしい
トマトの70倍のリコピン・人参の10倍のベータカロチン・オレンジの60倍のビタミンC
全食品の中で最も抗酸化作用がある「天国からの果実」とまで言われてる代物

その嘘みたいなすごい果実を使った石鹸・クリーム・ジュースを売ってるブース

そのうち「ガック」ブームが来るかもしれませんよ  日本にも
実際、ネットで販売してるとこもある  めっちゃ高いけど

DSC00377.jpg
スポーツ刈り(!)のおばちゃんと交渉中  欲しかった石鹸2個しかないって!
ボディローション? 重いな~ でも試してみたいよね
ジュースを試飲させてくれたけど、100%じゃないからここのは飲みやすかった

石鹸は、私とお姉ちゃんで使ってみることにしよう  ピカピカになったらまた来よう


P1040577.jpg
お惣菜も目移りするほど売ってるし、気に入ったものを買って座って食べるスペースも


P1040578.jpg
外の屋台に比べたら断然安心  だからここなら誰でもチャレンジ出来ると思いますよ


DSC00378.jpg
美味しいお店を見極めるポイントはこの緑の丼マークがあるかどうからしいよ
タイで有名な料理評論家が、美味しいと認めた店と料理に与える称号なんだって

その前に、もう1つ買いたいものがある

DSC00381.jpg
あった  ここは以前syさんがわざわざ買いに来て食べてたプリンがあるお店


DSC00380.jpg
サル吉くんがプリンの上に並んでるチーズケーキも食べてみたいと言うので買おうとしたら
お店の人が何やらタイ語で言ってる  ??   
あーなるほどー 冷凍だからカチカチですぐ食べられないよってことね

DSC00386.jpg
だから、プリンと・・


DSC00389.jpg
冷凍じゃないエッグタルトにしてみた   どちらもうまし  意外にも乳製品が美味しい国だ
プリンが45バーツ   エッグタルトが1個35バーツ

DSC00382.jpg
そして、サル吉くんが選んだ麺   さすが緑の丼マーク!  これめっちゃ美味しかった
豚の三枚肉にしっかり塩味つけてカリッと揚げてあるのが乗せられてて、それが美味しいの


DSC00387.jpg
米粉の麺が、こんな面白い形状になってる  この麺50バーツ  200円弱


さて・・買いたいものは手に入ったし、栄養補給も出来た(補給しすぎだけど)



いざ・・ バンコク一のラビリンス(迷宮)へ!!  
 

  
続きは明日~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
×60

初の試み

バンコク3日目のお出かけ先は・・


DSC00292.jpg
MBK(マーブンクロン・センター)  毎回必ず訪れてるショッピングセンター


DSC00289.jpg
最近のサル吉くんは、ここでしかジーンズ買ってないかも

衣料・雑貨・宝飾・家具・食品・電化製品など 一応フロアによって特色はあるけど
小さなテナントが無秩序にギッシリ! まるで迷宮  バンコクってこういうとこが多い
多分私が1年日本で生活して目にする人の数より、この旅で目撃する人数のほうが多いよ

DSC00296.jpg
車関係のTシャツだけを売ってる店  1年前は坊主頭だったお兄ちゃんてば
ちょっと洒落っ気出してパーマかけてた  また来たよ~


DSC00294.jpg
いつもはフードコートでランチ食べたりするけど・・ サル吉くんのお腹のために


DSC00293.jpg
ここではごく軽くおやつ程度 スタンドカフェで、ワッフル焼いてもらって食べる


DSC00290.jpg
売られてるマカロンが極彩色すぎる

MBKの2階には、私の大好きな「ロフティーバンブー」があるので立ち寄る
ようやくこの場所だけは迷わずたどり着けるようになったもんね  
日本人のご夫婦が経営してるタイ雑貨のお店   お店のスタッフは皆タイの人
じっくり品物見てたら、店の奥から突然出てきた日本人女性と目があった

「いらっしゃいませ~」 と、笑顔で声をかけていただいたその人がオーナーさんでした
一番最初に訪れた時に購入した布のエコバッグを肩から下げていたので
「可愛く使っていただいてありがとうございます」 と・・ 

10分ほどおしゃべりしてたかなー  初めてお会いしたけど素敵な女性でした

DSC00295.jpg
「実は私今日誕生日なんですよー」 そんな告白あったのでお店の前で記念撮影
タイに移り住んで13年だって  30代半ばで移住決意かぁ やっぱり大好きがきっかけなのかな


DSC00298.jpg
お出かけ午前の部(ちょっと昼は回ってしまったけど)終了~  1度ホテルに戻りましょ
戦利品が入ったリュックを、カンガルーのように反対に背負ってるサル吉くん



DSC00299.jpg
あぢ~~~~っ   と、靴を脱ぎ 私は上に来てたチュニック脱ぎ捨てる


さて・・お出かけ午後の部の前に、初の試みやっちゃいましたよ


DSC00304.jpg
サービスショットーーーー    (皆様に不快な思いをさせるのでこれくらいにしときますね)



DSC00305.jpg
部屋から見下ろしていたプールの丸い椅子に横たわっております  足にも念入りにモザイク
歩きすぎてムクムクな足なもんでね  いやーでも夫婦で水着なんて何年ぶりだろ!!
37℃のバンコク 日中はこうしてホテルのプールで過ごす   正しいかもしれない
1.4mの深さは、私にはちょっと深かったけど・・ 溺死体ごっことかしながら夫婦でずっと笑ってた


DSC00306.jpg
会社に旅行に行くって言ってないんでしょ? 「日に焼けましたね」って言われたらどうするの?
って聞いたら 「裸で庭仕事してた」 と言うんだそうです


DSC00308.jpg
プールのあとは、部屋でマンゴータイム   今日はサル吉くんがカットしてます


DSC00310.jpg
1日経過して、より甘くなった    切ないほど美味しい


DSC00311.jpg
プールで暑さをリセット出来た   次の目的地には地下鉄に乗って向かいます
券売機で行き先のボタンを押して料金をいれるとこの「トークン」と呼ばれるものが出てくる
裏も表も黒いオセロみたいな・・ これにICチップが内蔵されてるんだって

乗るときは改札機の所定の場所にトークンでタッチ  降りる時は投入口に入れて改札を出ます


ホテルの最寄り駅「スクムビット」駅から3駅先の「タイカルチャーセンター」駅で下車


DSC00312.jpg
3番出口を出ると、すぐ見えるのがエスプラネードというショッピングモール
目的はここじゃなくて、この裏の駐車場


DSC00314.jpg
ラチャダー ナイトマーケット  
本当は、2013年2月にシーナカリンという郊外にオープンした鉄道市場に行く予定だった
今地元で最も旬なナイトマーケットで、噂によるとワーゲン遭遇率も高そうだったから
規模を考えたらそっちのほうが楽しそうなんだけど、何しろ昼間も歩き回り続けるので
夜になると私の足が悲鳴をあげる  そこらへんを心配してた時に、地下鉄で簡単に行ける場所で
規模は劣るけど同様のナイトマーケットをやってるという情報を、在住ブロガーさんの記事で知った

サル吉くんには申し訳ないけど、ここで我慢してもらうことに


DSC00315.jpg
まだ明るい時間に来て正解  たくさんのワーゲンたちに遭遇  再びカメラ小僧に変身


ここからそのカメラ小僧の撮影した車写真が続きます 興味のある方だけ拡大してお楽しみを


P1040538.jpg     P1040540.jpg     P1040542.jpg


P1040543.jpg     P1040544.jpg     P1040546.jpg


P1040554.jpg     P1040552.jpg     P1040551.jpg


P1040555.jpg     P1040557.jpg     P1040558.jpg


P1040561.jpg     P1040559.jpg     P1040567.jpg



DSC00318.jpg
ナイトマーケットって言うくらいだから、暗くなってからが本番 ちょうど準備風景です
まさに「現役で働く旧車たち」 毎日荷物を詰め込んで、ここで商売してるのね


DSC00319.jpg
バスのヘッドライトに付けるパーツ「アイブロウ」 ちょっと眠そうな顔になる


DSC00322.jpg
このバスなんて、片方落ちてるし・・ つけまつげ取れた女子っぽい


P1040548.jpg
天井パッカ~ンって    カメラ小僧ってば、私の姿まで撮ってるし


DSC00316.jpg
暗くなるにつれ、人出も多くなってきました  お祭り風景に近いね テントがギッシリ
食べ物屋台もたくさんあり、見ているだけでも楽しい  


DSC00331.jpg
キャー  これが噂の「虫屋台」 何かいろんなタイプがこんがり炒められとるー!
韓国の屋台でも見かけたけど、まだ未知の世界です


DSC00333.jpg
暗くなって照明がつくとナイトマーケットらしくなる


DSC00334.jpg
さほど物欲を刺激されるようなものはないんだけど、屋台の雰囲気って見てるだけで楽しい


DSC00335.jpg
周囲の古い倉庫は、このようにレトロなバーになってたり


DSC00339.jpg
アンティークを並べてたり こういうのいいねー


DSC00336.jpg
暗いと、余計に掘り出し物がありそうに思えるから不思議


DSC00337.jpg
「北原先生 鑑定をお願いします!」

このマーケットの賑わいの中、1人の男性と目が合いました
「こんばんは~」と、日本語で笑顔で話しかけられそこから3人で立ち話
バンコク在住の日本人の方で、あれこれ話してたら北海道の苫小牧出身ってことが分かり
ローカルネタで盛り上がる  こういう出会いも旅の醍醐味
  

P1040570.jpg
今年はこのガード付けてるバスが多かった
何だっけ? カンガルーバンパーって言うんだっけ?? (定かじゃありません) 

私がサル吉くんのために仕入れたナイトマーケット情報 結果大満足してもらえて良かった
在住ブロガーのkeiさん ありがとうございました 次はシーナカリン行きますね


すっごく長い記事になっちゃったけど、夕食まで載せちゃいます!

DSC00340.jpg
今日も一日よく歩いた! 

お店の人に「ヤムソムオーある?」って聞いたら 「あるよー オススメだよ」って

DSC00341.jpg
ほんとだ! 来る時期が悪かったのか、いつもないって言われてた やっと食べられる


DSC00342.jpg
ザボン(ソムオー)を、ナッツで和え甘辛く酸味の効いたサラダに仕上げたもの
果物をこう食べるって新鮮 でも1度食べたら満足って味かな  
美味しいザボンだったから、なおさら日本人としてはそのままで食べたい


DSC00343.jpg
ローストダックともち米


DSC00344.jpg
手前のピンクのはまさにお寿司屋さんの「ガリ」 もち米に合うよー


DSC00345.jpg
ここはカニを使ったカレー「プー・パッポン・カリー」のエビバージョンがオススメらしい 
カニのは食べたことあるけど、食べにくいんだよね  その点エビは食べやすい


DSC00346.jpg
お腹の調子も戻ったサル吉くん 美味しくいただいてトータル1170バーツ(4000円ちょっと)


DSC00348.jpg
テーブルで会計頼んだら「サービスだよ」と温かいジャスミン茶を持ってきてくれた
一口飲んだけど、ドブ臭いよーーーー   それ以上飲めず出てきちゃった
タイの生水 ジャスミンにも勝つのか・・  まだまだやわな私たちでした

とことん遊んだ3日目 ようやく終了!



おつかれー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村    

思わぬところにツボ

バンコク滞在3日目の朝  5月1日 この日は最高気温37.3℃だったらしい

平熱超えとるがなー

DSC00267.jpg
朝からすでに日差しがやる気マンマン


DSC00268.jpg
こちらはまだ人間に戻ってない物体

旅先ではどうしても眠りが浅くて夜中何度か目覚める事で日に日にパワー減少だった私
それが今回眠剤飲んで寝てみたら、見事に朝まで熟睡出来ました これ良かった事 No.1


今日は、朝ごはんを食べに行く前に行くべき場所があるのです

今年タイに行くにあたって、何か新しい情報ないかなーとリサーチしてた私ですが
サル吉くんが楽しめるようなワーゲン関係の新ネタやB級グルメに関することなら
やっぱりタイ在住の男性ブロガーさん探すのが一番
写真の写し方が素敵 情報が細かくて丁寧 そこポイントで見つけたお二人
コメント入れさせていただくと、どちらもとっても親切により細かく教えてくれる良い人で・・

「楽しい旅にしてくださいね」   って   なんて素敵なんだろー 

「バンコクで一番美味しいと言われる揚げパンと豆乳らしい」 という記事を書いてたノイさん

それがたまたま宿泊してたホテルの前なんだもん! ホテルの豪華朝ごはんも捨てがたいけど
それ食べてみたいでしょ!


P1040524.jpg
平日の朝だと行列してるらしい   この日はタイも祝日だったからラッキーでした
わー 記事で見た通りに、その場で作ってる!!


P1040528.jpg
ベニヤ板をくりぬいて、火にかけられた油の鍋がセットされてて、打ち粉された板の上で作業


P1040529.jpg
おばちゃんを中心として男の人が2名 息子さんかな? 手際よくどんどん油の中に投入


P1040530.jpg
膨らむ~  見学してるうちに、買いに来る人がちらほらやってきた


P1040525.jpg
その横には豆乳ブース  男性1人がその係 


P1040526.jpg
1個ちょうだ~い って言うと、甘味を入れるかどうか聞かれ、頷くとまずビニール袋に
ガムシロ的なものを入れ、右上の大きな鍋の中の温められてる豆乳をそこに注ぐ
それから具材指定  麦みたいのとかタピオカっぽいものとか カエルの卵っぽいものとか
手元の雑巾の汚さ加減とか気にしてちゃあ屋台もの食べることは出来ません


P1040531.jpg
出来立てアツアツをゲット  豆乳8バーツ 30円   揚げパン4個で8バーツ


DSC00271.jpg
部屋に戻って食べてみる   緑色のクリームみたいなのもあったけどそれは買わなかった
昭和の時代のお母さんが作る素朴なおやつの味   30円で昔を懐かしめるなんて素敵
揚げパン自体はさほど甘くないってことは、あの緑のクリームが激甘なんだろうな
タイの人ってほんとに甘いもの好き   マックとかでコーヒー飲むと付いてくる砂糖は
日本では3gが主流なのに、ずっしり重い10gだもんね (1本持ち帰って計ってみた)


DSC00269.jpg
こちらでは、液体物もこうしてビニール袋に入れて売ってくれる
太めのストローが付いてるのは、具材も入っているからなのね


P1040532.jpg
家で豆乳なんて飲まないのにね   あったかくてほんのり甘くてプチプチしてて ウマー 
 
じゃ、朝ごはん行こうか!


DSC00272.jpg
揚げパン4個にしておいたから全然平気 今日も野菜と果物の鮮やかな色彩が嬉しい


DSC00274.jpg
あれ?   サル吉くんそれだけ?   聞くと、朝からちょっとお腹が緩めだと
3日目にして去年の二の舞になったら困るから、抑えておく・・と

昨日の屋台のカオマンガイ? いや、でも私も全く同じもの食べてるしね
そんなサル吉くんに朝一から揚げパン食べさせちゃったけど大丈夫か 


DSC00275.jpg
これはサル吉くんを写そうと思ったわけじゃなくて、手前のテーブルの椅子を撮りたかったの
関西弁を話すおばさま3人  バッグを椅子に置き去りにして食事を取りに行っちゃった
ホテル内とは言え、あまりに無防備  


食べ終わってから、ジュース片手に外のテラスに出てみた

DSC00276.jpg
太陽浴びたほうが、お腹に良い気がするって言うのでね  
確かに北国育ちでエアコン慣れしてないから、冷房でお腹にくるってことも多々あるのです


DSC00283.jpg
ほんとにホテルのすぐ向かいがBTSの駅なのがこれで分かります
左に見えるのがターミナル21 地元の若者にも人気のモール フードコートも大人気


DSC00280.jpg
BTSは時間帯で多少違うらしいけど5分も待たずにすぐ来るのでほんと便利に使える


DSC00281.jpg
眼下に先ほど買いに行った揚げパン屋台を発見! 9時でもう店じまいなのね
下に車輪が付いてるから、きっとあのまま移動して帰るんだよね
で、ベニヤ板はそのまま1晩置いとかれて・・翌朝またあの場所に来て打ち粉して作るよね
いいのいいの  油で揚げるから    


DSC00277.jpg
アボカド&アップルスムージー飲んだって、こんな日差しを浴びたらプラマイゼロ いやマイナス?


でも5月のスタートを「あったかいんだから~」って歌いながら外でのんびりできるって幸せ

サル吉くんのお腹も、ひどくならないようだったので本日のお出かけ午前の部スタート

DSC00287.jpg
BTSの駅に上がったら、道路脇に停められたバス発見


DSC00288.jpg
カメラ小僧が獲物を狙ってる


P1040534.jpg
その写真がこちら  なかなか素っ頓狂な顔立ちでかわいらしい 


大都会の風情の中 30円で食べる揚げパンと豆乳   そんなのが私たちのツボ




作れそうで作れない味!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

おしゃれスポットにときめかず

バンコク2日目の4月30日  この日の現地の最高気温は34.5℃だったらしい

DSC00198.jpg
2500店舗のファッションビルに体力を奪われ、ちょうどお腹も空いたから戻ります
日中の外歩き  暑いよー  歩きながらずっとバスの排気を浴びてる感じに近い

DSC00200.jpg
ガネーシャの横顔


DSC00199.jpg
象の置物にかけられたお供えの花はマリーゴールド  花までがゴールド 
マリーゴールドは日本なら公園の花壇や一般家庭の庭に植えられる程度だけど
タイではきっと相当広い花畑があって栽培されて流通しているんだと思います 
あちこちにあるパワースポットは、マリーゴールドで作られた花輪がうず高く積まれているものー


DSC00201.jpg
昼食はここって決めてたの   セントラル・ワールド・プラザ6階
和盛豊(フアセンホン)  フカヒレスープが安くて有名な店なんだけど、本店は中華街にある
中華街かぁ 行くにはちょっと不便だなって思ってたら便利な場所に支店があるという情報をゲット

以前・・高田純次さんの旅番組で、同じような店でフカヒレスープと魚の胃袋スープを食べ比べ
彼は魚の胃袋スープを絶賛してたので・・


DSC00204.jpg
私たちも、フカヒレじゃなくて魚の胃袋とカニのスープにしてみた

DSC00203.jpg
パクチー別盛り  スープに加える



DSC00205.jpg
でね、高田さんが炒飯も頼んでそれにスープをかけて食べてたのがとっても美味しそうだった
だからもちろん炒飯もオーダー


DSC00202_20150511144157852.jpg
お店の人がセイロを何個か持ってきて「いかが?」みたいな目をするので、1つ取りました


DSC00207.jpg
それから 「オースワン」  牡蠣の玉子炒め  


DSC00208.jpg
小粒な牡蠣がもやしとネギと一緒に玉子と混ぜられ鉄板で焼かれてます
私が牡蠣が食べられないので、これはサル吉くん用  去年はsyさんと2人で食べれたのにね
ほんとはもう少し玉子がとろとろだったりするんだけど、鉄板でしっかり焼かれてる
今回はそれを「安心」ととることにしようね


DSC00212.jpg
この料理にはこれをちょっと入れて・・ これはこのタレをちょっと付けて・・ と、こんなに種類が
結果どれもほぼ辛いんだけどね でも、ものによっては甘味も強くて辛味もあるという味


DSC00206.jpg
そして、サル吉くんのミルクティーは、激甘  
一口飲んで「そうだった!こっちのミルクティーが激甘なのを今思い出した」 と悶絶
普段飲まない甘甘系  でも、不思議と辛い料理となら飲んじゃおうかという気持ちになる


DSC00210.jpg
お店の人の指示の下、食べてる風写真の撮影   

トータル824バーツ  3000円くらい  外の暑さを忘れる快適な場所代込みと考えればね

私の後ろに座った中国人観光客のグループは、フカヒレの大きさをテーブルでチェックし
3000バーツと書かれたフカヒレでスープを注文しておりました   ヒャー 


DSC00214.jpg
買い物した戦利品もあることだし・・ 1度ホテルに戻ります
食べずにいたバナナの横にりんごが増えてた   でも、私たちが食べるのは別のもの



DSC00217.jpg
初日の夜購入したマンゴーがあるもんね~


DSC00218.jpg
大きいってことが伝わりますか?  これを食べるためにタイにやってきたようなもの



DSC00220.jpg
あ・・これも目的の1つでした    夏のイベントで販売するワーゲンTシャツたち
初めて行った市場にしては、2人のワーゲンアンテナがうまく働き見つけることが出来たと思う 
2500店舗の中からこれらを見つけるって・・ある意味宝探しに近いものがある


マンゴー休憩もしたことだし、午後の部に出陣!

BTSに乗り、途中の駅で乗り換え サパーンタクシン駅で降りる

DSC00224.jpg
2番出口を出て人の流れに沿って歩いていくと、船着場に到着
バンコクの街中を流れるチャオプラヤー川  リバーサイドのホテル専用ボートだったり
市民の足となってる定期船だったり、チャーターの観光船だったり・・いろんな船が行き来してます


DSC00223.jpg
私たちの目的地は「アジアティーク・ザ・リバーフロント」  ここから無料のシャトルボートが出てる

2012年にオープンしたバンコクの新名所のナイト・マーケット
実際最近のガイドブックでは一番最初に紹介されてますね

元材木裁断工場であった建物を利用 広大な敷地にショップ1500店舗とレストラン45店舗
観光客にも人気だけど、タイの若者たちのデートスポットとして賑わっているらしい
存在は知ってたけど、まだ行ってないスポットだったので、今回ようやく行ってみようということに


DSC00225.jpg
混雑を見越してまだ明るい時間に来てみたけど、すでに船着場は行列 
でも、これでも良いほうだったと帰りに知りました 私たちが帰ってくる頃の船着場の列の長さは
ちょっと行く気持ちが萎えそうになるほど

DSC00226.jpg
天井の低いシャトルボート  もちろん座れないから立ってます
サル吉くんを写すフリしてでも撮りたかったのがこのシャツ

「ねぇ・・この黄色いスイカのどの辺があなたのツボだったの?」 そう聞いてみたい


DSC00229.jpg
し・・知りたい 


DSC00232.jpg
ほんのつかの間のクルーズ気分   10分くらいで見えてくるのが目的地です
ウォーターフロントには観覧車がつきものですね


DSC00235.jpg
対岸に夕日が沈む マジックアワー狙いで写真を撮ろうとする人も多いらしい
惜しい! すでに日が沈んでおりました


P1040520.jpg
船を降りたら、もうそこが「アジアティーク」です  西洋人が大好きなテラス席が前面にあるレストラン
最近のバンコクのブームなのか、こういう倉庫を利用してちょっとレトロな雰囲気を醸し出す
そんなマーケットが増えたような気がします


DSC00243.jpg
ワーゲンバス発見   しかも神戸ナンバーついたまま   日本から運んできた?
まーとにかく、こういう車の改造が上手です  これはデザート屋台


DSC00241.jpg
タイに行く女子ならかなりの確率で食べに行くであろう「マンゴー・タンゴ」のキャラクター
ここにもお店があるんですね   知らなかった  っていうか私入ったことないな
マンゴー・マンゴープリン・マンゴーアイスを1皿にしたのが1番人気らしいですよ


DSC00242.jpg
面白いのは、この観覧車!  日本人がイメージしてる観覧車のスピードじゃない
遠くから見てても「早くない?」って思ったけど、近づいても笑えるほど早い  酔っちゃいそう

初日に会ったダーリンは「アジアティークは食事美味しいですよ」 と教えてくれたけど
私たちはおしゃれなお食事食べたいわけじゃないから、それは却下
じゃ、ちょっとショップをチェックしようかと言って見て回っても、さほどアンテナも反応しない


おしゃれスポットに何らときめかない夫婦


DSC00244.jpg
仕方がないので、桟橋に立ってた銅像と写真を撮ってみる
上手に観覧車を王冠のようにかぶせた私もすごいけど、毎度感心するのは銅像と溶け込むサル吉くん
モザイク外したいくらい  見事に銅像と同じ表情しております


DSC00245.jpg
私にはできないよ


DSC00247.jpg
滞在1時間ちょっとで、おしゃれスポットをあとにしてまたシャトルボートに乗る
帰りは座ってのんびり帰って来れました (他の人はもっとゆっくり遊んでるから)

ショップとレストランのエリアが分かれてて見やすいし、船も乗れるし、ニューハーフショーで有名な
「カリプソ・キャバレー」もある ディープなエリアに飛び込んで汗だくになるのが嫌ならここは良いかも
あくまでも、私たち夫婦がときめかなかったというだけなんです

ホテルにまっすぐ帰るのもつまんないので、去年ワーゲンバスのバーがあったナーナー駅へ
ソイ11を歩いてみたけど1台もいない!    1年経つといろいろ変わってしまうのね



DSC00250.jpg
それでも、帰る途中道端でバス発見   ビルの横のちょっと高いところに置き去り


P1040522.jpg
ナンバーないし、ただのオブジェ??

すっかり暗くなり、歩き回ったせいで今日も汗だく


DSC00253.jpg
ホテルのバーですのよ~   オホホホ  

なんてね  さすが大手の旅行社さんてば、滞在中好きな時に使えるチケットくれたの


DSC00255.jpg
うん  35℃の外を歩き回った後に飲むべきものってやっぱりビールだよね の瞬間   
CM出来そうな顔して飲んでたと思うな


DSC00259.jpg
こんなおしゃれなバーで一杯飲んで暑さも和らいだというのに、私たちは再び外へ


DSC00260.jpg
夕食食べなくっちゃね    ホテルの脇にセブンイレブンがあって、その前に屋台がある
去年ここでテイクアウトした「カオマンガイ」が美味しかったの!  だからまた食べたい


DSC00261.jpg
ちょっと値上がりした?  カオマンガイ49バーツ (180円)
今回はパッタイも頼んでみよう


DSC00262.jpg
歩道に寝そべる犬を眺めながらしばし待つ
ずいぶん時間かかるなって思ったら、左側の料理はコンビニ上のレストランで作ってるらしい
カオマンガイだけにしとけばよかったよ  せっかくビールで引いた汗が~~~


P1040523.jpg
ようやく部屋にお持ち帰り   180円×2 の夕食


DSC00265.jpg
残念だったのは、去年はしっとりだった鶏肉がパサついてたこと  見事に期待はずれ

いつ行っても変わらない場所ってあるけど、 タイは1年でいろんなことが変わってる
当たり外れがある分、新しい発見もある  それが楽しめたらきっとあなたもリピーター
     

やっと2日目終了~~~


  

スイカTに釘付け~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

降臨前の神様

街歩きしかしてない私たちの旅行記が、一体誰の役に立つというのだろうか・・

ま、いいか

DSC00150.jpg
4月30日 2日目朝~   良い天気だ!


DSC00149-2.jpg
起きんかーい!!  シーツがツルツルで気持ちが良いのはよく分かるけどね


DSC00151.jpg
ニコニコしてるのは何故かと言うと・・


DSC00155.jpg
1年ぶりに、またこのホテルの朝ごはんが食べれるからだよね


DSC00154.jpg
パッションフルーツ大好きー 


DSC00158.jpg
私たち夫婦が、朝からこんなに食べるのは年1で多分ここですね


DSC00157.jpg
タイの人たちは、日本に来て苺やりんごの美味しさに感動すると言うけど
私はここで南国フルーツに感動する  こういうのをないものねだりっていうのかしら?
写真を見ただけで、パッションフルーツのあの酸味と甘味が蘇る
でも、これのジュースやスムージーはどう見てもカエルの卵に見えるよね


DSC00163.jpg
いろんな国の宿泊客がいるけど、今回インド系の方が多かったような・・
タイで暮らしているインドのお金持ちは、誕生日パーティーとかをホテルで派手にやるんだって
私たちの滞在中にも、結婚式の参列者?って思うような正装姿の方々を見かけたけど
どうやらパーティーに招待されたお客さまたちだったようです


DSC00162.jpg
バンコクって、実にいろんな方が生活されてます


DSC00161.jpg
今日も真剣にビフィズス菌とビフィズス菌のエサとなるバナナ摂取心がけましょう


DSC00164.jpg
これもヨーグルト   ヨーグルト食べ過ぎだろ   でもね、美味しいんですよこれが・・


DSC00165.jpg
いつも朝からスイーツまでは手が出なくて写真に撮れなかったから、今年は頑張った
こんな手の込んだスイーツたちもあるのです  あぁ 大きな別腹が欲しい


DSC00172.jpg
部屋に戻って、ベッドメークのチップを置いて・・    忘れてならないのが


DSC00167.jpg
これこれ   栄養ドリンク補給ね   昨日の夜に忘れず買っておいたもんね
あれだけ食べて栄養ドリンクいらねーだろ!と言われそうだけど・・気持ちの問題です
去年は赤いMだったけど、黄色のMを見つけた  より強力なのかな? 少し高め


DSC00169.jpg
暑さに対抗するためのバリアみたいなもんです (気休め)


DSC00171.jpg
今年は絶対プールのあの場所で寝てやる!  と、心に決めてから外出


DSC00175.jpg
BTSに乗る前に、日本円をバーツに両替  去年と同じ両替商に寄ります


DSC00174.jpg
一応記録だから写真を撮っておいた   ちなみに、1万円を両替したとして・・
バンコクに着いてすぐ空港で両替するのと、ここで両替するのでは200バーツくらい違います
去年のバーツの残りを持っていたので空港で両替する気はなかったけど、800円の違いは大きい
大きなマンゴー4個買えちゃうもんね


DSC00179.jpg
BTSに乗って3駅 「チットロム」で降りてスカイウォークを歩く
人だかりのしてる一角は、毎年欠かさずお祈りしているエラワン  今年は上からお祈り


P1040503.jpg
「また今年も来れました ありがとうございます」 


DSC00178.jpg
またおいでー    って、多分言ってくれてるはず


DSC00180.jpg
あっ!タイプ1発見!!  さすがサル吉くん ワーゲンアンテナがハンパない 道路脇の広告


目的地へ向けて移動する途中に出会うのが、今回はじめましての神様


DSC00186.jpg
バンコク伊勢丹前にある「プラ・トリムーラティ」 タイの若者に絶大な人気の神様


DSC00182.jpg
ほらね  金髪のお兄ちゃんもちゃんとお花をお供えして祈っております


DSC00183.jpg
ここは、赤いバラの花をお供えするのが特徴
この神様は恋愛成就の神様なんだそうで・・ なんでも、火曜と木曜の21:30分に降臨するんだとか
折しもこの日は木曜日  でも、時間はまだ午前中  
神様降臨前だから、このお兄ちゃんの祈りは果たして叶うでしょうか~ 


DSC00184.jpg
恋愛の神様では、私もさほど祈りに力も入らないよね


DSC00187.jpg
それなら、すぐお隣のこちらの神様に興味がある


DSC00188.jpg
金色に光り輝く「プラ・ピッカネート」  ほんと名前の通りピッカー 

商売や学問・芸術の神様とされるガネーシャ神  ガネーシャに出会うのは初めてです


DSC00195.jpg
てくてく歩いて小さな運河を越える
 

DSC00196.jpg
町の喧騒 底の見えない深い色の川と濃い緑 まとわりつく熱気 どれも身近にないものばかり 


P1040509.jpg
トゥクトゥクを改装したアイス屋さん  タイの人のこういう技術ってすごいと思う

到着したのは巨大服飾卸市場のプラトゥーナム市場
外の市場は過酷そうなので、向かい側の「プラチナム・ファッションモール」に行ってみる
ここだけでも2棟・7フロアに約2500店のショップがぎっしり詰まってる卸売ビルなのです

5度目にして今回初めて来てみたけど、なかなかの収穫  ワーゲンTシャツゲット出来ました


DSC00190.jpg
ジーンズのリメイクバッグが199バーツ!! 800円弱かぁ  
自分でリメイクする気分が一気にダウンしたのは言うまでもない


DSC00191.jpg
ちょっと休憩  夏のイベントで販売するために、いくらで仕入れたか記録中
バンコクも多少物価が上がってるし、円安の影響もあるから出来るだけ価格交渉して買わねば


DSC00194.jpg
うにトラ&サル吉の、仕入れを兼ねた旅はまだ始まったばかり~



2500店舗って多すぎー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

環天頂アーク

昨日の朝・・室蘭の私の実家へ向けて出発


DSC00565.jpg
行きはドライブがてら下道を選択  夏のワーゲンイベントの道だよー
新緑がキレイになってきたけど、まだ山には雪があるのね


DSC00566.jpg
峠の頂上からの景色は、雪の面積のほうが多いね


DSC00567.jpg
里に降りるとあちこちがピンク~   札幌周辺はもう葉桜だけど、地域によってはこの状態



DSC00569.jpg
助手席で、のどかな風景眺めながら・・ふと空を見上げると一部分に虹?
雨が降ってるわけでもなく、雲は多いながらも晴れてるのに・・こんな虹は初めて


DSC00571.jpg
「写るかなぁ~」って言いながら、一応撮影してみて さきほどネットで調べたら
ちゃんと「環天頂アーク」またの名を「逆さ虹」っていう名前があるらしい

四川大地震の時にもこの虹が?  大丈夫か??日本・・


実家に到着   金曜日で姉は仕事  母が1人で待っていた
さっそく庭の花の様子を見たけど、まー きれいに花ざかりでした
その模様は近いうちに我が家の庭と一緒にご紹介しますね

今回実家に1泊で出かけたのは、タイのお土産を届けるミッションはもちろんだけど


DSC00604.jpg
こちらも虹関連    虹は虹でも・・ 思い出深いハワイね

私たちがタイに行ってる期間とちょっとずれた日程で、姉は友人とハワイに行ってまして
その間1人で留守番してた母をねぎらうのと、夜に帰ってきて翌日の木曜と金曜仕事に行った
無謀な姉の様子を見に行くのが目的の帰省


DSC00601.jpg
姉とはお土産の物々交換  お互いまだテンション高い名残りで旅話も盛り上がる


DSC00602.jpg
円安の現在   「これいくら?」 って聞いて値段を聞いては 「ひゃー!!たっかーい!!」の連続
アジアの旅が続いている私には、もうハワイで買い物が出来る気がしない

お・お・おねぇちゃん   ごめんよー 私のタイ土産と値段が釣り合わない



姉が仕事から帰ってくる前に、母が教えてくれた牧草地の1本桜を見に行ってみる


DSC00587.jpg
見つけたー   なるほどね ほんとに牧場の中に1本だけ桜の木


DSC00588.jpg
遠くに見えるのは、風力発電の風車です  室蘭は風の強い町なのでね



DSC00589.jpg
残念ながら、桜は咲き終わっていました   1週間早ければ見頃だったかな?
でもその時私はバンコク 姉はハワイだもんね    来年ちょうどいい時期に見れるといいな



今日はちょっと車で買い物などに付き合い、先ほど帰りは高速に乗って帰宅


DSC00600.jpg
本日の「うにトラの木」   畑がキレイに整えられてました   



旅から帰ってきて3日は廃人だった私  むくみで3キロ増だった体重は1日1キロずつゆっくり減少
それに比べて姉はよく頑張ったなぁ  昨日のご飯支度くらいしか出来なくて申し訳ないが・・

「旅ってやっぱりいいよねー  また頑張って働くわ!」 
その勢いで来週からまた頑張れ! お姉ちゃん・・そしてサル吉くんもね  



旅行記はちょっと中休み~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
   

タイのA型

連休中のタイ旅行記を続けます

北海道なら太陽が沈むと同時に肌寒くなるのが常ですが・・

DSC00123.jpg
そんなことにならないのが、ここバンコク   暗くなってからホテルを出発

それでも外に出た途端 強烈なモワッと感に襲われる   多分午後7時で30℃くらい?


DSC00124.jpg
こちらが、私たちが去年に引き続き宿泊したウェスティングランデスクンビットホテル
7階がロビー その下はロビンソンデパート 地下には規模は小さいけれどスーパー
1階にマック 脇の路地を渡ればセブンイレブンもある  
何より便利なのは、高架鉄道(BTS)のアソーク駅がすぐ目の前  
その駅は地下鉄スクンビット駅と連結してるという、どこに行くのも便利な立地です

午後7時に、BTSの2つ先のトンロー駅で待ち合わせの約束をしていたのは・・
去年2度目の再会を果たしたブロともsyさんの彼「ダーリン」

今年は会えないかなーって諦めてた だって、syさん自身が現在日本に帰国中だから
去年4人で会った時に、「きっとまた会えるね」 って言ってハグして別れたのは
1年後私たちがまたバンコクに来れたとしたら、案外2人は結婚してるんでは?とも思ったから

「結婚します」 っていう連絡来ないんだもん  だからそこらへんどうなの?って聞きたいでしょ


DSC00121.jpg
多忙な中 快く「食事しましょうよ」って私に連絡くれたダーリン
お土産は小樽の地酒と、つまみ  それにリクエストにお答えして強烈刺激の目薬ね
  

DSC00125.jpg
アソーク駅 改札付近  券売機も長蛇の列だし窓口も同様
構内にいろんな店があって、ワッフルのお店は超甘な匂いを振りまいてます
ちょうど夕方のお仕事帰りの時間だからかなぁ  とにかく混んでる


DSC00126.jpg
なので、ラビットカード購入しました   チャージ出来るプリペイドカード
何度もBTSに乗るなら、毎度券売機で並んで乗車券を買う手間と時間を省けます
発行手数料150バーツ デポジット50バーツ含み300バーツで購入
2年使わなかったら残高失効するけど、次の可能性がある限り持っていようっと 

待ち合わせのトンローで降りたら、ダーリンからメールが来てることに気づく
職場から車で家まで戻っている最中だけど、渋滞がひどくて遅れそうとのこと
待ち合わせを8時に遅らせてもらってもいいですか? と    あら、じゃあ時間をつぶそうか


DSC00127.jpg
駅から見えるのが「トンローソイ38」の屋台がある通り

「屋台でジュース飲んでるから焦らずゆっくり来てね」と返信しておく


DSC00128.jpg
マンゴーに気持ちは動くけど・・


DSC00129.jpg
私たちの前にジュースを購入してたカップルがオーダーしたパイナップルジュースが美味しそう


DSC00130.jpg
でもね、結果注文の仕方が違ってたようで さっきのにはパイナップル四分の一くらい入ったのに
これはそんなに使ってくれなかった!  でも、十分美味しいし安いからいいや

今年水や氷に気を付けよう なんて言っておきながら、最初っから屋台の氷使用のジュース

ここで再度ダーリンからメール

あと少しで家に着きます バイタクで行きます

バイタクってのは、バイクの後部座席にまたがって移動するバイクタクシーね

「大丈夫 駅の2番出口付近で待ってるよ~」って返信したけど
「全く交通手段がない状態!」 という連絡や
「バイタク待ちしてます」 という行列の写真とか、とにかくきめ細やかに連絡くれるダーリン

5度目のバンコク  渋滞のひどさはイヤって言うほど見てるから大丈夫なのにねー
根っからのA型気質のダーリン 私も同じA型だからその気持ちは良くわかるけどね
10年以上バンコクでお仕事してても、生まれ持った性質ってそうそう変わらないのね
その気質を背負ってこの国で暮らすのって、そりゃ大変だろうなぁ


P1040501.jpg
そんなことを考えながら、汗かきながらやってくる姿を発見しようとワクワクして待つ私


DSC00142.jpg
syさ~ん! 今年もこうして再会することが出来たよー  4人でないのが残念だけどね
あなたのダーリン、4日連続いろんな会合が続いてヘトヘトで声もかすれ、それなのに
時間に遅れた事で気をもんで階段駆け上がって来たんだよ 暑いの嫌いな人なのにねー


DSC00133.jpg
例年通りの乾杯写真  今年は私たちビールに氷入れないもんね~ (トラウマ)



DSC00137.jpg
ほんとは、今更タイ料理を積極的に食べたくはないだろうに・・ 私たちのためにお店を選んでくれて
ガイヤーン(炭火で焼いた鶏)とか


DSC00135.jpg
空芯菜炒めとか


DSC00140.jpg
バジル炒めとか


DSC00138.jpg
ソムタム(青パパイヤサラダ)とか


DSC00136.jpg
こんな入れ物に入ったもち米と一緒に食べました

初日に食べる定番シリーズ  ここらへんを食べながら体が少しずつ馴染んでいくのです

DSC00134.jpg
ちょっとゆるい感じの歌や踊りのショーがあって


DSC00141.jpg
最後は観客参加型っていうね  ダーリン曰く「多分商社の人間たちですね」 とのこと 


DSC00139.jpg
キャベツ以外は、見たこともない草的な付け合せ野菜


私がマンゴー好きなのを分かってて、デザート頼んでくれようとしたらないって言われ


DSC00143.jpg
ショータイムが終わった踊り子さんが隅で食べてたかき氷を思わず頼んでみる

ビールに氷を入れずに、これ食べたら一緒だな

「マンゴー好きのうにトラさんにマンゴー食べさせないなんて!」 って思ってくれるダーリン
こういうとこも、A型っぽい

DSC00144.jpg
駅の向こう側に美味しいマンゴー売ってる果物屋があると連れて行ってくれたのがここ

何ここ~~~~   マンゴー天国??

量り売りなので、大きなマンゴー3個購入  3つで156バーツ 今のレートで600円弱


DSC00145.jpg
明日もお仕事のダーリンをこれ以上疲れさせないためにも、今年はここでお別れ
どんなに言っても、食事代を払わせてくれなかった
「今度syと北海道に行ったらうに・いくら丼ご馳走になりますから」 

結婚するためには、しっかりとした足場とお金が必要という考え
私たちが、何の足場もお金もなく結婚に至っただけに、そのちゃんとしたところに頭が下がる

でもね、ダーリン  「チャンスの神様は髭しかない」とも言うではないの
いざ幸せつかもうとしたら、ツルピカ頭のチャンスの神様の後ろ姿だったとしたら・・どうよ?

次にバンコクに行くタイミングは、2人の結婚を祝うためと、心に決めてる私たちなのだから


そこんとこよろしくね


DSC00147.jpg
マンゴーぶら下げてBTS待ちするサル吉くん


DSC00146.jpg
予測のつかない事があるのが結婚だよね  その時どう開き直れるか・・

ダーリンには、AB型のsyさんの気質が良い刺激になるはず 似たもの同士が良いとは限らない


DSC00148.jpg
こんな広告見つけたけど・・   北海道じゃあるまいし、これは信じがたいな   


2人には「結婚するときには来てくださいね」って、言われたわけじゃないけど 
呼ばれなくても勝手に行っちゃうから気にしなーい



2度あることは3度あるだった今年    そして3度あることは4度ある?



ダーリン ほんとにありがとう   おかげで毎日ホテルでマンゴー天国だったよ



初日からタイ料理満喫!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
  

最低気温25℃の国

4月29日午前 空港そばのパーキングに車を預け、空港に着いてまずやるべき事

DSC00086.jpg
毎回恒例になってるから、すでに旅立ちの儀式のようなもんです
千歳空港国際線ターミナルにあるオブジェに紛れる


DSC00087.jpg
家を出る時に、私はコーヒー飲んで用意してあったパンも食べてきた
去年のタイ旅行で最終日お腹を壊したトラウマがあるので、今回は腸を鍛える目的で
2週間くらいヨーグルトにバナナを入れて毎日食べ続けていた私たち
ビフィズス菌を取り込む時は、ビフィズス菌が好むエサも一緒に食べたほうが良いらしいのでね

出発当日は、その仕上げとして「強力乳酸菌」的ボトルの液体ヨーグルトを用意してあった
私はそれも飲んで完璧仕様だったんだけど、何しろサル吉くんは二日酔いでコーヒーがやっと
なのでパンとバナナと、その飲むヨーグルトは空港に着いてから食べることにして私の手提げ袋の中

うっかりそのまま搭乗口のチェック受けちゃったんだ・・これが!
もちろん私の袋は引っかかる  

「あ!そうだった!! ヨーグルト入ってます!! え?でも液体はそれだけですけど・・」
2度目のチェックのあと  「バナナでしたー」 って大声で言われる
遠足じゃあるまいし、海外行く時バナナ持参ってあまりしないよね

でも、その担当者の女性が「ヨーグルトはここで飲んじゃいますか?」って言ってくれた
そんなわけで、サル吉くんはセキュリティチェックの場で強力乳酸菌補充


DSC00088.jpg
ごめんよー 俺が二日酔いなばっかりに・・  と、言いながら搭乗ゲート2階のいつもの場所で朝食
バナナも食べ、パンも食べ、売店で買ったお茶で体内のアルコールを薄める
腸強化週間のヨーグルト効果かどうか分からないけど、今回は下痢とは無縁の旅でした

1階搭乗ゲートの椅子は、タイへ帰る観光客の方々で一杯だけど、この2階は穴場スペース
千歳空港から海外へ旅立つ方は、是非ここで搭乗アナウンスが入るまでおくつろぎください


DSC00091.jpg
今回の旅立ちのコーディネート   ねずみ色の女  
誰に迷惑かけるわけじゃないもん  ノースリーブの3段フリルのブラウス着てやった!!
下は薄めスウェット素材のガウチョパンツ  機内は寒いからパーカー羽織ったまま
今回サル吉くんも初めて機内はジーンズじゃなくて素材の良いちょっと形のキレイなスウェット
「素材の良い」がポイントです  普通のスウェットならパジャマっぽくてダメ
これのおかげで行き帰り7時間のエコノミーシートが多少楽に過ごせたようです


DSC00093.jpg
モニターに映った天気予報   札幌が4月末で25℃あったらありがたい温かさでしょ


DSC00094.jpg
その、こっちではありがたいと思う気温が最低気温となるバンコク   おそるべし!


DSC00096.jpg
じゃ、そんなおそるべしところに行っちゃいますかね


DSC00098.jpg
もちろん日本人より旅を終えてタイに帰るタイ人の割合のほうが断然高い
みーんな「じゃがポックル」とか「キットカット 抹茶」とかロイズの袋を機内持ち込みにしてます


DSC00097.jpg
タイ在住のブロガーの方もイチオシのこちらのガイドブック  我が家も必携品



DSC00101.jpg
やっぱりシンハービール飲むよね     え?サル吉くん大丈夫? 飲める?


DSC00102.jpg
「迎え酒だ!」 って言うけど、そこまでお酒に強くないよね   ま、乾杯写真は大切だから
今年もこうして旅立つ事が出来ました これもひとえにサル吉くんが一生懸命働いてくれたから
そんな事を口走りながら、乾杯いたしましたよ   いや、本心ですし真実ですもんね


DSC00103.jpg
いつものゲームで時間つぶししたり・・ 今回宝探しゲームみたいなやつが英語の勉強にもなり
ちょっとお気に入りでした (写真撮り忘れた)


DSC00105.jpg
お食事タイム  行きのご飯は悪くない  炭水化物過多なのは仕方ないとして・・
左下の麺に、右上のカップに収納されてるボトルのタレ・海苔をかけるのが正解だけど
隣の席のタイ人のおばさまにはもちろん分からない 
エビのサラダにはこのドレッシングだよっていうのを身振りで教えてあげたんだけど
そのあとちょっと油断してたら、おばさまったらパン用のバターを麺に乗せてた  キャー
ま、いいか!と、見て見ぬふりしちゃったもんね


DSC00106.jpg
こちらサル吉くんセレクト もう1種のメニュー   麺に麺  

これで驚いてはタイ航空には乗れません


DSC00108.jpg
到着1時間前に出る軽食はパンとおにぎり


DSC00104.jpg
今回買ったカメラはシャッター押さずに自撮りが出来るから、私だけカメラに近いってことがない


DSC00109.jpg
雲の形状が変わってきたら、もうすぐ到着です


DSC00110.jpg
モッコモコ


DSC00113.jpg
着いちゃった!  さすがにパーカーは脱いでちょっと薄着になります


DSC00114.jpg
今回大手旅行社Jを利用  さすがというか何というか・・私たちだけで送迎してくれた
タイの人たち、みんな車にも小さな仏像を飾ってます 高速が4車線 大都会だー


DSC00115.jpg
街路樹のゴールデンシャワーはタイの国花  今がちょうど花ざかり
タイでは、何曜日に生まれたかが重要らしく、曜日別に守護神がいたりラッキーカラーも決まってる
今の国王が生まれた月曜のラッキーカラーが黄色なので、国花がこの黄色い花なんだって
国王が変われば国の花も変わるらしい  

日本との時差2時間 直行便で飛んでバンコクに着いたら午後3時半 まだ日差しが強い


DSC00117.jpg
明るい時間帯に着く利点は、慣れない場所だとしてもその日のうちに外歩き可能なこと
私たちは、交通の便の良さから1年前と同じホテルにしたので、なおさらどこでも行けちゃいます


DSC00120.jpg
でもこの日は夕方にある人と待ち合わせだったので、少しのんびり体をタイに慣らす


DSC00118.jpg
ウェルカムフルーツはバナナ   ビフィズス菌のエサだから大歓迎よ


DSC00119.jpg
水回りはどうしても多少の古さが目につくけど、シャワーブースが別ってとこが良い


DSC00122.jpg
10階の部屋からは、8階のプールがすぐ見下ろせる
今回初めて水着持参! 待ってろよー プール!  


最低気温25℃の国だもん  何時間プールにいたって唇むらさきになったりしないでしょう
果たして・・ 水着姿のサービスショットがあるのか!ないのか!!



どこらへんがサービスショットなのか等のご質問にはお答え出来ませんが・・




暑すぎて笑えるレベル~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

はじまりはじまり~

・・とは書いてますが、今日はほんの序章でスミマセン
小樽の実家に行ってお義父さんの様子を見に行って帰ってきたらすでに夜

出発までの風景だけご覧下さい

あ・・そうだ! どこ行ってきたか書いてませんでしたが、カテゴリでお分かりのように
今年もまたタイに行ってきたんです  4月29日~5月4日 5泊6日の旅

DSC00080.jpg
私のスーツケースの中身   ほぼ「熟年夫婦旅」的品揃え  ハハハ


DSC00081.jpg
でもね、自分の足で歩き回る旅にはこれらは必需品ですから!
炭酸10倍の「メディケイテッドバブ」 これ良かったー! 毎日これで疲れを癒し
そして足の裏とふくらはぎにひんやりシートを貼る  2日目からは腰痛対策に湿布貼って出発
あと、眠剤も持って行って毎晩グッスリでした  旅先で夜中目覚めなかったのは今回初です
睡眠って大事だなって実感  


DSC00082.jpg
こちらサル吉くんのスーツケース  今年のバンコクは、珍しくこの時期雨が多いと噂を聞いたので
一応カッパなんかも用意  またあの悪夢のゴキブリ地獄を目撃したらどうしようと恐れつつ・・
向こうで会う予定の方へのお土産も入ってるからなんとなく荷物あるように見えるけど
どちらのスーツケースも半分は空です  それが帰りはずっしりになる不思議
ま、不思議でも何ともない あれこれ買い物してくるせいなんだけどね



DSC00084.jpg
出発前日の28日夜    

「6日間お米を研いだり洗い物したりのない生活」を祝しての爪
この夜サル吉くんは仕事のあと、職場の飲み会となりましてまさかのススキノ
朝6時半には起きなきゃなのに・・ 大丈夫か? 
そう思うと、私だって先に寝てようと思っても、帰ってくるまで眠れないじゃないかー



P1040495.jpg
どうにかこうにか予定の時間に家を出た   気温は4月の朝にしてはわりと高めですね
結局夜中2時くらいに帰って来たサル吉くん   それから寝たけど私も3時間ほどの睡眠



P1040497.jpg
でも、どう考えても私が空港まで運転するでしょ  だってサル吉くんまだお酒臭いもんね
大丈夫! すでにテンション高い私  3時間寝れたら上等です


こんな感じでスタートを切った2015のタイの旅   何日続くことやら・・ どうかお付き合い下さい




メディケイテッド良いよーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

調整中

皆様 お元気でしたか?

1週間ぶりにパソコンの前に座ってます

4月29日 札幌の最低気温は9.2℃ 最高気温は20.3℃だったようです

その日私たち夫婦が向かった場所は・・
最低気温26.4℃ 最高気温35.6℃だったようです (今調べた)

毎日が岩盤浴の6日間を過ごして来まして、昨日の朝、千歳空港到着時の気温は9℃!

おまけに午後から雨も降り出し、寒くて寒くて夜は暖房入れながら鍋しちゃいました

私の暮らしてた土地って、こんなに寒かったんだ
でも、留守の間はこちらも天気が良かったみたいですね  庭の土が乾いてたから恵みの雨です

今日は強風だけど天気は回復 ちょっと庭に出ていつの間にか咲き出した花を観察 
昨日よりはまともになったとは言え、まだ廃人状態なもんで、それくらいが精一杯

昨日なんて、家に戻ってスーツケースを開けて、洗濯しまくってそれで終わり
誰かにメールをしようとしても、文章が作れない  1分間目を閉じてるとそのまま寝ちゃう状態

DSC00465.jpg
もういい大人なんだから、ここまでクタクタになるまで遊ばずに加減しろよと自分でも思うけど

だって楽しいんだもんなー  旅先の何もかもが!!!


そんなわけで、只今ゆっくり調整中でございます


予約投稿にもかかわらず、遊びに来ていただいた方、コメントいただいた方 ほんとにありがとー
牛歩の歩みで元に戻りますので、良かったら私の大人気ない旅の仕方見てやってください


昨日の飛行機でたまたま乗り合わせたのが、エベレスト登山中にネパールの地震に遭って
大怪我をされた札幌の女性だったと、今日の新聞を見て気づきました
ビジネスクラスに痛々しく横たわっていた方をお見かけして、旅先で怪我しちゃったの?と
降りてから「どこで何があるか分からないよね」と、夫婦で話してたんです
左大腿骨開放骨折・右足も2ヶ所骨折しているらしいけど、でも命が助かって本当に良かった


私たちも何事もなく帰って来れたことに感謝をしなければ・・

今回お腹の調子も崩れなかったから、100点満点! 帰りの空港でトイレに入った時に
隣の個室で相当苦しそうに嘔吐してる女性がいて(後から出てきたら西洋人だった)
飛行機乗って帰る前にこんな状態でさぞ辛いだろう・・と、同情したけど
よく考えたら、そういう場所で感染だってありえる話  急に除菌シートで手を拭いちゃった 

だから、どこにいたって「普通に元気」でいられるのは、ありがたいことです



残りの連休 「運悪く」何か辛い目に合わないためにも・・十分気をつけましょうね



それでは また~ 



お久しぶり~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

みかん色づくし

お付き合いいただいた女子旅も今回が最終回

四国の旅 183
2004年5月2日  3泊4日の四国旅も最終日  あっという間に帰る日です
松山空港から16時30分発の羽田行きに乗る予定なので、最終日も遊べます


四国の旅 181
部屋の窓から松山城が見えたけど、この時は行く時間がなかった
朝ごはんだってゆっくり食べたいしね


四国の旅 182
みかんの国だと思うからなのか、オレンジジュースも美味しく感じる


四国の旅2 004
結局私たちが選んだ場所は、前日と同様にこのみかん色の電車に乗って行くところ


四国の旅 185
松山全日空ホテル お世話になりました



四国の旅2 006
ガタゴト電車に揺られて移動するって 四国の町にとっても合ってる気がする


四国の旅2 005
駅がまたレトロなんです


四国の旅2 020
昨夜、私たちが浴衣でくつろいでいたのが、こちらの2階  昼間も観光の方がいっぱい
昼間見る歴史的建造物もまた趣きあります


四国の旅2 019
細工の1つ1つを眺めるのも楽しい


四国の旅2 010
歩いて少し行くと 道後温泉別館「椿の湯」があります
こちらは本館に比べて現代的な建物


四国の旅2 003
さすがみかんの国   目に入るのは圧倒的にオレンジ色



四国の旅2 026
お昼ご飯は「タコ飯&じゃこ天セット」 タコが入った炊き込みご飯って初めて



四国の旅2 029
レンタカーを返して空港まで送り届けてもらい、あとは搭乗口で待つだけ
さよならみかんの国   最後はみかんジュースで名残を惜しみます



四国の旅2 030
松山⇒羽田⇒千歳   


この日松山は24℃  千歳に着いたら7℃!!  寒い~~~


四国の旅2 032
ひとまず我が家に到着  以前住んでたアパートが、今となっては懐かしい  
運転のほとんどを担当してくれたMP あなたのおかげでまた旅に出れるって確信出来た


四国の旅2 033
買い物大好きな女2人が旅に出るとこうなる図
普通のスーパーで、日向夏とかみかんジュースとか青さのりの佃煮とか買いまくりだったね

あくまでも、これは持ち帰った分  忘れてはならないのは、後で届く大量のうどんと砥部焼

  

旅のいいところは、何度も何度も思い出してはまたそれを楽しめること
思い出がエネルギーとなって、前に進むきっかけになることもある


「そうだ 四国に行こう」   いつかまたこうつぶやきたい   




* 予約投稿なのでコメントのお返事遅れます ゴメンなさい




思い出したらまた行きたくなる!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

いよいよ伊予

うにトラ過去を振り返るシリーズ 国内旅編 継続中~


四国の旅 133
高松で迎える朝


四国の旅 128
太陽浴びながら食べる朝食  今日はこれから愛媛県に移動
みかんの国を意識してオレンジを身にまとうMP


四国の旅 130
このホテル 焼きたてパンがサクサクで美味しかったのが記憶に残ってます
それと、ガラス越しに見える街路樹がオリーブの木だったこと! 北海道にはない眺め
街路樹って、地域によって種類が全く違って面白いですよね



四国の旅 132
私たち2人にとって、この旅の一番のメインどころがこの日に控えてたので・・
「胸が一杯になってきた」  そう言いながらもやっぱり完食



四国の旅 135
父のルーツが香川県だから、一体どんな土地かなっていう興味もあったんだけど
空気も人も温かい うどん最高! の地でした 


四国の旅 138
高速に乗って、2時間半  愛媛県を目指します


四国の旅 137
サービスエリアで「ゆずジュース」  やっぱりご当地ものは外せません

松山ICで高速を降り、ナビに従って向かったのは「砥部町」
砥部焼ファンの私たちとしては、1度は訪れてみたかった砥部焼の里


四国の旅 139
松山中心部から車で30分ほどで着く山あいののどかな町 
多数の窯元の作品を集めた大型販売店や、窯元の直売場やカフェが点在してます
入口にある「陶芸館」にまずお邪魔したら、トイレの手洗いが砥部焼でもう感動


興奮しちゃう2人   まずちょっと落ち着こう   そうお昼ご飯食べなくっちゃね


四国の旅 143
入ったお店の900円のランチセット   すごいボリューム しかも器が砥部焼
なおさらテンション上がるー    ここら辺から気もそぞろになってきた


四国の旅 144
なぜかと言うと、私たちのこの日の最大のミッションはここだったから
無謀にも「絵付け体験」をしようではないの! っていうのが目的
どんな絵にしようかな~ って、朝から考えてたからお店で器を見ても柄ばかり気になる



四国の旅 145
後ろの棚に並んでいるのが、素焼きされたいろんな大きさや形のお皿やカップなどなど
好きなものを選んで、そこに自由に絵を書いていくわけです



四国の旅 147
こんなに真剣になったのって久しぶりってくらい真面目です

やったことのある人ならきっと誰もがこう思う  

「プロってやっぱりすごいな」


四国の旅 152
どうにかこうにかやり遂げ、あとは焼きあがったら自宅に郵送していただく手配
達成感というよりは、敗北感  外に出ると、あちこちにプロの作品  もうため息しか出ません
でもね、こういうのって女子旅ならではで楽しいのは間違いない  今でも語り草ですもん



四国の旅 159
ホテルにチェックインして、車を預けて電車で向かったのは「道後温泉」
日本最古の温泉は3000年の歴史があります  聖徳太子も入ったらしいよ


四国の旅 163
道後温泉本館 神の湯2階席   千と千尋の神隠しの世界
明治27年に建築された大衆浴場は、神の湯 霊の湯という2つの浴場と2つの休憩室・個室
4通りの入浴コースが選べるのです


四国の旅 168
神の湯2階席 浴衣とお茶とお菓子で620円 (11年前の値段です)
貸タオルが50円
55畳の大広間で、湯上りにくつろいでお茶とお菓子でまったり



四国の旅 169
100年以上の歴史ある建物の佇まいが何とも素敵


四国の旅 173
湯上り散歩は「道後ハイカラ通り」   オオトリさま~



四国の旅 175
電車で駅前に戻り、夕食   そら豆のかき揚げとか


四国の旅 178
イイダコの唐揚げとかじゃこ天とか


四国の旅 179
その土地ならではのもの食べるのが旅の醍醐味ですね



四国の旅 180
聖徳太子も夏目漱石も愛したお湯の効果なのか 好きな事しかしてない旅の効果なのか
2人ともピッカピカの顔して写真に収まっております


今思えば、3日間で徳島・香川・愛媛っていうのはちょっと無理がある
もっとそれぞれの場所の見どころをじっくり見るほうが旅の深さとしては正解なのでしょう
北海道に来て、3日で函館・札幌・富良野に行くようなもの

でも、もし心惹かれたら再訪すればいいんです  そういう考え方もありそう
重ねていく旅もまた楽しい  

道後温泉 ここは機会があったら是非是非行って欲しい 私のイチオシ


いよいよ次は最終回~    今日もありがとうございました




* 予約投稿なのでコメントのお返事遅れます ゴメンなさい


伊予はいーよーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

飛ばしすぎ

2004年 食べまくりの女子旅日記 つづきです



ホテルの朝食 名物竹ちくわ 本場の讃岐うどん  と来たら・・次に来るのは?


まずちょっと腹ごなしに歩こうか

四国の旅 093
4月30日 例年の札幌なら、ようやく桜のつぼみが膨らむ頃なのに・・四国は花ざかり
そして、BGMはウグイスの鳴き声   どこかにスピーカー仕込んでるの?って思うほど



四国の旅 094
到着しました 第84番「屋島寺」  



四国の旅 089

昨日「発心の道場」と呼ばれる阿波の国の1番札所に行き、翌日は巡礼最終章となる
「涅槃の道場」讃岐路の84番って・・    その間を飛ばしすぎだろ!って私も思う
でもね この時は仕方ないんです  だって「うどん」ありきの讃岐路なんだもん
そのお店に一番近い札所がここだったのでね


四国の旅 096
ここでもウグイス鳴きまくり  その声に加えて、さらにお遍路さんたちが持っている杖の鈴?
その音がまた心地よかったりするのです

源平合戦で有名な壇ノ浦を一望出来る高台にあるので、眺めが素晴らしい
瀬戸内海の風景って、のどかだなー 冬の日本海の荒波を見て暮らしてる人間にとっては
心穏やかになります 昔「嫁に行くなら瀬戸内海が見える場所が良い」と言ってた友人がいたっけ
そう思った気持ちが、実際目にしてみるとよく分かる
ほっこりしながらも、よくありがちな「願掛けして的に向かって瓦投げ」的なことやりました



よし! じゃ、3時のおやつの時間!!


四国の旅 103
馬淵うど  ?      もうお分かりですね


四国の旅 098
製麺所で食べるセルフのうどん   

岡山に嫁に行った友人が、わざわざ「うどん特集」の本を送ってくれて、それを頼りに到着


四国の旅 101
ほんとに製麺所の一角で、簡易テーブルでいただいてます
うどん 150円   ちくわ天80円

今でこそ、北海道にも有名なセルフのうどん屋さんが進出してるから手順も分かるけど
当時は全くの素人で、お店の人に教えてもらいながらでしたね

四国の旅 100
飾り気のない接客がまた面白い (表現の仕方考えました 笑)


四国の旅 102
でも、230円でこの味わい うどん県おそるべし!  ラーメンと違って飲み干しても罪悪感なし



四国の旅 108
2日目の宿泊は、高松港を見下ろせるオーシャンビューのホテル


四国の旅 105
四国と本州って、通勤・通学でも船で簡単に行き来してるんですね
駐輪場のすさまじい数の自転車で、それが分かります



四国の旅 110
昼にうどん 3時にうどん  で、夜もうどん?  いや、さすがにねー
ここは、友人T子おすすめのうどん屋さん ホテルから徒歩圏内だったので、お店まで行って
業者か!ってくらいの数を注文 自宅へ郵送の手配(2万円オーバー)   
あとは駅付近でお土産などを物色


四国の旅 119
結局ホテルのレストランでワイン片手にシャレオツイタリアンなんぞ食べ・・


四国の旅 121
やっぱり完食   


  
四国の旅 126
大人の修学旅行の夜は、満腹の胃を抱えて更けていったのでした

この時、右足にリンパ浮腫を発症し始めていた私  サル吉くんが普段やってくれるマッサージを
MPが事前に勉強してくれたようで、旅の間は同じようにやってくれました
友人だから  看護師だから  それだけが理由で出来ることじゃない

私があちこち行って楽しめるのも、こうしてそっと支えてくれる人たちのおかげなのです


そして、私たちはいよいよ「伊予の国」へ   (ダジャレじゃないよ)

つづく



* 予約投稿なのでコメントのお返事遅れます ゴメンなさい



いよいよいよ~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。