あまちゃん

久しぶりの陽射しだから、ベランダに洗濯物を干したけど外気はひんやりです
それもそのはず、今朝の最低気温は4℃ ようやくお昼になって14℃までアップしたようです

大型台風が近づいてる沖縄や奄美方面  yosshy*ちゃんやMMちゃん 気をつけてよー

ここ北海道も、このところ天気も悪くて気温も低かったから、何より心配だったのはこの子

P1030079.jpg
奄美の甘いマンゴー  「あまちゃん」  (もうこの名前でいいか・・)
今日は久しぶりの陽射しなので、場所を移動させながら太陽を追いかけてます
夜になると、発泡スチロールのシートでくるんで新聞紙も巻き、さらにダンボールに収納
昨夜はちっちゃな湯たんぽもダンボール内に入れてみた 
かつてこんなに過保護に面倒をみた植物はないってくらい  冬を越せたら感動ものですよ 



昨日たまたま砥部焼のカップを載せたことで、以前に比べたらけっこうみなさん砥部焼ご存知だなと
そんな風に感じて嬉しくなったので、最近ほったらかしの「砥部焼カテゴリ」にしてみました


P1030074.jpg
我が家の豆皿コレクション  ちょっと深さのある絶妙なサイズで使用頻度は一番です



P1030078.jpg
こうして違う窯元さんの器を並べても、ベースの陶石が同じだから喧嘩しない



P1030076.jpg
昔ながらの伝統柄も好きだけど、若い感性で新たな砥部焼を切り開いている作家さんの作品もいい
内側は手書きのボーダーとドット 外側は雲とティーポット  初めて見たとき胸キュンでした 


P1030077.jpg
お茶でもコーヒーでもデザートでも・・  日本酒だとちょっと飲みすぎになりそう


P1030075.jpg
去年あたりから私のお気に入りとなっている窯元さんのもの
100円のドーナツも、ここに乗るとちょっとランクアップするし
1丁80円のお豆腐で作った湯豆腐だって、この器で食べると一味違ってくるのです   



結婚20年で「陶器婚式」らしいから、その年には再び砥部への旅を計画したいものです
毎年4月に開催されている「砥部焼まつり」では、結婚20年の夫婦にプレゼントをくれるらしい

2017年・・  果たして私はまだブログを続けていられるのでしょうかー 




隣家のおじさんまさかの除雪機の試運転!!早すぎって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

棚に上がっていた自分

砥部焼カテゴリが放置だったな・・と反省いたしまして久しぶりに砥部焼を

P1220023.jpg
ぐい呑です 
日本酒をおしゃれに出すお店で「お好きなものをお選びください」とこのように
出された経験があって、まねっこしてます

P1220025.jpg
・・と、並べてみて自覚しましたが一昨日の夫のコレクションと何ら変わらず
私もけっこうこのように収集癖があるようです )^o^(

PC210016.jpg
ただし これらは、趣味と実用を兼ねてるという自負がありますけどね
(ブリキのおもちゃは飾るだけww

砥部焼が好きになってから10数年経ちましたが・・過去に友人と四国に
旅した時に「絵付け」体験までしたことがありました

P1220026.jpg
ただの渦巻きとかにしておけばよかったものを、筆で絵を書くという無謀さ
「やっぱり素人が手を出せる世界じゃない」あっさり結論出ましたけどね

性懲りもなく、道内でも陶芸チャレンジしたことも・・

P1220027.jpg
筋肉痛になるほどの重量感ある鉢の出来上がり《゚Д゚》
普段の食卓に全く登場することのない、これらのもの・・断捨離って何??


P4250118.jpg
去年の春の「砥部焼まつり」で仕入れた数々(一部は頼まれものですが)
少しずつ使ってないものを処分していかなくては・・と改めて反省してます
食器って、重ねて収納できるから案外しまえちゃうところがね~


ついでに昨日のご飯など・・

P1210018.jpg
レンコンのきんぴら

P1210019.jpg
大根おろしと大量の生姜を入れた豚バラ鍋
ちょっと張り切って生姜入れすぎたかも・・どのタレにしても辛くて
でも、せっかくの出汁ですから・・今日はそれをアレンジして食べる予定

そして番外編のおやつ

P1210020.jpg
さっそく食べてみたタイのカール「海苔巻き味」

P1210021.jpg
なんか・・ちょっと痩せてない??

P1210022.jpg
日本のカールとちょっと固さが違うような・・そして味は甘めの「海苔塩味」
タイの食べ物って、どこかに甘さを感じるものが多い気がする
マヨネーズも甘いって聞くしね

でも、こういう怪しげなもの・・けっこう好きな夫婦です

何をもって「幸せ」とするか・・
だれにも明確には答えは出せませんよね
先日美容室で目にした雑誌の受け売りだけど・・
元々は「仕合せ」が語源らしい
仕合せが良いとは「動作が合うこと」「考えが合うこと」
自分以外の人間と分かり合えない部分があるのは当たり前
その中でも、そばにいる誰かと喜びを共感出来たらそれが幸せなのだと・・

うんうん( ゚ー゚)( 。_。) 楽しいなら集めてもいいよ、サル吉くん

P1220028.jpg
私も、しまえる範囲で集めるからね 


断捨離棚上げwwって押していただけますか↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ガンバレ砥部焼

昨日サル吉くんが急に思い出した

「あの店の前通ったら、閉店セールって書いてあった」

えっ Σ(゚д゚lll)

おそらく退職後の趣味で始めたようなクラフトショップ・・
木工品や額縁などが飾られた一角に「砥部焼コーナー」
ご主人に聞くと、うちと同様個人的に砥部焼が好きで仕入れているとのこと・・
何度か足を運んで楽しんでいたんだけど・・

北海道ではあまり認知されていないからねぇ・・(/ω\)

P9280014.jpg
この醤油差し・・私の母が欲しがっていたのと似てる
これも出会いだからと、購入(^。^) 

P4210041.jpg
松山で泊まった旅館の醤油差しがこれ・・あれ?同じと思ったらデザイン違った

趣味でやるお店って難しいよね・・
固定のお客さんがいなきゃ経営も成り立たないだろうし・・
今の時代、こだわりなければ何でも100円で買えるしね

でも手作りの良さとか、お気に入りのものに出会う気持ちって格別だよね
どんな時代でも、その気持ちは失いたくないなと思うわけです

春にまた松山に行きたいな~ヽ(*´∀`)ノ


手作りもの好きは押して下さいね↓↓

和は洋を制す

本日のおすすめ砥部焼は・・

P7130001.jpg
写真右奥の四角いお皿・・本当はこのように焼き魚用としてイメージして購入

ところが使ってみると思いのほか朝に活用

P7080003.jpg

P8010019.jpg

P7190001.jpg

変化に乏しい写真で申し訳ないけど・・朝のワンプレート用で
ものすごく重宝してる(o^^o)♪

洋食器を和食に使うのは、それなりのセンスが問われる気がするけど・・
和食器ってシンプルだし許容範囲が広いし、料理に合わせる奥ゆかしさ
みたいなもの?もある

P8050014.jpg
パスタもいけちゃうヽ(*´∀`)ノ

きっとデザート皿としても使えそうだれか、オシャレなデザート持って来て
くれたらね~写真撮れるのにね~( ^ω^)

ナンダナンダ催促か?と押していただけますか~↓↓

「飯、くらわんか~」

お天気は良くても、なんだか風が涼しい・・立秋だから??

空の青さも一段階薄くなった気がする北海道の短い夏

昨日の青空・・私だったらこんな切手作るなぁ・・の写真

120806_160424.jpg

短い夏が終わって秋になったら、美味しくなるのがご飯

本日の砥部焼ご紹介は・・

P8070031.jpg

「くらわんか茶碗」

江戸時代に、大阪の淀川で客船や行商の船を相手に、この茶碗を使って「飯、食らわんか~」と言いながら小舟で飲食物を売っていたのが由来だって

船が不安定だから、高台(土台部分)が高く広く作られてる・・
だから日常使っていても、安定よし・厚手で割れにくい・手に持っても熱くない・そして冷めにくいの、いいことづくめ

P8070032.jpg

ほんとに手によく馴染みます


パンも良いけど、日本人はやっぱり米


美味しくご飯食べましょうね

P8070029.jpg



このカテゴリーに該当する記事はありません。