かけはし

「うにトラさん、以前和菓子職人になりたかったって言ってたことあるから」

そんな、子供の頃の夢の事まで覚えていてくれて・・


「今日が初めて会った日だから」

3年前のその日の事まで覚えていてくれて・・


DSC07643.jpg
先日 サプライズで和菓子が届きました



DSC07644.jpg
わー 見たことないような色合い そっと開けてみよう♪



DSC07645.jpg
美しい  和菓子で虹?



DSC07646.jpg
その名も「かけはし」  人と人をつなぐという意味合いも含ませたネーミングだそうです

そ~っと開けて、うっとり眺めて、そ~っと蓋をして大事に冷凍庫へ(冷凍で届いたので)
まともな煎茶すらない今の我が家 これは、いつもの中国茶とかで食べちゃダメだわ


夢は夢のまま終わらせておいて良かった きっと何年修行しても職人にはなれなかった
こんな美しいお菓子を見ると、ほんとそう思います

ネットニュースで見た画像 タイでとてもリアルな犬の姿のゼリーが人気だとかで
これがまた薄茶のブルドッグの寝姿 確かにスゴイと思ったけど・・
季節の移ろいとか、自然が作り上げる美しい情景とか そこを切り取る和菓子とは
ちょっと世界観がね  まぁ、でもタイに行って見つけたら多分買ってネタにはするよね




それにしても「かけはし」って・・ いい言葉だね 




ありがとう 







にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ベルギー体験

友人T子から箱が届く

DSC07012.jpg
こ、これは・・私がデコって沖縄土産を入れて送りつけた箱
おかしい・・あのT子が手を加えずそのまま使うはずはないんだけど・・



DSC07013.jpg
ほらやっぱりね 蓋を開けるとその裏にぎっしり貼られた謎のクーポン
ベルギー帰りのT子 向こうのスーパーのレジ横にあったクーポンがかわいいとお持ち帰り



DSC07019.jpg
私が疑似体験出来るように、観光スポットの写真と説明付きの手紙
ベルギーと言えば日本人なら「フランダースの犬」の教会をイメージする人も少なくないでしょう
でも、そう言って大聖堂を訪れるのは日本人だけらしい 
そんな日本人のために、ネロと痩せたパトラッシュが横たわったオブジェまであるんだって



DSC07015.jpg
「ワッフル」「チョコレート」「ビール」 ベルギー3大土産

「ビールが美味しくて幸せだった!何を飲んでも美味しい」と、酒飲み発言
その酒飲みは、甘いものに興味なし 同行者に勧められるまま高級ブランドチョコと
普通のお店のチョコの両方を買って入れてくれました

ピエールマルコリーニ チョコ好きの楠田枝里子さんがマツコのTVで絶賛してたから
高級なものに疎い私でも知ってるもんね 


DSC07016.jpg
「高級だぞ」っていう圧が箱や袋から滲み出てるよね



DSC07017.jpg
でも、私はこちらのチョコもけっこうツボ  これは・・モザイクいらないよね??

世界三大がっかりの1つ 小便小僧はベルギーのブリュッセルにある
T子もわざわざ見には行かなかったらしいけど、マーライオンもそうだけど
これもまたいろんなお土産品として利用するにはちょうどいいデザインだよね
日本ならさしずめお饅頭とかもなかとかになるに違いない

チェリーやフランボワーズのビールは、次の休みの時にゆっくりじっくり味わおう♪



「ゴミステーションに並んでたゴミ袋があまりにカラフルだったから買ってきたの」


DSC07014.jpg
うん、まぁオレンジ・黄色・緑 確かにね でも、旅先でその国のゴミ袋買ってくる人も珍しい
うちの地区、自由な袋で出せるゴミは1個もないけどねー (T子のところはあるらしい)
スーツケースに入れておいて、洗濯物を入れる袋にでもしよう

20歳の時からの友達だけど、T子がとろろ昆布好きってことをつい最近知った
「普通のとろろ昆布はこっちでも売ってるの でも「がごめ昆布」のとろろがないの」と言うので
レターパックに入れてこの箱と入れ違いくらいに送ったわけなんだけど・・
いくら「がごめ」でも、ピエールのような圧は醸し出せないよねぇ

我が家より結婚生活が長いT子夫婦 25年くらいだったかな?
ところがちょっと前に、旦那さんが鱈を使った鍋とかスープとかが実は嫌いだと告白
「全然知らなかった!!」とT子  

お互いのことよく知ってると思ってる関係でも、案外そういうことってあるよね


朝のテレビを横目で見ながら、「この人がこっそりハワイで愛人と挙式をあげたと分かったら
私は許せるだろうか」 なんてことをふと考えながら大あくびしてるサル吉くんをそっと見る






がごめ昆布は函館の名産品♪って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

足踏み

ネット上でも、梅の写真や桜の写真をよく目にするようになりました
そうですよね だって今日で3月も終わり 明日から4月ですもん













DSC06904.jpg
Oh! my God!(外人かっ) 何で朝起きたらこんな景色なわけ?



「確か去年の雪解けは早かったよね でも、今年も似たような感じじゃない?」
そんな会話をしていたのはついこの間だったはず



DSC03410_20170331152419c33.jpg
これは同じアングルの去年の3月24日の写真  


今年の我が家の春 現在足踏み状態のようです



朝、サル吉くんが仕事に行ってから外を眺めてため息
昼間の太陽で雪は溶け出すに違いない でも、多少はきれいにしなきゃだわ
玄関前の雪をよけて家に入ると、地元の友人からライン 「家にいるの~?」と・・

昨日、春休みで帰省してた娘を札幌まで送ってそのまま戻る予定だったけど
雪で高速も止まったし事故も多発してたから1泊してこれから帰ると・・
コストコで買い物した後にちょっと寄ってもいい?ピザ買って行くから~♪


まさにお昼 まるで宅配ピザ屋のようにピザ到着


DSC06905.jpg
12切れにカットされたホールピザ  2切れずつ食べてごちそうさま~~~~



DSC06907.jpg
巨大なり  



昔は2人でもっと食べれたよね しゃぶしゃぶの食べ放題も行ったし旅行先でもよく食べた
夏の大通公園の芝生でデパ地下のお惣菜食べながらワイン飲んだり、 まぁよく遊んだ
今日はここ 明日はあそこ みたいな感じで、新しいものを求める気持ちも強かったし

今だからよーく分かるけど、若い時に妙に地に足つけようなんて思わなくていいんだと思う
体力もある 傷つきやすい一方で、ちょっとした事がとにかく楽しい豊かな感受性を持ってる
そんな時代は、絶対に期間限定なんです だから、そこで思う存分やりたいことをやるべき

ある程度の年齢になってからいざそんな気持ちになったところでね ピザ2切れで終わりだもん

そんな時代も一緒に過ごしてきた長年の友人と、こうしてまったりとお茶飲みながら話す内容を
若い私達はおそらく想像も出来なかったに違いない



でも、あの頃があるから今のこのまったりも悪くない 走り続けるわけにはいかないし
季節と一緒で、足踏みしてるようでもちゃんと確実に前には進んでいるわけだし

そしてさらに時は流れ、今のこの時間もまた懐かしむようになれる2人がそこにいるといい
「最近硬いものが食べれない」とか言いながら、お茶に煎餅浸しちゃったりしながらね



「このバッグどうしたの?」 まだ、かろうじて感受性がちゃんとある友人が見つける


DSC06902.jpg
(ΦωΦ)フフフ… かわいいでしょ? 昨日届いたばかりのプレゼントなのだよ

ワーゲングッズを目撃すると「あ♪ うにトラさん♫」そう思ってくれる人が身近に増えてきた
申し訳ないやらありがたいやら・・ ほんとに感謝です


DSC06903.jpg
もうしわけない~~~~~~ 靴下にはビートル そしてフライングエースのランチョンマット




この間もう1つ明るいニュースがあったのを忘れてた
長くブログを読んでくれてる方はお気づきかもしれませんが、くじ運とかほとんどない私
ところが、先日届いた封筒を開けたら・・



DSC06893.jpg
自動抽選により、商品券2000円が当たりました~というお知らせだった
これは間違いなく、高校の同期がくれた「タッキー小判」のおかげに違いないと確信
信じてお財布に入れておいて良かった♫



歩みを止めてるわけじゃない 足踏みだって立派な行進  いつかは雪も溶けるはず





残ったピザはサル吉くんの夜食~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

夫慌てる

昨夜寝たのはAM2時 それなのに目覚めは7時 まぁいいか起きちゃえ
午後から仕事のサル吉くんが起きてくるのは大体10時~10時半
それまでの間、1人でコーヒー飲みながら新聞読んで過ごしてもいいんだけど
自分でも変な習慣と思うけど、新聞は新しいままの状態で取っておく

特にそう希望されたこともなければ、サル吉くんがそれを気づいてる風もない
はるか昔に読んだ本で、ある貴族の家で働く執事が、主人のために毎朝
新聞にアイロンをかけると・・ 紙がね、パリッとするんだそうだ
さすがにそんなことまでする気持ちはないけど、でも一日のスタート
手つかずの新聞を開くって何となく気持ちいいのかな・・と思う ささやかな妻ごころ

私は、その気になれば24時間いつでも気が向いた時に新聞読めるしね

そんなわけで、朝食準備が終わるとその時間はパソコンの前に座ってるのです
今日は、その時に宅配便が到着



DSC06465.jpg
日時指定で届いたネネさんからの贈り物でした
律儀!ほんと律儀が服着て歩いてる! ほんのちょっとのお菓子に対してこのお返し



DSC06466.jpg
ドイツ製のキャンドルホルダー 手作りガラスの中に透明なジェルでお花が閉じ込められてる




DSC06467.jpg
水中花のようで、素敵です  口は下なので、上部からホコリが入る心配もない




DSC06468.jpg
テーブルの中央に置いただけで、空間が華やぎます  



ラインでお礼のメッセージを送ったら、来た返事がまたすごい


「○○姉さんに似合いそうな花をチョイスしました」




やっぱあれだね 人間けっこう大変な目にも合うし辛い事だってそこそこある
人に尊敬されたり、多くの人の記憶に残るほどの偉業を成し遂げるような
そんな人に比べたら、ただ生きてただ死んでいくだけって気にもなるけど
それならいっそ花火のごとくパッと見事に散ったほうが?なんて
投げやりな気持ちになった若い時代もあったけど

生きてこそ なんだなー って、今なら思える


ピンクのバラが似合うって30代男子に言ってもらえる今の自分を
若い私は想像も出来なかったもんね
何を大げさにって思うでしょうが、でも本心です 
8割お世辞でも何なら10割お世辞でも何でもいい 
 
悪いことばっかりなんて絶対にない ま、いいことばっかりもないけどね


余命半年なんて言われて、もう14年  
前も書いたけど、夏にそう言われて私はまず何をしたかっていうと・・
「ってことは、もう私に冬の洋服は必要ないんだな」そう思って片っ端から処分した
そして、後に残るサル吉くんにやらせるにはあまりにも忍びないからと
古い下着類も丸ごと捨てたもんね 笑   その年の冬大変だったんだから!


考えたら、実は誰にでも余命は必ずあるわけで・・
そりゃ半年って宣告はあまりにも短くて慌てもするけど、だからといって
「あなたの余命はあと28年です」って分かってしまう時代がもし来たら
それはそれでうまく生きられないものかもしれないなと思います

分からないからこそ進んでいける  分からないんだから諦める必要もない

それぞれの分からない余命の中で、少しでも気持ちよく過ごせさえしたら
例え教科書に載らない人生でも、いいんじゃないでしょうか♪


頭ボッサボサにして起きてきたサル吉くん 開いたばかりの宅配便の包装紙を見て
「○○(ネネさん本名)から?何かあったのか?」と・・

今日が何の日か分かってからの慌てっぷりを動画にしたいくらいでした
うぉ~っ!忘れてた!! 大変だ~~~~!!!

いいのいいの ちゃんとお姉ちゃんともんぬちゃんには早々とお返し送ったもの
妻は特に日付にこだわったりしない  

チャンスは365日あるのだから 



ちょっとお出かけします   皆様のところへは帰ってきてからお邪魔しますね

 



ほんとにピンク似合うのか?って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

私も欲しい目力

今朝は久しぶりにえらく冷え込んだ朝となりました 
こんな日は、テレビで「今朝のブルブルトップ3」が発表されるんだけど
1位は-30℃を下回ったようですよ 北国にはそう簡単に春は来ないってこと

でも、すっきり晴れ渡った気持ちのいい一日でした

DSC06379.jpg
我が家の上空を、ずいぶんとヘリコプターが飛んでいく
何事? と、思ってたらそうだった 皇太子様が冬季アジア大会にいらしてたんだった
今日千歳から民間機で戻られたそうだからそれに関係してるのかな?


サル吉くんが夜勤から帰ってきたのとほぼ同時に郵便が届く



DSC06381.jpg
こんな文字の新聞を使うのは、T子かsyさんのどちらかしかいない
(乗ってるパンダはモザイク代わりですのでスルーしちゃってください)

最近タイ&ミャンマーの旅に行ってたsyさん わざわざお土産を送ってくれました うれしー♪
4年もタイで暮らしてたもの 久しぶりのアジア飯は嬉しかったことでしょう
1年前のモロッコ旅行記が奇跡的に完結したので、運がよければ今度はこの旅行記が見れる

モロッコ・・まるでおとぎの国のようだった 時々気が変わって違うネタが間に入るから
いつ届くか分からない手紙を待つようなワクワクした気持ちになるブログ
リンクの「Thai安吉日」のsyさんは、私が一番最初にご対面したブロともさんです


DSC06385.jpg
ギャー お辞儀魚!


手紙の説明には「我らがお辞儀魚のポーチ」と書かれてる 
うん、そうだよね 私とsyさんを繋ぐ大事なツール



DSC00393_20170227185818c41.jpg
お辞儀魚をご存知ない方に一応ご紹介 タイでよく見かける光景
丸いカゴに入れるために、首を折られた魚達 まるでお辞儀してるみたいだから「お辞儀魚」



バンコクで、始めて会った時にsyさんがプレゼントしてくれたマグネット↓


DSC06388.jpg
新旧がご対面 にしても、この新人すごい目力だ



DSC06386.jpg
内蔵部分に何かを入れられる仕様



DSC06387.jpg
触らせてあげられないのが残念 すごい手触り なんだろ?ちょっとゴムっぽい 
おもしろーい! これにお金入れて、魚屋さんで魚買ってみたい 

こんな目力欲しいよね どんなに寝起きだろうとすっぴんだろうと人前に出れそう




DSC06382.jpg
ミャンマー文字のトートに、ヤンゴンの手芸品通りで買ったという花のワッペン
タイ文字もちっとも分からないけど、ミャンマー文字もまた独特 視力検査にしか見えない



DSC06384.jpg
waが○ってところが、偶然だろうけど面白い


DSC06383.jpg
パッと見派手だけど・・ でもこれって・・


DSC06391.jpg
このトートの裏の無地面にこうやったら・・素敵じゃない?




DSC06392.jpg
届いて30分でアイロンでつけちゃった  ラインで画像送ったらsyさんも絶賛してくれたし
私も大満足 さっそく使わせてもらうよー


DSC06389.jpg
これは「ヤードン(ヤードム)」 
一応syさん使い方の説明書いてくれたけど、すでにサル吉くん愛用中
頭痛・鼻づまり・車酔い・虫刺され・眠気防止 何でもOKな万能の嗅ぎ薬
タイ航空に乗ると、機内がこの匂い それほど多くのタイ人が持ってる
鼻から吸い込むと、強烈なメントール&ユーカリの香り
最後の1個がもうすぐ無くなりそうなタイミングで届いて、サル吉くん大喜び
夜勤中の眠気覚ましに便利なんでしょうね



DSC06390.jpg
巷では手ぬぐい好きな女子がけっこういるけど、まさかsyさんもそうだとは知らなかった


強力目力のお辞儀魚  もし私が先にタイに行ってこれを見つけていたら、間違いなく2個買って
1個をsyさんに送ってたと思う だから、見つけた時の彼女が「あ!」って思った気持ちが想像つく
何でも、この上をいくインパクトのものを自分用買ったらしいけど、これ以上って見当もつかない


早く旅行記が始まって順調に話が流れ真相が明らかになるといいな 





冷え込んだ朝に届いた温かい包み~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。