春を迎えに沖縄 その1

居間の窓から外を見る 
道路の脇に見える白いものは何だろう? 公園を埋め尽くしてる薄汚れた白いものって?


あ・・雪だ   そうか 雪なんだ  昨日の夜、車から降りて息が白いのは何故?って
思ったのは、気温が一桁だったからなんだ 

帰ってきちゃった  沖縄から現実世界に 


どうも お久しぶりです  てなわけで、今日からかなりしつこく沖縄旅行記が続くので
お時間の許す限りゆっくりしてってください


DSC06575.jpg



先日チラッと書きましたが、病気1つしたことのない私の母が、この2年で入院と手術を経験し
健康を取り柄としてる人間にありがちな弱点が全面的に出てしまい、体の回復よりも
精神的な落ち込み具合が心配な状況が続いていたんですが、やっと体と心が同じレベルになり
「お姉ちゃんの退職祝いをやってないから、みんなで旅行に行きたい」と発言するまでに・・
長い年月勤め上げた娘を労おうと思う、親としての気持ちが復活したってことはもう大丈夫

こういうタイミングを逃すわけにはいきません まだ旅行も楽しめるという自信を取り戻せば
きっと気持ちが体調を上回り、相乗効果でまだまだ元気に暮らせるようになるはず

母が、私と姉との女3人旅を希望すればいつでもすぐ行けたんだけど、希望はあくまでも4人
サル吉くんも一緒じゃないと「家族旅行」じゃないから・・と  
夫婦2人で好きなとこに自由に行ける旅と違って、高齢者連れの旅ですからそれを承知で
休みを調整して一緒に行ってくれたサル吉くんにも感謝です

「旅費はお母さんが出すから」と、母  1度言いだしたら簡単には撤回しない
「じゃ、その他の食費やら何やらはこっちで出すよ」と言ってもそれもダメだと言う
年寄り連れでいろいろ面倒かけるし、全部出すからゆったりした計画を立ててくれと私に依頼

姉と相談して、あまりあれこれ言わずに今回は母の思うようにしてもらうことにしたわけですが
「オレオレ詐欺に騙されてお金を取られるくらいなら、楽しい事に使いたい!」と力強い

私は、騙されないように気をつけるっていうのが正解だとは思うけど・・ 

そこからうにトラツアコンが動き出しました


DSC06345.jpg
まずは、旅のしおり作成  


DSC06347.jpg
旅は行く前からいかにワクワクする時間を過ごすか これが肝心だと思うのでね




DSC06346.jpg
サル吉くんの休みが決まった時点で、飛行機とホテルの手配を代理店へ依頼
3連休の少し前って言っても春休み中なので、最初は直行便が取れなかった
代理店の担当の方が、母の年齢を考慮してくれて、乗り継ぎするにしても
羽田だと歩くから静岡経由を押さえてくれたり、ホテルの部屋もエレベーター付近に

ラッキーの神様はいるんです 直前に4席キャンセルが出て、往復とも直行便をゲット!
担当の方も、若干興奮気味に「キャンセル出ました~~♪」と連絡くれました

DSC06305.jpg
完成した旅のしおりと一緒に実家に送った袋2人分  


DSC06306.jpg
旅のお供  ウェットティッシュと飴ちゃん ちゃんと母も姉もバッグに入れて来てました 



DSC06470.jpg
3月15日(水) 朝9時すぎに空港で母と姉と合流予定  出発時の気温-2℃



DSC06472.jpg
さて・・どんな旅になるのか 今回はとにかく無事に何事もなく帰って来れることが重要です



DSC06474.jpg
何か・・半年前の沖縄行きの時と、サル吉くんの行きの格好が全く同じ気がする



DSC06477.jpg
母です  テンション上がって輝くばかりの笑顔で座ってる よしよし



DSC06479.jpg
直行便だと行きは4時間  14時35分に那覇到着予定  



DSC06480.jpg
こんなちっちゃい飛行機なんだねー



DSC06490.jpg
ちょっと大きなバスみたい 3列ずつだよ



DSC06483.jpg
これも代理店の方がANAに座席を調整してもらったようなんだけど、非常口の席
だから足元広々 でも、普通ここって「何かあったら介助出来る人」みたいな枠だよね
1人高齢でとても他の人の手助け出来ないよね・・と、姉と笑いながらヒソヒソ



DSC06484.jpg
まだこんな雪景色の北海道を眼下に見ながら


DSC06486.jpg
豪華海鮮鮨を食べる(サル吉くんとの旅ならこんなの買わない 今回は特別ですから)



DSC06491.jpg
乗り継ぎないのはほんと楽 



DSC06492.jpg
4時間飛ぶだけで、どこにも雪がない世界へ



DSC06487.jpg
お姉ちゃんもお母さんも早春をイメージしたの? トーンが揃ってること



DSC06493.jpg
母は、10年ぶりの沖縄 来れて良かったね




DSC06495.jpg
レンタカーの営業所までバスで送ってもらう 



DSC06494.jpg
天気が心配だったけど、まずは青空で一安心



DSC06498.jpg
レンタカーに乗って出発する出口がこの鳥居 何だか縁起がいいではないの



DSC06500.jpg
初日のホテルは本部町 高速で一気に北へ向かいます



DSC06501.jpg
まず目に飛び込んでくるのがこの景色だもの 北国の人間にとってはこれ感激ポイント
ヤシの木見ただけで、1段階気持ちが上がって



DSC06505.jpg
海が青くてもう1段階上がる



DSC06507.jpg
あれもしかしてススキ? でも3月だよ? 沖縄って3月にススキ?



DSC06508.jpg
ヤシとススキが混在  ヒーターじゃなくてエアコン入れて3月にドライブするなんて!



DSC06509.jpg
なんてことを4人でワイワイ言ってるうちに、今日のホテルに到着



つづく




まだまだ続きます!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

春を迎えに沖縄 その2

DSC06571.jpg
ホテル オリオンモトブ リゾート&スパ   

2014年7月に出来たばかりの新しいホテルです 238の全室が50㎡以上
今年の沖縄旅は、母と姉の希望を盛り込んだ計画なのでホテルは1泊ずつ移動

北海道の人間がやっちゃいがちな事だと思うんだけど、沖縄は島だからどこに行くのも
近いんでしょ?って思っちゃう ところが案外移動に時間がかかります
そりゃまぁ北海道に比べたらね でも、行きたいポイントでホテルを選択するのは大事です

1日目のこちらのホテルは、美ら海水族館に隣接 何なら歩いても行ける距離(7分)
空港からレンタカーで向かうと、高速利用しても1時間40分かかります
サル吉くんの会社で、水族館そばのホテルに滞在しながら沖縄観光をしたという人は
おそらく運転が大変だったと思われます

那覇ICから高速に乗り、一番北の許田ICまでで57.3キロ 料金は1020円
サル吉くんと2人で思わず「安っ!」と同時に叫ぶ
(今、ちょっと比較のため調べたら札幌南から苫小牧西で56.9キロ 料金は1690円)
許田ICを降りてからさらに28キロ走って初日のホテルに到着 時刻は午後5時
北海道から沖縄に向かうと、どう頑張ってもやっぱり1日がかりで初日は移動で終わる


DSC06510.jpg
新しいホテルだから、まぁどこもかしこもキレイでした


DSC06511.jpg
17時でもまだ太陽の位置が高い 日没の時間が北国とちょっと違います



DSC06512.jpg
明るいトーンの室内は、陽射しが入ってあちこちにプリズム



DSC06513.jpg
バルコニー付きで、しかも最上階だったからこの景色♪


DSC06514.jpg
隣の部屋で、きっと母と姉もキャッキャ言ってたに違いない 正面に見えるのは伊江島



DSC06515.jpg
右側に広がっているのが「備瀬のフクギ並木」 ここもオススメの観光スポット 
ホテルから水族館もフクギ並木も徒歩で行けるこのホテル 
姉はとっても気に入ったようで、次は友達とここに何泊かしてぼーっとしたいと・・


DSC06526.jpg
確かに、のんびり滞在する何度目かの沖縄女子旅に最適かもしれない



DSC06527.jpg
バルコニーで沈む夕日を眺めながらビール飲むとかね 



DSC06528.jpg
あと少しでキレイな夕焼けになりそう 

でも、初日の食事は大事 だから事前にホテルに席を予約してありましてそれが午後6時
だから後ろ髪を引かれつつ部屋を出て階下へ


DSC06520.jpg
部屋のバスルームも広くて明るい でも、大浴場を利用したのでここは未使用
今回は「大浴場があるホテル」がマスト 母も娘2人と一緒だと安心して入れるし
こちらのホテルは入浴料1500円とちょっと高め でもそのせいかゆったり入れました


DSC06521.jpg
洗面所はまぁ普通 ちゃんと腰掛ける椅子もある


DSC06522.jpg
アメニティ


DSC06547.jpg
女性限定で、チェックイン時にフロントでポーラのアロマシリーズをいただきました


DSC06523.jpg
トイレも引き戸で広々です
たとえ就寝時にフットライトも全て消して真っ暗で寝てても、トイレに向かうとセンサーが働き
ぼんやりと照明がつくようになってた 段差もないし親世代に優しいホテルでした

そうそう こちらのホテル 沖縄のオリオンビールが経営してるホテルらしくて
チェックインを17時までにすると、ウェルカムドリンクがオリオンビールなんだそうです
くー 残念ながら私達は間に合わなかった!!!! 


DSC06530.jpg
でもいいの ツアー特典で、ドリンク1杯無料だったんだもーん
そりゃオリオン生飲んじゃうよね 母笑ってる 自分の親ながらほんと笑顔がいい人なんです
そしてお気づきでしょうか 母だけちゃんと着替えてる こういうとこすごいよね

夫婦旅なら、滞在先のホテルで食事なんてめったにしない だから私たちも新鮮でした 


DSC06532.jpg
実は「うにトラツアコン」ここでサプライズの計画を組んでいました
事前にホテルの担当の方とメールでやり取りしてお祝いの理由を説明して
食事が終わったら持ってきてもらう段取り 内心ワクワクしてました


沖縄料理が食べたいよね ってことで、選んだ数々

DSC06537.jpg
海ぶどうがキラキラです


DSC06539.jpg        DSC06536.jpg        DSC06534.jpg

島らっきょうの天ぷら       ゴーヤチャンプルー         島豆腐の燻製

4人だと、いろいろ頼んで少しずつっていうのが可能なのがいい

DSC06540.jpg
もずくの天ぷら つい最近テレビで見てこれ食べたかったのであって良かった
他にもあれこれ食べて満足したところで、タイミングを見計らっていてくれたお店の人が



DSC06543.jpg
こちらのフルーツタルトを持ってきてくれました 頼んでないものが来て母と姉ビックリ

お母さん全快おめでとう お姉ちゃん退職おめでとう の意味で私達からのお祝いだよと言うと


DSC06545.jpg
お腹いっぱいだったはずなのに、すぐに別腹が出来たようであっさり完食

お店の人が「4人で写真撮りましょうか?」とご親切に言って下さり、カメラを渡す
撮影してから、近くにいたサル吉くんに「どうでしょう?」って言いながらカメラを返す
ほんの一瞬間があって「あ、はい ありがとうございました」とサル吉くん

お店の人が去ってから、私がチェックしたら


DSC06544 (2)
ちっちゃ!!  私なら多分「もう少し近くでもう1枚」って言っちゃうけどなー



DSC06544.jpg
トリミングしてみました  これもまた笑い話になるんで、いいんです お店の人ありがとー



DSC06548.jpg
ホテル内の売店も充実 飲み物買って部屋で乾杯 
でもやっぱり缶ビールよりグラスで飲む生ビールだわ~ 


DSC06550.jpg
サル吉くんが見つけたおつまみ これが最強の硬さ! 今まで食べたものの中でこれ一番


こんな感じで1日目が終了


つづく




美味しいって幸せ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その3

DSC06551.jpg
沖縄2日目 3月16日(木)の朝  残念ながら曇り空 でも気温は14℃くらいかな
北海道じゃこの時期プラス4℃ってだけで「今日あったかい」って言ってるレベル だから文句なし

じゃ、素敵なホテルの朝ご飯食べに行きましょう♪


DSC06554.jpg
前日は実家に迎えのタクシーが着いたのが7時で、空港までは高速バス 飛行機は4時間
沖縄に着いて今度はレンタカーで2時間弱の移動 80代の母には過酷な移動の一日
でも、わりとぐっすり寝れたようで朝になったらしゃんとしてました 食欲が落ちないから大丈夫


DSC06556.jpg
この間買った540円のシャツを着たツアコンも、しっかり食べます



DSC06553.jpg
沖縄料理シリーズで並べてみる 野菜に大豆製品に海藻 ほんとにヘルシーで長生き出来そう



DSC06563.jpg
ガラスの向こうの芝生に鳥 沖縄のヒヨドリ? やっぱりちょっとカラフルなのね
14℃でこんなに丸くなって寒そうなのはヤワすぎる 北海道に連れて行ったら死ぬはず


部屋にコーヒーを持ち帰れるように紙コップが用意されてたので
2杯目のコーヒーを持って朝の食後散歩でレストランから外へ出てみる



DSC06579.jpg
すぐビーチなんだもの  これ夏だとほんとリゾート気分満喫出来るでしょうね



DSC06581.jpg
曇り空の朝 さすがの沖縄でも若干肌寒いけど・・



DSC06570.jpg
でもそこはやっぱり南の島  



DSC06587.jpg
時々上空をこんな飛行機が行き交うことで、ここが沖縄だって実感もある
前日高速道路を走行中に、驚くほど低空で飛ぶヘリが後方からやってきて映画のようだった


DSC06568.jpg
今回の旅で目にしたシーサー第1号



DSC06574.jpg
2号



DSC06591.jpg
では、チェックアウトして荷物を積んで出発です  これが今回のレンタカー
4人旅だから、+2500円で1段階大きめの車にしました おかげでトランクも広々


DSC06593.jpg
車で2分 3号シーサーを発見したらもう到着


DSC06595.jpg
美ら海水族館   水族館の入口に一番近い駐車場はP7ですよ♪
顔出し看板だって嫌がらずにやる80代 さすが私の母だわ


DSC06597.jpg
魚に導かれながら向かいます



DSC06599.jpg
いろんなデザインのチケットがかわいい 正規の料金は大人1850円です
あちこちで割引クーポンを配ってるから、1850円払ってる人は少ないかもね
今回の旅では、好みの施設を3つまで選んで使えるお得なクーポンを1人1000円で事前購入
この水族館で使うだけですでに850円のお得ってことになるから、これは絶対いい
結局私達は、きっちり3つ利用して1人3150円分得しました



DSC06602.jpg
水族館はやっぱり癒される



DSC06620.jpg
油断すると口開けて見ちゃうよね あまりにぼーっとしちゃって



DSC06615.jpg
ハリセンボン 隠れちゃう気持ち今なら分かるよ だって市場で皮を剥がれて売られてたもん



DSC06616.jpg
私のお気に入りはこのチンアナゴ



DSC06617.jpg
笑ってるように見えるのは私の頭がおかしいの?



DSC06618.jpg
これ 陸上とか海底をうねうね動いてたら、きっと嫌なんだけど
砂地からひょっこり顔を出すっていう仕草だけでこうも評価が高いって得な生き物



DSC06636.jpg
これも笑って見えるって理由で好きなエイ



DSC06643.jpg
人気ナンバーワンの施設ですから、いつでも混んでるだろうけど
8時半オープンですから、早めに来るに越したことはないと思います



DSC06644.jpg
去年は、ここに来なかったから・・母がここを希望してくれたおかげで私たちも楽しめた



DSC06626.jpg
滞在は、1時間半くらいかな 外にいるイルカやマナティに会うのは、次の機会にってことで



1つの施設であまり歩かせちゃうと、母の電池が切れちゃう だから次行きます!




つづく



2日目のテーマは「生き物」です!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その4

「チンアナゴ」って、顔が犬のチンに似てるからってご存知でした? ちょっとビックリ

さて・・必見ポイントを押さえると3時間は要する「美ら海水族館」を1時間半で後にし
そこから車で5分の「備瀬のフクギ並木」へ

フクギって?って方にご説明しますと・・(もちろんガイドブックより抜粋)

台風の多い沖縄 防風や防潮のために家の周囲に植えられたオドリギソウ科の常緑樹
成長すると高さ20mほど 葉っぱが厚くて楕円形なのが特徴 戦争で多く伐採されたが
ここ備瀬の集落だけが住民の方の保護により並木が今も残されているのです


DSC06655.jpg
素敵な風景でしょう? 


DSC06664.jpg
実際住んでらっしゃるお宅の周囲を散歩させていただく・・という感じなので
車で通れる道じゃないので、車は町営駐車場へ そこから徒歩かレンタサイクル



DSC06653.jpg
もしくはこれ 水牛車   私達が車から降りると、ちょうど4人乗せた水牛車が出発
旅先で、動物に乗れるチャンスは絶対に外せない だって水牛だよ? 
例え人が歩くスピードより遅かろうが、これこそ「母を連れてのまったり旅」にピッタリ


DSC06658.jpg
水牛車のりば 営業中の看板はあれど、小屋の柵の中には水牛が2頭待機してて無人
ってことはだ さっきの水牛車が帰ってくるまでここで待つってことね これぞ沖縄時間



DSC06654.jpg
料金は、1グループ4人までは2000円 5人だったら+500円だから2500円
これね ちょっと分かりづらいけど例えばここで待ってて違うグループが来るとする
1人旅の男性 新婚カップル2人 そしてうにトラ御一行4人 だとすると
まとめて相乗りは出来るんだけど、それぞれ2000円かかるわけ 例え1人だろうとね
私達がここの椅子に座って水牛主が戻ってくるのを体が牛臭くなりながら待ってると
男性2人組と関西弁の女性2人組がやってきた 
いざみんなで乗ろうとした時に、この料金設定を男性2人組が納得しない
8人で乗るなら5名以降は1人500円でいいんじゃないか?って言いたいのね


DSC06660.jpg
そりゃ水牛主だってお仕事だもん それに8人引っ張るのもけっこう大変そうだったし



DSC06661.jpg
にしても、25分で6000円稼いじゃう なかなか売れっ子のキャバ嬢並みの牛ちゃんです



DSC06662.jpg
母一番前



DSC06663.jpg
のんびりのんびり



DSC06669.jpg
徒歩の人に抜かされたり、写真撮られながら進みます



DSC06670.jpg
ホンの少し目線が高くなるだけで、見える風景がまた違う



DSC06657.jpg
147センチの母(もう少し縮まったかな)も、 近くに見える花に癒されながら楽しんでました



DSC06673.jpg
水族館とセットで是非・・ 



DSC06675.jpg
よんな~(ゆっくり)な時間が流れてます



DSC06671.jpg
食事も出来そう 看板猫が誘ってる でも「ゴーヤチンプル」だけど・・



DSC06677.jpg
何となくみんながお供え置いてるところが面白い サル吉くんは、後ろのシーサーにあげてた



DSC06672.jpg
「チンプル」も気になるけど、お昼ご飯は次の目的地に行ってから では出発です



DSC06678.jpg
古宇利島を目指します


DSC06680.jpg
沖縄最長の約2kmの離島架橋 これ晴天なら、もっともっと空も海も青くてテンション上がるはず
写真中央 島の高台に見えるのが2013年に出来た「オーシャンタワー」
展望台・レストラン・貝類の展示館などがある施設 入場するには800円かかります
クーポン利用で行ってみることに


DSC06682.jpg
駐車場からはこの電動カートが、海抜82mのタワーまで連れて行ってくれます



DSC06684.jpg
きちんと植栽されている南国風庭園を見ながらあっという間に到着



DSC06688.jpg
まず軽くお昼にしようと、レストランでピザとコーヒー 普段こういうもの食べる機会も少ないけど
何でも嫌がらずに食べる母 ペースは遅いけど、結果的には同じ量食べれるから頼もしい


DSC06687.jpg
こんな眺めを楽しみながら食事ができますよー


ショップに入ると、入口で「試食のかぼちゃ饅頭いかがですか?」と、1個ずつ渡される
サル吉くんは、ここで会社のお土産としてクッキーを買ったらしいんだけど
それを持って職場に行ったら、驚く事にこのかぼちゃ饅頭の箱があったらしい
偶然だけど、1日違いで沖縄に来ていた同僚のお土産がこれ 向こうでバッタリの可能性も?


DSC06689.jpg
ANAのツアー特典でアイスのサービスあり  塩バニラとマンゴー

古宇利島は、周囲8キロ ぐるっと回ってもすぐなので、ちょっと反対方面に向かう

DSC06695.jpg
最近人気のスポット  ここね、幹線道路から入る小道が分かりづらい
入ってからも、一体どの場所に車を停めるのが正解かも謎


DSC06694.jpg
でも、場所はここで合ってる模様 



DSC06691.jpg
ところがね ここから海岸まで降りる坂道が相当危険 簡易の手すりはあるけど砂で滑る
母を手すりに掴まらせて、私が手を繋いで降りようとしたけど、私が転びそう

「これはやめておいたほうがいいんじゃないか?」 サル吉くんも不安そう

だよね 嵐が誰かも知らない母に、ハートの岩を見せるために冷や汗かかせることない
で、一同は途中で引き上げました


DSC06692.jpg
「ちょっと写真だけ撮ってくる!」と、上から撮ったのがこちら

このポイントは、親世代には向きません 古宇利島ティーヌ浜にある「ハートロック」でした



では、あとは車窓からの風景を楽しみながら本日のホテルに向かいましょう
2泊目は、去年私達が泊まったホテル ラグナガーデン
そこでは平野ノラも「おったまげー」って言っちゃうまさかの出来事が、待ち受けていたのでした



つづく




ハートロック見るならスニーカー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

春を迎えに沖縄 その5

半年前に夫婦で行った沖縄 その時に初めて会うことが出来た沖縄在住のよっしーちゃん
勝手に命名「うにトラ友の会 沖縄支部長夫婦」のことは、沖縄 2016で詳しく書きました

ちょうど次男くんが今年中学卒業 志望してた高校も見事に合格した
そんなバタバタな3月に「また行くよ~」って連絡するのは躊躇したんだけど
後からブログでバレても叱られそうだし・・一応ラインで事前に連絡はしてあった
今回は2人じゃないし、3月でまさによっしーちゃんも忙しいだろうから会えないと思うけど
去年泊まったラグナに2日目に泊まることにしたよ♪
でも、ラグナにお勤めのお友達には前回もう十分良くしていただいたから
これ以上気を遣わせるのも申し訳ない だから今回は泊まることは内緒にしてね

そう先手を打ってから、どうせ行く時はキャリーバッグもスペースがあるし
支部長夫婦には何か北海道土産を持参して、沖縄に着いてから宅配便で送ろう
そうだ!それが良い♪ そうすれば離島から離島という高い送料がかからないもんねー
自画自賛しながら初日のホテルのフロントに荷物を託す
前回快く一緒に食事してもらった上にご馳走してもらった恩は、忘れないのだ


DSC05228_20170322233206548.jpg
2日目の宿泊はここ 半年ぶりのラグナガーデンホテル (外観写真は半年前を使い回し)



DSC06704.jpg
入口のお花が素敵です


この日も最上階の並び部屋にしていただいた上に、エレベーターすぐで歩く距離も少ない




DSC06700.jpg
案内していただいた私達夫婦の部屋  前回とベッドの位置が逆だね~





(メ・ん・)?  このベッド上のものって・・ なに?





やられたーーーーーーーーーっ 



DSC06699.jpg
こんなのホテルからのサービスなわけがない
怯えながら添えられたメッセージカードを読んでみる

ようこそ沖縄へ 遠方からの旅おつかれはございませんか? から始まる心のこもったお手紙
こ、これはよっしーちゃんじゃない! こんな丁寧な文章を書くのはよっしーちゃんのお友達



DSC06703.jpg
よっしーめっ! ばらしやがったな!! 
最初、この2つがお友達からのプレゼントと勘違いしたんだけど、何と2枚上の写真の
外に出て並んでるもの全てがお友達からだと後から気づく 


DSC06701.jpg
袋の中身はよっしーちゃんから  全て並べたのがこの状態

もー 何てことをやっちゃう人達なんだろう!

「せっかく来沖して市内に来てくれているので、ラグナさんに協力をお願いしちゃいました
 手ぶらでは帰しませんよ!」 から始まるよっしーちゃんの手紙


あんまりびっくりしたので、すぐに隣の部屋に行って母と姉を呼んでくる


ラグナ
2人からのメッセージを読む母  4人全員が感激の渦に包まれた瞬間


DSC06702.jpg
沖縄に行ったことある人なら見たことあるはずの「島ぞうり」
最初見たとき、あれ?ワーゲン柄のなんて売ってるんだね て思った
でも黄色いビートルには私の名前 バスのほうにはサル吉くんの名前が入ってる

まさか、これって作ったの?

2層になってる部分を彫って削ってオリジナル 最近そういうのがあるんだそう
元々器用なよっしーちゃんだけど、これを思いついて指負傷しながら作ってくれたって


私がこそっと送った荷物なんて、荷物なんてーーーー 自分のサプライズ力の弱さよ


母がしみじみと言いました
「こういう優しい気持ちは、年齢で自然に身につくものなんかじゃないね
 年寄りだって気持ちがない人はいくらでもいる 若くても、こんなことが出来るんだもんね」


「姉さんは内緒って言ってたけど、言わないわけないじゃん!即話しましたよ♪」
明るくラインで語るよっしーちゃん 今回も私が完敗だよ


DSC06710.jpg
今回は夕方までずっと曇り空で残念ながら夕焼けは見れなかったけど・・
ラグナガーデンホテル 天気が良ければ美しいサンセット付き (島ぞうり他は付きませんよ)


DSC06709.jpg
1階では、美味しいケーキでお茶できます



DSC06707.jpg
そして、4人の写真も上手に撮ってくれる女性スタッフが笑顔で迎えてくれます
(初日のホテルのスタッフの写真を根に持ってるわけではない)


これが、2017沖縄のおったまげー事件でした



つづく




沖縄支部長おそるべし!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。