そうだ沖縄に行こう その1

お久しぶりです  

16日~18日の3日間で突然沖縄に行ってまいりました
ちゃんと決めたのは20日前くらいだったかな
9月の沖縄 何が問題ってお天気です もうこれは賭けのようなもの
今年は何故か台風はほとんど北海道に向かってくるから沖縄は大丈夫かも
そんな安易な予測も出発4日前にあっけなく外れ、まんまと台風発生 それが16号


てるてる坊主さま~~~~ 


DSC05122.jpg
お土産でもらったシーサーを守る形に3つ配置してみた


その結果は・・これからのんびり旅日記で綴っていきますが・・
大変助けられたのは間違いないので



DSC05487.jpg
現在は、お休み頂いてます    


昨日家に戻ってきたのはいろいろあって夜11時  サル吉くんは本日朝から仕事へ
20代じゃないんだから、こんな遊び尽くして仕事へ行くパワーは本当はあまりないんだけどね

でも、中年夫婦頑張りました! 沖縄に着いたのが16日午後1時半
2日後の昨日 18日の午後2時半には那覇空港に戻ってきたから滞在時間は48時間あまり

その48時間をどう過ごしたか・・ そして問題の天気はどうだったか


水族館なし 国際通りなし  そんな私たちの沖縄48時間の滞在記  良かったら見て下さい


では はじまりはじまり~~~


DSC05130.jpg
時間のない私たちの朝は早い  16日家を出たのはこの時間  気温14.5℃
直行便も1便飛んでいるんだけど、それだとどうしても那覇到着が遅くなるので羽田経由です


DSC05131.jpg
無理やり半袖 (本当はもう半袖だと寒いんです こっちは) でも沖縄は30℃越えだもん



DSC05134.jpg
空港へ向かう道の景色も、半袖で眺める雰囲気じゃないでしょ? もう秋に突入しちゃってる





DSC05137.jpg
空港そばのいつものパーキングに車を預け、ここから送迎バスで空港へ
この袋の中に何が入っているかと言うと・・ まさかのメロン 
何で沖縄行くのにメロン持参か?  ま、後で分かります



DSC05138.jpg
国内旅行だからちっちゃいキャリーで身軽です (でもメロン持参)


DSC05142.jpg
離陸して・・ コーヒーとコンソメスープ飲みながら



DSC05141.jpg
おにぎりとサンドイッチで朝ご飯 



DSC05150.jpg
あっという間にどんより曇った羽田に到着



DSC05147.jpg
沖縄行きの搭乗口まで移動



DSC05148.jpg
通常の連休より1日早いせいなのか それともこの時期沖縄を目指す人が多くないのか
真ん中シートがほぼ空いてます



DSC05151.jpg
離陸の時、スカイツリーを発見! でも惜しいなぁ 先端が雲で隠れてる



DSC05153.jpg
3列シートを2人で利用出来たから、足がとても助かります 


DSC05154.jpg
今度はグレープジュースとコンソメスープ  羽田→那覇 約2時間半のフライト




DSC05156.jpg
最終的に当日チェックした天気予報では、この日はなんとか運良く晴れそうだった



DSC05157.jpg
あの島はどこかな? 



DSC05161.jpg
やっぱり南下すると、海がキレイだよね~  


DSC05165.jpg
高度が下がってきたら、海に私たちの乗ってる飛行機の影!



DSC05166.jpg
沖縄本島が見えた!  晴れてるんじゃない?



DSC05167.jpg
晴れてるよね?



DSC05168.jpg
晴れてる~~~~~ 


悪運の強さでは定評のある夫婦です   しかも今は強力てるてる坊主も持ってる


14.5℃の北海道から30℃越えの沖縄へ降り立った時に、それを実感

今年は4月にタイですでに37℃の夏を体感して9月に沖縄で再び夏を取り戻した


今までの人生の中で、一番夏が長い年かもしれません



その2へつづく




信じるものは救われる!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

そうだ沖縄に行こう その2

朝の最低気温を見て目を疑った  

ここから一番近い観測所の最低気温5℃だと??
多分我が家のあたりはそれよりは少し高いはず・・でも多分10℃ないかな


先ほど今年数回しか活躍しなかった扇風機をしまって「沖縄に戻りたい」と強く思う 

だから旅日記で気持ちを温めますね

DSC05171.jpg
サル吉くん 初めての沖縄に降り立ちました  めんそ~れ
私にしたって20歳の短大の卒業旅行以来だから・・ えーと まぁ相当昔ですね
当時は花の女子大生 就職も決まって浮かれてたから観光地巡り一切省いて
北部のリゾートに一気に向かいアホみたいに日焼けしてたっけ 

だから、初沖縄のサル吉くんと、ほとんど気持ちは一緒で何を見ても食べても新鮮でした

1度サル吉くんは会社の旅行で沖縄に来れるチャンスがあったんです
ただ、その時運悪く私が病気になってしまい そのチャンスをふいにした
だからいつか必ずサル吉くんと沖縄行かなくっちゃと思ってはいたんだけど
本人が「行きたい」ってあんまり言わなかったから15年も行かずじまい

今回突然 「沖縄行ってみたいな」そうサル吉くんがつぶやいた
だからの旅立ちだったのです
でもね、こう書くとまるで私が主催者みたいだけど・・ 旅費はもちろんサル吉くん
「誕生日プレゼントだ!」って言ってくれたので、ホイホイ計画いたしました


DSC05172.jpg
1歩空港出たらこの景色  「あったけ~~~~(暖かいの意)」 by サル吉


レンタカー会社のお迎えのバスに乗り込んで空港近くの会社で手続き



DSC05173.jpg
今やレンタカーで観光が主流なんですね  「わ」「れ」ナンバーの車の多かったこと!


DSC05174.jpg
生意気言うようですが・・ ワイパーとウィンカーが逆の国産車が久しぶりなもので
時々ワイパーが不必要に動いちゃうんだなー


那覇空港到着13時15分  まず目指す目的地は・・「首里城公園」
ひそかに世界遺産マニア夫婦ですから、行った先にある世界遺産は外せません


DSC05175.jpg
公園の駐車場に入った途端、沖縄のタイプ2と遭遇 青い海に似合いそうなカラーです


DSC05177.jpg
今はすっかり目にしなくなった2000円札のデザインになった「守礼門」
門に書かれた「守禮の邦」とは「琉球は礼節を重んじる国」という意味らしい


DSC05179.jpg
第一の正門 「歓会門」 立派なシーサーが守ってる


P1040924.jpg

首里城は創建は13世紀末~14世紀中頃といわれ、琉球王国450年の栄華を極めた名城
でも、戦争時も含め過去に4度も全焼しているから何度も復元されているのです
今の建物は1992年に復元されたものだから、もちろん当時のものではないけれど
きっとこれだけ鮮やかな赤だったんだな・・というふうに想像しやすいって意味では
よくぞここまでちゃんと史実に基づいて復元してくれました! という気持ちになりますね

脇でそっと水を吐いてる龍を見てると、通りかかった係の人が教えてくれた
これだけは500年前の彫刻がそのまま残っている貴重なものなんだって

DSC05184.jpg
鼻先だけは欠けて直してあるらしいけどね  
今調べたらこれは「龍樋りゅうひ」と言って1523年に当時の宰相が中国から持ち帰った彫刻
この水を「瑞泉」と言い、かつての王宮の飲料水として使われていたらしい


DSC05189.jpg
そしてこれが「正殿」 木造建築としては琉球王国最大
舞台とかモニターとかが用意されてたんだけど、どうやら翌日の満月の夜に
イベントが催されるための準備のようでした
この広場は、様々な儀式が行われた重要な広場らしく、その時に位の順に立ち並ぶのに
分かりやすいようにこんなふうに瓦が敷かれているらしい
中央のラインは、神聖な道として国王や限られた人のみが通れたんだって

DSC05190.jpg
中国の紫禁城をモデルに建てられたといわれるだけあって、中国色が強い


DSC05200.jpg
建物内部にあった模型  なるほどねって思うでしょ? 横一列に並びやすいよね


DSC05196.jpg
内部で一番豪華な装飾が施された場所 玉座ですね
この正殿には柱や壁などに33体の龍の彫刻があるそうでよく見るとその龍の爪は
中国の5本より1本少ない4本なんだって


P1040932.jpg
黄色い矢印部分 明るくしてあるところの爪が確かに4本! 今写真を見返して知る事実
中国に遠慮して4本にしたという説があるらしい 謙虚ですね

無料でガイドをしてくれるサービスがあるので、時間のある方は利用するべきです
私たちは、ところどころでそんなガイドさんの話を小耳に挟みつつ自由行動でしたが・・


DSC05191.jpg
王子が客人を接待する時に使ったという部屋で、琉球庭園を見ながらお茶と伝統菓子を楽しめる
沖縄に着いて最初に口にしたのが「さんぴん茶」 ジャスミンの香りで癒される


DSC05192.jpg
「ちんすこう・ちんるんこう・くんぺん・花ぼうる」 4種の伝統菓子付きで300円 これいい!


DSC05199.jpg
一階の床の一部がガラスになっていて、戦前まで存在した石積みの基壇が見える


沖縄行かれたことのある方も多いでしょうから「行った行った 見た見た」と思いながら
読んでいただけると嬉しいし、まだ行ったことのない方には「へー」という気持ちになって
是非足を運んで欲しい場所です 2000年に世界遺産となった9つの遺跡の1つです


DSC05201.jpg
トイレの手洗いも素敵だよ


DSC05202.jpg
ジャー



DSC05206.jpg
建物は復元されたものだとしても、この地に遠い昔華やかな王朝があったと思うと



DSC05203.jpg
長い歴史を持つ沖縄が羨ましい気持ちになる北海道民2人


DSC05215.jpg
「あんなとこに渦!」と、サル吉くん


DSC05216.jpg
首里城をあとにして次の目的地に向かう途中寄ったコンビニで何やら笑顔


DSC05217.jpg
なぜなら これをさっそく見つけたから  その名も「ゼブラパン」


DSC05218.jpg
ピーナッツクリームと黒糖で層になってるから「しまうま」なんですね きっと・・
渦巻き同様「層」になってるものは素通り出来ないと、行く前から相当注目してました


長くなったのでこの続きは その3へ



DSC05178.jpg
一昨日は30℃の場所にいたのになー




さんぴん茶はおかわりできますよ~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

そうだ沖縄に行こう その3

このブログを始めたのは2012年の7月 早いものでもう4年も経ちました
家にいる事に全くストレスはなかったけど、仕事を辞めて世間との繋がりが薄くなり
話す相手が夫だけっていうのもちょっとマズイな・・と思って「ブログ」に目がいった

それまで誰かのブログを見たことも無かった だからその仕組みすら知らず開始
よく分からないまま始めたので、最初の頃の記事を見るとちょっと恥ずかしい

1ヶ月経過したあたりで偶然出会ったブログに心が惹かれ、初めてコメントを入れた
記念すべき私のブロとも第1号 それがよっしーちゃん
偶然にも彼女も同じ時期にブログを開始 そして私と同様迷走中だった 

「コメントの返信が自分に戻ってくる!何でだろ?」 「リンクってどうやるんだろ?」 
「ブロともってどうやるんだろうね?」 私とよっしーちゃんでやり取りしたコメントには
多くのはてなマークが飛び交った 分からない同士だから謎は深まるばかりだったけど

苦労を共にした者ならではの結束力ってのもあるけど
最初は偶然なのかもしれないけど、そこから人と人が繋がるのにはきっと何かあるんだと
私は思っていて・・ それぞれがひそかに持ってる磁石があって、限られたものだけが
引き合う、とかいうね 

そんなブロとも1号よっしーちゃんは沖縄在住 

今はブログをやっていないけど、Facebookで繋がっているので3人の子供たちの成長を
遠くから私も見守らせてもらっていた 

今回の沖縄行き 私たちが行きたいポイントを考慮して宿泊は中部のホテルに決定
よっしーちゃんの住所を地図で見ると、ホテルからそれほど遠くないようだったので
急な話だし忙しいだろうし・・と思いながらもダメ元でメッセージを送ってみた

そしたら「それは是非顔を見にホテルまで行きますよー」 と、嬉しい返事
それからはラインで、私たちが目的としている場所の情報を送ってくれたり
「サル吉くんがゼブラパンが気になってる」と言うと 「えー 普通のパンですよ?」と
驚きながらも「久しぶりに買っちゃいましたよ」と写真を送ってくれたり・・

そしてまさかのよっしーちゃんの旦那さまからのお食事のお誘い提案まで!
「THE 沖縄ってご飯食べましょう」 なんて言ってくれて、ほんとにありがたかった

そんな話がラインで飛び交っていたところで、台風16号が発生!
「3日とも雨予報だし、そんな沖縄は絶対楽しくないから1ヶ月ずらしたほうがいいって
 旦那が言ってます!」と、真剣に心配してくれるよっしーちゃん夫婦

「なんくるないさー」とサル吉くんが言ってると返事すると
「師匠 台風はそういうわけにはいきません」とよっしーちゃん
サル吉くんのことを「師匠」 私のことを「姉さん」と呼んでくれるよっしーちゃんです

と、まぁそんなこんなで 私たちは2人の心配をよそにメロンかついで強行突破!

ドキドキワクワクのご対面は、到着した金曜の夜7時 予約してくれたお店にて・・


首里城を出た時点で午後4時  
ホテルには18時チェックイン予定で、そこからタクシーで店まで行く計画だったので
あと2時間で行ける場所・・ と、最初にナビを入れたのは「海中道路」
ギリギリかな・・と思いながらも向かっていたら、途中からまさかのスコール!
さすが南国 まるでタイのような雨の降り方だった さっきまで青空だったのに上空に黒い雲
こりゃあせっかく橋を渡ってもそこからの青い海は見れないだろう・・と、行き先変更


P1040942.jpg
駐車場に着いたけど、最初はまだ雨も激しくて少し待機  
傘もないけど(持参すると負けた気がして持って行かなかった)どうする?と悩んだけど
ちょっと空が明るくなった時点で外に出てみる


DSC05219.jpg
「中城城跡 なかぐすくじょうあと
ここも世界遺産です 標高160mの丘陵上にあります
数多く残る沖縄のグスク(城・城跡)の中で奇跡的に戦禍を逃れ最も原型をとどめているのがここ
あの有名なペリー提督も、ここの要塞を見て「素晴らしい!」と賞賛したんだって~

激しい雨のあとだけあって


DSC05221.jpg
誰~もいない 


P1040944.jpg
世界遺産2人占め 

なんてはしゃいでたのも束の間 (多分沖縄の人ならこの雲を見て危ないと思うはず)

またポツポツと雨が降ってきた


P1040945.jpg
慌ててここまで走って雨宿りするまでの道のりですでにずぶ濡れ


DSC05224.jpg
この石積みのアーチの門も、とても美しい ペリーさんも「エジプト式」と評したらしい
まだまだここから奥へと全部で6つの郭があり聖地久高島に向かって祈る場所とか
見たいポイントもあったのになー 



DSC05223.jpg
あきまへーん!
駐車場に戻ろうにも雨が止まないとね お互いの姿を見ながら
「この格好で今晩よっしーちゃん夫婦に会うって切ないなぁ」 と
私のシャツなんて悲しいくらいシワッシワ 白いパンツには泥はね多数 



DSC05227.jpg
雨が止んだので心残りだったけど駐車場へ戻ることに 薄い黄色部分の20%しか目にしてない



DSC05226.jpg
顔出しだけでもしとくか!


ではホテルに向かいましょう と、ナビを入れて向かってる途中でまた青空復活


DSC05228.jpg
18時ジャストにホテルに着いた  お世話になったのは「ラグナガーデンホテル」


DSC05238.jpg
フロントでチェックイン時に「本日グレードアップのお部屋をご準備させて頂いております」と
あらラッキー♪って思って喜んでいたら 「それと当ホテルスタッフからお預かりしてたものが」
と言って何やら封筒を渡された  「へっ?」 って、全く思い当たる節がないので多分人違い
そう言おうと思ったら、間違いなく私の名前が書いてある


DSC05491.jpg
部屋でお手紙を読んだら、何とよっしーちゃんのお友達だった
たまたまお友達が働いているホテルに私たちが泊まると知ったよっしーちゃんが
事前にそのお友達に、ホテル近くのオススメ情報を聞いてくれたみたいで
それでわざわざ「お役に立てれば」と、小冊子をプレゼントしてくれて
「楽しい時間を」と、お手紙まで 驚きとともに、じわじわと感激しちゃいました

でもここで泣いてはいけない シワシワの格好な上にこれ以上化粧も取れては!
そしてさっさと準備してタクシーに乗らねば!! 


DSC05229.jpg
でも、こんなオーシャンビューの部屋だもん バルコニーに出たくなるよね
さっきの雨って何だったの?って夕焼けだし



DSC05231.jpg
反対側に虹も出てるし~~ 




DSC05230.jpg
一面オレンジ色だし~




DSC05232.jpg
着いて5時間で、何かもうあれこれ感激しちゃって



DSC05233.jpg
現地のよっしーちゃんも驚くこの天気の沖縄に来れただけで良しとしよう
多少のシワもご愛嬌だ!って気持ちに



バッグの中の北海道土産とメロンを持って 急げーーーーっ




やっぱ旅行はシワにならない服がいいって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

そうだ沖縄に行こう その4

波に乗ってきたので、本日2つ目の記事


ここでちょっと今回宿泊した宜野湾のラグナガーデンホテルをご紹介


DSC05236.jpg
全室オーシャンビュー 私たちの部屋は11階でした 眼下に見えるのは野球場
横浜ベイスターズのキャンプはここで行われ、選手達はこのホテルを使うらしい
ビーチまでは歩いて10分くらいかな 時間に余裕があれば朝の散歩にちょうど良い距離
野球場の向こうが海だなんて、まるでアメリカの球場みたい
メジャーリーグのように、ホームランボールが海上に!ってこともあるのかなー と私が言うと
すごく冷静に「いや、どう考えてもホームランはこっちに飛んでくるから」とサル吉くん
あ、なるほどね パッと見でそんなことよく分かったね



DSC05239.jpg
まずホテルに入ると、開放的な吹き抜け 朝食のビュッフェは、階下右側になります
県内最大級の屋外プールに、ウォータースライダーまである屋内プールに大浴場も!
万が一台風で外に出れなくても、最悪ホテルのプールで遊んでやるか!と思ってた


DSC05237_201609211250166a8.jpg
今回広めのツインにしていただきました  台風を恐れてキャンセルした人いたのかな


DSC05235.jpg
エキストラベッドにもなるソファ このスペースとっても良かった 



DSC05234.jpg
行く前にホテルの口コミを見たら、一番評価が高かったのは朝食 それはいずれ書きますね
ベッドの寝心地も良かったし、海外みたいに必要以上に枕があって邪魔になることもない
枕なんて1人2個あれば十分ですよね 何なら1個でもいい
男女兼用の室内着も、ワッフル生地で着やすかった そして空調が良いのか全然乾燥しなかった
ホテルの部屋が乾燥しちゃうのが嫌で、寝るときにエアコンを切って寝ることも多いんだけど
今回弱めの冷房を入れたまま寝たけど全然平気  隣や上の階の音が聞こえることも
廊下の足音が響くこともなかったから、私としては大満足でした



では・・ いよいよ 4年越しの心の友との顔合わせの場へ!


ホテルからタクシーに乗り、お店の名前を告げると運転手さんはすぐ分かってくれた
国道58号線に出たところで運転手さんが 「渋滞してるので近道でも大丈夫ですか?」と
「お任せしますよ」と答えると 「では!」と言って北海道には絶対無いような細い路地へ
しかもね、ものすごく急な坂道 「この辺は以前アメリカ人が住んでた住宅なんです」
ホテルとよっしーちゃんの住んでるあたりの間には基地があるので、近道となると
その丘を超えるような形になるのでしょう まるでジェットコースターに乗ってるようだった

その近道のおかげで、よっしーちゃん達より先に着いてドキドキしながら個室で待つ私達

まもなくお店の人に案内されてやって来た2人

わー とか キャーとか はじめましてー とか こんにちはー とか ようこそー とか
何か興奮してよく覚えてないけど、そんな言葉が飛び交った後に・・


DSC05241.jpg
少し冷静になるためにも・・まずは飲みましょう   カンパーイ!!!


「さぁ、師匠に姉さん!食べたいと言ってたものどんどんいっちゃってください!」


DSC05243.jpg      DSC05246.jpg      DSC05248.jpg
ジーマミ豆腐に島らっきょう   ラフテー        島らっきょうは天ぷらも食べてみたい


DSC05249.jpg      DSC05252.jpg      DSC05245.jpg
海ぶどう          グルクンから揚げ       お刺身も北海道と比較のため


DSC05247.jpg
本場で一度も食べたことなくて家で何となく作ってた「ゴーヤチャンプルー」
私はこれが食べたかったんだなー ちゃんとスパムで作ってて、豆腐はしっかりした島豆腐
しっかりした苦味のゴーヤが美味しい! そしてもやしが美味しい
どうしてかは分からないんだけど、タイといい沖縄といい南のほうのもやしって臭みがないのね
これはサル吉くんともいつも話題になるんだけど・・北海道って他の野菜はけっこう美味しいのに
どうしてもやしが薬臭いんだろう???

DSC05250.jpg
これはサル吉くんが食べたがっていた「焼テビチ」


DSC05251.jpg
豚足ウマー

北海道にいて私たちが普段それほど北海道らしいものを食べていないように
よっしーちゃん夫婦だって、ここまで「THE沖縄」っていうメニューで頼まないだろうに
全て私達に決めさせてくれて、1度にこんなに沖縄のものを食べることが出来ました
2人で居酒屋に行ったとしても、ここまで頼むことは出来ないから、ホントありがたい
   
沖縄初心者としては、浮かんだメニューはコンプリートです
あと挑戦するとしたら・・ヤギ?   
旦那さんが、お店の人に聞いてくれたけど、残念ながら無かった 
羊が食べれる北海道民 ヤギもいけそうな気がするんだけどね

そこからヤギの話になって、私とサル吉くんが行く前に練習してた沖縄の言葉を披露

「ひーじゃー ひんぎた!」  ガレッジゴリの沖縄ことばで覚えたもんね
もう、ここら辺からはみんなで大笑い  

DSC05257.jpg
「ヤギ逃げませんって!!」と、とても素敵な笑顔の旦那さん


DSC05255.jpg
私とよっしーちゃんで色比較  ほんとに沖縄生まれ沖縄育ちなの?ってくらい白い
この華奢な体で、高校生♂・中学生♂・小学生♀の母だなんて信じがたい


DSC05242.jpg
「姉さんが欲しがってたもの・・買ってきましたよ♪」とよっしーちゃん


DSC05280.jpg
サル吉くんのためにゼブラパンまで用意してくれてた!
惜しい!ゼブラパンはすでにコンビニで見つけたよって言うと、悔しそう
でも、私はこの「焼きだいず」の実物に興奮!!  今回これを買って帰ろうと決めてたのでね
よっしーちゃんにそれを言うと「2人ともほんとに変なものに興味持ちますよね」って評価で
「こんなのスーパーで普通に売ってて、何にも珍しいものじゃないのに?」と不思議そう

だってー 誰かがブログに書いてたんだもん 沖縄でしか見たことのないこの「焼だいず」が
ハマる美味しさだって 


DSC05254.jpg
じゃ、次は泡盛いっちゃいますか!


DSC05253.jpg
もう1つ覚えたうちなー言葉  「まや よーがりーひーがりー」 猫がガリガリに痩せてます
ただ口にしてみたいだけなんだけど、私達はこの2種の言葉を連発  だって楽しいから~




DSC05260.jpg
と、ここでまるで流しのように個室に三線を手にしたお兄さんがやってきた
リクエストに応えて、何でも弾いて歌ってくれるというではないの


DSC05261.jpg
これが楽譜なんだって 全然わからないや



DSC05263.jpg
すごーい! 4人という個室でも、楽しいとこんな風に踊って良いんだね?



DSC05264.jpg
真似してみる



DSC05265.jpg
真似してみる



DSC05266.jpg
三線の音 サイコー

最後にね、このお兄さんがいきなりハッピーバースデーの歌を弾きだした
よっしーちゃんがこっそり頼んでいたんでしょう ここでも私の誕生日を祝ってもらう

そりゃ泣いちゃうでしょー 


DSC05267.jpg
私とよっしーちゃんの磁石で、こんな4人が完成いたしました
私達より年下の夫婦なのに、ご馳走してくれるって言ってきかないんだもん
こんなことなら、もっとたくさん背中にもメロン背負ってくるんだった
いつか北海道にも夫婦で行きたいと言ってくれたので、その時は倍返しだからね!


帰ってきてから、もっと素敵な沖縄言葉を知った

「いちゃりばちょーでー」 いちゃりばが行き会えば ちょーでーが兄弟
1度出逢ったら、兄弟のように仲良くしましょうって意味の言葉なのね 

もー 私ってば、どうしてこういう言葉を覚えなかったんだろう!!
何で「ヤギ逃げた」と「猫ガリガリに痩せています」しか言えなかったんだろう!


DSC05269.jpg
大切な友人がここ沖縄にいます   うにトラ友の会沖縄支部だな
満月の下で、4人で再会を誓って笑顔で手を振ってホテルへ 


「俺はいいよ」とは言わない夫 「お前の知り合いならお前1人で会ってこい」と言わない夫
自分の妻の友達と仲良くしようとする夫  独身の皆さーん  ここ大事です


楽しい事が2倍になるからこそ一緒にいる意味がある


それにしても・・ よっしーちゃんの旦那さん 素敵な人だったなー



いちゃりばちょーでー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

そうだ沖縄に行こう その5

沖縄旅行記・・長いなぁとお思いでしょうが「その5」でようやく2日目突入
でもね、台風直撃してたら屋内プールで遊ぶ水着姿の私達の写真で終わりです
それを考えたら、長かろうときっとこっちのほうがまだいいはず!



DSC05275.jpg
9月17日土曜日 朝5時30分    晴れてるねー 



DSC05276.jpg
西の空にはまん丸の月  沖縄で満月見てるんだな・・私 って気持ちになる



DSC05278.jpg
「いやー楽しかった!!」 昨夜タクシーを降りてからも何度も言ってたサル吉くんは
泡盛にやられ、シャワーも浴びずにそのまま爆睡 こりゃあ起きれないかな?
なんて思っていたけど奇跡的に自力で6時に起床 そしてシャワーを浴びて出てくる


じゃ、いよいよ評判のホテルの朝食ですね? きっと誰もが思うでしょうが・・


DSC05281.jpg
何ということでしょう!  ホテル出発6時30分  そしてまさかのローソンのコーヒー


DSC05282_20160922135427ef1.jpg
そしてコンビニ前で食べてるのは前日買ったゼブラパン


DSC05283.jpg
これすごいよ  2人で1個でちょうどいい   そして170円 

いや、確かにすごく食べごたえあってゼブラパン最高  
でもね、ホテルの朝食を捨ててまで食べるべきかって話になると、それは別


DSC05285.jpg
でも、私達には7時までに行かねばならない場所がある
朝食が7時スタートとなれば、泣く泣く諦めるしかなかったのです



DSC05286.jpg
国道脇にEXCHANGEがあるって、沖縄ならではだねぇ



DSC05287.jpg
一時は全国展開しそうだったアメリカのハンバーガーチェーンA&Wも今は沖縄だけ
帰るまでにはここも是非行かねば!



DSC05288.jpg
到着~  ここは米軍基地キャンプシールズ そこの施設である知花ゴルフ場
沖縄に何ヶ所かある基地は普段は立ち入り禁止だけど、週末になると
フリーマーケットが開催され、その週によって場所が決まっていてフリーパスで入れる


DSC05300.jpg
消防車がもうアメリカ仕様  

軍の人達って、移動とかあって沖縄を離れることになったりするとこういうフリマで
子供服とかおもちゃとか家庭用品とか日用品を処分したりするのが普通みたいで
そんな中に、たまに掘り出し物があったり私達が好きなビンテージの食器があったり
そういうのを求めて地元の人や観光客 そして仕入れ業者の人達に人気なのです

この知花のフリマは早朝7時スタート  早い時間に来ないといいものはなくなっちゃう
そうなると、やっぱり7時到着を目指したい


DSC05290.jpg
こんな雰囲気です  中には商売としてフリマ出店してるって人もいるけどね
ミリタリー関係のものとかもあるから好きな人は楽しいんじゃないかな

子供服とかおもちゃなんかは、地元の人達がすごく真剣に品定めしてました

そう、サル吉くんが急に沖縄に行きたい発言をしたのは、最近の我が家の興味が
アメリカビンテージものに集中してるから
アメリカ本国に行かずに、アメリカものをたくさん目にできるとしたら・・沖縄じゃないか?
そういう結論に至ったのですね 
一体どれほどの品揃えなのか・・それを自分の目で見たかったのでやって来たというわけです

そういう目的の旅ってことを、沖縄在住のよっしーちゃんに伝えた後に、2人で気になったこと
それは、そんなミーハーな気持ちで米軍キャンプのフリマに行こうとする県外の私達と
沖縄の人達との温度差について・・ そこらへんはどうなんだろう?
そういう疑問は、もう直接聞くしかないよね だから4人で食事したときに聞いてみた
そして思ったのは、いかに報道で私達が得る情報が少なく偏ったものか・・ってこと

違う場所で違う沖縄の人と話しても、その感想は全く同じだった
ここで長々と書くと、また違う内容になっちゃうからやめとくけど、何でもそうだけど
一方的な話を鵜呑みにしてはいけないんだってこと これが大事なんだなと


DSC05289.jpg
雑誌にも取り上げられるてるこの方 日本語話しそうな顔立ちっぽいけど日本人じゃない
ファイヤーキング目当てでここに来た人は、みんなここに群がってる (私もね)
安いものは1500円くらい ただし、ある程度ちゃんと自分でチェック出来ないと
その中で状態がいいものを買ってこそお買い得ってことになると思う

吟味に吟味を重ね、私が選んだカップを購入しようとしたら 「どこから来たの?」と聞かれ
「HOKKAIDO」と答えると「Oh! Hokkaido No.1 fishね~♡」 とかなんとかってことになり・・
その北海道というワードのおかげでとても話が弾み(相当遠くから来たってイメージなのか)


DSC05496.jpg
何個か買ったうちの1つがこの翡翠色の「ジェダイ」というシリーズなんだけど
高くて今まで手が出ずここで決断! そしたらその店主のおばさまが・・
私を車のところに連れて行き、違うカゴに入ったジェダイを見せて
「こっちのほうが年代が古くてしかもいいものだから・・同じ値段にしてあげる」と囁いた
ファイヤーキング カップの裏の刻印で作られた年代が違って、もちろん古いほうが高い

ほんとー?私の初めてのジェダイなの!ありがとーーーっ♡ そりゃ私の中学英語も弾む

結局ここで5個カップを買い、サル吉くんは軍の人がヘルメットの中に防寒で被るような
変な帽子を買い、終了  
この日は第3土曜日 別のキャンプで12時から始まるフリマもあるので次はそちらに期待


DSC05292.jpg
軍関係者のファミリーが、ワンコを連れてドッグランで遊ばせてたり
お揃いのユニフォームを着た子供達が野球をしてたり、
ショートコースをのんびりラウンドしてる外人さんが遠くに見えたり
もちろんアメリカ人も多いんだけど、思った以上に地元の人達の姿が多い
普通に散歩がてらぶらぶらしてるっておじさんとかね

あ、あのおじさんは地元の人だね ワンコ連れてる 

え?





DSC05291.jpg
ワンコじゃない  あれどー見ても 「ヤギ」だ    リードなしなのにすごく懐いてる!!

「ちょっとトイレ行ってくるね」と行って車から降り、数分で戻るとサル吉くんが誰かと立ち話
地元のおじさんが 「変わった犬だと思って見てたらヤギだったねー」と話しかけてきたらしい

「嘉手納の道の駅行ったら基地の飛行機見れるから行くといいよ」
「ここ出てすぐ左に曲がってず~っと行くとダムもあるしね」
とにかく皆さん親切です(^-^)


DSC05293.jpg
次の目的地 キャンプキンザーの前に、ちょっとディープなスポットに寄り道

このキャンプシールズの基地の脇の細い道路には、知る人ぞ知る無許可のフリマがある
別名「どろぼう市」 



DSC05294.jpg
前の車もそこに向かってる?



DSC05295.jpg
ベトナム通りと言うそうで・・ 対向車が来たらギリギリです



DSC05296.jpg
なるほど・・




DSC05297.jpg
不思議な品揃えです  ハニワとか売れるのか?  



DSC05298.jpg
米軍放出品かな  網の向こうは基地  上手に使ってディスプレイしてますね

別に売れても売れなくてもいい感じで、地元のおじさんたちが楽しそうに集ってて
時に三線弾きながら歌ってたりして でもそのおじさんは上の写真のような
迷彩柄の半ズボン履いてたりして 上手く表現出来ないけど・・
ある程度の受け入れ、そして共存、生きるためのいい意味でのしたたかさだったり強さ
長く続いた琉球王国の誇り たくましさ その先にある温かさ いろいろ感じました
痛みを知っているからこそ人は他人に優しくなれる
たった3日で何を語る!って感じですが、行かなきゃ絶対肌で感じることはできません


DSC05304.jpg
親切な地元のおじさんのオススメ「道の駅かでな」 に来てみました 


DSC05301.jpg
土曜日のせいか 何の動きもなく・・でもこんな近くで戦闘機飛んじゃったらそりゃうるさいよね



DSC05305.jpg
すごく気になるもの発見 県内唯一オーガニックで育ててるグァバの生搾りジュースだって



DSC05306.jpg
さっき絞って運んできたばかりらしく、全く冷えてないけど・・ うまーっ!


DSC05308.jpg
次のフリマに行く前に、早めにご飯にしよう  だってまだゼブラパンしか食べてない



DSC05314.jpg
到着  「高江洲そば」




DSC05311.jpg
ソーキそばはもちろんだけど・・


DSC05310.jpg
これ食べてみたかった  ゆしどうふそば   そしてジューシー



DSC05309.jpg
11時に着いたけど、混んでたから人気のお店のようです


DSC05313.jpg
ソーキはトロトロ ゆし豆腐はふわふわ そして固めの縮れ麺 異なる食感ですごく美味しい


早起きしたから午前中でこんなに遊べた  でももちろん午後も楽しまなくっちゃ!


ってことで つづく




ヤギって懐くのね~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。