春の植物と同じ勢いで・・

雪解けがどんどん進んでおります

P1040338.jpg
2階の居間から見下ろす庭風景  あともう一息ってとこですね
「まだ雪があるの?」 と、お思いの方もいらっしゃるかと思いますが・・これでも今年は少ない

去年の3月24日の庭の様子は・・ ⇒こちら


ね?



P1040339.jpg
ちゃんと雪の下で花の準備をしていたクリスマスローズ  


P1040340.jpg
チューリップの芽  

毎年同じ事を言いますが・・早春の植物の勢いに元気をもらえる気がします


2010年の私たち夫婦には、それに匹敵するほどの勢いがありました 
5月の連休にタイに旅立ったのは、先日綴ったばかりですが・・

「今年は順調にお盆休みが取れそうだ!!」  と、サル吉くん
8月14日が土曜日・・ってことは私は土日が休みだから・・ 

よし! じゃ、私も16日~18日に休みを申請しちゃうよ! そう言って職場に夏休みの申請



バンコク3 002
タイに行って3ヶ月後・・  まさかの2度目のタイ旅行
こんなに間隔が短い旅立ちは初めてのことです  今でもこの時の勢いをすごいと思う


バンコク3 003
毎回車を預けるパーキングです   看板が私の車とお揃いでしょ


バンコク3 010
決断して、予約して、飛び立つまでがほんとあっという間だった


バンコク3 013
2回目の旅は、成田経由  5000円プラスすると早い飛行機でバンコクに着くというので
成田を午前11時に出る飛行機でバンコクへ


バンコク3 014
だって、今回は3泊4日  短い日程だから少しでも早く現地に着きたいもんね


バンコク3 017
JALさん 機内食も美味しゅうございます


バンコク3 018
「今度はどんなタイご飯に挑戦する~?」 と、食べながらすでに現地の食事の相談


バンコク3 020
時間つぶしにゲームやって~


バンコク3 021
アイス食べたりしてるうちに、まだ明るい時間帯のバンコクに到著


バンコク3 024
飛行機降りて、入国審査に向かう通路の壁がすでにタイなのよね あちこちにランの花もあるし


バンコク3 022
すごいね ほんとに来ちゃったね  自分たちで決めたわりにちょっと驚いてる2人 

それほど「何か」に動かされたかのように再びタイを目指した気がするんです
よっぽど水が合ったのか(飲めない水だけどね)・・ 
ゴキ○○体験が逆に強い印象を残したのか・・

よくわからないエネルギーに巻き込まれて来てしまった2度目のタイ旅行記が始まります





まもなく積雪ゼロ!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

多種多様

暑いと異常に暑い 乗り物乗ったら異常に寒い 汚いところはとことん汚い
入った途端すごくいい匂いのする見たことないくらいキレイなハイソなホテルがある
人・車・もの・・それらカオスの中でぐるぐる回って帰ってくるからヘトヘトで家に戻ってくる

それなのに、なぜ私たちは3ヶ月しか経たずにまたこの地に来てしまったんだろう・・


2010年8月  2度目のタイ   今回はホテルを一気にランクアップ
・・っていうか、このお盆の時期のタイのツアーもまだデモの影響が強くて人気薄だったんで
相当価格が下がっていたんです  だから私たちにも手が出せた

バンコク3 030


バンコク3 029
初回のホテルと広さ的には変わらなくても、そこは天下のインターコンチネンタルホテル
何が違うって、朝食の質! ここ感動ものでした  何しろ3ヶ月しか経ってないから違いが明確

この時は、立地の良さも選択ポイント ホテルから徒歩1分でBTSの駅に行ける
これによって、行動範囲が広がります  その分到着前にみっちり下調べしました



バンコク3 025
カメラやカメラのストラップが映りこんで見づらいですが、是非見て欲しいのがこの写真
ホテルの部屋から見下ろせる大型商業施設「セントラルワールド」が黒焦げ
(※ 中央にオレンジの顔がありますが、サル吉くんのTシャツのドクロ模様です)

5月に私たちが訪れた直後に、デモの混乱時に火災発生で大変な状況に
その後復旧しましたが、この時はまだほとんど手つかずの状態に見えました 怖いわー


バンコク3 031
街中あちこちに、このようなキレイな祠があります そして必ず誰かが祈っている

成田経由でバンコク入りしたので、午後3時半頃到着  さっそく街歩き開始です


バンコク3 033
地下鉄に乗ってみましょう   券売機はタッチパネル式
タイ語表記になっているので「ENGLISH」で英語表記に切り替えて行き先ボタンを押す
運賃が表示されたらお金を投入 そうすると、チケットの代わりにこの黒い「トークン」が出てくる
乗るときはこのトークンを改札の所定の場所に触れさせ、降りるときは投入口に入れて降りる


バンコク3 036
サル吉くんがネットで調べた情報をもとにやってきたのは「ラチャダーナイトマーケット」
古い車関係のパーツや関連商品が並ぶらしい っていう情報だったけど、ちょっと期待はずれ
後から知ったけど、この当時はこの場所のマーケットはもう勢いがなかったらしい


バンコク3 035
それでも、タイプ3と出会ったりしてちょっとテンション上がるサル吉くん
ナンバープレートがタイ文字ですから~  
初回は知らずに来ちゃったけど、実はタイは旧ワーゲンたちが今でもとても多くて
しかもちゃんとメンテナンスされたとってもキレイな状態で走ってたりする
そこらへんも、私たちがタイに魅せられた理由の1つでもあるわけです


バンコク3 042
最初の目的地は、ちょっとがっかりに終わったけど・・歩いたことでほどよく空腹に
ホテルからも徒歩圏内のショッピングセンター「サイアムパラゴン」のフードコート
青パパイヤのサラダ「ソムタム」や、茹で鶏ご飯「カオマンガイ」 定番だけど
まずは体をタイに慣らすためにも食べるでしょ

バンコク3 043
パッタイもね  ここは屋台はちょっと・・という人でも絶対大丈夫な清潔さ
しかも高級な雰囲気のわりに値段も他のフードコートとさほど変わらない


バンコク3 044
ちなみに、食品売り場もおしゃれです お土産を買うのにも重宝する
果物売り場もさすが南国  北海道では見かけない種類がメインで並んでます


バンコク3 040
BTSって、高架を走っているんだけど、駅と駅の間を繋いだ通路もあるので1駅くらいなら歩ける
ホテルが便利な場所ってやっぱり大事  ビールなど買い込んで、初日の夜は早めの就寝

バンコク3 049
翌朝・・  夜中凄まじい雷の音で目が覚めた  スコールもすごそうだったけど
朝起きて外を見ると、曇天ながら少しずつ空が明るくなりつつあった  ラッキーではないの


バンコク3 056
待望の朝食  前回は、タイ人の女の子連れ込んだ日本人のおじさんとかいたけど
さすがにここにはいなさそう

バンコク3 062
デザートブースが女子の心を鷲掴み  朝だから果物にしたけど、ケーキ類も美味しそうだった


バンコク3 055
ふわっふわのオムレツ焼いてくれるしね


バンコク3 059
おしゃれな雰囲気だと、盛り方もちょっと考えるよね  でも何度もお代わりするんだけどね



バンコク3 064
じゃ、2日目行動開始   この日はまずBTSで移動


バンコク3 066
チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットに到着

バンコクの北部 BTSの「モーチット駅」の近くに週末の土日だけ開かれる巨大な市場 
店舗数は1万を超えると言われ、毎週20万人以上が訪れるという想像を超える場所 

バンコクに来るなら是非土日にぶつけてここに来てみてほしい 
多分今まで見たことのない世界を体験出来ます 

バンコク3 077
衣料・雑貨・アクセサリー類・陶器・家具・仏像・古美術・・etc.

バンコク3 078
マーケットの外れには、闘魚や熱帯魚も袋入りで売られてる


バンコク3 079
こんなの見ても買わないんだけど、面白いからつい見ちゃう


バンコク3 081
うさぎ 250バーツ   昔は象まで売ってたらしいよ


バンコク3 080
つぶらな瞳でこっちを見ないでー    初めて来ると、こういうのも見ちゃうから相当疲れます


バンコク3 072
水分補給は大切

バンコク3 068
市場内は、食べ物屋さんも飲み物屋台もいっぱいあるからその点は心配なし


バンコク3 082
よっぽどの潔癖症じゃなければ・・ね


バンコク3 076
店の裏側で見かけた風景  多分お店の人たちのまかないご飯
ホーローの洗面器に盛られたご飯やおかずが いい感じです


バンコク3 083
市場を出たところの公園で、マンゴー売りの屋台でマンゴー購入  60円の幸せ  
気合を入れて市場を堪能しようと思えば、1日がかり いや1日でも足りないかも・・


バンコク3 088
でも、私たちは次の目的地もあったので、また移動   今度は船


バンコク3 089
チャオプラヤー川を行き来してるボート  渋滞知らずの便利な移動手段


バンコク3 090
お世辞にもキレイと言えない川だけど、周囲の景色を楽しみながらの移動はオススメです


バンコク3 091
リバーサイドに建っている高級ホテル専用のボートなんかも見かけます


バンコク3 098
何と言ってもテンション上がるのは、やっぱりこの「暁の寺」 ワット・アルンを通り過ぎる時


バンコク3 113
船でやってきたのは、バックパッカーの聖地 カオサン
旅番組でもよく登場する アジアナンバーワンのゲストハウス街です
人種のルツボ状態のスポット 夜は相当賑やからしい


バンコク3 104
じゃ、ルツボの中でお昼ごはんにしましょ


バンコク3 112
料理を作っているのはこんな場所ですが・・


バンコク3 107
でも、道行く人を眺めながら、瓶ビールを直のみして食べるとね 美味しいのよ~


バンコク3 105
限られた短い時間で歩いてるから、市場もカオサンも全然極めることは出来なかったけど

ちょっと迷い  ちょっと不安にもなり  2人で確認しあい  そしてたどり着く

1回目とは違う、自分たちの足だけで楽しむバンコクは、このちょっとしたことが楽しい



バンコク3 115
日本人がオーナーのお店 ここものすごく好きだった   


バンコク3 118
このおじさんだって、船着場の地図をこんなにガン見してるってことは観光客
おじさんに出来る事が私たち出来ないはずがないのだ! 


ってことで、明日に続く


今回遺跡は出てきません!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

ガイドブックに書いてないこと

ここ最近続けてきた過去の旅行記  多分今日で一区切りとなりそうです
2010年8月のタイ 最終回です


バンコク3 119
カオサンからの帰り道  やっぱり船に乗って戻ります
前に座った西洋人カップルの後ろ姿を見ながら・・

ほんとお人形みたいな髪質だな ぐちゃぐちゃでも様になる柔らかさ いいなー  といつも思う

私もサル吉くんも、寝起きの髪ではうっかり外に出られません

この船に乗ると、独特の音の記憶が残ります
まず船内には切符売りのおばちゃんが乗ってます そのおばちゃんにお金を払って切符を買う
そのお金が入った缶を、おばちゃんがガラガラ鳴らしながら(中に小銭が入っている)歩くんです
お金を払うと、収入印紙のような薄い紙の切符が渡されます

そしてもう1つの音  船着場に船が近づくと、船頭さんが甲高い口笛を鳴らすんです
大都会のバンコク 地下鉄もBTSも札幌より断然キレイだし電光掲示板も先をいってるし
電車内にモニターがあってCMなんかも流してたりする その一方でこういう船もある
新しいものと古いものが混在してる面白さ  香港でも感じたけど、アジアのこういうとこが好き


そしてたまたま夕方6時に駅の構内を歩いていたとき、突然音楽が流れ始め
周囲を歩いているたくさんの人たちが突然その場に立ち止って静止画像のように!
一瞬何が起こったか分からなかったけど、それが毎日朝晩同じ時間に流れる国歌で
国民は敬意を表すためにその場で立ち止まるという事を後で知ったときは驚きました

国歌が終わると、再び何事もなかったかのように歩き出す人々 一時停止ボタン解除・・みたいに


こういう、ガイドブックだけではなかなか分からないような事を現地で体験出来ると
旅っていいなと思うのです


バンコク3 120
夕食は、こちらで


バンコク3 121
毎回でもいいくらい「ソムタム」好き  相当辛かったけど、現地の人はさらに辛いタレ利用


バンコク3 122
本当は、タイでは右手にスプーン 左手にフォークを持って食べるのがマナーらしいけど
実際やってみると食べづらいのね~ つい右手にフォークを持ってしまう




バンコク3 124
ホテルに戻る途中  バンコク最強のパワースポットと言われる神様をチラ見
暗くなっても、お参りする人の姿が絶えません   明日ゆっくり行くからねー



そして翌朝・・3泊4日の旅も最終日 

バンコク3 123
バンコクに来るときは、着替えは現地調達でOKということを初回で学んだサル吉くん
この時は、家からは予備に1枚しか持って行かなかったので、現地調達のワーゲンT着用
好みの麺で作ってくれる麺料理を堪能しています


バンコク3 125
朝から晩まで作ってもらったご飯で過ごす日々  主婦にとっては何よりの幸せ


バンコク3 127
フルーツ天国バンザイ  奥の小さなじゃがいもみたいのはロンガンという果物 
見た目こんなだけど、白い果肉が甘くて美味しいのです



バンコク3 131
朝食後まずはこちらでお参り

ヒンドゥー教3大神のひとりで創造の神ブラフマー


バンコク3 132
4面体なので、4方向からお祈りします

タイで最も霊験あらたかなスポットと言われている場所です
タイの人々にとって、徳を積む行為「タンブン」はとても重要なこと
「徳」は貯金のように貯めることができ、多く積めば積むほど来世に幸せをもたらすと信じられてます
仏教でありながら、古くから根付いているヒンドゥー教の神々や精霊にも祈りを捧げます


バンコク3 138
街の中心部のほんの小さな一角なんですが、ここだけ煙がもうもうと立ち込めてる


バンコク3 136
私だって信じますよ 目に見えるものだけが本質じゃない どこかでそう思うから


バンコク3 134
このとき、同僚が入院中で私たち周囲の人間は、一丸となって一緒に戦っていた
必死に祈ったのを思い出します


バンコク3 144
実は、宿泊したホテルの入口にもパワースポットがある


バンコク3 143
確か、商業の神様だったかな   お金に関することならサル吉くんに祈ってもらいましょう


バンコク3 147
最終日だから、途中でタイのドリンク剤を飲んでパワーチャージ  再び外出


バンコク3 153
買い物の合間にフードコートで昼食  グリーンカレーと


バンコク3 150
あっさりワンタン麺と 空芯菜炒め  この組み合わせはほぼパターン化してる


バンコク3 151
「奥様の2度目のタイ記念に・・」 と、サル吉くんがこんなの運んできた


バンコク3 154
ヤシの実ジュース  記念にはなるんだけど、さほど美味しいものでもないよね

バンコク3 156
マックの9バーツのソフトクリームも食べ納め   30円だもの食べとかなきゃね



思い残すことないように、街歩きを再開 


バンコク3 159
そして最後の晩餐は、もちろんタイご飯   邸宅を改装したレストラン 「マンゴーツリー」


バンコク3 161
西洋人多し

バンコク3 165
前菜的なものも辛いの


バンコク3 157
春雨サラダ「ヤムウンセン」 もちろんこれも辛い


バンコク3 163
この当時は、夏でも地元で空芯菜なんて手に入らなかったから、とことん食べとく



バンコク3 171
最後にスーパーに寄ってお買い物  タイしゃぶの辛いタレと制汗パウダー
暑い国だからこういうパウダーのコーナーが充実してます
レトロな缶の左のパウダーは、 使う時に周囲が汚れるのが難点だけどスースーして気持ち良い
青い小さな固形のは男性用 絶賛発売中!みたいなCMに釣られて買ったけどおじさん臭くて✕


バンコク3 170
シメのフルーツはもちろんマンゴーと・・ 人生初の 「カスタードアップル」


バンコク3 172
釈迦頭という別名があるのも頷けます


バンコク3 174
カスタードと言うだけあって、柔らかい白い果肉はなめらかで甘い 種がちょっと邪魔だけど

あー満足!! と言いながら就寝  帰りも成田経由だから出発は朝


バンコク3 179
搭乗ゲートの表記 タイ語と英語が交互に出ます  多分「東京」って意味


バンコク3 185
最後に空港でする買い物もまた楽しかったりする  市内よりは高いけどね


バンコク3 188
3ヶ月前に来たばかりだから、この時の買い物は2人合わせてこの程度
右半分は翌年夏の車のイベントで販売しちゃったから手元に残ってません  

自分で作ったアルバムの最後のページに書いてある私の「旅の総評」

「4日間あればこんなに楽しめるから、時間はほんとに不思議。
 家でゴロゴロしてたら4日なんてあっという間に過ぎていく。
 またいつか・・ というか、きっとまた・・    」

その私の 「きっとまた・・」 が、我が家の場合 すでに2回実現してる

思いや願いは口に出したり言葉にして書く事で、パワーを強めるのかもしれません


だから   きっとまた  私たちは旅に出たくなる

いい季節がやってきました  バッグ斜め掛けにして、どこかにお出かけしましょうか~ 




春が来たーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。