再びタイムトラベル

2月なのに、昼間たとえ2時間だけでも暖房を切れるってすごいことです

P1040182.jpg
日差しを浴びた豆苗  冬はさすがに成長しないかなって思ったら・・


P1040183.jpg
ほそーいツルが太陽に向かって延びてます  もう1回食べれそう 


過去の香港シリーズで勢いを得た私  次は思い切って時間をまた逆戻りしますよ
今が2015年だから、キリのいいところで1995年ってどうでしょう? 古すぎる?
20年前なら、仲良くしてるブロともさんの中で、まだ生まれてないって言いそうな人はいないし・・

一番長く働いた最後の職場に入ってまだ1年くらいだったかな
もちろん私はまだ独身  サル吉くんとも知り合っていない
ここではもうおなじみのS苗とはその前の職場から一緒 ちょっとの差で2人ともこの病院へ
そこで仲良くなったのがるーるー 

事の発端は私とるーるーが「どこか暖かいところに旅に行きたいよね」という会話から
確かそれは1995年の3月くらい  北海道はまだ雪の残る季節 いい加減寒いのに嫌気がさす時

「そうだ!房総半島のお花畑ってどう?」 から始まり 「私の同級生の友達が鴨川シーワールドにいる」
いいねー 行きたいねー 行こうか?  S苗ちゃんも行こうよ! 3人より4人が良くない?
じゃ、私の友人のみーみーも誘ってみよう!!  行こう行こう~~


で、結局話がまとまり4人で旅に出たのが 1995年6月17日  


行き先は メキシコのカンクン & フロリダのオーランド 6泊8日の旅 

独身女のやることですから、とりとめないんです  今となっては何故千葉の旅がこうなったのか・・
でも、4人が4人とも思っているのは 「あの時行っておいて良かった」 ということ
その後結婚して豪華な新婚旅行に行ったるーるーでさえ 「あの4人旅行が一番最高だった」と言う

カンクンってどこ?って思う人のために・・ アメリカの東海岸を思い浮かべていただいて
フロリダ半島の先 カリブ海の向こう側はメキシコなんですが、そこにあるリゾート地なんです
多分今でもカンクン・フロリダとかカンクン・ジャマイカとかを組み合わせた旅行はあると思う

その1年前に私は1人アメリカへ ちょうど2番目の病院を辞めて次に移るまで時間があったから
当時社会人留学中の友人を訪ねニューオリンズへ そこから友人達と車でフロリダへの長旅
本当は、そこにタイムスリップしたいんですが、車に置き去りにしてたカメラが高温で壊れ写真がない
ロードムービーのように旅をしたし、ニューオリンズの町並みの写真もないのはとっても残念

でもその時行ったオーランドの「ディズニーワールド」のすごさを私が語ったことが
もしかしたらこの旅行を決めたきっかけかもしれません みんなディズニー好きだったしね


ここで注意喚起  何しろ昔の写真 しかもリゾート地 見たくもない水着写真とかあるかも お許しを


カンクン (1)
成田空港第2ターミナル   北国出発だと、もう成田に来ただけで旅の途中気分



カンクン (2)
アメリカ ダラス空港で乗り継ぎ  
1人でニューオリンズまで行った時も、ここで乗り継ぎ でもその時は大変だった
成田出発時からすでに機材トラブルで離陸が遅れ、ダラスに着いたら乗継便は行ったあと
次の飛行機は3時間後 でもニューオリンズの空港で待ってる友人に連絡する術がない
(何しろ携帯なんてない時代) 
1人でテンパる私 何とかカウンターの人にその旨を必死に伝えると
「分かった分かった 向こうの空港に連絡してアナウンス入れてもらうから心配するな
 次の飛行機の手配は出来たから、このミールクーポンで何か食べておいで」

今考えたら親切な話なんだけど、当時の私は不安で不安で食べ物なんて喉を通らない

次の飛行機に乗ったら気流の関係でめっちゃ揺れた 隣のアメリカ人のおばちゃんと手を繋いだっけ
ようやくニューオリンズに降りたら夜の9時  乗客の皆様は荷物を持ってさっさと出口へ
スーツケースを受け取り、友人の姿を探すもどこにもない っていうか係員さえいない
外に出てみたら、出口にはタクシーの列 ドライバーは全員黒人(アメリカ南部だからね)
それだけでビビっちゃう私  フリーの旅 今夜の宿さえ決めてない 連絡も出来ない

10分くらい放心してスーツケースに寄りかかってたら、友人達が登場

そりゃ私、号泣ですよ    

彼らは彼らで大変だった 予定の飛行機に私が乗ってない カウンターで聞いたら名簿にない
あれこれ調べてもらってる間に、空港前に停めてた車がレッカーされてたらしい
それで今度は車を取り戻しに行ったりしてる間に私が到着ってわけ   
今思い出しても、あの時の心細さは過去の中では1・2を争う出来事かも


カンクン (3)
メキシコ カンクンに到着   1人じゃないってこんなに楽しい  間に入ってる笑顔の人達は
知らない空港職員  乗り継ぎありの長いフライトで疲れもあったから何となく笑顔で写真





カンクン (5)
そして翌朝のカリブ海!!    同じ地球にこんな色の海があるのかって思ったね
しかも海水温かいww   北海道の夏の海 長く入っていたら唇が紫色になるもんね

それにしてもなぜフロリダとカンクンを合わせたか・・ それは雑誌で見た1枚の写真から
当時の雑誌の特集で、世界の素敵ホテルの紹介があって、カンクンのホテルの写真が最高だった
コーラルピンクの小さなリゾートホテル  
部屋の窓が大きなかまぼこ型 そこから見えるエメラルドグリーンの海
その時泊まったホテルはもっとゴージャスな海辺の大型リゾートホテルだったけど、散歩途中見つけた!



カンクン (4)
あれ?  これなの?   夢に描いていたホテル「バカラ」はこんな色に・・
確かに見覚えのある窓だったけど・・ これには大きく落胆   下手したら田舎にあるホテルだよね


カンクン (7)
良かったよ こっちのゴージャスホテルで・・  部屋からはもちろん一面のカリブ海
ホテルのプールには・・


カンクン (11)
そのまま座れちゃうバーもある    この時1ドル85円  一番円高の時期の旅です




カンクン (6)
どんなごはんだったか・・とか、 ホテル以外を散策した時の写真が全然ない!
そんな時代なんですよね  20年経ってからブログで公開するなんて想像もしてない

当時ダイビングをやっていたるーるーとS苗ちゃんは、オプショナルでダイビングへ


カンクン (9)
日差しが強い午前10時~午後2時は外にはあまり出ないで  そう言われたって
守るわけのない20年前のみーみーと私は、もちろん海辺を満喫 
今となっては懐かしいゲームボーイをやるみーみー


カンクン (10)
こんなことしてたから、今やすっぴんでいられない肌なんだな
だとしても、これ以前に行ったグアムともこの後行くハワイとも違うカリブ海のエメラルド色を
3日間存分に楽しんだ事に、何の後悔もないのでした 


もし今行ったら、一体何枚写真を撮るんだろう? 
カンクンの周辺には、チチェン・イツァというマヤ文明の遺跡が世界遺産としてあるんです
今の私なら、海辺で遊んでばかりいないでオプショナルで遺跡巡りしてるに違いない
もうあんな遠くまで行く自信はないから、やっぱり若い時に何でもやるべきことはやっとくべき


でも当時のお気楽4人組は、3日間リゾートを満喫していざフロリダへ! 後半へつづく




また始まったーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

必ず誓うリベンジ

みなさん こんばんは
私の過去を振り返るシリーズ アメリカ編 つづきです (^-^)   


「敷地は山手線の1.5倍です」  そう言われても、ピンとこない北海道人

でも行けば必ず身にしみます  これは・・ 1回では無理かも・・とね

そんなとてつもなく広大な夢の国 
それが日本から飛行機で15時間 フロリダ州オーランド郊外の「ウォルト・ディズニー・ワールド」

ガイドブックにはすごいことが書いてある

「本気ですべてを堪能しようと思ったら1年かかると言われている」
20年前友人と行った時には、まだ第4のテーマパーク「アニマル・キングダム」がなかった
それでも3泊の滞在で、かなり悩んで見るべきところのポイントを絞りました
だってね オーランドには、ユニバーサルスタジオ・フロリダもあるんです そりゃ悩むでしょ

家族連れのアメリカ人とかは、1週間以上の滞在だったりでそりゃゆったりしてる
休みの少ない日本人にとって、ここは「必ず味わう敗北感」がお土産です


フロリダ (4)
カンクン⇒マイアミ⇒オーランド ところがこの日マイアミが嵐 雷がすごかった
とりあえず搭乗したものの飛行機が一向に動かず、結局1度降ろされ空港待機
多分、4人の子供たちに見えたのかな・・ この時利用したアメリカン航空の地上係員のおっちゃん
トランプくれたもんね   そんなわけで予定より遅れて到着
この日マジックキングダム(東京で言えばランドと一緒)は夜12時までやってると分かり
すぐにホテルを出発しちゃう元気が、その当時はありました


フロリダ (3)
暗くて何の写真だか分からない・・ 


フロリダ (2)
カンクンでさんざん遊んだ私達ですから、暗闇だと見分けつかないほど日焼けしてます
滞在ホテルは当時はリゾート内では2番目に良いとこ もちろん朝食にはキャラクターがやってくる
12時ギリギリまで遊んだあとでも、ちゃんと早起きして万全の体制でキャラを待つ


フロリダ (5)
ディズニーに興味ない方へご説明  これがチップ&デールのデール
そして隣が舞妓さんかってくらい白塗りしちゃってるみーみー  20年前の日焼け止めって
こんなふうに青白くなったよねー にしても塗りすぎ


フロリダ (6)
何で私の時のデールは、ヘッドロックししてるように見えるんだろう


フロリダ (7)
やっぱり、本場のグーフィーはでかいのですよ  (なかの人がね・・ゴニョゴニョ)



フロリダ (9)
洋服が違うから、多分これは翌日の朝食シーン   今度はチップ&デールのチップね
さぁ・・これであなたもチップとデールの違いが分かってきましたね?


フロリダ (11)
これがこの時3泊した ディズニー・ヨット&ビーチクラブ・リゾート 調べたら今でもあるらしい
18世紀後半の、ニューイングランド地方の高級シーサイドリゾートをイメージ
って言われてもイメージ沸かないけど、水辺に面しているので、ボートに乗ってパークに行ける
滞在2日目の朝は雨が降っていたので、パーク内で買ったポンチョ着用
これ今でも持ってる


フロリダ (12)
何をやっても楽しいお年頃ですから・・   雨すら楽しかったはず


フロリダ (8)
部屋はこんな感じ   ニューイングランドだから (か?)  
枕元に置かれたおかしなぬいぐるみは、S苗がパーク内のゲームでゲットしたもの
当然連れて帰らないと思いきや、結局大事に日本に連れてきたS苗  
空港でスーツケースに混じって、こいつがターンテーブル上を流れてきたときは笑えた
確か手首にタグを巻かれてたんじゃなかったかな

素敵なホテルだったことは記憶してるけど、何しろテーマパーク巡りで忙しくて
ホテル内の探検どころじゃなかった  ほんと休みの短い日本人って損だよね


今になって、写真を改めて見直して・・ 一番自分で面白いって思ったのはこの写真 ↓

                         

フロリダ (10)
プルートの「人感」 がハンパない  長い鼻先がなければ、ただの黄色いおじさん

でも、差別するわけじゃないんだけど、やっぱり西洋人の子供たちとキャラたちの姿は
そりゃあ絵になるわけです 


フロリダ (14)
結局、ユニバーサルスタジオ・フロリダへも行った私達  気づくと雨も上がってるからこの後脱ぐ



フロリダ (13)
当時のこのお兄さん達だって、今や相当なおっさんだね


P1040184.jpg
こんなチケットまで写真と一緒に取ってありました  

東京に、ディズニーランドとディズニーシーがありますよね
じゃ、フロリダには? 20年前のこの時でさえ ディズニーMGMスタジオ・エプコット・マジックキングダム
さらに2つのウォーターパーク  そして近くにはユニバーサルスタジオ
夜は夜でプレジャーアイランドというプレイスポットまであり、深夜2時まで
毎夜12時にカウントダウンで紙吹雪が飛び交うお祭り騒ぎ

遊び尽くせるものではありません  しかも年々進化してるし
結局これまで3度この地に行った私  でも常に後ろ髪が引かれる思いで帰ってきました


フロリダ (15)
ミッキーがシェフなんだよっていう店でごはん


フロリダ (16)
良かった かろうじて食べ物写真が見つかりました  いかにもアメリカ的メニュー


フロリダ22
職場の仲良しドクターがお餞別くれて、そのお金でこんなの食べたよっていう証拠写真ね




フロリダ (21)
シェフ登場    この子供達も今頃20代後半かぁ


フロリダ (19)
この子は現在2児の母



フロリダ (20)
この子は現在クリニックでトップで頑張る働き者




フロリダ (18)
この子は娘に身長抜かされそう



フロリダ (17)
この子は・・

この時、まだサル吉くんと出会ってないけど、実はすでにお互いの車は隣同士に停めていて
毎日すぐ近所で暮らし、ほんのちょっとの時間差ですれ違っていたという事実をまだ知らない

そしてまだ私と出会っていないサル吉くんは、チップとデールが何者かも分からなかったのが
この何年か後には、自分もチップ&デールと写真を撮る運命とは・・  知る由もなく


そう考えると不思議なものです



てなわけで、アメリカ編  また続くかも~  




ミッキーは不老!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村  

このカテゴリーに該当する記事はありません。