①コップンカー(ありがとう)3度目のタイ

ご無沙汰しておりました・・皆様連休はいかがおすごしでしたか?
北海道は今日も寒くて、地域によっては雪が降っているところもあるようです

今日からしばらくの間は、1日から4泊5日で行ってきた「バンコク旅行編」を写真を混じえて
綴っていきますので、飽きずに眺めていただけると嬉しいです(´∀`*)

まずは出発の5月1日の朝から始まりはじまり~~~。*゚+。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

P5010004.jpg
朝、家を出た時の車内の温度計・・3℃ですから


P5010005.jpg
厚手の上着とコートを着てますが、空港近くのパーキングに車を預けた時点で脱ぎまして・・


P5010006.jpg
空港でしばし遊んでおります


P5010007.jpg
GWと言っても、千歳空港の国際線ターミナルは閑散としてました

P5010008.jpg
ここから出発する便は少ないですからね・・


P5010010.jpg
そこに、この間遊びに行った隣町の友人が下の子を連れて、見送りに来てくれまして


P5010009.jpg
サル吉くんとは、久しぶりの再会 「おじちゃん、いってらっしゃ~~い」


P5010011.jpg
搭乗口には、こんなくつろぎスペースもあるので、地方空港もいいものです



それでは、2年ぶりに日本を出ますよ~


P5010015.jpg
今回は「タイ航空」 千歳⇔バンコク直行便が週4便(確か・・)



乗っちゃいますか~

P5010020.jpg
「タイ航空」・・シートが3色でカラフルです

シンハー
「シンハー」久しぶりww )^o^(

上空
久しく目にしてなかった青空を上空から堪能

P5010026.jpg
機内食は、当然2人で別のものを頼んでシェアするのが、習わしとなっています


P5010027.jpg
「焼きそば」と「ポークご飯」 王子のサーモンが出るあたり、北海道らしいかも
北海道観光を終えたタイの皆様も、美味しそうに食べてました

P5010028.jpg
タイ航空のCAのお姉さん・・スタイル抜群です


P5010031.jpg
午後3時に出た軽食・・おにぎりとパンってどうなの??
日本人よりは、観光帰りのタイや中国系の皆様へのサービス重視を感じましたね

P5010035.jpg
飛行機大好きな私達・・子供か?ってくらい雲を眺める


P5010036.jpg
最近は、並び席を指定するだけでプラス3000円・・ご飯をシェアするには並び席大事だからなぁ


P5010039.jpg
強い向かい風のせいで、到着が30分遅れて7時間半のフライト後、無事着陸
午後4時ですが、機内から見ても外が暑いのがわかる青空です

P5010040.jpg
HISのお迎えの車には、予想外に私達2人だけ!!連休だから混んでいるかと思いきや
今年は休みのつながりも悪いから、やっぱり国内旅行人気だったのでしょうか??
というわけで、空港からダイレクトに私たちのホテルに送り届けてもらえました

P5010042.jpg
高速からバンコク中心部が見えてきます


P5010043.jpg
バンコクと言えば、このピンクのタクシーというイメージ
メーター制で、基本料金は35バーツ(約100円ちょっと)

空港からホテルまで渋滞もあまりなく、40分ほどで到着

そして・・・・・・


P5010045.jpg
私達の部屋の窓から見える景色をカメラで撮影しているこのお嬢さんは・・???




初日のメインのお話はここからですが・・(序章が長すぎで)明日に続きます
謎のお嬢様の正体は、明日(。→ˇ艸←)プククッ☆



明日もまた見るよwwって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
写真撮りすぎ!! 

スポンサーサイト

②ヂゥーカンマイ カァ (また会いましょう)

初めてタイに行ったのが2010年の5月の連休で・・その時に、私達夫婦のどこかのボタンが
きっと押されたのだと思います
何故なら、その3ヶ月後に再び夫婦でタイに行ったのですから・・
「どこがそんなに好きなの?」と聞かれて具体的に説明するのは簡単ではないのですが・・

3度目の今回は、ちょうどブログもやってることですし、自分達もその謎を解くために
ゆっくりと旅を振り返ってみようかな・・と思ってます

3年前にタイが好きになったのをきっかけに、家でもタイ料理に挑戦したりパクチーを育てたり
そんなことをしながら、半年くらい前に偶然訪問しあって仲良くなったブロともさんがいまして

彼女はタイ在住3年のsyさん バンコクで日本語教師をしている20代の女性です
私とは年代も違うし、どちらかというと彼女のお母さんと年が近いくらいなんですが
私がとっても彼女に惹かれたのは、その若さで親にも頼らずタイで自活をし、1人で
屋台ごはんを食べ、現地で暮らしているからこそのディープな観光もしながらそれを
ブログに載せる一方で、現在交際1年半の彼(在タイ10年以上の日本人)との
事に関しては、とっても女の子っぽい感覚を持っていて・・というそのギャップです

たかだか4日や5日の観光旅行では見ることの出来ない現地の様子が楽しくて・・今では
わたくし熱心な読者の1人となってます
(タイと彼女に興味が湧いた方は・・リンクにあるThai安吉日を ←了承済み)

それでですね・・今回3度目のタイが決まった事を彼女に教えると
「ぜひ一緒にご飯しましょうよww」と、嬉しいお誘いが )^o^(

P5010058.jpg

そして本当にこんな事になっちゃったんですよ~

お互いのブログで、サル吉くんや彼(ダーリン)の姿は見ているから、私達にとっては
馴染んだ姿なのですが・・そうは言っても、完璧な初対面同志の4人が異国で食事って・・

大げさですが・・人生って面白いな~って飲みながら思いました 

会う約束をしていたのは着いた日の夕方で・・わざわざ私達の泊まるホテルまで先に来て
待っていてくれた2人・・まずはホテルのロビーでご挨拶
こういうシチュエーションで助かるのは物怖じしないB型夫のサル吉くん 笑顔で彼と握手
syさんの彼も、さすがタイで長年お仕事してるだけあってサービス精神満載の笑顔が素敵
かえって、私とsyさんの2人のほうがドキドキしちゃって最初しどろもどろだったかも 

P5050017.jpg
syさんてば、手土産持参で来てくれて~ヽ(*´∀`)ノ タイ風ディップ辛味噌的なものとか
炒め用スパイスに見たことないガム・・そしてカゴに入っているのは何かと言うと・・

P5050018.jpg
タイの屋台ではポピュラーらしい「お辞儀魚」・・のマグネット

P5050021.jpg
さすがブログを通してけっこうお互いを知っているから・・ラジオ体操やってる私に
買ったけど継続出来ないからと、DVD BOOKや、カードのプレゼントもあって感激

P4230010.jpg
私達からは、こんな品揃えでお土産持参しまして・・
「無人島に何持ってく?」の記事の時「味付け海苔」って答えてたから海苔も!

P4230011.jpg
袋の中は北海道マグネット・・彼女現在マグネット収集中 そしてバンコクの日本料理屋で
この梅酒を飲んで「今度日本に帰ったら買って来る」とつぶやいてたから、これも
って感じで、ブログってお互いを見せ合ってるってことを改めて感じながら用意しました

後は六花亭の和菓子を少しと・・彼用にウニとイクラを・・行きのスーツケースはスカスカ
だから、お土産何でも入れ放題ですから保冷剤で冷やしながら生鮮も運んでみました

2
タイ語ペラペラの彼が連れて行ってくれたのは、ローカルな感じの屋外のレストラン


若いお兄ちゃん達がこんなビールを運んで来てくれて、ジョッキに注いでくれます

P5010047.jpg
さすが暑い国・・ビールにも氷が基本らしい で、お約束の乾杯写真
面白かったのは、syさんの彼ブログ写真慣れしてて、逆に「ここ写して」って指示が飛ぶこと

P5010048.jpg
まず運ばれてきた炭火の上に乗った素焼きの鍋

P5010054.jpg
そのスープの中にお肉や野菜・春雨・香草なんかが入るんだけど・・もう最高に美味しいの

P5010050.jpg
アヒルのくちばしのから揚げ 

P5010052.jpg
豚ひき肉のラープ

P5010053.jpg
空芯菜炒め

P5010055.jpg
牡蠣が嫌いな私と一緒だと食べれなかった「オースワン」牡蠣ともやしと卵の炒めたもの
これを、同じく牡蠣好きなsyさんと食べれて大喜びのサル吉くん

P5010051.jpg
キュウリのソムタム これはsyさんの大好物なんだけど、どのガイドブックにも
生の蟹が入ってて菌があるから日本人は食べちゃダメって書いてある《゚Д゚》
「食べてみて欲しいけど初日でお腹こわしたら大変だから・・」とsyさん
キュウリのみ恐る恐る味見しました

どの料理も、観光客を意識していない現地の味付けで辛さも効いてて大満足な私達

3
何だか楽しいぞ~~~

P5010057.jpg
「あ・・ネコ」と言ってすかさず写真を撮る私とsyさん ネコ好きが世代を越えた共通点


P5010059.jpg
もう1件行きますかwwと、2人がいつも行ってるらしいお店へ

P5010063.jpg
メニューを見て驚いた!日本の居酒屋でも、そうそうこんなに焼酎を揃えているところない
そう思うほどの品揃え・・もちろん値段はタイの物価を考えたら相当高い ちなみにこれ「エイヒレ」
ということで、タイ駐在日本人御用達のお店のようです


P5010062.jpg
奄美の黒糖焼酎まであって・・頼んだサル吉くんの元に運ばれたグラスの氷は球体
まさかバンコクで、こんなおしゃれした氷を久しぶりに見ることになるとは!!

P5010060.jpg
またまたかんぱ~いヽ(*゚∀゚)ノ*:*ヘ(゚∀゚*)ノ

P5010065.jpg
この2人・・それぞれ相手に多少の不満があるとやらで、結婚15年の私達にアドバイスを
求める目も時々見せたりしたんですがね・・でもそれ以外の目線は完全にお互いを見てました

「美白命」のsyさん、よく3年タイにいてここまで白さを保ってるね~と感心する肌の白さ
お肌ピカピカで、ほんとにカワイイし時々ネコの目をするから、彼はそれでイチコロね
何たって最年長の私・・彼に向かって「今の彼女を大事にしないと次はないよ」と言い放つ

お酒の力ってすごいから

そして最後はタクシーでホテルまで私達を送り届けてくれた2人・・

「いやぁ~、楽しかった!! 今日日本に帰る事になってもいいくらい楽しかった!」

サル吉くんは、本心しか言えない人なので、このセリフは心からのものなんです


タイでsyさんと彼が偶然出会ったのも・・ふとした縁ででこうして4人で会えたのも・・
タイがさらに好きになる理由としては間違ってないですよね

なにげない毎日の積み重ねの中で、こういうキラっとした出来事が散りばめられていると
また明日も頑張ろうかって気持ちにつながるものです

さらなる縁で、また4人が再会出来る日が来るといいな・・そう思います



長~い!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
まだ初日

③ロング ルア(船に乗る)

ようやく今日は旅の2日目に突入・・出来るかな??

その前に・・少し説明を (こういうとこわりと真面目)

P4300010.jpg
前回の旅で余ってたバーツがありまして・・数えたら4330バーツ(約13000円)
1バーツは約3円です ローカルな屋台では安いご飯が20バーツとかで売ってます
ということは、60円でご飯が食べれられる・・日本人にとっては驚きの安さですよね
syさんに教えてもらったのですが、タイの物価を考えると、タイ人にとっては
その20バーツは1個ゼロをつけて円に換算した感覚だそうで・・
つまり、20バーツの屋台めしは日本で言えば200円の食事って感じらしいです
朝マックするのと同じようなものと考えると、屋台めしの20~30バーツは現地では
妥当な値段なのかもしれません

今回はこの余ったバーツが私達の食費&交通費となりました

交通費は・・地下鉄が10~40バーツ・BTSという中心部を走るモノレールが15~40バーツ
タクシーが基本料金35バーツ・トゥクトゥクというエンジン付き3輪車は交渉制
それから、街中を流れるチャオプラヤー川を移動するエクスプレス・ボートがあって
13~32バーツ  道路は渋滞が激しいので、BTS・地下鉄・ボートが便利で格安です

P5020085.jpg
寝る前に写真を撮り忘れたので、ちょっとお見苦しいですが・・ホテルの部屋はこんな感じ

P5020086.jpg
見ていただきたいのが、窓からのこの景色ヽ(*´∀`)ノ
前回は、交通の便を考えてBTS徒歩1分のインターコンチネンタルホテルに宿泊
今回は、1度は泊まってみたかったリバーサイドのホテルにしまして・・
「ロイヤルオーキッドシェラトン」 結果・・大満足でした

7-11.jpg
ホテルを出たらすぐコンビニあるから初日の夜さっそくビールを買いに行って・・

P5020068.jpg
4人での楽しい食事会を振り返りつつ・・

P5020069.jpg
あっという間に寝ちゃいました

P5020072.jpg
2日目の朝は・・テンション上がってるから6時くらいから目が覚めちゃった私

P5020073.jpg
何この景色ww 良いかも~と、1人ご満悦

P5020074.jpg
朝日がビルに反射して川を照らしてる

P5020075.jpg
朝食付きにしたので、朝は1階でホテルビュッフェ ジャムの種類がヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

P5020076.jpg
パン美味しい~~~

P5020077.jpg

P5020082.jpg
コーヒーカップ巨大

P5020080.jpg
とにかくすごい品揃えで、テーマを決めて食べなきゃね・・って感じ
なので、この日はなんとなく中華テイストにしてみました
出発前にホテルのクチコミを一応チェックしたんだけど、評価もバラバラで
パンの種類がすごくあって大満足という人もいれば、メニューが代わり映えしないと
言う人も・・確かに3回食べてそんなに大きな変化はなかったけど、自分で食べるものを
変えればいいだけの話のように思いました・・どうせ1度に全種は食べれないんだもの

P5020078.jpg
そう言いながら、けっこう食べてるけどね・・

P5020081.jpg
マンゴーやマンゴスチンがなかったのが残念だったなぁ
でも、アイスクリームやシャーベットのコーナーもあって私としては文句なしでした

P5020087.jpg
じゃ、出かけますか~ それにしても私の髪ボサボサ・・海外の水のせい??

P5020084.jpg
ホテルの前にもちゃんと神様がいるから、お参りしてから船着場へ・・
何が便利って、ホテルのレストラン脇からは無料のシャトルボートが出ていて
BTSの駅まで10分で行けることと、公共のエクスプレス・ボートの船着場もホテルのすぐ横
だからリバーサイドのホテルと言っても、さほど不便さは感じません

P5020088.jpg
これ・・午前中の陽射し?? 9時ですでに暑いんですけど・・

6
公共のボートを待ってます

P5020090.jpg
船着場の雑貨屋的な?でも人もいないけど・・これがタイっぽい風景

7
こういう小さなボートをチャーターするのもありです 西洋人の個人観光の方達は
よく利用してるようです

P5020091.jpg
これがチャオプラヤーエクスプレス 旗の色によって急行・特急などに分かれてます

P5020093.jpg
あちこちでお坊さんの姿を見かけます 私の大好きな風景その1って感じ

P5020092.jpg
女の人がお坊さんに触れちゃうと、それまでの修行が全てパァになっちゃうらしいので
絶対お坊さんには触っちゃいけません・・だから、船の中でもお坊さんの周りは人が少ない


船の中には、切符売りのおばちゃんがいて小銭の入った缶を鳴らしながら歩いてます
船着場に着くと、デッキにいるお兄ちゃん達が口笛または笛を鳴らしながらロープをかけ
ボートを横付けするので、みんな一斉に降りたり乗ったりするんです
その音を耳にしながら、お世辞にもキレイとは言えない茶色の川を眺めていると
「タイに来たんだなぁ」って自然にニコニコしている私達・・

2日目私達がどこに行ったか・・次につづく 


どこまでつづくの~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
マンゴーになかなか辿りつけない

④ドォークマーイ(花)・パック(野菜)

さて・・船に乗って降り立ったのは「メモリアルブリッジ」という船着場
そこから歩いてすぐのところにある市場が「パーク・クロン市場」 花市場で有名です

P5020094.jpg
歩道脇で、一心不乱に唐辛子のヘタを取る2人・・

P5020095.jpg
これは、お供え用の花飾り「マライ」 マリーゴールドで作られてます

P5020097.jpg
大きな睡蓮のツボミ・・これも、お供えには欠かせない

P5020098.jpg
タイと言えば「睡蓮」「蓮」・・英語名「ロータス」のアロマオイルはタイの香りです


P5020096.jpg
無造作に束ねられたカーネーション

P5020099.jpg
山盛りのランの花 もう、そこらへん一帯が花の香りに満ちてます


お供え用には、ジャスミンの花も大量に使われるのでカゴに山盛りにしたジャスミンを
糸に通してお供えを作っている女性がたくさんいました

P5020100.jpg
日本で1本200円とかでガーベラを買ってるのがバカらしくなります

P5020119.jpg
だって・・このバラの値段・・40バーツですよ~~~~ 120円

えっ? 1本?? いやいや 1束120円ですから ヽ(*´∀`)ノ

滞在初日にここでバラを買って、ホテルに飾ったら素敵だろうな~ って思うけど
昼間ほとんど外で遊んでる私達・・意味ないか


P5020104.jpg
こちらは、野菜部門 カゴってところが、何ともいい感じ

P5020101.jpg
さすが唐辛子は何種類もあって、タイ料理・・奥が深そう

P5020105.jpg
芸術的にキャベツが積まれたトラック

P5020106.jpg
そして、ざっくりと皮が取られカゴに・・まさに市場


P5020103.jpg
魚市場じゃないから、ニャンコもあまり恩恵はないかもね


P5020102.jpg
この、心を許していない目・・久しぶりに見た


P5020108.jpg
とにかく暑いから、途中で水分&糖分補給しないとやってられない

P5020111.jpg
普段は、めったにこんなシェイク系とか飲まないんだけど、タイでは必須 体にしみわたる~

P5020109.jpg
それにしても、市場の一角にあるにしてはおしゃれなカフェでした

P5020110.jpg
一息ついて、また船着場に戻ります

P5020112.jpg
独特のとうもろこしに似た塔が見えてきたから、寄り道してみた

P5020114.jpg
空の青・植物の緑・屋根の赤・壁の白・飾りの金


P5020118.jpg
ワット・ラチャブラナ  ラマ1世が再建した由緒ある仏教寺院  まぶしぃ~


まだ2日目の午前中・・私達の旅は続きます


バラ安い~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
120円の花束

⑤ペェー メーター(慈悲を与える)

「うにトラがお送りするタイ観光」つづき行きますよww

P5020120.jpg
花市場のある船着場からさらにボートに乗り「ターティアン」という船着場へ
そしてそこから対岸に渡る渡し舟に乗り換えて着いたところは・・「ワット・アルン」

P5020122.jpg
巨大な青と白の鬼が門番を担っているのが本堂
タイに来たら必ず観光する名所の1つがここで、私達も1回目の時に連れてこられましたが
今回は自分達で来たので、自由にゆっくり見て回れます

P5020123.jpg
こんなことして遊ぶ時間もたっぷり

P5020124.jpg
私と比較すると門番の大きさがお分かりになるかと・・

P5020125.jpg
近くで見ると、細かいタイルで装飾されててキレイなんです


P5020126.jpg
こういう仏像は、熱心な信者から寄進されたもの 
困った時の神頼みな私にしたら、タイの人々の信心深さは尊敬に値します
来世のために、せっせと信心するわけでしょ・・近い未来に良い事を願うようじゃダメなのね

P5020127.jpg
そんな私でも、こういう風景はすごく好き

P5020128.jpg
連れてこられた時は、ゆっくり本堂を眺める時間がなかったので、中にも入ってみた
そしたら、脇で修行してたお坊さんが、その場にいた私達と他3名を手招きするので・・
何げに近づいてみると「ワタポーワタポーワタポー・・」とお経を唱えながら
竹のヘラみたいなので謎の水を私達にかけだして

P5020130.jpg
最後に1人ずつ近くに呼び寄せ、手首に白い紐を結びつけてくれた

P5020131.jpg
木綿の糸を一部組紐みたいにしてあるんだけど・・何?厄除け的な?? 慈悲を与えられたの?

P5020132.jpg
訳も分からず、何となく切るのもどうよって思うから今だに手に付いてるんだけど・・

P5020134.jpg
そのあと、こんな写真撮ってるようじゃご利益も薄れそうだけどね・・

P5020135.jpg
ちなみに、この本堂を抜けるといよいよシンボルである大仏塔が見えるんだけど
その途中に、顔を出して写せる看板があるの(観光地特有の) でも、知らずに撮ると
人が出てきて40バーツ請求されるので気をつけて・・よく見ると隅に小さく40Bって書いてある

P5020133.jpg
柱もところどころ陶器で装飾

8
これが「大仏塔」 5基ある中でも一番高くて67m

P5020142.jpg
当時中国から大量に彩色陶器を船で輸入していたんだけど、何しろ船だから割れて粉々に
なるものも多かったらしく、それが勿体ないから塔の装飾に使いなさいと王様が命令
1枚1枚手で貼り付けて、この極彩色のタイル装飾の塔が出来上がったというわけだけど
この暑さの中、当時の職人さん達の作業を想像しただけで、のぼせそう

P5020141.jpg
絶対暑いよ・・この陽射しだもん

P5020137.jpg
けっこう上のほうまで急な階段で上ることができます

P5020145.jpg
でも、まさに正午近くの太陽にやられ、私はのぼせ顔になり登頂断念

P5020138.jpg
私が大好きな「キンリー」 ワイのポーズをする歌や踊りを得意とする天の楽人

P5020139.jpg
今回は、キンリーの前に金の虎までヽ(*´∀`)ノ


P5020140.jpg
この表情が好きで、ブログのプロフィール写真にも使ってます

9
「ワット・アルン」暁の寺とも言われ、昼間も良いけど夕焼け時や夜ライトアップされた姿
そして、名前の通り朝日に輝く姿も一見の価値があるそうです・・いつか見なくっちゃ

数あるお寺の中でも(見たのは一部だけど)私が1番好きなのがここでした~

P5020147.jpg
渡し舟から見る「ワットアルン」も素敵

P5020149.jpg
ね??

P5020151.jpg
渡し舟を降りたところには、数々の屋台が・・「マンゴー見つけた~っ

P5020150.jpg
皮を向いてカットして竹串2本刺して・・20バーツ(60円)

P5020152.jpg
髪の毛ボサボサで1本縛りだろうと・・気にしない気にしない
これを食べるために来たようなものだもん!!!


P5020153.jpg
見上げると、ピンクのプルメリアがキレイ  生きてて良かった ←単純


P5020148.jpg
鼻から満足のケムリを出しながら(イメージですよ)またボートに乗り込みます


P5020146.jpg
ごめんなさい・・まだ2日目ですが飽きずに付いて来てくださいね~~~



ワタポーワタポーって押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
金の虎

このカテゴリーに該当する記事はありません。