請多多指教(よろしくお願いします)

さて・・いよいよお待ちかねの(待ってない?)台湾旅行記に突入いたしましょう

そろそろ私の特性がお分かりの方も多いかと思いますが、楽しければ楽しいほど長くなる記事
今回も飽きずにお付き合いいただければと思います どうぞよろしく

自称晴れ女の私 夏のイベント第一弾のバグピクは天気が崩れることもなく無事終了
ポスクロでカードをくれた台湾の人より情報収集していたんですが、7月の台湾は暑いし雨も多い
日焼け止めと傘は必需品よ!っていうアドバイスを何人もの方からいただいていたので
イベント第二弾の台湾行きは、私の晴れ女パワーをもってしても雨は覚悟かな・・とちょっと弱気に 
さらに・・

P1020179.jpg
ご存知のように台風8号がちょうど沖縄直撃と言われていた時だったんですよね
出発は8日の夕方16時の飛行機 台風の渦が見えちゃうんじゃない?ってくらいのコースです 

今回一緒に旅をするのは長年の友人T子 一緒に海外は3回目だけど結婚してからは初めて
T子と会うのは、2月に千歳空港で1泊してコスプレごっこして以来
今回の旅はそこからの流れなわけです   ⇒その時の記事

T子は仕事で6日にNYから戻り、私も最初のイベントの余韻が続いている状態で
2人とも旅行スイッチがなかなか入らずに当日を迎えたという感じでした

P1020178.jpg
これは今回私が写した写真をCDにコピーしたもの 近いうちにT子に送ります

なぜなら、T子は間違ってカメラの中にお試し用の10枚しか撮れないチップを入れてきたから 

ここに書かれているパンダとトラは何かと言いますと、今回のために私があらかじめ用意したもの

P1010508.jpg
それがこれだから・・  知ってます? パンダとトラのフェイスパック


P1010509.jpg
通販では売り切れ続出らしいですよ 私は東急ハンズまでわざわざ買いに走ったもんねー
2個入りで880円はウケ狙いとしたら安いものです いずれ記事に出てきますが強烈ですから!

P1010510.jpg
説明書きの絵がまた面白い  このシリーズの前に、歌舞伎シリーズもあったそう それも面白そう

P1010835.jpg
今回はサル吉くんのスーツケースを借りて、行きはスカスカの状態で出発です

P1010836.jpg
出がけにサル吉くんが「これで千歳でT子とビール飲んでから出発しなー」とお小遣いくれた 
今回の旅の企画・申し込み・段取りなどは私が担当 関東在住のT子は札幌まで来てこちらから出発
「早めの飛行機で来て、時間まで空港の温泉に入ってる」という8割おやじのT子
それを知って、風呂上りのビール代をくれたわけです  で、「あとは飛行機乗ったらタダで飲めるからな」と 


P1010837.jpg
北海道にはまだ台風の影響はなく青空でした サル吉くんとハイタッチしてから家を出発


P1010838.jpg
いつものパーキングに到着


P1010839.jpg
いってきまーす


P1010840.jpg
中国・台湾・タイからいらした観光の方に大人気のドラえもん つられて写真撮影

P1010841.jpg
8割おやじのT子がサウナのあと水風呂につかってる温泉がここ
「隣の店で先にビール飲んでるよー」とメールしておいて、先に入店


P1010842.jpg
平日火曜の午後1時  若いビジネスマンがスマホしながらコーヒー飲んでる横で1人飲むビール

至福 ( ̄ー ̄)  

P1010843.jpg
T子登場 事情を説明してサル吉くんからの1000円渡したら感激してそしてジョッキ注文 
後から知ったけどそういう嬉しいお金は使わずに大事に取っておくタイプらしく自分の1000円使ったらしい


この乾杯の瞬間に、2人の旅のスイッチが確実に押された実感がありました



まだ飛行機にも乗ってないけど・・ 一応旅行記スタートです



昼から飲む女~って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

謝謝(ありがとう)

たった今ポーランドから届いたハガキは書き出しが日本語でした

今日は!お元気ですか。私の名前は円珍です。

落語家?

ポーランド人です。 ウンチ住んでこます。

えっ? (゜д゜)

プロフィールを読んで分かったけど、漢字に興味がありって書いてあるのできっと日本人が
あなたの名前を漢字で書くと円珍よって教えたんだろうなぁ (Marcinってのが本名) 
ちなみに「ウンチ」は地名で「ウッチ」のことのようです 惜しい! しかも致命的な間違い
外国人にとっては「い」と「こ」はよく似てるんだろうしね   それにしても円珍って・・

じゃ、旅の続きいきまーす

P1010844.jpg
千歳空港国際線ターミナル  旅に出る時にはこれをやらなければ始まらない気になってきた
ちっちゃいからうまく型にハマれない


P1010847.jpg
出発時からワクワクしてるのには理由がありまして・・今回選んだ航空会社はエバー航空
知らずに申し込んでたんだけど、T子が先日つかんだ情報によると現在特別な飛行機が!
いわゆる日本で言えば「ポケモンジェット」的な・・それがエバーでは「ハローキティジェット」 
6種類くらいあって、その1機が台北⇔札幌を飛んでいるではないの~ 

P1010863.jpg
機内はキティだらけ 紙コップ・枕・ヘッドレストのシート・トイレットペーパーに至るまで・・

P1010864.jpg
さほどキティラーではない私だけどレアなものは好き ましてT子はなかなかのキティ好き
「機内食の箸を持ち帰るために割り箸持参で来た」と、意気込み十分

P1010849.jpg
ところがチェックインして気づく あれ?チケットが普通・・キティジェットならチケットもキティ柄のはず
カウンターのお姉さんに聞いたら「今日はキティジェットじゃないんですよ」との返事

一気にテンションダウンのT子 台風のせいなのか、乗客が多くて飛行機が変わったか・・

P1010852.jpg
帰りの便に期待しましょ  と、普通の機体に乗り込む

P1010853.jpg
初めてのエバー航空  あ・・これはビジネスクラスのシートです

P1010855.jpg
私達はもちろんエコノミー  と思っていたら、後部のエコノミーシートと微妙に違いが・・
今回利用した旅行会社は久しぶりの最大手J 最近並び席を希望するだけで別料金の会社も多いけど
こちらのツアーは最初から並び席確約 (あらかじめ料金に組み込まれてるって話だろうけど)

Jの力なのかどうかはわからないけど、このシートはプレミアム・エコノミーってやつ?

P1010858.jpg
前後の幅があるし、何が嬉しいって足がこのように上げられる  キティジェットより私はこれが嬉しかった

隣の席にはちょっと年代上のおばさま2人旅 彼女たちもJ利用の女子旅でキャッキャ言ってます

P1010862.jpg
サル吉くんが「あとは飛行機で飲むのだよ」 と言う通りに、機内でビールの続き
T子は体を考えトマトジュース入れてるけど、飲む量考えたら一緒なんだけどねー

P1010859.jpg
機内食 豚の角煮乗せご飯  これ美味しかった 今回の旅ベスト10に入れても良いくらい
グルメな皆様からしたら、どんだけバカ舌?って思われそうだけど・・でも美味しかったんだもん

P1010860.jpg
こちら魚バージョン

結局私の場合、とってもお腹が空いていた時に提供されたご飯が一番美味しいってことかも

P1010867.jpg
どこかで確実に台風とすれ違ってるはずだけど、渦を目撃することもなく難なく到着
キレイな夕焼けの桃園国際空港   雨降ってない!!  


P1010868.jpg
普通のツアーだと、ツアー会社のカードを持った現地添乗員さんを目指して行くんだけど
「今回は専用ドライバーが出口でお待ちしてます」 とのこと
ちゃんと私達2人の名前を書いたボードを掲げたドライバーのおじさまを発見

P1010869.jpg
あら素敵  ピッカピカのレクサスでホテルまで送ってくれるらしい ちょっとしたセレブ体験

ドライバーの方は日本語も英語も話せないので、車内では日本語による案内が流れます

P1010870.jpg
台湾て日本と逆の右側通行なんだったことに気づく 


P1010871.jpg
ホテルに直行  安いツアーであちこちのホテルを回りながら送ってもらうのと違って早い!!
今回選んだツアーは、特に高いものではないんです
札幌発着だと飛行機の時間は限られてるし、選ぶとしたら航空会社とあとはホテルのランクくらい

何年ぶりかで利用した旅行会社Jだけど・・やっぱりちゃんとしてるってのが実感
カード会社のキャンペーン見つけて旅行代金8%OFFになった上に、座席も送迎も大満足

謝謝な気分で初日のホテル到着を果たしました 



キティジェットどこいったー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

あれ?な味に驚く

北海道が良い季節です

P1020185.jpg
安定した天気が続き


P1020187.jpg
トマトが美味しくなりしかも安い  これだけ入って380円

P1020188.jpg
ズッキーニ4本で100円

P1020186.jpg
究極はこれ・・不揃いな大きさだからというだけで「夕張メロン」 500円

P1020189.jpg
家で食べるなら十分! ヘタの部分が簡単に取れそうな状況だから食べごろです
こんなに美味しいものが揃っている季節に、あえて湿度の高い36℃もある台湾へなぜ??

食べたことのない味や見たことのない景色、それにずっと念願だったことの実現のためには!
そう思ってしまった私たちは誰にも止められないのです  ではつづき・・


3泊4日の台湾と言っても、初日ホテルに着いたらすでに夜8時半 最終日のホテル発は朝7時
だから滞在時間に限りがあります その短い間に何を食べるか・・これけっこう重要ポイント

ちょうどバンコク在住syさんが最近台湾に行ったのでその旅行記も読ませてもらっていたんですが
気になったお店がありまして・・ ネットでも検索してみると台湾通の方が足繁く通って食べている鍋がある
syさんも是非そこの鍋が食べたくなって行ったのにちょうど店を閉めてる時間帯で食べられず
じゃあ、私達がリベンジしてその味を確認してきましょう~


P1010886.jpg
「漢城」 韓国焼肉のお店なんだけど、ここの石頭火鍋が人気らしいんだな
台湾初日に韓国料理?と思われるでしょうが、韓国発祥の鍋ですが今韓国ではどこにもないらしい

ちなみにホテルからはタクシーですぐでした
台湾はタクシー安いので利用しやすいです  最初の基本料金70元(約210円)
私達が旅行中利用したタクシーは、最高で90元だから300円くらいであちこち行けちゃいます
タクシーの運転手さんに行き先を伝えるためには、行きたい場所の住所と名前と電話番号などを
メモにしておくのがオススメです 日本人は漢字が書けるからその点便利

ホテルのフロントやドアマンの方は、日本語を話せる人も多いので英語もさほど必要なし


P1010874.jpg
食事時は予約したほうが・・という話でしたが、この時すでに夜9時すぎ だから1組しかいなくて閑散
お店は夜10時半までやっています 内装もなかなか高級感溢れる焼肉屋さんという感じ

その時間だったからか、お店のホールで働いている男女が若くて初々しい バイトの高校生?
メニューを持ってきてくれて注文しようと思っても、英語も日本語もムリーみたいな笑顔なので
みんなで身振り手振りで「こっちの鍋?それともこっちの鍋?」って感じで鍋を持ってきてくれた

P1010873.jpg
ようやくネットで見た通りの鍋をセレクト そうそうこうやってまずは鍋にごま油を投入するって言ってた!

P1010876.jpg
やっぱりまずは台湾ビールで乾杯するよね

P1010877.jpg
湿度が高くて気温の高い国特有の薄いビール でもこれがまた美味しく感じるのよねー


P1010878.jpg
このように選んだ具材がワゴンに乗って運ばれてきます
メニューは肉・野菜・海鮮みたいに種類別にページが分かれているので、好みのものを選びます


P1010875.jpg
出来上がった鍋を食べる時に器に卵をといてにんにく・唐辛子・ネギを混ぜ醤油・酢で味付け
すき焼きを食べる時の雰囲気で食べる鍋らしいので、卵も忘れず注文しました
台湾の卵って、黄身がとっても白っぽい (日本が黄色すぎるのか・・)

P1010879.jpg
目一杯熱したごま油が入った鍋に玉ねぎと味付けした牛肉を入れて炒めてます
周囲に油がはねないように、ガードしてくれてます お店の人が作ってくれる鍋です

P1010880.jpg
私達が選んだ具材を並べて、最後にスープを注いでるところ
ここまでをお店の人がやってくれて、あと空芯菜と海老は自分達で・・ってことらしい

P1010881.jpg
あ・・すいません 食べれるようになるまでの待ち時間の暇つぶし 今回T子が連れてきたネコ
この段階で、いったいどんな味のスープなのか気になる私達  ちょっとスプーンで味見してみる


2人声を揃えて    「普通~」

何ていうか・・ とにかく薄いんです 塩味も薄ければ出汁も薄い

でも、確かネットでいろんな人がこの鍋を紹介してたのを読んだ時も「最初は薄く感じるけど
どんどんいろんな具材の味が凝縮されてやみつき!」って書いてあったっけ

P1010882.jpg
やっぱり海老でしょ! と海老を投入して最後に空心菜も入れちゃえ! って丸ごとかいっ!


P1010883.jpg
ま、いいや 手で入れちゃおう

そして海老からも十分ダシが出たと思われるあたりで食べてみた

あれ?


うーん (。-_-。)


何故なんだろう 何故海老が良い仕事をしてないんだろう??

2人で散々その問題について語り合いながら・・

魚のつみれは美味しいよね              
豆腐はなくても良かったね               
空心菜はやっぱり炒めたほうが美味しいよね   
まずいわけじゃ全然ないけど普通だよね


P1010884.jpg
そんなこと言いながらも、けっこう食べちゃった

結論  

ごま油を最初にかなり入れて炒めることによって、あとからのダシが消されちゃってる
もう少ししっかりコクのあるスープを投入して煮込み、最後に風味付けにごま油のほうが良いのでは?

機内食の豚角煮を美味しいと言って食べてた私達ですから、この結論はあくまでもここだけの話
繊細な味覚をお持ちの方には、究極な鍋となるって話なのかもしれません
そうなると、私達の舌って・・・・・・  

2人でビール大瓶2本と鍋で合わせて1710元 1人2500円くらい 
台湾は、何もかも安い!!と思うほど物価の違いはありません
地下鉄やタクシーが日本に比べて安いなって思ったくらいかな
このところタイにばっかり行ってたから、なおさらそう思ってしまうのかもしれません
 

P1010885.jpg
ちなみに、このお店の向かい側にはとっても素敵な雰囲気のお茶屋さん? 喫茶店?


P1010887.jpg
今回選んだホテルは台北駅横の天成大飯店(コスモスホテル) 
ホテルの横に地下への降り口があって、地下鉄・電車に乗るにしてもほぼ濡れずに行ける

P1010889.jpg
雨に降られる可能性高かったので、そんな時は駅の地下街だけでも楽しめるかな・・と思ってここに
セブンイレブンもすぐ近く 食事のあとにコンビニ行って、部屋飲み用のビールをもちろん購入
後ほど登場しますが、台湾にはいろんなフルーツビールが豊富にありまして・・それ最高!!

こうして初日の夜は更けていったのでした


まさかの普通~?って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
 ビール飲みすぎ  

いよいよ核心へ迫る

今日は湿度がなく風が爽やか

P1020169.jpg
暑さがキビシイ地域の皆様に、そよ風はお届け出来ないのでせめて紫陽花の写真を・・


P1020176.jpg
その名も「スノーフレーク」という種類の変わり種です



でも、またここから35℃の台湾のつづき~ しかもだんだん今回の旅の最大目的に近づいてきた!

P1010890.jpg
2日目の朝・・ホテルの窓からは台北駅が見える
線路が地下に敷設されているから周囲に電車が見えなくて見た目には駅とは思わない 

P1010891.jpg
チェックインしてすぐ写真を撮っておけば良かったけど、寝て起きて撮るとこのありさま


P1010892.jpg
ハハ 女子旅なんてこんなもの 前日フロントで「お部屋はグレードアップしときました」と言われ
ちょっと期待したんだけど、まぁ普通のスペースだったよね 

P1020020.jpg
部屋は12階 エレベーター降りてすぐの部屋だったので、廊下の人声がたまにうるさかったのと
多分建物全体壁や床の防音がイマイチなのかな 1度上の階で子供が大騒ぎしてたのを
誰かが文句を言いに行ってるというようなシーンを想像させるような騒動が聞こえてきてた


P1010896.jpg
朝食へ向かうすっぴん2人組 これには理由がありまして・・ 本日の目的地へはすっぴん必須


P1010900.jpg
ホテルの朝食ビュッフェ 
今回のホテルはガイドブックには「ロケーションと料金を考慮すれば台北でも指折りのお得なホテル」
そう書かれるような中級ホテル 

P1010901.jpg
野菜の種類も多いし

P1010902.jpg
セイロで蒸された点心も何種類かあるし

P1010903.jpg
中華粥食べたり豆乳飲んだり


P1010904.jpg
再び野菜食べたり・・と、 案外楽しんでる ご飯が用意されてる・洗い物がない それだけで極楽 


P1010899.jpg
ホテルを出発 行きはタクシー利用


P1010906.jpg
地下鉄だと1駅なんだけど  ほら・・なんたって私達すっぴん状態だから!

P1010908.jpg
台湾もバイクは多いけど、バンコクに比べたらトゥクトゥクもいないし凄まじい渋滞もなし


P1010913.jpg
この屋台は台湾ならではだわー 小龍包をその場で作って蒸して売ってる屋台 
案外こういうのがびっくりするくらい美味しかったりするんだろうけど・・今は満腹だし

予約の9時までちょっと時間があったので、すぐそばのコンビニに入ってみた(すっぴんだけど)
旅行先のコンビニは、見たことないものの宝庫で楽しい 特に飲み物コーナーに目が釘付け

P1010914.jpg
思わずT子がお買い上げしたのは「すいか牛乳」 このシリーズには「アスパラ牛乳」まであった!!
後から味見したけど、予想を裏切らない「牛乳にスイカの絞り汁を入れた飲み物」まんまの味 

さて・・ とうとう9時になったので目的の場所へ



私達が長年やりたいと切望していた「変身」の時がやってまいりました 

「変身写真」をご存知ない方のために・・一応今回利用したお店の紹介をしているサイト ⇒こちら

・・すごい世界でしょ? それを私達がやってしまうというね  

年齢問わず女子なら(男子もかもだけど)どこかにある変身願望 日本ではせいぜい結婚式とか?
あとは観光地で舞妓さん体験とか洋館バックにドレス写真とか? 多分それくらいでしょ?
ここ台湾では、プロのメイクさんにメイクしてもらってスタジオでカメラマンに撮影してもらって
しかもその写真は様々なアラを修正して仕上げてくれるという、そんな体験が出来るのー

こんな事は、女子旅でなきゃ絶対出来ない しかも早いとこやらないと変身もままならない!
そう思いながらなかなか実現できずにいたので、時すでに遅し・・の感もあるけど気にしない

これから変身してみたい!って思ってるそこのあなたのために、詳しく紹介しちゃいましょ

日本からあらかじめメールで予約済 日本語フォームで予約出来るのでとっても簡単
ガイドブックなどに割引クーポンがあるので、利用すると1500円くらい安くなるから忘れずに
台北市内に写真館は数多くあるので、まずはお店選びが重要なポイント
事前に体験ブログを読みこんだのと、あとはポスクロの台湾会員の女の子のオススメも聞いて・・
変身にハマってる日本人も多くて、複数回いろんなお店で変身して各店舗の比較を紹介
結局それがとっても参考になったかな 微妙に仕上がりが違う 修正の仕方とでも言うのか・・
同じ人なの?と思うような出来栄え あまりに修正きつくてアンドロイドみたいになってるのとかね

P1010909.jpg
私達が選んだお店はこちらの「Magic-s」


P1010910.jpg
ドキドキものです

P1010928.jpg
ビルの2階に上がると入口がこんなメルヘン調    大丈夫か!? 私達で・・ 

P1010915.jpg
入ってすぐに受付に若い女の子 1人は日本語ペラペラなので安心
ネットで予約して印刷した予約票とガイドブックのクーポンを出し、確認
初めてだしね 衣装2着で12枚の写真というAコースを希望 5200元が500元offとなり
1ヶ月後に完成した写真とデータCDを送ってもらう送料が800元でトータル1人5500元(16500円)

豪華な装丁のアルバムにするとさらに10000円くらい 衣装が増えると料金もプラス
そりゃあね、モデルさんみたいな人がやるなら豪華な本になってもいいだろうけど、所詮素人だしー
「今回はお試し感覚なので、これでいいです」と、オススメ装丁をお断りし・・

P1010925.jpg
ロッカーに荷物をしまって鍵をかける 終わったらメイクを自分で落として帰ることになるので
自分のメイク道具とタオルは持参しましょう

P1010927.jpg
いよいよ衣装を選ぶ  たくさんあるアルバムを参考にして、着てみたい衣装を2着選択
あらかじめネットでイメージは決めていったつもりなんだけど、現地に行くとけっこう迷う
チャイナ服あり、漢服あり、花魁風あり、ヨーロピアン調あり、妖精あり・・

妖精? さすがに背中に羽はねー   

でも、変身するからには普通じゃつまらないとも思うわけで・・いやー 迷った!! でも楽しい

P1010926.jpg
ようやく2人で衣装を決めると、選んだ衣装が運ばれて来て・・最初の1枚に着替えます
サイズは大きめに作られているので、着用後に体に合わせて安全ピンで調整
写真は、各衣装に合わせた靴が用意されている棚  私なんて10センチくらいのヒール履かされた
そうやって衣装の長さを調整するってことなのね

そしていよいよメイクが始まります T子は鏡の向こうだったのでお互いの様子を観察出来ず
でもお互いの顔が見えていたら、多分笑って笑ってメイクにならなかったような気がする 
今まで生きてきて、こんなに化粧したことないし!ってくらい アイラインにつけまつげ そしてチーク
T子も後から「高校の演劇部以来の厚化粧!!」という感想


1着目用のメイクが仕上がると、撮影前に持参したカメラでその姿を写してくれる
ってことは、今ここに私のカメラで撮った変身後の写真があるわけで・・
それをいつものようにモザイクかけちゃうと、ちっとも伝わらないわけ!!

さて・・それをどうやってお届けするか  続きは明日

夜中にうなされたくない人は、明日は見ないほうがいいのかも・・・・・・・


自分で見ても怖いー!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

そしてとうとう

一昨日・・小樽のお義父さんの様子を見に行きまして

P1020199.jpg
お昼はお蕎麦にしようと思ったら、小樽のお祭りの後で定休日がずれててお休み
予定変更して、久しぶりになるとの若鶏定食 小樽で唐揚げと言えば「なると」

P1020197.jpg
若鶏の半身揚げでご飯を食べちゃうんですよ


P1020198.jpg
観光客の方にはこういうセットが人気のようですが・・


P1020196.jpg
ご飯・味噌汁・冷奴・漬物のセット これが定番 でも私は完食は無理なので若鶏半分お持ち帰り

実家の台所周りを掃除して、冷蔵庫の中身をチェックしてカビの生えたものを捨ててる嫁が
1週間前に台湾でこんな姿で遊んでいたとは、お義父さんには言えない!! 

・・・・・


あのー  皆さん覚悟はいいですか?   ドン引きしないでついてきてねー

P1010916.jpg
まずはモザイク入り~   ビックリしました?   1着目はサーモンピンクな私
自毛が長いし、まさかウィッグ付けるとは思ってなかったので、驚いた
しかも最後にレースのメルヘンなブレスレット腕に付けられたし~~  :(;゙゚'ω゚'): 

P1010917.jpg
宝塚? いやそれとも違う  ほとんど仮装大会
ま、この衣装を選んだのは私ですからね 最初もっと大人の真っ赤なドレスを選ぼうとしたけど
もう1着と色が似ててもつまんないし・・ えーい!じゃ、いったれー!!の気分

これでどんな化粧を施されたかといいますと・・

P1010918.jpg
勇気を持って片目だけ公開  プリクラの加工後みたいな目に作り上げられてますの 

「じゃ、撮影しまーす」と連れて行かれたのはいろんなセットがある場所
選んだ衣装に合わせてセットが数カ所作られていて、担当のカメラマンの男性が私を連れて行ったのは
想像通りの白・パステル・花・・のセット そこで、あれこれポーズを指示されながら撮影開始
カタコトの日本語・英語混じりで 「ハイ、スマイル~ 目線こっち~ ハイ上手ね~ 右手柔らかく~」
人間不思議なもので「OK」「上手ねー」「いいねー」なんて言葉でその気になってくる

でも、時々我に返るのね そうなると多分笑顔が無くなるようで、そういう時にカメラマンはこう言うの

「Think your boyfriend or husband」  は? 彼氏か夫のことを思い浮かべろと?

今ここでサル吉くんのことを思い出しちゃったら、気持ちが萎えるわ!! 
夫を置いて女子旅に出てこんなことやってるの見たら何て言うだろうって考えたら笑えない!

「ハイ、じゃあセットチェンジOK? ダイジョウブ?」って手を取られて台に上がる
ん?って思ったらそこにあったのは天井から吊られたブランコ~~しかも花で飾り付けしてある

この姿で、白いブランコに腰掛けて写真撮影  多分この先の人生もう怖いものないな

1着あたり6枚の写真のはずなのに、一体どれだけ撮るの?ってくらいいろんな写真撮りまくり

25歳くらいの時に、バイク雑誌のお店の広告に毎月1人ずつ女性ライダーが紹介されるとなり
私も載ったことがあるんだけど、カメラマンの指定場所(忘れもしない円山公園)に早朝行き
森の中でバイクにもたれて写真撮影 最後のほうの指示にメットを抱えてジャンバーの襟を噛んでみてと
言われておいおいって思った気持ちが蘇ったね  カメラマンもどんどんテンション上がるのか?

ようやくサーモンピンクな私が終了  衣装とメイクチェンジのためスタジオからメイクルームへ
その時違うセットで撮影してるT子の姿をチラ見出来た  お互いゲラゲラ笑っちゃって撮影中断

もう2着目なんて「どうにでもしてください」の心境

P1010919.jpg
がらっと印象違う赤い漢服を選んでみましたのよ オホホホ
チャイナドレスをセレクトしたら、まるで昭和の場末のスナックのママみたいになったと
そう嘆いていた方がいたんですよ そのブログを見ちゃったからチャイナドレスが(|| ゚Д゚)トラウマー

P1010920.jpg
最初のウィッグ外して、前髪だけのつけ毛になってます あとは自毛ね
メルヘンからアジアンビューティーへの変貌のため? 今度の化粧はさらに濃く強く
まつげの生え際に上下にラインしっかり入ってます

P1010921.jpg
片目だけだとそうでもない? 全部さらしたらキツイですよ~ 

この衣装になってからの撮影ポーズがまたすごかった! 豪華絢爛なセットの中
いろんな小道具持たされて漢服の私頑張りました キセル持ったり傘持ったり変なカゴ持ったりね
モデル並みのライトを当てて撮影するから、多分この化粧の濃さでちょうどいいんだろうけど
芸能人の皆さんは毎日大変なのねー という感想 ←すっかり芸能人気取り

ようやく撮影終了 また一足先にスタジオを後にする私 T子頑張ってるかな?ってスタジオチラ見
2着目のT子 豪華絢爛な衣装選んで頭にきらびやかな冠 それに負けないようなきらびやかなセット
セットと一体化してて、どこからT子なのか分からないwww

「お疲れ様でしたー」 と、衣装を脱がされ髪の飾りやつけまつげを外される
あとは洗面所に用意されているメイク落としやコットンを使ってひたすら洗顔

P1010922.jpg
私服になるとなおさら化粧が際立つ  鳥居みゆき? 上下のライン落とすのにどれほど大変だったか!


P1010924.jpg
そこにT子登場~ お互いの顔を見て笑って笑ってカメラを持つ手も震えるww
私がブランコ乗った話で笑い、T子が赤いウィッグに真っ赤なネイルされたことに笑い
今年1番笑ったのがこの瞬間 笑いすぎて腹筋痛かったもんね


P1010929.jpg
「つかれたー」と言って外に出たら、灼熱の太陽 アツー  3時間に渡る私たちの変身が完了

最後に受付の女の子から写真の郵送に際しての説明を受けた時・・
「今日の写真をお店のホームページやフェイスブックで紹介することは可能ですか?」と


いやいやいやいや そんなことしたら売上落ちるでしょ!!  と、速攻でお断りしました


みなさんも、変身体験 ( ´・ω・`)_イカガ?



もう何もこわくなーい!って押していただけますか↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
1ヶ月後乞うご期待 

このカテゴリーに該当する記事はありません。