旅みやげ

先ほどのタイ料理で思い出したオススメ土産をご紹介

PA040006.jpg
何ともレトロな缶に、バラと蛇のデザイン

PA040007.jpg
フタを開けると・・こんな感じです  ラーメン屋さんのコショーの缶みたい?
タイは気温も湿度も高い国だから・・制汗グッズコーナーが壁一面
もちろん、日本で主流のスプレータイプとかロールオンタイプもありますが・・
このレトロな缶いいでしょ??

しかも、ちょっと薬臭い粉は、時間が経つと強力なメンソール
どんどん体がスースーします

地球温暖化が問題になっていて、日本もなんだか暑い日が年々多くなってきたし
このメンソールはなかなかクセになります


だがしかし・・ (~ω~;)))

PA040010.jpg
このように手に振りかけて、体につけるとねぇ・・
そこらじゅうが粉だらけになりがちなのが・・弱点ね


「おまけ」

バンコク3 035
タイにもちゃんと旧ワーゲンがいたよ
ナンバーがタイ文字だからちょっと素敵

バンコク 131
このレイトバスは、なんと物置化してた
ちょっと裏道を歩くと、思わぬ出会いがありますね・・コップンカー

メンタームの粉試したい~って押していただけますか↓↓

スポンサーサイト

タイの魔法 ②

どうしちゃったの??と思うような暑さの中、最高に肌にシミを残すであろう日差しを浴びつつ病院へ・・

今日の目的は、お義母さんにスイカを食べさせることと、お義父さんに今晩食べる用の牛丼を渡すこと・・そしてお義母さんの髪を洗うこと
スイカはちょっと甘味が薄いので、ぜったい塩か砂糖を希望するはず・・ と、ちゃんとアルミホイルに包んで忍ばせて・・
「ちょっと塩があればいいねぇ・・」の言葉に、心の中でガッツポーズな私

「ぜっ~たいそう言うと思った~」と、面と向かって言う15年目の嫁 )^o^(

83歳でも肉好きな義父も、喜んだ事だし・・と、また灼熱の太陽浴びて家に帰って、我が家の夕食は「サンマ」

これから夜勤のサル吉くん・・起き抜けじゃ牛丼は[+д+]/ ムリダーヨ

前置きが長くなりましたが・・タイの続きを時間の許す限りやってみましょ


バンコク 135

街を歩くと、やたらと犬がいる・・この犬はまだ元気そうに見えるけど、多くの犬は昼間は暑さで地面にぐったり
犬も猫も大好きだけど・・「わ~ワンちゃん」と、手を出そうとは絶対思わない
風情の顔つきなんだ、これが。
実際、狂犬病の心配あるから、気をつけろと言われるし・・

バンコク 041

違う意味で、このような僧侶の皆様も多く見かけるけど、この人たちにも手を触れてはいけない
女の人に触っちゃうと、それまでの修行がチャラになっちゃうんだと
僧侶の人は大切にされてて、乗り物も専用席があるしね・・

国王も国民にとって、かけがえのない存在・・だから、高速なんて王族の車が通るたびに、完全閉鎖・・しょっちゅう止まるらしい
1日2回(確か朝8時と夕方6時)に国歌が街中に流れるんだけど、その間は全ての人がその場に立ち止まる

ちょうど、夕方6時に駅のホームにいた時にその場面に遭遇したんだけど・・
ものすごく不思議な光景だった
SF映画で時間が止まったみたいなシーン・・で、国歌が終わった途端にまたみんな歩き出す

バンコク3 136

これが、タイで1番願い事がかなうと言われている「エラワン・プーム」
仏教を信仰しつつ、精霊やお化けなどのブッタではない神も信仰している人々・・
ビルに囲まれた街中にあるんだけど、バスの中からとか、タクシーの運転手さん、バイクのおじさんまでもが、ここを通りかかるとみんな手を合わせていく

バンコク3 132    バンコク3 137    バンコク3 129

お供え物も山ほど・・願いが叶ったお礼に象の置物を供える・・
または、叶ったお礼に古典舞踊を奉納するために、踊り子さんがスタンバイしてる
大きな願いが叶ったのか、派手に踊りを奉納してる人がいたっけ・・

私の関係者は、おそらくみんな一時期この神様を携帯待受にしてたね

バンコク3 107
暑いから、とにかくビールなしではご飯がすすみましぇん( ^ω^)

バンコク3 042

屋台が心配なら、あちこちにあるショッピングセンターのフードコートがいいかも
青パパイヤのサラダ「ソムタム」と、茹で鶏とそのスープで炊き込んだご飯添えの「カオマンガイ」
この2つを制覇しただけでも、タイを感じるかも・・

バンコク3 153
あ~、でもやっぱり「グリーンカレー」もはずせない

バンコク3 172
この果物もきっと珍しいよね

バンコク3 174
これは「釈迦頭」カスタードアップルとも言うんだけど、どちらのネーミングも
的を得てる  クリーミーな甘さで、形はお釈迦様の頭みたい


後半は、空腹のため食事写真ばかりですが・・まだまだご紹介したいおもしろ土産とかあるんだけど・・
今日はこの辺で・・今日も訪問コップンカー(ありがと)


神様お願い!と、押していただけますか~



タイの魔法

秋から、直行便が飛ぶようになるらしいから・・北海道からも行きやすくなる

2年前のGWにチャーター便が出るのを広告で見て、即申し込み・・なのに大規模なデモがあって非常事態宣言まで出ちゃって・・

結局大手旅行社は軒並み出発を取りやめるほどの事態だったんだけど、幸か不幸かその時の旅行社はそのまま決行してくれちゃった

だから、初めてのタイ・・写真はこんな感じ

バンコク 177

占拠してる赤シャツ軍団の大合唱を取り囲むように軍隊の兵士が街中に・・

バンコク 180

行ってしまえば、バンコク市民は普通に日常生活を送っていたけど・・でも、やっぱりあちこちの警備が物々しくて緊張感はあったなぁ・・赤いTシャツは絶対着ちゃダメっていうアドバイスもあったしね

バンコク 063

着いた初日にまず口にした初タイ料理は・・この「パッタイ」屋台

バンコク 067

タイ風焼きそば20バーツ(約60円)と、ヒョウ印のレオビール

夜だと、屋台の脇の食器洗い用のたらいも、あまり見えないし(1つは超汚い水・もう1つはやや汚い水)
超汚いほうで洗って、やや汚いほうでゆすぐのよ~

バンコク 086

バンコク市内を流れるチャオプラヤー川・・いろんなものが流れてる川だけど、民家の脇では洗濯したり泳いだり・・道路は常に渋滞だから、この川を走る船を交通手段にすると便利・・でも、水しぶきが口に入らないようにしたほうが、安全かもしれない

バンコク 090

その船から見えてくる荘厳なワット・アルン(暁の寺)

バンコク 101

この寺院の表面は、無数の中国製の陶器の破片や皿で埋め尽くされてる・・昔、中国から船で陶器を運んでくると輸送途中で割れてしまうものも多かったので、当時の王様がもったいないからそれで飾りなさいと・・
命令するのは簡単だけどさ・・実際の作業ったらどれほど大変だったことか(~ω~;)))

でも、その姿はほんとにほんとに美しいの

三島由紀夫は小説「暁の寺」で・・
「一層一層が幾重の夢、幾重の期待、幾重の祈りで押しつぶされながらなお累積し累積して空へ向かってにじり寄って成した極彩色の塔」・・と表現

さすがだねぇ・・素人は美しいの一言だけど、こう来るか・・(;゚Д゚)!

バンコク 112

もちろん登場の空芯菜 タイ語では「パックブーンファイデーン」

メインは「プーパッポンカリー」ワタリガニを殻ごとカレーで炒め、卵でとじてある
フワッとしてピリッとしてこってりで、ガッツポーズするほど( ゚v^ ) オイシイ

バンコク 153

ワット・プラケオ・・まばゆい金色
とにかく、寺院と名のつくところは絢爛豪華・荘厳・目もくらむような風景

バンコク 181

どこに行っても老若男女が熱心にお祈りする姿が・・深い信仰が来世につながるという仏教の教えが根付いてる
お正月におみくじ引いて浮かれてる私とは信仰のレベルが違いすぎ

バンコク 184

買い物途中、激しいスコール・・みるみるうちに歩道の高さまで雨水が・・

しかたがないので、濡れるの覚悟で走り出したその時

歩道上には、逃げ場を失った「ゴキブリ」達が
私の目には何万匹にも見えたけど右往左往


悪夢のような光景に目をつぶりたいけど、そんなことしたら踏み潰すし・・

うぎゃ~っって言いながら走ったのが、初タイの1番の思い出 (/ω\)

美しいと美しくないが交差しているディープな国の魔法は強力なので、これから行こうと思う人は心して・・

まんまと魔法にかかった私たち夫婦・・2回目のタイ訪問はなんとこの3ヶ月後だもの (@_@;)

てなわけで・・いずれ続きを書きますよ~

ゴキブリいや~っと、押していただけますか~


王様の正体

今日も暑いのぉ
ブログ拍手の詳細履歴を見ると・・夜中の1時とか5時とかに読んでくれている人がいることがわかる。
遅くまで働いている人・・暑くて眠れない人・・様々だろうけど、みんなちゃんと水分取って栄養取って夏バテしないようにね・・
そして、まだコメントはかわしていないけど、何度かこのブログを訪ねてくれている方々・・この場を借りてありがとう私の方からも、訪ねてみようかなっても思うんだけど、けっこう引っ込み思案なもので・・
もし、お邪魔して良いならコメ下さい。すかさず訪問しますから


さて・・先日果物の女王の話から、王様って??の答えを教えてくれた方あり・・

ドリアンだって

なるほどね・・ひそかにバナナかと思ってた

食べたことあるし~
バンコク 162
ドリアン、ドーン
バンコクのスーパーだけど・・ドリアン売り場は匂いですぐわかるし・・。
バンコク 188
こんな感じでカットしたのをパック売りしてる。
とてもカットフルーツとは思えない姿・・。

これなら旅行者も気軽にチャレンジできる
でも、気をつけて

ホテルの入口に、ドリアン持ち込み禁止マークがあったりするから・・。

私達は、帰る時に気づいたから・・
バンコク 190
部屋で食べちゃったもんね~・・ごめんなさい


女王マンゴスチンは大好きだけど、王様はねぇ・・
最初に匂いでちょっと引くけど、口に入れると濃厚なまったりとした甘味に気を取られちゃうから、案外食べちゃう。
一般的な果物食べての清涼感みたいなはゼロだけど・・短い人生、機会があれば1度は食べてみるべき

食べた後、1時間くらいはゲップ攻撃とかで同行者と遊べるし


過去の旅話だけど、あちこち行って食べたB級料理やおもしろ写真なんかを少しずつアップ予定しとります

何年か前から、タイでは日本食ブームらしく・・
バンコク
ミスドでこんなドーナツ売ってたっけ
日本じゃ、まず売れないだろうなぁ・・。

こういう発見って、楽しいよね

このカテゴリーに該当する記事はありません。